退職代行 なりすまし。 退職代行「SARABA」

退職代行が非弁行為認定されても利用者に責任は及ばない理由

退職代行 なりすまし

退職代行サービスは、2018年頃から話題の代行業です。 弁護士が退職代行サービスには問題点があると違法性を指摘する話も多いです。 実際、 退職代行では違法なものも存在します。 利用する前に退職代行を取り巻く法律について知っておきましょう。 退職代行とは? 退職代行とは、 退職の申し出を本人に代わって「 伝達」するサービスのことです。 上司にい言いにくい• 人手不足だからやめさせてくれない• 退職の意思を伝えたが引き止められて退職できない 近年、急増する「退職」に関する悩みを解決してくれます。 退職代行は代行業の一種です 退職代行は代行業でも一種です。 退職代行の他に謝罪代行、電話代行、家事代行など複数の代行業があります。 退職代行はあくまで電話で退職意思を伝えるだけで退職手続きは自分で行います。 退職代行が出来ることと出来ないこと 退職代行サービスで出来ること 退職代行が出来ることは、本人の代わりに退職意思を伝えること、退職に関する手続き方法を教えるだけです。 退職意思を伝えるにあたっての打ち合わせ• 退職に関する申し出のタイミングの決定• 退職の進め方についての解説 これらは出来ます。 退職代行サービスで出来ないこと 退職代行サービスが出来ないことは、• 未払い給料、残業代の請求• 有給休暇の買取交渉• 退職金の交渉、退職日の交渉 会社との交渉が必要となる場合は弁護士でなければ出来ません。 弁護士でないものが交渉を行うと 弁護士法 第72条 違反となります。 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。 ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。 退職代行の問題点 退職代行の問題点1:違法性(非弁行為)の可能性がある 退職代行の問題点は 弁護士法違反の可能性が指摘されていることです。 というのも 利用者への助言は無効な代理行為になり得るからです。 退職代行について弁護士に質問・回答されている記事があるので一部引用します。 質問者 「本人と直接話すことはできません。 代行業者は,自らに権限がないので,そのまま本人に会社の主張を伝えることはできるかもしれませんが,本人に代わって交渉したり,回答したりすることは本来であればできません。 本人と話したいと会社が言えば,そのように言っておりますと伝えることはできるかもしれませんが, 出なくて良いなどの助言は,本来であればできないのではないかと思います。 事実上している業者が大半なのでしょうが,法律的にみると,無効な代理行為として,退職自体が無効になるリスクがあります。 参考 またツイッターでも無権代理を指摘するツイートがあります。 なので, 会社:退職扱いすると不当解雇類似の法律関係になりバックペイのリスク 従業員:退職扱いになっていないので,無断欠勤からの懲戒解雇,場合によっては賠償請求されるリスク となりますね。 — 深澤諭史 fukazawas 退職代行は「 弁護士法に違反しない範囲で代行業務であれば違法ではない」としてサービスを展開しています。 しかし、 退職という雇用関係の権利義務を発生変更する案件であるため法律事件に関する法律事務に該当する可能性があります。 ただ、日本弁護士連合会や行政で明確にされていないめ違法でないなのです。 このように完全にクリーンではないので、 退職代行はグレーゾーンであると言わざるを得ません。 違法の可能性があることを理解しておきましょう。 違法業者である場合は懲戒解雇の恐れあり 違法業者である場合は退職代行による退職が通らないので懲戒解雇に発展する恐れがあります。 違法となるのは退職代行です。 弁護士法 72条違反(懲役2年以下、罰金300万以下)の罰則があります。 退職代行の問題点2:業者が乱立している 退職代行が流行りだしてから業者が乱立しています。 電話で 退職意思を伝えるだけという簡素な仕事であり儲かるからです。 副業を紹介するサイトを調査すると退職代行が挙げられており、働きやすさ、収入で高評価を得ていました。 非弁行為にならないように顧問弁護士などから指導を受けながら業務を行なっている会社もあります。 しかし、指導を受けていない会社もあります。 新規の退職代行サービスの参入が相次いでいるため、注意が必要です。 なりすまし・嘘をする違法な退職代行業者もある 違法な業者では「なりすまし・嘘」をする業者があります。 ある業者では以下のようなサービスを掲げています。 退職理由を一緒に考えてくれる• 家族役などのなりすましなどを利用者に合わせて依頼可能 なりすましをした後の対応が問題となります。 家族として退職意思を伝える• 家族として退職を交渉する(退職代行が行うと非弁行為) この2つでは意味合いが異なります。 後々、会社にわかるとトラブルの元です。 最低限、退職代行として連絡を行なってくれる業者を選んでください。 退職代行の問題点3:会社側に毅然とした対応が求められる 退職代行の電話があった場合、会社側には毅然とした対応が求められます。 会社では安易に退職を認めることができないからです。 解雇を行うときには、解雇しようとする従業員に対し、30日前までに解雇の予告をする必要があります。 解雇予告は口頭でも有効ですが、口約束では後々にトラブルの原因となりますので、解雇する日と具体的理由を明記した「解雇通知書」を作成することが望ましいでしょう。 また、従業員から作成を求められた場合は、解雇理由を記載した書面を作成して本人に渡さなければなりません。 一方、予告を行わずに解雇する場合は、最低30日分の平均賃金を支払う必要があります。 (解雇予告手当) 参考 いたずらの電話で会社側が退職手続きを行なった場合は、会社側に落ち度があると判断されます。 そのため、退職代行との契約関係の確認、本人に事実確認を行わなければなりません。 退職日の決定• 未払い残業代請求• 退職金請求• 訴訟(パワハラ被害など) これらの内容を法的に対応してもらえます。 退職代行は代行に徹すれば資格なしで出来る 退職代行は退職意思を伝える使者として代行に徹すれば資格なしでできます。 しかし、非弁行為に発展する恐れがあり、退職失敗、損害賠償の恐れがあります。 そのため、職務には制限があります。 弁護士のとの違いは以下の記事で確認してくだい 参考 顧問弁護士の存在に注意 退職代行に顧問弁護士がいるから 合法という訳ではありません。 顧問弁護士がいても業務範囲は、 非弁行為を行わない範囲に限られているからです。 出来る業務内容に関しては顧問弁護士の有無によって差はありません。 ただ、顧問弁護士がいれば、業務内容についてすり合わせを行なっているはずなので非弁行為を行う可能性は低いです。 違法行為を行う可能性が低いという点では不在より存在する方が良いという評価となります。 顧問弁護士の存在を提示していても弁護士の名前が確認できない業者もあります。 顧問弁護士がいる場合は実在する弁護士であるか確認してください。 弁護士のの確認はこちら 退職代行 資格別の出来る事 退職代行を取り巻く資格は、弁護士以外にも司法書士、行政書士があります。 それぞれ法律を扱う業務内容ができるようになります。 退職代行サービスにおいて資格毎の業務範囲を表にしました。 法務大臣の認定を受けた場合のみ例外的に認められる業務。 上記のように実際の業務に携わるのであれば弁護士が一番です。 司法書士・行政書士が行うことをメリットとして掲げている退職代行サービスもありますが、業務範囲が限られていることに注意してください。 退職代行料金が一緒なら弁護士への依頼が確実です。 退職代行の今後は日弁連の動向で規制される可能性あり 退職代行は2019年時点では規制される情報がありません。 しかし、 行政や日本弁護士連合会によって規制される可能性があります。 一方、行政や日弁連が、依頼者から報酬をもらって会社と 退職交渉を行うことは弁護士以外にできない行為だとして、規制を検討しているという情報もある。 また、マニュアル化された数回の電話とメールだけで数万円の費用を受け取ることから、退職代行サービス会社を「火事場泥棒」と評する声もある。 数カ月後にはこのサービスが社会から消滅している可能性すらあるだろう。 businessinsider. 規制される可能性を排除できない以上、問題点となります。 規制を受けるのは退職代行業者なので利用者への影響はないです。 違法な代行業者の見分け方 違法な代行業者の見分け方は次の2点です。 最低限、業務内容を監修を受けている• 業務内容を明確に提示されている 違法な代行業者の見分け方1:業務内容を監修を受けている 最低限、法律に詳しい人が確認していることが重要です。 弁護士、司法書士などが監修しており、出来ない業務を明確にしている会社であることがポイントと言えます。 顧問弁護士が存在しているなら実在することを確認してください。 注意1:顧問弁護士ありと記載があっても名前を出してない会社は怪しいです。 注意2:顧問弁護士がいても、いないよりマシなだけです。 弁護士への依頼に勝るものはありません。 違法な代行業者の見分け方2:業務内容を明確に提示されている また業務内容につてい明確に「 退職意思を伝えるだけ」「 交渉しない」と記載されいない退職代行は排除しましょう。 なりすまし、交渉の代行を請け負う記載がある場合は訴訟問題に発展する可能性があります。 退職代行との打ち合わせの際に、 退職金、有給休暇の買取、残業代、未払い給与についての話が出た場合は 申し込まないで下さい。 また、何かあったら弁護士が対応と記載されたものもダメです。 そんな記載で安心するくらいなら最初から弁護士へ依頼して下さい。 業務内容の監修、業務範囲の明記の2点に注目し、違法業者でありそうなら、キャンセルしましょう。 違法業者の見分け方を参考に別の退職代行業者を探し依頼してください。

次の

退職代行って親になりすましするの?なりすましなしの優良サービス紹介!|【実質無料】退職代行サービス全30社おすすめ比較ランキング!有給消化申請も代行可能!?

退職代行 なりすまし

現時点で 十分な実績があり、加えて交渉までできるのはSARABAだけ。 もちろん弁護士なら交渉は可能ですが、料金が高いというデメリットが…ちなみに一般的な退職代行サービスが会社と交渉するのは「非弁行為」で弁護士法違反にあたります。 場合によっては 退職が無効になってしまう可能性があるので注意が必要です。 退職代行「SARABA(サラバ)」の利用者数が急増しています! なかなか言い出しにくい退職の意向。 思い切って退職を切り出したのに、うやむやにされてしまうような場合もあるでしょう。 そんなときに便利なのが、業界でもリーズナブルな料金設定で人気のSARABA(サラバ)です。 労働組合であるSARABA(サラバ)は、一般的な退職代行サービスが対応できない「会社との交渉」にも対応してくれるという大きな魅力も。 本ページでは SARABAが人気な理由、サービス料金、口コミ評判はもちろん、注意しておきたいデメリットまで大公開しています。 これを読めばSARABAを使うべき理由がわかるはず!24時間365日即日対応、明日から会社に行かなくてもいいんです! こんな人はSARABAがおすすめ• 気が弱くて退職したいと言い出せない• 人手不足が原因で退職できない• しつこく引き止められて退職できない• 入社から間もないがもう辞めたい• 上司や同僚と顔を合わせたくない• 今すぐ会社を辞めたい• 家族(親)に知られず退職したい• 仕事が原因で精神的に病んでいる 人によっていろいろな状況があるでしょうが、とにかく 自分が会社と一切のやり取りをすることなく、穏便に退職したいという場合、退職代行SARABAはかなり利用価値あるサービスなのです。 そんな退職代行SARABAのツイートがこちら。 「自分で言い出せずに 退職代行に退職を伝えてもらうなんてそれでも大人か」という人がいますが、そもそも退職する旨を伝えられない職場環境に問題があります。 が、それでも働いてもらわないとと言われ、助けてくださいと弊社に依頼がきました。 相談当日の退職代行もお願いできますから、申し込んだらもう会社に行かなくてOK、ということだって十分に可能です。 「労働組合」だから会社との交渉も可能! 一般的な退職代行サービス会社は、依頼者の「使者」となって退職したいという旨を会社に伝えることしかできません。 ようするに「交渉ごと」はできないのです。 基本的に、 弁護士の資格を持たない人が報酬をもらって交渉をするのは非弁行為(違法)。 したがって「給料の請求」や「損害賠償請求すると言われたときの対応」などの交渉はできないのです。 しかし、退職代行SARABAは 「退職代行SARABAユニオン」という労働組合なので、団体交渉権をもちます。 会社にとって労働組合と交渉をしないというのは不当労働行為になるため、会社は交渉をしないわけにはいかないのです。 「退職日の交渉」「働いた分の給与の振込」などの 交渉ごとにも対応もしてもらえるのは、退職代行SARABAを利用する大きなメリットと言えるでしょう。 退職代行サービスができないとされていた会社との交渉ができるって、すごく大きなメリットね!退職代行サービスが広まって、会社側も知識を持つようになってきているから、「弁護士を通せ」「損害賠償するぞ」なんて言ってくることもあるみたい。 そうなると交渉ができるってかなり有利よね! 追加料金なし!27,000円の明朗会計 会社によって料金プランが大きく違う退職代行サービス。 基本料金+オプション料金といった具合に、希望に応じて追加費用がかかる会社もありますが、退職代行SARABAは すべてのサービスが込々で27,000円(税込)という明朗会計。 正社員の場合とアルバイトの場合とで料金が異なる会社もありますが、雇用形態に関わらず一律27,000円の明朗会計は非常にシンプル。 追加費用の心配をする必要もありません。 退職が完了するまで相談回数無制限&電話回数無制限。 「とにかく27,000円支払えば退職できる」という、ものすごくわかりやすいプランなのです。 そんな悪徳会社もあるのね!注意しないと。 だけど込々一律料金のSARABAなら安心ね。 最初は高いと思ったけど…それで退職が叶うなら安いものよね。 ゆかりちゃん 100%返金保証で万が一の時も安心 退職代行SARABAには、万が一退職ができなかった場合の「100%返金保証」があります。 ただ…「返金保証」なんて聞くと、失敗する可能性があるのか?と逆に不安になってしまいませんか? そこは安心してOKでしょう。 退職代行SARABAの退職成功率はほぼ100%。 この「ほぼ」について、退職代行SARABAの公式サイトによると「依頼者が最終的に退職ではなく休職を希望したため」だそう。 こんな理由なら、もう100%と言っても良さそうですよね。 上記の「退職に至らなかった」ケース以外は退職成功ということで、実績についても心配無用。 とはいえ人生どんなことがあるかわかりません。 念には念を…の意味でも返金保証つきはメリットなのではないでしょうか。 LINEにも対応!スマホひとつで手続き完了 退職代行を利用する際、いろいろな書類が必要で手間がかかると思っている人がいるかもしれませんが、退職代行SARABAはスマホひとつあれば手続きを完了することができます。 「手続き完了=退職成功」、これがスマホだけで叶うのです。 申し込みは電話や公式サイトの専用フォームからも可能ですが、何とLINEにも対応しています。 普段LINEを活用している人にとって、LINE対応はありがたいのではないでしょうか。 申し込み時、下のような項目を明記しておくとよりスムーズです。 伝えておきたい項目• なぜ会社を辞めたいのか?• 希望する退職日• 会社への希望(離職票の郵送など) 無料の転職サポートありで退職後も頼れる 退職代行SARABAを利用して無事に退職ができたとして…その後、どうやって仕事を探そうかと悩む人がいると思います。 ハローワークに行ったり、インターネットで探したり…これが結構面倒なんですよね。 でも退職代行SARABAなら、何と転職サポートまでしてくれるのです。 しかも転職サポートは無料。 うまく行けば数週間で新しい仕事がスタートできるかも!人材紹介会社なら、求人企業の職場環境についてある程度知っているはずなので、自分に合った長く働ける会社に出会えるのではないでしょうか。 退職代行SARABAのデメリット 退職代行SARABAのデメリットがいくつかあるので、紹介したいと思います。 退職にお金がかかる まずは料金(費用)がかかるという点。 通常、自ら退職を申し出る場合、お金がかかることはありません。 一方、 退職代行SARABAは1回の依頼に27,000円が必要です。 とは言え、退職代行SARABAに依頼した人の口コミを見る限り、「料金なんて気にならない」「むしろ27,000円で退職させてくれるなんて安いものだ」といった声ばかりですから、料金がネックだというケースはほとんどないようです。 退職するのが癖になる 自分で退職したいと伝える場合、状況により程度は違うものの、やはり気まずい思いをするもの。 この気まずさが退職の歯止めになること、割と多いのではないでしょうか? でも退職代行SARABAを利用することで、 気まずい思いをすることなくその日に退職できるわけです。 自分はベッドでゴロゴロくつろいでいたって、退職代行SARABAがバッチリ退職させてくれます。 そんな気まずさゼロで退職できてしまった人は、「 また退職代行を利用して辞めればいい…」そんな考えが、事あるごとに浮かんでしまう可能性があります。 ただこれについてはデメリットというより、個人個人の考え方の問題かもしれませんね。 退職代行SARABAに依頼して退職できたあとは、気持ちを切り替えて長く働ける良い会社を探すようにしてください! 強制力がない 退職代行は弁護士など強制力を持った立場ではないので、何かを強制することはできません。 例えば退職代行SARABAが会社に連絡する際、「依頼者への連絡はしないで、何かあればSARABAを通してください!」というようなことを伝えても、 強制力がないので場合によっては会社から依頼者に連絡が入る可能性があるのです。 会社側もムリに引き止めておくわけにもいかないので、実際のところ依頼者本人に電話がかかってくるケースはそう多くないようですが、このように強制力がないということはよく覚えておいてください。 ちなみに会社から電話がかかってきた場合については、無視を貫いておけばOKです。 残業代や慰謝料の請求などは弁護士に要相談 退職代行SARABAは労働組合のため、退職日の交渉や給与支払いの交渉なども対応してもらえるという大きなメリットを持ちます。 ただし 弁護士法によってできることが限られているため、例えば不払になっている残業代の請求や、ハラスメントに対する慰謝料請求などに対応することはできません。 また会社が条件をのまず裁判になるような場合も弁護士に依頼することになります。 ですから、滅多に生じることではないものの すべての交渉に対応してもらえるわけではないということは頭に入れておきましょう。 もちろん退職代行SARABAに 相談すれば、依頼できる案件なのか?弁護士に依頼すべき案件なのか?を判断してくれるので、ひとまず相談してみるのが手っ取り早いかもしれませんね。 そうね。 退職にお金がかかるのがデメリットと言っても、何十万円もかかるわけじゃないし、料金体系が不明確なわけでもないしねぇ。 ゆかりちゃん 退職代行SARABAの評判・口コミ 退職代行SARABAの口コミ評判を紹介したいと思います。 SNS上でも実際にSARABAを利用した人や利用を検討している人の口コミや評判がありました。 退職代行SARABAさんものすごく対応早くてびっくり👀 辞めたくても辞められない…このままでは鬱病になってしまいそう…上司からのストレスが酷くて毎日泣いてる…… となってしまった私のような人にはぜひおすすめしたいサービスです。 今回使ってみたのは退職代行saraba。 この画像のように退職届を会社に向かってぶん投げるだけでその後の会社とのやり取りを全て代行してくれます。 — スズぴー suzup72020 わたしも退職代行SARABAで退職したことありますが何と言っても安くて良いですよ!いつでも対応してくれたしおすすめです! — Yu-Ki UY113366 それはひどいですね…私のところも残業代という概念がなかったです。 退職代行sarabaというところで三万円でした。 LINEでやり取りできて対応が早くておすすめです~!円滑に退職できることをお祈りしております🙏 — 橘ちゃせん chasen0811 SARABAと他の退職代行サービス会社を比較 退職代行SARABAと他の退職代行サービス会社を比較してみましょう。 退職代行SARABAのサービス料金は27,000円です。 この料金が高いか?安いか?わからない人も多いと思いますが、 「安い」と言える金額なのではないでしょうか。 まず他の退職代行サービス数社の料金と比較してみましょう。 さらにこの金額でありながら、 追い詰められて限界という人にとって、即日退職できるってありがたいわよね。 「ほぼ」がつく理由は、過去に退職代行を実行した際、会社側から「休職と退職のどちらがいいか?」と問われ、依頼者が「休職」を選んだというケースがあるため。 したがって 実質、退職成功率100%と言っても問題はないでしょう。 家族にバレることはない? 退職代行SARABAが退職代行を実行する際、会社側に「家族に連絡しないように」と伝えてくれます。 それにより、 ほとんどの会社は家族に連絡することはありませんが、 絶対に家族に連絡がいかないと言い切ることはできません。 退職代行の際、親のなりすましは可能? 退職代行SARABAでは 親などのなりすましには対応していません。 退職代行の際「親に連絡をしないように」と伝えてくれ、ほとんどの企業がそれに対応してくれるものの、親に連絡がいかないという保障はありません。 万が一親に連絡が入ったときになりすましがバレてしまう可能性があるので、なりすましは行っていないのです。 事前準備はある?返却物はどうすればいい? 退職代行SARABAに依頼する際、とくに事前準備は必要ありませんが、強いて言えば 会社から借りているもの、返却の必要があるものは最終出勤日に会社に置いて帰りましょう。 ただし返却し忘れたものがあっても後日郵送すればOKなので、慌てる必要はありません。 24時間対応だし、全国どこからでも依頼できるし…SARABAって本当に画期的なサービスよね!退職代行の利用を非難する人もいるけど、会社側に非がある場合も多いんだから、そんなときは依頼して新たな一歩を踏み出したいわ! 退職代行SARABAの運営会社について 退職代行SARABAの運営会社情報がこちらです。 代表 上谷美幸樹 所在地 沖縄県那覇市西1-17-17 サニーサイドテラス 502号室 電話番号 0120-987-776 SARABAはおすすめの退職代行! 退職代行SARABA(サラバ)は、 実績、料金、サービス内容など、さまざまな観点から考えても申し分ない、おすすめの退職代行サービスです。 会社と交渉ができるという点もかなり大きなメリットでしょう。 退職代行を利用して退職することに抵抗感のある人も少なくないと思いますが、毎日ツライ想いをし「辞めたい」と思いながら今の会社にずっと所属していることに、それほどの価値はあるでしょうか? ぜひ業界でも人気の退職代行SARABAで退職し、新たな一歩を踏み出しましょう。 思った以上にあっさり退職できて、拍子抜けするほどだと思います。 まずは無料相談から!.

次の

【退職代行の値段&料金相場】安い業者に注意!費用はいくらが妥当?

退職代行 なりすまし

退職代行サービスは、2018年頃から話題の代行業です。 弁護士が退職代行サービスには問題点があると違法性を指摘する話も多いです。 実際、 退職代行では違法なものも存在します。 利用する前に退職代行を取り巻く法律について知っておきましょう。 退職代行とは? 退職代行とは、 退職の申し出を本人に代わって「 伝達」するサービスのことです。 上司にい言いにくい• 人手不足だからやめさせてくれない• 退職の意思を伝えたが引き止められて退職できない 近年、急増する「退職」に関する悩みを解決してくれます。 退職代行は代行業の一種です 退職代行は代行業でも一種です。 退職代行の他に謝罪代行、電話代行、家事代行など複数の代行業があります。 退職代行はあくまで電話で退職意思を伝えるだけで退職手続きは自分で行います。 退職代行が出来ることと出来ないこと 退職代行サービスで出来ること 退職代行が出来ることは、本人の代わりに退職意思を伝えること、退職に関する手続き方法を教えるだけです。 退職意思を伝えるにあたっての打ち合わせ• 退職に関する申し出のタイミングの決定• 退職の進め方についての解説 これらは出来ます。 退職代行サービスで出来ないこと 退職代行サービスが出来ないことは、• 未払い給料、残業代の請求• 有給休暇の買取交渉• 退職金の交渉、退職日の交渉 会社との交渉が必要となる場合は弁護士でなければ出来ません。 弁護士でないものが交渉を行うと 弁護士法 第72条 違反となります。 弁護士又は弁護士法人でない者は、報酬を得る目的で訴訟事件、非訟事件及び審査請求、異議申立て、再審査請求等行政庁に対する不服申立事件その他一般の法律事件に関して鑑定、代理、仲裁若しくは和解その他の法律事務を取り扱い、又はこれらの周旋をすることを業とすることができない。 ただし、この法律又は他の法律に別段の定めがある場合は、この限りでない。 退職代行の問題点 退職代行の問題点1:違法性(非弁行為)の可能性がある 退職代行の問題点は 弁護士法違反の可能性が指摘されていることです。 というのも 利用者への助言は無効な代理行為になり得るからです。 退職代行について弁護士に質問・回答されている記事があるので一部引用します。 質問者 「本人と直接話すことはできません。 代行業者は,自らに権限がないので,そのまま本人に会社の主張を伝えることはできるかもしれませんが,本人に代わって交渉したり,回答したりすることは本来であればできません。 本人と話したいと会社が言えば,そのように言っておりますと伝えることはできるかもしれませんが, 出なくて良いなどの助言は,本来であればできないのではないかと思います。 事実上している業者が大半なのでしょうが,法律的にみると,無効な代理行為として,退職自体が無効になるリスクがあります。 参考 またツイッターでも無権代理を指摘するツイートがあります。 なので, 会社:退職扱いすると不当解雇類似の法律関係になりバックペイのリスク 従業員:退職扱いになっていないので,無断欠勤からの懲戒解雇,場合によっては賠償請求されるリスク となりますね。 — 深澤諭史 fukazawas 退職代行は「 弁護士法に違反しない範囲で代行業務であれば違法ではない」としてサービスを展開しています。 しかし、 退職という雇用関係の権利義務を発生変更する案件であるため法律事件に関する法律事務に該当する可能性があります。 ただ、日本弁護士連合会や行政で明確にされていないめ違法でないなのです。 このように完全にクリーンではないので、 退職代行はグレーゾーンであると言わざるを得ません。 違法の可能性があることを理解しておきましょう。 違法業者である場合は懲戒解雇の恐れあり 違法業者である場合は退職代行による退職が通らないので懲戒解雇に発展する恐れがあります。 違法となるのは退職代行です。 弁護士法 72条違反(懲役2年以下、罰金300万以下)の罰則があります。 退職代行の問題点2:業者が乱立している 退職代行が流行りだしてから業者が乱立しています。 電話で 退職意思を伝えるだけという簡素な仕事であり儲かるからです。 副業を紹介するサイトを調査すると退職代行が挙げられており、働きやすさ、収入で高評価を得ていました。 非弁行為にならないように顧問弁護士などから指導を受けながら業務を行なっている会社もあります。 しかし、指導を受けていない会社もあります。 新規の退職代行サービスの参入が相次いでいるため、注意が必要です。 なりすまし・嘘をする違法な退職代行業者もある 違法な業者では「なりすまし・嘘」をする業者があります。 ある業者では以下のようなサービスを掲げています。 退職理由を一緒に考えてくれる• 家族役などのなりすましなどを利用者に合わせて依頼可能 なりすましをした後の対応が問題となります。 家族として退職意思を伝える• 家族として退職を交渉する(退職代行が行うと非弁行為) この2つでは意味合いが異なります。 後々、会社にわかるとトラブルの元です。 最低限、退職代行として連絡を行なってくれる業者を選んでください。 退職代行の問題点3:会社側に毅然とした対応が求められる 退職代行の電話があった場合、会社側には毅然とした対応が求められます。 会社では安易に退職を認めることができないからです。 解雇を行うときには、解雇しようとする従業員に対し、30日前までに解雇の予告をする必要があります。 解雇予告は口頭でも有効ですが、口約束では後々にトラブルの原因となりますので、解雇する日と具体的理由を明記した「解雇通知書」を作成することが望ましいでしょう。 また、従業員から作成を求められた場合は、解雇理由を記載した書面を作成して本人に渡さなければなりません。 一方、予告を行わずに解雇する場合は、最低30日分の平均賃金を支払う必要があります。 (解雇予告手当) 参考 いたずらの電話で会社側が退職手続きを行なった場合は、会社側に落ち度があると判断されます。 そのため、退職代行との契約関係の確認、本人に事実確認を行わなければなりません。 退職日の決定• 未払い残業代請求• 退職金請求• 訴訟(パワハラ被害など) これらの内容を法的に対応してもらえます。 退職代行は代行に徹すれば資格なしで出来る 退職代行は退職意思を伝える使者として代行に徹すれば資格なしでできます。 しかし、非弁行為に発展する恐れがあり、退職失敗、損害賠償の恐れがあります。 そのため、職務には制限があります。 弁護士のとの違いは以下の記事で確認してくだい 参考 顧問弁護士の存在に注意 退職代行に顧問弁護士がいるから 合法という訳ではありません。 顧問弁護士がいても業務範囲は、 非弁行為を行わない範囲に限られているからです。 出来る業務内容に関しては顧問弁護士の有無によって差はありません。 ただ、顧問弁護士がいれば、業務内容についてすり合わせを行なっているはずなので非弁行為を行う可能性は低いです。 違法行為を行う可能性が低いという点では不在より存在する方が良いという評価となります。 顧問弁護士の存在を提示していても弁護士の名前が確認できない業者もあります。 顧問弁護士がいる場合は実在する弁護士であるか確認してください。 弁護士のの確認はこちら 退職代行 資格別の出来る事 退職代行を取り巻く資格は、弁護士以外にも司法書士、行政書士があります。 それぞれ法律を扱う業務内容ができるようになります。 退職代行サービスにおいて資格毎の業務範囲を表にしました。 法務大臣の認定を受けた場合のみ例外的に認められる業務。 上記のように実際の業務に携わるのであれば弁護士が一番です。 司法書士・行政書士が行うことをメリットとして掲げている退職代行サービスもありますが、業務範囲が限られていることに注意してください。 退職代行料金が一緒なら弁護士への依頼が確実です。 退職代行の今後は日弁連の動向で規制される可能性あり 退職代行は2019年時点では規制される情報がありません。 しかし、 行政や日本弁護士連合会によって規制される可能性があります。 一方、行政や日弁連が、依頼者から報酬をもらって会社と 退職交渉を行うことは弁護士以外にできない行為だとして、規制を検討しているという情報もある。 また、マニュアル化された数回の電話とメールだけで数万円の費用を受け取ることから、退職代行サービス会社を「火事場泥棒」と評する声もある。 数カ月後にはこのサービスが社会から消滅している可能性すらあるだろう。 businessinsider. 規制される可能性を排除できない以上、問題点となります。 規制を受けるのは退職代行業者なので利用者への影響はないです。 違法な代行業者の見分け方 違法な代行業者の見分け方は次の2点です。 最低限、業務内容を監修を受けている• 業務内容を明確に提示されている 違法な代行業者の見分け方1:業務内容を監修を受けている 最低限、法律に詳しい人が確認していることが重要です。 弁護士、司法書士などが監修しており、出来ない業務を明確にしている会社であることがポイントと言えます。 顧問弁護士が存在しているなら実在することを確認してください。 注意1:顧問弁護士ありと記載があっても名前を出してない会社は怪しいです。 注意2:顧問弁護士がいても、いないよりマシなだけです。 弁護士への依頼に勝るものはありません。 違法な代行業者の見分け方2:業務内容を明確に提示されている また業務内容につてい明確に「 退職意思を伝えるだけ」「 交渉しない」と記載されいない退職代行は排除しましょう。 なりすまし、交渉の代行を請け負う記載がある場合は訴訟問題に発展する可能性があります。 退職代行との打ち合わせの際に、 退職金、有給休暇の買取、残業代、未払い給与についての話が出た場合は 申し込まないで下さい。 また、何かあったら弁護士が対応と記載されたものもダメです。 そんな記載で安心するくらいなら最初から弁護士へ依頼して下さい。 業務内容の監修、業務範囲の明記の2点に注目し、違法業者でありそうなら、キャンセルしましょう。 違法業者の見分け方を参考に別の退職代行業者を探し依頼してください。

次の