コロナ 仕事 辞め たい。 コロナが怖くて仕事辞めた方

新型コロナの影響で増える“退職代行”…なぜこのタイミング?担当者に聞いてみた

コロナ 仕事 辞め たい

妊娠中「赤ちゃんのために」と退職勧める人たち 投稿主が同じ悩みを持つ人、既に仕事を辞めた人に意見を求めると、妊娠している点に触れて「辞めた方がいい」というアドバイスが多く寄せられた。 「妊娠中なら辞めるのも選択肢の一つだよね もし自分がかかって母子感染にでもなったら後悔してもしきれないもの」 「生活に支障がないなら赤ちゃんのためにもやめた方が良くない?...... 何よりそんなストレス抱えた状態で仕事してるのが一番お腹の子に良くないよ」 実際に、既に仕事を辞めた人もいるようだ。 こんな書き込みが。 「バスとタクシーに乗って繁華街での仕事なので、怖くて辞めた」 「私も妊娠中で、コロナだけが理由ではなかったけど、先月辞めたよ」 「扶養内の派遣辞めたよ。 満員電車での通勤での感染リスクが怖かったから。 自分が重症化する割合に入らないとは限らないし、たかが扶養内の金額稼ぐのに命の危険をおかせない」 ツイッターには「もう耐えきれなかった」 ツイッターにも「退職した」との告白がある。 「20年勤めてきたある仕事を辞めた。 思いもよらぬコロナで。 大きな仕事でやり甲斐もあったけど、感染するかもな満員電車のストレスには、もう耐えきれなかった」 「コロナウイルス感染拡大を見越して仕事辞めたしそれからほとんど部屋から出ない生活をしているので賢いし先見の明がある」 仕事を辞めたのは事実か、実際に退職したとして、生活費などをどのように稼いでいるかは不明だが、感染リスクを避けることを最優先にしている気持ちはうかがえる。 また妊婦だと思われるユーザーで「妊娠中期入ったけど、コロナの感染リスク怖くて退職しました」とツイートしている人もいた。

次の

コロナで仕事を辞めたい!転職したい!と考えている人に知ってほしい4つのこと

コロナ 仕事 辞め たい

目次【クリックして移動できます】• 新型コロナウィルスで仕事をやめたい人の声を紹介! コロナウイルスの影響で仕事をやめたい 退職したい と思っている人は非情に多いです。 そこで以下にSNSや報道の実際の声をご紹介します。 感染に対する不安からやめたい 一番多いのは「感染に対する不安があるからやめたい」という声でした。 特に医療現場や介護・福祉(保育園)などで働く人の不安は深刻です。 発熱外来受付立ちたくない 泣 こんなことなら仕事やめたい。 安月給なのにリスク高すぎる。 コロナの影響で忙しくなりすぎ! また業界や業種によってはコロナの影響で忙しくなりすぎてやめたいという声も多くあります。 コロナで死ぬほど忙しくなりそうやし、コロナ落ち着いても先延ばしにされてた事で死ぬほど忙しくなるよな、絶対。 てか、新型コロナのおかげで、応援増えてたんだけど…。 緊急事態宣言出るからって、スーパーは閉まらないよって、散々いわれてるよね?!なんで、今日の時点で店舗大混乱なんだ。 ほんと、勘弁してよ。 行政の対応に不公平感を感じる コロナの影響で在宅勤務や休業が認められている一方で、自分は出勤しなければならないという現実に不公平感を感じて「やめたい」という人もいます。 外出自粛してても仕事場でコロナ撒かれたら終わり。 濃厚接触とかソーシャルスペース ? とか関係ない仕事だから本当に終わり。 なんのために仕事してるんだろう。 本当に仕事やめたい。 コロナ自粛でのストレスや漠然とした不安 コロナ自粛の影響でストレスを抱えて仕事に行きたくない、やめたいと思う人や、コロナのせいで漠然とした不安を感じる人などもいます。 コロナが不安で仕事をやめたという人も コロナが不安ですでに仕事をやめたという人もいます。 コールセンター勤務してたけど、コロナが不安で辞めてきた コールセンターって隣の人と近いし、もちろんお客様とお話するから少なからず唾液も飛ぶから。 換気もしないし感染リスク爆上げだから。 — レオ hitujichan8778 保育士の退職が相次ぎ閉園になった保育園も 東京新聞Web版(2020年4月2日)によると、神奈川県川崎市内の2つの保育園で新型コロナウイルスの感染を恐れた保育士が次々と退職しました。 その結果、保育園の運営が困難になり、3月31日をもって閉園することになったそうです。 医療や福祉の現場で働く人は利用者との距離が近く、消毒などをこまめにやったとしても濃厚接触は避けられません。 実際、医療の現場では多数の医師が感染したケースも報告されているので、誰も退職した保育士さんを責めることはできないでしょう。 (出典:) 新型コロナウィルスで仕事をやめたい人の主な理由 上でもご紹介した通り、コロナで仕事をやめたい人の主な理由は次の通りです。 コロナに感染するリスクがあり怖い• 自分が感染源になって広げるかも知れないという不安• コロナの影響で業務が忙しくなった• コロナによる休業や補助の対象ではなく不公平感がある• 自粛によるストレス• 仕事へのモチベーションが上がらない 特に感染リスクに対する不安はもっとも大きな退職理由になっています。 新型コロナウィルスで仕事をやめたい人におすすめの退職方法 退職の理由がコロナであっても、それ以外のものであっても、仕事を辞める前にやっておくべきことがあります。 まず、現在の勤務先に対して何をいつ、どのように進めていけばいいのかを時系列で見てみましょう。 一般的に退職までには、次のステップを踏んで進めていきます。 やること 内容 退職の意思を伝える 最低でも退職の2週間前までに直属の上司に退職の意思を伝える 退職願を提出する 上司と退職日を相談し、退職願を提出する 理由は「一身上の都合」とする 業務を整理する 仕事の資料の整理や業務の進捗状況などをまとめておく 引き継ぎをする 次の担当者に業務の説明や資料などを渡して引き継ぎをする 後任者が決まっていない場合はわかるようにまとめておく 取引先や関係部署に挨拶に行く 取引先や支店などお世話になったところに挨拶に行く 社内の挨拶まわり 社内でお世話になった部署に挨拶に行く 退職の事務手続き 貸与品の返却や退職書類の受け取りなど 退職の意思は2週間前までに伝えること 勤務先の就業規則には「退職する場合は2ヶ月前に申し出ること」と規定していることがあります。 (期間は会社によって異なります)勤務先としては後任の人探しや業務の引き継ぎなどが滞らないためにそのように規定しているのですが、民法第627条1項では退職の2週間前までに申し出ることとされています。 なお、これは正社員の場合で年俸制の場合は少なくとも3ヶ月前までに申し出なければなりません。 派遣社員やパート・アルバイトの場合 一方、有期雇用(派遣社員、パート・アルバイトなど)の場合は、契約の途中での退職は「やむを得ない事由がない場合」は退職できないとされています。 しかし、契約期間の初日から1年が経過していればいつでも自由に辞職できると労働法で定めています。 それまででも「やむを得ない事由」があれば退職できます。 いずれの場合でも「今すぐ辞めたい」と申し出るのは迷惑がかかりますが、2週間前くらいを目途に上司に伝えてみましょう。 コロナで仕事をやめたいのに言い出せないときの対策 業種にもよりますが、どこも現場は人手不足でなかなか「辞めたい」と言い出せない人も多いのではないでしょうか。 こちらの方もコロナの感染リスクを感じながらも「辞めたい」のひとことが言えずに悩んでおられます。 感染が怖い。 仕事やめたい。 緊急事態宣言が出ても関係ない仕事。 清掃だから感染率高いと思います。 もう行きたくない。 でもシフトが出てる分は出勤しなきゃいけない。 日本が今後どうなるか分かるから家から出たくない。 辞めます。 それだけが言えない。 — Murphy💭 O3M1g 職場のみんながコロナウイルス感染の不安がある中、自分だけが辞めるのは心苦しい…という気持ち、よくわかります。 そんなときは「退職代行」や「退職サポートがある転職サイト」を活用してみましょう。 退職代行とは 「退職代行業」とは、仕事を辞めたいけれど勤務先に言い出せないという人に代わって退職の意思を伝えるサービスのことです。 ブラック企業でサービス残業が多い、パワハラやセクハラ、モラハラなど職場の環境に不満を持つ人などの利用が増えています。 サービスが始まった当初は話題になりましたが、コロナウイルス感染拡大の影響で利用者が急増しています。 参考:• 退職サポートをしている転職サイトを使う 「転職の意思は自分で伝えたいけれど、スムーズに進まなかったときが不安」という人には、退職サポートがある転職サイトを使うのがオススメです。 退職サポートとは? 退職サポートでは、例えば退職願の書き方や提出するタイミングのアドバイス、税金や健康保険など公的機関の手続きなどを教えてもらえます。 また、退職を申し出ると上司から引き留められた、すぐに辞められずに転職先の入社日に間に合わない……など思わぬ事態が発生することがありますが、退職サポートがある転職サイトなら円満退職のアドバイスや内定先の入社日の変更交渉などをやってくれるので安心です。 具体的には業界大手のやでは、現職場の退職サポートを手厚く行ってくれます。 参考:doda公式サイト 中には退職交渉をしてくれる転職サイトもあります。 退職と同時進行で転職活動を進めるには不安が多いものですが、転職サイトを利用することでも不安を解消しながら次の仕事をスタートできます。 新型コロナウィルスの影響で職場を辞めるときの注意点 仕事を辞める際には職場に迷惑がかからないようにしたいものです。 自分で上司に退職を申し出る場合は、きちんと引き継ぎをしておきましょう。 資料は誰が見てもわかるように整理しておく• 途中まで進んでいる業務は進捗を上司に説明しておく• 取引先などの情報(窓口や担当者など)はわかるように整理しておく• トラブルなどがある場合は状況を上司に説明しておく• 不要な資料や書類は処分しておく• デスクまわりやロッカーなどを片付けておく 退職代行業を利用する場合でもそれとなく資料を整理し、不要な資料などは処分しておくと安心です。 新型コロナの影響で仕事をやめるときのポイント 退職の準備を進めつつ、次の仕事を探さなければなりません。 理想は次の仕事を決めてから退職を申し出ることです。 そうすれば収入が途切れることなく入ってきます。 しばらく休んで考えたいという場合はハローワークで雇用保険の失業給付の受給手続きをしましょう。 スムーズな転職活動を進める 仕事を探す方法としては、ハローワークの求人情報を見る、フリーペーパーや新聞折り込みの求人広告を見る……などがありますが、一番のおすすめは転職サイトを利用するという方法です。 転職サイトを利用するメリット 転職サイトには、次のように多くのメリットがあります。 ハローワークよりも詳しい求人情報が得られる• 好条件の求人が多い• キャリアコンサルタントが相談に乗ってくれる• エントリーシートや職務経歴書の書き方、面接の方法などのアドバイスが受けられる• 面接日や希望条件などを先方と交渉してくれる• 無料で利用できる 先が見えない状況なので、収入を確保するためにも早く次の仕事を探す必要があります。 コロナの影響で解雇や雇い止めが多い業種もある一方で、まだまだ人手不足の業界もあります。 まずは転職サイトに無料登録し、求人を見てみましょう。 コロナで仕事やめたい場合の方法まとめ 新型コロナウイルスの感染拡大で働き方にさまざまな影響を与えています。 中でも健康面や雇い止め、出勤日数の低下などによる収入面への影響は人生を左右するので決して無視することができません。 そんな影響下で不安やストレスを抱えながら働くよりも、転職して新しい一歩を踏み出すことをおすすめします。 doda公式サイト:•

次の

仕事を辞めたいが「甘え」か「甘えじゃない」かを判断するポイント

コロナ 仕事 辞め たい

新型コロナウイルスが世界中に広がっています。 私も常に新しい情報を追っていますが、コロナの死亡率は日々高くなっていき、3月末の時点で世界の死亡率は4. 7%台と言われています。 ただしこの4. また新型コロナウイルスは、事が明らかになっていますから、 目の前の元気な方が実は感染者で、私たちにウイルスが移って、私たちだけ症状が現れる…なんてことも起こってしまいます。 そんな中、日本と海外での対応の差が浮きだっていますよね。 日本は世界と比べても対策が甘いと言われていて、• 感染者数最大のアメリカから入国した乗客乗員90人余りに対し、14日間の待機や公共交通機関を使わない要請をがあった• コロナウイルスの感染がまだ拡大している段階なのに、大阪などの一部を除いて学校は再開• 世界ではといった対策がされる中、日本は「お肉券・お魚件」を検討(しかも最短で5月に支給)• コロナ予防ではなくに、を2枚配布 などなど、世界と比べると後手後手の対応になっています。 最近は芸能界でもコロナが流行り始め、皆さんご存じの方は発症してして あなたが今大好きな人が、たった一週間後に、もう二度と話せなくなるかもしれないんですよ? たまたま症状が発症せず自分が陽性だと気が付かなかったあなたが、知らない間に移してしまう事で()。 そんな中、今まで通りお仕事をして生活していても良いのでしょうか? スポンサードリンク 新型コロナウイルス(新型肺炎)が理由で休職・退職する人が増えている 新型コロナウイルスの職場での感染や、通勤中の感染が広まっています。 京都府 40代男性感染確認 職場同僚に感染者 新型コロナ• コロナウイルスは既に感染経路が不明の事が多く、どこで誰がウイルスを持っているかわかりません。 同じ職場にいても、通勤電車にいても感染リスクがありますからね。 そして自分自身が感染し仮に発症しなかったとしても、 家で待っているお子さんや高齢者の方に移って発症してしまい、重症化してしまう可能性があります。 cnn. html そんな背景もあって、実は 新型コロナウイルスが原因でお仕事を辞める方、お休みする方が増えています。 ほとんどの方は退職や求職理由に「コロナウイルスが怖くて…」とは言っていないようですが(「気にしすぎ」と馬鹿にされて認めてもらえないそうです)、もしあなたの職場で最近休職・転職された方がいれば、もしかするとコロナが原因かもしれません。 今回は当サイトを通じて、アンケートに答えていただきました。 今、コロナウイルスが原因で会社に行きたくない・会社に行くのが怖いと思っている方の参考になればと思います。 日本は同調圧力が強く、また仕事が何よりも大事だと考える風潮があります。 身近には味方がいないかもしれませんが、今回答えてくださった方の意見で少しでも勇気づけられたらと思います。 「あなたはどうして、新型コロナウイルスが原因で会社を辞めたい・休みたいと思いましたか?」 現在妊娠中で、免疫力が下がっていることとお腹の中の子になにか影響があったら怖いと思って休職することにしました。 最初は休職するほどではないんじゃないかという葛藤はありましたが、電車通勤中に車両内で咳をしている人を見ると過剰に気になるようになりストレスが溜まってきたので休職を決めました。 昨年秋から妊娠しており、春に出産を控えています。 仕事で指導している中国人研修生の実家が武漢にあります。 その中国人研修生が正月休みを利用してに武漢に帰省しました。 話を聞いたら、ショッピングセンターなどに買い物に行ったり、友達や親戚に会ったと話しました。 家族の中に重病人がいるので、念には念を入れて、退職したいと思いました。 それと、職場が、奈良県なので、奈良県に感染者が居たというニュースを観て、より怖くなりました。 これから更に深刻な状況になるのは必至と判断したからです。 外国人観光客が多く特に中国人の方も多くくるお店で働いていたので、純粋にもしも映されてしまったらどうしようという恐怖がありました。 こんな恐怖のまま働いていては仕事にならないと思い、しばらくの間休職することを決めました。 コロナウイルスが流行った時期に、飛行機を利用して空港にいたので、コロナウイルスの感染が心配になりました。 中国の方と同じスペースを利用したわけではありませんが少し怖かったので、休職を相談することにしました。 会社自体が中国と交流のがある為、リスクがあるなと感じました。 例えば、部署は違うのですが、中国の方に出張をよくする部署があるので、もし感染して帰ってこられた時、昼食などで一緒になる時に感染してしまうかもしれないからです。 働いているところが空港のため、感染する確率がとても高いです。 春節で中国来のお客さんもたくさん入国するので、ずっと警戒をしているのも疲れました。 パートなので、命を張ってまで勤めるのは考えてしまうため、退職をしました。 同居人の体調が悪く、心配だったのもありますが、私自身数日前から体調を崩しており、頭痛、鼻水、くしゃみや体の痛みがあったため休暇届を出しましたが、上司に受理してもらえず、休日まで出勤になったため体調の悪化を感じて休職を考えました。 ダブルワークをしています。 ホテルで働いた後に飲食店で働いてますが、飲食店の方々からホテルには中国人が宿泊してるから貴方も菌あるんじゃないと言われ続けて休職してます。 復帰は望んでないので今月あたりには退職したいと思ってます。 沖縄で民泊の清掃を担当しておりましたが、宿泊客が以前から中国・韓国・台湾の観光客が多く、とても多いな宿泊施設なので、宿泊客も海外からの団体などが多いので、どこから、いつ感染するかわからない状況だったため。 私は副業で、イベントスタッフのアルバイトをやっています。 いろいろなイベントを行うのですが、その大半は地域振興のもので、対象は外国人が多いのです。 しかし、今回のコロナウィルスの影響で、来場者が激減しているのと、感染する可能性もあることから、落ち着くまで休職することにしました。 2年以上派遣社員として勤務していたのですが、たまたま2月が契約更新の時期でした。 マスクの手持ちもなく、売り切れで買えない状況です。 勤務先が繁華街を通らざるを得ない場所なので通勤が怖くて契約を更新せず、今月末で退職の予定です。 私の会社は国内だけでなく海外にも事業所があり、私は2年前から中国の福州で出向をしていました。 コロナウィルス発生地の武漢とは距離がありますが、現地の人間はパニック状態になっており、私もこのままでは感染してしまうと考え退職を考えました。 このように、新型コロナウイルスが理由で退職・休職している方が実は多いです。 新型肺炎が理由の退職。 上司にどうやって退職理由を伝える? 今回話を聞いていると、「コロナウイルスが怖くて休みたい」「辞めたい」と伝えても、 「気にしすぎ」「じゃあ、他の働いている人は感染してもいいわけ?」などと言われ、退職を認めてもらえなかったケースが多かったみたいでした。 そんなこともあって、 コロナウイルス以外の事を理由に退職を上司に伝えた方が多かったです。 すぐにでも中国の出向を辞めさせてほしい」とお願いしました。 しかし私の言葉はまったく聞き入れてもらえませんでしたので、退職届を提出しました。 コロナウイルスだけを理由にしてはさすがに伝えられませんでした。 そこで働き続けなければいけない人もいるのです。 そのため、パートで働く条件が合わなくなってきたと伝えながら、コロナウイルスのことも少し伝えて退職しました。 新型コロナウイルスが怖いので、とは正直に言えませんでした。 実際この先も周りにいる社員の人はこのマスクのない状況で通勤して働かなくてはならない状況なのにその理由は言えません。 ですので、スキルアップをしたいので退職させていただきます、と伝えました。 なので、もし新型肺炎が理由で会社を辞める場合でも• 嘘の転職先を言う• 介護、親の病気• 引っ越し、夫の転勤• 結婚(寿退社)、結婚準備• 妊娠、不妊治療• 家庭の事情• 家業を継ぐ といったことを理由に、上司に退職理由を伝えるのが良いと思います。 ただし 理論的に説明しても会社が納得してくれない事は多いですし、どんな理由であれ会社に伝えるのは怖い方も多いと思います。 もし自分で伝えるのが怖かったり、1日でも会社に行きたくなかったら もし自分で会社や上司に退職したいことを伝えるのが怖かったり、もう1日でも会社に行かずに今すぐウイルスから逃げたい場合は、を利用してみてください。 退職代行サービスは私たちの代わりに会社に退職する旨を伝えてくれるサービスですが、• 今この瞬間から会社の人間と一切話さず、1日も出社せず• 合法的に即日退職できる という特徴があります。 コロナウイルスに感染するリスクは、1日経つごとに大きくなってきています。 あと1日の出社がウイルスに感染する可能性がありますから、今すぐ退職したい方はぜひ利用してみてください。 ちなみに 業界最大手のSARABAは• 24時間、いつでも打ち合わせが可能(夜中に申し込んでも返事が返ってきます)• 労働組合が運営しているので、会社が仮に無理なことを言ってきた場合でも対応できる• 1日30名以上が利用している• 業界最安値 という特徴もあるので、オススメです。 今この瞬間から、会社と一切話さず退職できる!【即日退職】 <>• 1日の平均お問い合わせ(退職相談)が 30件以上• 1か月の平均退職代行サービス実施数が 600名以上• 2019年までの累計退職者数が 8000名超え が、 退職代行サービスで最も人気のあるSARABAです(数は問い合わせて教えてもらいました)。 より確実に退職したい場合は、SARABAをお勧めします。

次の