巌流島 チケット 倍率。 村松拓のライブチケット一覧│チケット流通センター

ATSUSHIがソロ活動にこだわったワケ!EXILEのライブチケット倍率は?

巌流島 チケット 倍率

ATSUSHIがソロ活動にこだわったワケ!EXILEのライブチケット倍率は? ATSUSHI、ソロ活動でEXILE脱退の噂?本人は固く否定! ATSUSHIは、ダンス&ボーカルユニットEXILEのデビュー当時から、メインボーカルとして活躍してきました。 4歳から高校卒業まで、クラシックピアノを習っていたATSUSHIは、高校生の頃に、本格的にボーカリストを志し、EXILEの前身「J Soul Brothers」へ加入。 以後、メンバーの中心的な存在として活躍し、2002年からは作詞も手がけるようになります。 2006年には、EXILEのメンバーであるNESMITHのソロシングル『追伸』の作曲を担当するなど、その才能を発揮しています。 そして2006年からは、ATSUSHI名義でソロ活動を始め、『いつかきっと…』『MELROSE ~愛さない約束~』といった代表曲をリリース。 2014年に日本レコード大賞で最優秀歌唱賞を受賞し、2015年にはソロデビューから4年8カ月の史上最速スピードで、日本人ソロアーティストとして5大ドームツアーを行うという快挙を成し遂げました。 そんな才能豊かなATSUSHIですが、ソロ活動に傾注するあまり、EXILE脱退との噂が絶えません。 実際、2014年4月時点で、公式ホームページ上で、ライブ「EXILE TRIBE」への不参加を表明していたことで、ファンの中では、ますます脱退の懸念が強まっていきました。 しかし、「今、僕とTAKAHIROが歌っていないとEXILEじゃなくなってしまう」とATSUSHI本人は、噂を固く否定。 ソロ活動にこだわる理由は、「エンターテインメントを追求する人間として、さらに次のステージを経験したい」ためだそうです。 このツアーへ賭ける意気込みも十分です。 ATSUSHI、EXILEのライブチケットは関東で333倍の倍率!ソロツアーも同等か? ATSUSHI属するEXILEは、2015年9月~12月の間、全5会場16公演でドームライブツアーを開催しました。 相当な人気だろうと思われますが、EXILEのライブチケットの倍率はどの程度なのでしょうか?倍率の求め方は、ファン人数の日本国内に占める割合と、各都道府県に占める割合はイコールになると仮定して、各コンサート施設の動員から概算します。 EXILEファミリー「EX mobile」に登録されているファンクラブ会員数は、現在、驚きの27万人。 日本の人口1億2000万人のうち、ファンクラブ会員数が27万人ということは、EXILEファミリーは444分の1の確率で存在すると推定されます。 そのうち8割のファンがコンサートにチケットを申し込むとすると、関東地方で333倍、関西地方で245倍という確率が割り出されるそうです。 EXILEは公演回数が少ないため、そもそもチケットの倍率が高くなりやすいというのも、ライブチケット倍率を高めている原因の1つでしょう。 ツーショット写真が出回るほどですから、ATSUSHIと中島美嘉は、かなり深い付き合いだったようです。 写真からは、ATSUSHIの表情にちょっと照れが入っているのが見て取れ、中島美嘉に惚れているのが分かります。 しかし、ATSUSHIと中島美嘉は、1年半の交際の末、2003年に破局。 それくらい深い交際だったということでしょうか。 お互い好きなまま引き離されてしまったATSUSHIと中島美嘉。 しかし、その後も友人関係は継続しているようです。 中島美嘉は後にバレーボール日本代表の清水邦広と2014年12月に結婚していますが、ATSUSHIのコンサートでは、中島美嘉との共演も実現。 2人の夢のデュエットシーンが見られました。 中島美嘉が登場すると、なんだか嬉しそうなATSUSHI。 中島美嘉のクールな対応とは裏腹に、ATSUSHIのほころぶ表情が印象的でした。 ATSUSHI、中島美嘉との破局は父親が原因?事務所の圧力による「大人の事情」だった? ATSUSHIと中島美嘉の熱愛が破局に至った発端は、不仲ということではなく、ATSUSHIの父親が口を滑らせたことからだと言われています。 ATSUSHIの父親は、スナック経営をしていて、息子と中島美嘉が付き合っていると客に暴露してしまい、あっという間に広まってしまったのだとか。 交際当時の中島美嘉は、2001年のドラマ『傷だらけのラブソング』で女優、歌手としてデビューし、2002年8月リリースしたファースト・アルバム『TRUE』がミリオンセラー入りしてブレイクした最中でした。 つまり、中島美嘉のほうが売れっ子で、何かしらの大人の事情に左右されたのか、ATSUSHIと中島美嘉の恋愛は、半ば強制的に破局に至ったようです。 父親が口を滑らせたというのが本当ならば、商売とはいえ、父親の口の軽さが悔やんでも悔やみきれない痛恨事だったかと想像されます。 ATSUSHIにとって中島美嘉は、いまだに忘れられない「運命のヒト」なのでしょうか? ATSUSHIのスピリチュアルぶりに「洗脳疑惑」? EXILE ATSUSHI + AIの『No more』が主題歌のフジテレビ系木曜ドラマ「ナオミとカナコ」。 主演は、初共演同士の広末涼子と内田有紀。 加えて、佐藤隆太、吉田羊など豪華キャストで臨んでいる本作ですが、注目を集めているのがスリリングなストーリー展開です。 主人公の小田直美(広末涼子)は、夫の暴力におびえる親友の服部加奈子(内田有紀)と組んで、加奈子の夫を殺害。 その事実を隠し通そうとする2人を取り巻く周囲の個性的な人間模様を描き、先の読めない展開に。 そんなドラマを盛り上げているのが、ドラマ主題歌、EXILE ATSUSHI + AIの『No more』。 ドラマの世界観に合わせたATSUSHIとAIによる書き下ろしで、2人のハーモニーが美しく仕上がっています。 ドラマの盛り上がりと共に『No more』の人気も上昇し、YouTubeでのMV再生回数は100万回超えを達成しました。 さて、そんなATSUSHIですが、ファンを当惑させているのが「スピリチュアル」への傾倒ぶり。 過去にも、これまた怪しげな自己啓発セミナーの「広告塔」として、トラブルに巻き込まれていたこともあったATSUSHI。 アーティストや芸能人が「洗脳疑惑」を向けられる事例は後を絶たないことからは、アーティストという職業は、自己啓発やスピリチュアルな内容に傾倒しやすいといえるのかもしれません。 才能豊かな人物であるだけに、なおさらこの手のトラブルは付きもの?今後のソロツアーともあわせて、ATSUSHIの動向からは目が離せないところです。

次の

伊藤健太郎と横浜流星研究(その3)巌流島

巌流島 チケット 倍率

こんにちは! 今年の顔として大ブレイクしている俳優の横浜流星さんが、来年の舞台「巌流島」で主演を果たすことがわかりました! サンスポから、来年7月末に開幕の、横浜流星さん主演、伊藤健太郎さん出演の舞台「巌流島」の記事です。 横浜さんは3年ぶりの舞台主演で、宮本武蔵役。 伊藤さんは、佐々木小次郎役。 脚本はマキノノゾミ氏、演出は山田和也氏が担当。 東京を皮切りに、大阪、名古屋、福岡などでも上演とのことです。 8か所ありますので、地方の方も諦めることなくもう込みができますね! 全国主要都市を回ると思われますので、他の舞台公演から予測するに、1日2公演で1か所3日~一週間当たりでの公演になるのではないでしょうか。 7月末に開演なので、実質的には2か月ほどの公演日程になりますね。 お盆の8月15日、16日は休演することが予想されますので、それ以外の日程で開演すると思われます。 仙台公演• 新潟公演• 金沢公演 の3公演が中止となってしまいました。 また 東京公演は日程が変更となっています。 また、感染対策をするため、座席に大幅な変更をして改めて販売する予定となりました。 そのため、全ての公園に関しては販売済みチケットは全て払い戻しとなります。 2020年6月28日(日)10:00 ~ 7月12日(日)23:59まで この期間に払い戻し受付を行っており、受付期間を過ぎるとチケットが無効になり返金がされないので、必ず手続きをするようにしましょう。 チケットの倍率がヤバい 今回もチケットの倍率がヤバいことになると予想されています。 その理由として ・主演が横浜流星さん ・共演に伊藤健太郎さん ・3年ぶりの舞台主演 ・地方公演もある といったことで双方のファンが集中すること、地方に来てくれるなら一度見に行ってみようかといった興味ありありのファンや舞台そのものが好きな人が集中すると思われるからです。 公演会場の収容人数にもよりますが、場所によってはかなり倍率が高いと思われます。 ・名古屋• ・大阪• ・九州 といった東京は遠いけど一回舞台を見てみたい!というファンには今回の地方公演は願ってもないことですので、地方公演の方が倍率が高くなる可能性もありますね。 つまり「関東圏に集中しない」ということがわかりました! ねらい目のポイントは 東京:8月6日~11日の平日(13:30公演のみ) 金沢公演:8月19日の平日13:30公演 高松公演:8月26日の平日18:30公演 福岡公演:9月3日・7~9日の11:30,13:30公演 名古屋公演、大阪公演は金曜の18:30と土日の公演なので、倍率が高いことが予想されます。 さらに新型コロナウィルスの影響により、公演会場が少なくなったこと、またコロナウィルスの影響で県をまたぐ移動がどうなるのか予測不可能なため、倍率が予測しにくいのが現実です。 東京以外の地方公演に人気が集まる可能性が高いですね。 平日に申し込むのは鉄則ですし、複数会場を申し込むのも一つの方法なので、確実に行けるよう作戦をあらかじめ練っておきましょう! 申し込み開始日や当落発表日も調査! 今回の巌流島のチケットの申し込み開始日が気になりますよね。 チケットの一般発売が公開 今回のニュースでは横浜流星さんが舞台主演に決定した、ということなのでチケットの日程はまだ決まっていません。 ただ、7月末から開幕なので、2020年の3月頃から先行受付を行い、その後一般発売と言った流れになるのではないでしょうか。 横浜流星さんの所属する事務所「スターダスト」では会員限定のコンテンツがありますので、おそらく会員限定先行発売があると思われます。 有料コンテンツでは月額400円で利用できますので、行きたいと思われる方はぜひ申し込みしておきましょう! こちらも情報が分かり次第追記していきますね! (追記) スターダストの先行発売の情報がわかりました! 【受付期間】2月21日(金)10:00〜3月2日(月)23:59 (追記) 8会場の一般発売の日が公開されましたので、こちらに関しても追記していきます! 東京公演・仙台公演・名古屋公演:2020年4月11日(土) 高松公演・福岡公演:2020年4月18日 土) 大阪公演:2020年4月19日(日) 新潟公演・金沢公演:2020年4月26日(日) (追記) 伊藤健太郎さんのファンクラブ先行抽選が始まりましたね。 2020年2月21日(金)10:00~3月2日(月)23:59 梅田芸術劇場ネット会員第一次先行抽選受付も始まりましたね! 2020年3月4日(水)~3月15日(日)11時 公式HPでも先行抽選が開始されています! 3月4日(水)10:00~3月15日(日)23:59 東京公演はチケットぴあで先行抽選が申し込み開始されています! 2020年3月13日(金)12:00~2020年3月17日(火)23:59 さらに主催者先行予約枠ができました! こちらは抽選先行になります。 2020年3月20日 金 11:00から3月31日(火)11:00までエントリー可能です! 必ずちけっとぴあへの登録が必要になります。 登録は無料なので、ぜひこちらに登録して申し込みましょう! 再販売を行っている 巌流島は現在東京公演のチケットの再販売を開始しています。 購入サイトによって異なりますが、購入者優先受付が行われています。 この条件に当てはまるのが 当初予定しておりました東京公演〔7月31日(金)~8月10日(月・祝)〕のチケットを購入されたお客様が対象 そしてどこで先行申し込みをしたかで手続きや受付期間が変わります。 それを今からご紹介していきますね! 横浜流星選考(スターダストweb で購入した場合 7月13日(月)に、購入時に登録した連絡先へご案内メール(受付URL)が送られます。 そちらの申込詳細に沿って再度申し込めば大丈夫です。 また、受付URLは、対象者の申込状況照会からもご確認いただけます。 8月の後半には当落発表が終わっていると思われます。 伊藤健太郎さん公式サイトの先行抽選は 3月5日18時から当落の発表があります! どうか当たっていますように・・・! 梅田芸術劇場ネット会員第一次先行抽選は、 3月16日(月)18:00頃 そして東京公演のちけっとぴあ最速抽選は、 2020年3月18日(水)18:00頃から順次発表 願わずにはいられませんね! こちらも引き続き調査していきますね! (追記) 上記に書きましたが、新スケジュールになりましたので、それぞれの申し込み方法に関して当落が分かるようになっています。 」を思い出させますね。 今をときめく二人の共演。 現在保育園で保育士として働くワーキングマザーです。 保育士として、親の立場から、読んでホッとしたり、楽しくなる情報をお伝えしていきます。 ただ万が一、不適切な記事や画像、リンク等がありましたら 早急に削除等の対応を致しますので 当サイトの『お問い合わせ』からご連絡下さい。 また、その他ご意見ご感想なども 『お問い合わせ』からお願いします。

次の

村松拓のライブチケット一覧│チケット流通センター

巌流島 チケット 倍率

ATSUSHIがソロ活動にこだわったワケ!EXILEのライブチケット倍率は? ATSUSHI、ソロ活動でEXILE脱退の噂?本人は固く否定! ATSUSHIは、ダンス&ボーカルユニットEXILEのデビュー当時から、メインボーカルとして活躍してきました。 4歳から高校卒業まで、クラシックピアノを習っていたATSUSHIは、高校生の頃に、本格的にボーカリストを志し、EXILEの前身「J Soul Brothers」へ加入。 以後、メンバーの中心的な存在として活躍し、2002年からは作詞も手がけるようになります。 2006年には、EXILEのメンバーであるNESMITHのソロシングル『追伸』の作曲を担当するなど、その才能を発揮しています。 そして2006年からは、ATSUSHI名義でソロ活動を始め、『いつかきっと…』『MELROSE ~愛さない約束~』といった代表曲をリリース。 2014年に日本レコード大賞で最優秀歌唱賞を受賞し、2015年にはソロデビューから4年8カ月の史上最速スピードで、日本人ソロアーティストとして5大ドームツアーを行うという快挙を成し遂げました。 そんな才能豊かなATSUSHIですが、ソロ活動に傾注するあまり、EXILE脱退との噂が絶えません。 実際、2014年4月時点で、公式ホームページ上で、ライブ「EXILE TRIBE」への不参加を表明していたことで、ファンの中では、ますます脱退の懸念が強まっていきました。 しかし、「今、僕とTAKAHIROが歌っていないとEXILEじゃなくなってしまう」とATSUSHI本人は、噂を固く否定。 ソロ活動にこだわる理由は、「エンターテインメントを追求する人間として、さらに次のステージを経験したい」ためだそうです。 このツアーへ賭ける意気込みも十分です。 ATSUSHI、EXILEのライブチケットは関東で333倍の倍率!ソロツアーも同等か? ATSUSHI属するEXILEは、2015年9月~12月の間、全5会場16公演でドームライブツアーを開催しました。 相当な人気だろうと思われますが、EXILEのライブチケットの倍率はどの程度なのでしょうか?倍率の求め方は、ファン人数の日本国内に占める割合と、各都道府県に占める割合はイコールになると仮定して、各コンサート施設の動員から概算します。 EXILEファミリー「EX mobile」に登録されているファンクラブ会員数は、現在、驚きの27万人。 日本の人口1億2000万人のうち、ファンクラブ会員数が27万人ということは、EXILEファミリーは444分の1の確率で存在すると推定されます。 そのうち8割のファンがコンサートにチケットを申し込むとすると、関東地方で333倍、関西地方で245倍という確率が割り出されるそうです。 EXILEは公演回数が少ないため、そもそもチケットの倍率が高くなりやすいというのも、ライブチケット倍率を高めている原因の1つでしょう。 ツーショット写真が出回るほどですから、ATSUSHIと中島美嘉は、かなり深い付き合いだったようです。 写真からは、ATSUSHIの表情にちょっと照れが入っているのが見て取れ、中島美嘉に惚れているのが分かります。 しかし、ATSUSHIと中島美嘉は、1年半の交際の末、2003年に破局。 それくらい深い交際だったということでしょうか。 お互い好きなまま引き離されてしまったATSUSHIと中島美嘉。 しかし、その後も友人関係は継続しているようです。 中島美嘉は後にバレーボール日本代表の清水邦広と2014年12月に結婚していますが、ATSUSHIのコンサートでは、中島美嘉との共演も実現。 2人の夢のデュエットシーンが見られました。 中島美嘉が登場すると、なんだか嬉しそうなATSUSHI。 中島美嘉のクールな対応とは裏腹に、ATSUSHIのほころぶ表情が印象的でした。 ATSUSHI、中島美嘉との破局は父親が原因?事務所の圧力による「大人の事情」だった? ATSUSHIと中島美嘉の熱愛が破局に至った発端は、不仲ということではなく、ATSUSHIの父親が口を滑らせたことからだと言われています。 ATSUSHIの父親は、スナック経営をしていて、息子と中島美嘉が付き合っていると客に暴露してしまい、あっという間に広まってしまったのだとか。 交際当時の中島美嘉は、2001年のドラマ『傷だらけのラブソング』で女優、歌手としてデビューし、2002年8月リリースしたファースト・アルバム『TRUE』がミリオンセラー入りしてブレイクした最中でした。 つまり、中島美嘉のほうが売れっ子で、何かしらの大人の事情に左右されたのか、ATSUSHIと中島美嘉の恋愛は、半ば強制的に破局に至ったようです。 父親が口を滑らせたというのが本当ならば、商売とはいえ、父親の口の軽さが悔やんでも悔やみきれない痛恨事だったかと想像されます。 ATSUSHIにとって中島美嘉は、いまだに忘れられない「運命のヒト」なのでしょうか? ATSUSHIのスピリチュアルぶりに「洗脳疑惑」? EXILE ATSUSHI + AIの『No more』が主題歌のフジテレビ系木曜ドラマ「ナオミとカナコ」。 主演は、初共演同士の広末涼子と内田有紀。 加えて、佐藤隆太、吉田羊など豪華キャストで臨んでいる本作ですが、注目を集めているのがスリリングなストーリー展開です。 主人公の小田直美(広末涼子)は、夫の暴力におびえる親友の服部加奈子(内田有紀)と組んで、加奈子の夫を殺害。 その事実を隠し通そうとする2人を取り巻く周囲の個性的な人間模様を描き、先の読めない展開に。 そんなドラマを盛り上げているのが、ドラマ主題歌、EXILE ATSUSHI + AIの『No more』。 ドラマの世界観に合わせたATSUSHIとAIによる書き下ろしで、2人のハーモニーが美しく仕上がっています。 ドラマの盛り上がりと共に『No more』の人気も上昇し、YouTubeでのMV再生回数は100万回超えを達成しました。 さて、そんなATSUSHIですが、ファンを当惑させているのが「スピリチュアル」への傾倒ぶり。 過去にも、これまた怪しげな自己啓発セミナーの「広告塔」として、トラブルに巻き込まれていたこともあったATSUSHI。 アーティストや芸能人が「洗脳疑惑」を向けられる事例は後を絶たないことからは、アーティストという職業は、自己啓発やスピリチュアルな内容に傾倒しやすいといえるのかもしれません。 才能豊かな人物であるだけに、なおさらこの手のトラブルは付きもの?今後のソロツアーともあわせて、ATSUSHIの動向からは目が離せないところです。

次の