あぶない刑事 真山薫。 登場人物

浅野温子(真山薫 まやまかおる役)

あぶない刑事 真山薫

岡山県生まれ 26歳 両親とも教師で、兄と妹がいる。 真面目でおとなしい娘だったが、東京の短大に入り、横浜に寄宿した1年目に人生が 変わってしまった。 横浜のボンボンとつきあって、彼の家で相手のあまりの情けなさに 腹をたて、殴りつけてしまいその打ちどころが悪くて大騒ぎになり、警察ザタに なってしまった。 そのときの少年係が、今の上司である松村優子係長で、優子は調書を取るのも そこそこに未成年の薫をバーにつれていってお酒をおごってくれたのであった。 それから8年、大人になった薫は、少年課の刑事として悩み、絶望し、そ れでも戦い続ける毎日を送ることになった。 法を犯す者には厳しく、法を犯しそうになる者には、あくまで優しく説得する。 素顔の彼女は、仕事とプライベートをはっきり区別する女である。 プライベートのときは、思いっきりオシャレと独身貴族を楽しみ、仕事となると 急に真剣になる。 岡山の両親はしきりに見合いに帰れといってくる。 上司の優子はキャリアウーマンとしてはとても素敵だけれど、ハイミスとしての淋しい 一面を見ると、そろそろ結婚をしようかと思う 今日このごろである。 職場の独身の同僚である敏樹と勇次は、それぞれの性格が違い、良さもあり欠点もあり甲乙つけがたいのだが、ときにデートしようと誘っても、互いに譲りあっているのか、 あるいは自分に興味を持たないのか、なかなか実現しない。 実は2人とも自分に女としての魅力を感じていないのではないかと密かに悩んでいる。 捜査課の仕事に首をつっこんで捜査を混乱させることもしばしばだが、タカとユージの ピンチを何度も救ってくれるたのもしい同僚.

次の

あぶない刑事を見る順番!ドラマ、映画シリーズの見方をご紹介

あぶない刑事 真山薫

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2017年1月) あぶない刑事リターンズ 監督 村川透 脚本 柏原寛司 大川俊道 製作 出演者 舘ひろし 柴田恭兵 浅野温子 仲村トオル 木の実ナナ 音楽 OSNY MELO ほか 主題歌 エンディングテーマ:舘ひろし「冷たい太陽(NEW BLOOD VERSION)」 挿入歌:柴田恭兵「RUNNING SHOT ALBUM"SHOUT"MIX 」 撮影 編集 配給 東映 公開 上映時間 108分 製作国 言語 興行収入 9億1000万円 配給収入 5億円 前作 次作 『 あぶない刑事リターンズ』(あぶないでかリターンズ)は、に東映系で公開されたである。 『』劇場版シリーズの第4作。 概要 [ ] 前作『』以来7年振りに製作された劇場版第4作。 に逝去した近藤課長役のに代わり、本作より新たに新任課長・深町役としてがキャスティングされた。 また、視覚効果プロデューサーであるが本作よりスタッフとして招かれ、やなどのVFXやを前面に出すことによるアクションシーンの大幅なスケールアップが図られているほか、音声面ではシリーズとしては初めてステレオ方式が採用された。 キャッチコピーは「 9. 14、ヨコハマ事件。 」「 人生、腹の立つこともあるけれど、あぶデカが戻ってくることもある。 ストーリー [ ] の高級クラブが爆破された。 鷹山と大下は負傷したホステス・樋口麻美を事情聴取をするべく病院を訪れると、そこには麻美が何者かによって拉致される姿があった。 地下駐車場での激しい銃撃戦の末、辛くも麻美の保護に成功する。 その後、大下は使用された爆弾の特徴を元に単独で捜査を開始、鷹山も麻美から話を聞こうとするが目立った進展もない。 そんな中、大下が爆弾の主であるマッドボンバー・唐木を逮捕するとともに、の営利集団誘拐計画の情報を得る。 計画は鷹山と大下らの活躍で失敗に終わるも、新人刑事の虎井が犯人グループに拉致されてしまう。 必死の捜査の中で浮かび上がった「ブレーメン」という名の組織、そして旧製の密輸入。 彼らの最終目的とは? 登場人物 [ ] レギュラーメンバーについてはを参照 柊誠 貿易会社経営者であり、国際的反体制カルト集団「ブレーメン」の最高権力者。 一流総合商社・八百富物産勤務時代、社内のシステムを悪用した麻薬密輸容疑で逮捕された前歴があるが、その時に培ったコンピュータネットワーク技術を駆使し、世界中に賛同者を抱える巨大秘密結社を一代で築き上げた。 者であり、「新世界の創造」という理想の下、資金集めのために頭取集団誘拐計画を実行。 さらに旧ソビエト製のSRBM「SS-30X」を密かに日本へ持ち込み、の破壊によるを目論んでいた。 最期は鷹山たちの活躍で計画を砕かれ、制御不能となったミサイルと運命を共する。 樋口麻美 関内のクラブに勤めるホステス。 かつては八百富物産に勤めており、柊の恋人だった。 柊から手渡された花をが仕掛けられていることも知らずにクラブへ持ち込んだことから、結果的に爆破事件に加担してしまうこととなった。 償いとして柊の手にかかることを望んだが、最終的に薫や鷹山たちに救われた。 唐木保 かつて大下が逮捕した爆弾マニア。 柊の異母弟であり、出所後はの電気ジャンクショップに勤務していたが、裏では組織の手先として再び爆弾製造に手を染めていた。 爆弾の電気信管に豆電球を用いるこだわりを持ち、それが犯行を露見させる仇となった。 鷹山たちが組織と接触した直後、「これがルールだ」との言葉を遺して自決。 青柳耕作 写真家。 モデルスカウトを装って薫に接近するが、その正体はブレーメンの末端構成員。 薫に盗聴器を忍ばせたポシェットを渡し、警察の動向を探っていた。 木内 東横銀行頭取・渡辺の秘書だが、裏では柊の片腕として頭取集団誘拐を手引きしていた。 での銃撃戦で町田に右耳を吹き飛ばされ、最期は巨大倉庫での銃撃戦で大下に射殺された。 キャスト [ ]• 鷹山敏樹:• 大下勇次:• 真山薫:• 町田透:• 松村優子:• 田中文男:• 吉井浩一:• 愛川史郎:• 柊誠:• 樋口麻美:• 虎井祐輔:• 唐木保:• 佐伯真理:• 逃げる男:(当時日本テレビアナウンサー)• 東横銀行頭取・渡辺:• 新町銀行頭取・篠崎:• 関内西銀行頭取・上原:• 振興銀行頭取・磯野:• 港町銀行頭取・木下:• ピザ屋:• 木内:• 川辺:• 今井:• 山本:• 青柳耕作:• ダンスホールの女:(友情出演)• 深町新三: スタッフ [ ]• 製作総指揮 - (NTV)、()• 企画 - 、(NTV)、黒澤満• プロデューサー - (NTV)、()、服部紹男• 脚本 - 、• 撮影 -• 照明 - 井上幸男• 美術 - 小林正義、山崎秀満• 録音 - 曽我薫• 編集 - 西東清明• 助監督 -• 音楽 - Fuji-Yama(諸藤彰彦・山崎茂之)、オズニー・メロ• 音楽監督 -• 音楽プロデューサー - 高桑忠男(東映音楽出版)• 音楽プロデューサー補 - 町田尚己• エンディングテーマ - 舘ひろし「冷たい太陽(NEW BLOOD VERSION)」• プロデュース -• 作詞 - 舘ひろし• 作曲 - 舘ひろし、久邇洋資• 編曲 - T2(トーマス・サワダ、玉木鉄太郎)• 挿入歌 - 柴田恭兵「RUNNING SHOT」• 作詞 - 、門間裕• 作曲・編曲 - 吉松隆• 挿入曲 - 「DAY BREAK SOMEONE」• 作曲・編曲 -• オリジナルサウンドトラック盤 発売 -• 音響効果 - 真道正樹()• スタジオ -• ガン・アドバイザー -• VFXプロデューサー - (マリンポスト)• CG - 、、日本テレビ放送網編成局美術制作部、東映化学デジタルテック• ミニチュア - 特殊美術GAM、亀甲船• ダンス指導 -• 出版担当 - (NTV)• 現像 -• 協賛 - 、、• 制作協力 -• 配給 - 東映• 監督 -• 製作 - あぶない刑事製作委員会(、) 映像ソフト [ ] DVD 発売。 販売元:VAP VPBT11595/4,500円(税別)• カラー本編110分 映像特典• シークレットファイル、劇場予告、フォトギャラリー Blu-ray 発売。 0ch 映像特典• 前半の銀行頭取誘拐エピソードは、に放映されたテレビドラマ『』第37話「頭取集団誘拐」を原案としている。 脚本を担当した柏原寛司が、「頭取~」の脚本家であるからプロットの使用許諾を得た上で執筆したという。 本作は劇場公開時、鷹山・大下と町田との電話でのやりとりのシーンにおいて、「お前、この間紹介したって子どうしたんだよ? 」という楽屋落ち的なセリフが存在したが、このセリフはビデオソフト化の際に騒音の効果音を被せる形で音声修正された。 現在は地上波放送・DVDなどもこの音声修正ヴァージョンがデフォルトとなっているが、2003年5月4日、の資本外であるにて音声修正されていない劇場公開ヴァージョンのプリントが放送されている。 その後、日本映画専門チャンネル2012年10月1日放送分では音声修正ヴァージョンが放送された。 「1996年邦画作品配給収入」『』(9年)下旬号、、1997年、 157頁。 『』2012年11月号 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

え?あの刑事ってそんなに偉かったの!?日本ドラマの刑事たちを階級で比べてみた!|日本タレント名鑑

あぶない刑事 真山薫

定期的に制作されていますので、見たい作品だけをピックアップして視聴するのも良いでしょう。 Sponsored Link 【あぶない刑事 ドラマ・映画シリーズ無料視聴方法】 「あぶない刑事」を配信しているサービスは色々とありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス 「FOD・U-NEXT・Hulu・Amazonプライムビデオ」です! なぜ、 「FOD・U-NEXT・Hulu・Amazonプライムビデオ」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。 1ヶ月を過ぎると月額料金は自動的に発生してしまいます。 FODで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。 お試し期間中でも「8日・18日・28日」に各400Pが貰えるので、有効活用してください。 31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。 U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。 30日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。 Amazonプライムビデオで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。 2週間を過ぎると月額料金が自動で発生します。 Huluで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。 【あぶない刑事】 【公開日】 1986年10月~1987年9月 【視聴時間】 各話46分(全51話) 【監督】 長谷部安春、手銭弘喜、村川透、 西村潔、一倉治雄、成田裕介 【キャスト】 鷹山敏樹(タカ)/舘ひろし 大下勇次(ユージ)/柴田恭兵 町田透(トオル)/仲村トオル 真山薫(カオル)/浅野温子 近藤卓造/中条静夫 松村優子/木の実ナナ 他 【あらすじ】 横浜の港警察署のタカとユウジは、いつもはちゃめちゃなやり方で犯人を逮捕してしまう名コンビ。 その実力は確かなものの、事あるごとに周りには迷惑ばかりかけている。 そんな二人を支えるのは、新人のトオルや少年課のカオルら個性的な面々。 今日も横浜の平和は二人の「あぶない刑事」によって守られるのだった。 【見どころ】 最高視聴率22. ハードボイルドでスタイリッシュな二人と、豪快な逮捕シーンが魅力の刑事ドラマとなっています。 主人公の二人のおちゃめな掛け合いも特徴の一つで、総合的にクオリティの高い作品です。 【劇場版 あぶない刑事】 【公開日】 1987年12月 【視聴時間】 99分 【監督】 長谷部安春 【キャスト】 鷹山敏樹(タカ)/舘ひろし 大下勇次(ユージ)/柴田恭兵 町田透(トオル)/仲村トオル 真山薫(カオル)/浅野温子 近藤卓造/中条静夫 松村優子/木の実ナナ 他 【あらすじ】 抗がん剤開発に携わっていた研究者が、そろって殺害されてしまう。 タカとユージはいつも通り捜査に乗り出すが、重要容疑者を捕まえ損ねてしまう。 この失態によって操作から外された二人であったが、ひょんなことから事件の真実へと迫っていくこととなる。 【見どころ】 TVドラマのヒットによってつくられた、シリーズ初の劇場作品。 自らの失敗によって窮地に立たされた二人が、どのように窮地を脱していくのか、見どころは尽きません。 【またまたあぶない刑事】 【公開日】 1988年7月 【視聴時間】 94分 【監督】 一倉治雄 【キャスト】 鷹山敏樹(タカ)/舘ひろし 大下勇次(ユージ)/柴田恭兵 町田透(トオル)/仲村トオル 真山薫(カオル)/浅野温子 近藤卓造/中条静夫 松村優子/木の実ナナ 他 【あらすじ】 裏では黒いうわさが絶えない実業家の長峰の関係者が次々と不審な死を遂げる。 長峰に近い人物に接触し、事件の真実を暴くために捜査を進める二人。 しかし、代議士の娘が通う幼稚園のバスが何者かに乗っ取られる事件がおきて… 【見どころ】 大人気刑事ドラマシリーズの映画化第2弾作品。 別々で起きたと思われていた2つの大事件が、徐々に密接に関係していくストーリーは必見です。 ド派手なアクションも相変わらずなので、ファンも納得の作品でしょう! 【もっとあぶない刑事】 【公開日】 1988年10月~1989年3月 【視聴時間】 各話46分(全25話) 【監督】 長谷部安春、手銭弘喜、一倉治雄、 成田裕介、原隆仁 【キャスト】 鷹山敏樹(タカ)/舘ひろし 大下勇次(ユージ)/柴田恭兵 町田透(トオル)/仲村トオル 真山薫(カオル)/浅野温子 近藤卓造/中条静夫 松村優子/木の実ナナ 他 【あらすじ、見どころ】 2年ぶりのTVドラマシリーズとなった今作。 1話完結型のストーリーや基本コンセプトは変わらないので、前作同様に楽しむことができるでしょう。 舘ひろしさんと仲村トオルさんが別のドラマにも出演していたためためか、柴田恭兵さんが1人で捜査をおこなうという回も見られます。 ハードボイルドさよりもコミカル要素が強くなったのも、この作品あたりからではないでしょうか。 【もっともあぶない刑事】 【公開日】 1989年4月 【視聴時間】 103分 【監督】 村川透 【キャスト】 鷹山敏樹(タカ)/舘ひろし 大下勇次(ユージ)/柴田恭兵 町田透(トオル)/仲村トオル 真山薫(カオル)/浅野温子 近藤卓造/中条静夫 他 【あらすじ】 横浜を中心に活動する暴力団・銀星会の銃密造事件を追うタカとユウジ。 そんな中、二人は15年前の殺人事件の応援として捜査に参加することに。 これら2つの事件の関係と、衝撃の真実とは。 【見どころ】 「あぶない刑事」シリーズの劇場版としては3作品目。 時効が4日後に迫る緊張感が見事に表現されています。 もちろん、いつもの二人のアットホームな空気感も味わうことができますのでオススメです。 amazon. その捜査に赴く二人であったが、ユージは犯行の手口から昔の爆破事件を連想し、その犯人だった唐木にたどり着く。 しかし、彼はすでに別の爆破事件を起こそうと企んでいて… 【見どころ】 およそ7年ぶりの復活を遂げたシリーズ通算4作目となる劇場版作品。 7年の間で変わったものと変わらないもの、それぞれが浮き彫りになる作品となっています。 1994年に亡くなった中条静夫さんに代わって、小林稔侍さんが参加していますので、その演技にも注目したいところです。 amazon. その賠償金として多額の借金を背負ったユージは、稼ぎのいいアルバイトを始めてしまう。 そこでユージは、国際指名手配犯でもある城島が主導する武器密輸の現場を見つけて… 【見どころ】 前作のヒットを受けて制作された初のTVスペシャルとなった作品で、TV放送は実に約10年振り。 後述する映画版の前編となっていますので、続けて視聴するようにしましょう。 amazon. 逮捕した城島が逃亡してしまうところから話は始まります。 密輸される予定だった武器も、テロ組織の手にわたってしまい絶体絶命のピンチに。 テロという凶悪な犯罪に果敢に立ち向かう二人の姿が描かれています。 【まだまだあぶない刑事】 【公開日】 2005年10月 【視聴時間】 108分 【監督】 鳥井邦男 【キャスト】 鷹山敏樹(タカ)/舘ひろし 大下勇次(ユージ)/柴田恭兵 町田透(トオル)/仲村トオル 真山薫(カオル)/浅野温子 水嶋修一/佐藤隆太 他 【あらすじ】 海外で核爆弾がらみの事件を追っていた2人は、久々に日本へ帰国することに。 久々の日本を楽しむのも束の間、どこからか狙撃されてしまう2人。 そこに駆けつけた地元の警察官に連行されてしまい… 【見どころ】 7年の時を経て復活した「あぶデカ」シリーズ劇場版第6弾。 50代になっても衰えぬアクションを見せる2人をはじめとする往年のキャストでおくる、ファンにはたまらない作品です。 一部アドリブでの演技もあるようですので、注意して見てみたいですね! 【さらば あぶない刑事】 【公開日】 2016年1月 【視聴時間】 118分 【監督】 村川透 【キャスト】 鷹山敏樹(タカ)/舘ひろし 大下勇次(ユージ)/柴田恭兵 町田透(トオル)/仲村トオル 真山薫(カオル)/浅野温子 松村優子/木の実ナナ 他 【あらすじ】 数日後に定年退職を迎えるタカとユウジ。 しかし、そんな大事な時に港署の証拠保管庫が何者かに襲われてしまう。 2人はこの危機にひるむことなく捜査を始めるが、その中で新たな事件の真実が明らかになっていくことに。 【見どころ】 2012年に刊行されたDVDマガジンのヒットを受けて制作されたシリーズ完結作。 興行収入は16億円をこえ、前作の2倍もの売り上げを叩き出した。 あえて白黒にされたキービジュアルが印象的な、2人の最後の姿を目に焼き付けてみてください。 以上、「あぶない刑事」を見る順番と、それぞれの作品について紹介してきました。 「あぶない刑事」は30年の間で主要キャストは変わっていませんので、シリーズを通して視聴すると新たな発見があるかもしれません。 ですので、「あぶない刑事」はまとめて見るのがオススメですよ!.

次の