岡本 声優。 岡本信彦のキャラと出演作品一覧

岡本信彦、「文春砲」炸裂で大炎上も……声優や事務所が「スキャンダル対策」に無頓着なワケ(2020/04/01 10:00)|サイゾーウーマン

岡本 声優

経歴 高校進学と同時に、に入学。 高校在学中の、『』の女1・子供役で声優デビュー、その後『』の役で注目を集める。 翌、『』で主人公のパティを演じ、初主演。 また『』ではアン教授を担当した。 にが脚本演出を手掛けたの創立メンバーとなり、には一人芝居「岡本麻弥ひとりスペクタクル『ジョナサン! 』」にも挑戦している。 ここから数年間はほぼ舞台業に専念しており、声優業のレギュラーは、海外ドラマ『』のリン役のみだった。 より、『』で彩弧由貴役を演じるなど、声優業も再び活発化。 にはシリーズ『』で主人公のジャッキー(ジャックリーヌ・ローズ)を演じた。 その後もテレビアニメや海外ドラマ、ゲームなどに幅広く出演している。 よりへ演劇留学、も取得し、日本とアメリカを行き来する生活を送る。 以降はで活動を行っていたが、頃より、一時的に日本に帰国している。 に行われた『』のトークライブショウにおいて、同年に入籍したこと、現在闘病中であること、「」への復帰を発表した。 『サクラ大戦歌謡ショウ』には、の『新春歌謡ショウ』以降、ファイナル公演『新・愛ゆえに』、、のライブに至るまで出演していなかったが、のライブにおいて、ソレッタ・織姫役として復帰した。 病気も完治し、日本在住で活動している。 前者は、デビューが決定していたところに入った仕事だという。 渡米直前のゲーム雑誌のインタビューで「昔はのお嫁さんになるのが夢だったが、今はハリウッド女優になるのが夢」と語っていた。 出演 太字はメインキャラクター。 テレビアニメ 1985年• ( )• (弘田ユキ子) 1986年• (パレー・ハリントン〈青春時代〉)• (お涼)• (アン教授 )• ( )• (さとみ)• (ミネコ)• (ミン)• (メロディア)• ( パティ・ホープラビット ) 1987年• (亜月夕子、皆川由貴)• ( パティ・ホープラビット ) 1992年• (ベッシー)• ( ジャックリーヌ・ローズ〈ジャッキー〉 ) 1993年• (ウルウル )• (ハルミ伍長) 1994年• (渚)• (弥生) 1995年• (ナツミ)• (楓)• (1995年 - 、ススキちゃん、のぎくちゃん、どじょう坊や〈3代目〉、クルクルおコマちゃん〈2代目〉、しゃぼんだま姫〈3代目〉)• (サラ・ブライアント )• ( ダイアナ ) 1996年• ( ハルカ・ミナト)• (1996年 - 1998年、清正奈緒子〈1話のみ〉、小野小町〈初代〉、アムラーの女、珍吉〈2代目〉)• (エキドナ)• (B'Tミラージュ)• (裸魅亜)• (1996年 - 2006年、松本小百合、目黒美弥) 1997年• ( アニーナ・ファイザル)• (森下五月、同僚の女性、主婦B)• (白瀬サヤカ )• (ティア、シャン )• ( 神宮真弥) 1998年• ( 彩弧由貴)• (メアリー)• (大塚恵)• (フェンダースの秘書)• (清水みき) 2000年• (ソレッタ・織姫 )• (回転スッチー) 2005年• (ウスベニ)• (鷹宮紫織)• (ドミニク・ミラー)• (弦巻ミハル)• (ジャクリーヌ・ヴィラン) 2006年• (シーナ)• (火煉太夫)• (荒木雅美) 2007年• (Bレディ1号)• (レイ・オルドリッジ)• (2007年 - 2018年、阿音)- 2シリーズ• (エリアーデ)• (ターニャ)• (蘭丸の母) 2008年• (檄社する代)• (リンダ)• (秘書)• (六条旭日)• (エミリア)• (ジェシカ)• (悠の母) 2009年• (マヤ)• (メリッサ・ヘンダーソン)• (2009年 - 2010年、ハーピー2)- 2シリーズ• (ゆり) 2018年• (薬師寺れいら)• (ダイアナ) 2019年• (アイリーン=フォン=クロード) 劇場アニメ 1986年• (ノーヴァ)• (パティ・ホープラビット) 1987年• (パティ・ホープラビット) 1988年• (リィナ) 1990年• (リリン) 1991年• (彩弧由貴) 1992年• サイレントメビウス2(彩弧由貴) 1994年• (セリア) 1996年• (女格闘家) 1997年• (レイナ)• (渚) 1998年• ( ハルカ・ミナト)• (小山内奈々 ) 1999年• (コンチェッタ) 2001年• (ソレッタ・織姫 ) 2005年• (2005年 - 2006年、 ) OVA 1985年• (B・Dの愛人) 1986年• (ドリームエンジェルス)• (レモン)• (マリ)• (弘田ユキ子) 1987年• ( マリコ)• シリーズ(天野恵(初代))• (ランバ・ノム) 1988年• (リィナ、エマ)• (プック) 1992年• (ファンナ) 1993年• (細川れいこ) 1994年• (キリオ)• (ハルミ・ナカガワ) 1995年• (チーコ)• (早瀬由理子)• (パトリス) 1996年• ( 真弥)• (瀬戸家の母親) 1997年• (ミーエ・ミーエ)• (緒方静香)• (テキーラ)• (セントリス)• (ライザ)• (NSMX-1、まりん)• ( 緒方千晃) 1998年• (お京、お雛) 1999年• (ソレッタ・織姫) 2002年• (ソレッタ・織姫) 2006年• (法印大子) 2008年• ( ナニイ) Webアニメ• (2006年、お駒) ゲーム 1988年• (オペレータ)• (ヴァルナ) 1992年• (ケイ)• ( フレイア・ジェルバーン) - 2作品 1993年• (スー・ニー) 1994年• ( フレイア・ジェルバーン) 1996年• (システィーナ)• ( 伊藤涼子) 1997年• (御堂真弥子)• Girl Doll Toy(エリカ)• (ハルカ・ミナト)• (白皇帝・玉華)• (エマ・シーン、)• (リアムローダ・アルキオネ・ヒアデス〈マリアローダ〉) 1998年• 機動戦艦ナデシコ The blank of 3years(ハルカ・ミナト)• 銀河お嬢様伝説ユナ〜FINAL EDITION〜(白皇帝・玉華)• ( ウィナ・グラップル)• (ソレッタ・織姫)• (リナリー・ピュアハート)• ( 三条院千種)• (柊子)• 白薔薇のなまえ(紫苑)• 初恋物語(リアムローダ・アルキオネ・ヒアデス〈マリアローダ〉)• (山下志津香) 1999年• (1999年 - 2016年、エマ・シーン、リィナ・アーシタ、ノーラン・ミリガン) - 10作品• 機動戦艦ナデシコ NADESICO THE MISSION(ハルカ・ミナト)• (エマ・シーン、リィナ・アーシタ)• (笹川早苗)• (五条砂緒) 2000年• (エマ・シーン) 2001年• (ソレッタ・織姫)• (エマ・シーン、リィナ・アーシタ) 2002年• (ソレッタ・織姫)• (エマ・シーン、リィナ・アーシタ、ハルカ・ミナト、ランバ・ノム) 2003年• (エマ・シーン)• (エマ・シーン) 2004年• (エマ・シーン)• (エマ・シーン) 2005年• (エマ・シーン) 2006年• (エマ・シーン) 2007年• (エマ・シーン)• (エマ・シーン)• (エマ・シーン)• 2008年• (エマ・シーン)• (エマ・シーン)• (エマ・シーン)• (ハルカ・ミナト)• (エマ・シーン)• (ソレッタ・織姫) 2009年• (パオラ)• (エマ・シーン) 2010年• (エマ・シーン)• (エマ・シーン) 2012年• (エマ・シーン) 2014年• (エマ・シーン)• (エマ・シーン) 2015年• (ハルカ・ミナト) 2016年• (ソレッタ・織姫 ) 2018年• (ジャクリーヌ・ヴィラン)• ピオフィオーレの晩鐘(ソフィア ) 2020年• ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926-(ソフィア ) アプリ 2010年• (高井冴香) 吹き替え 担当女優• ( マーチェラ・バックランド)• (ロズ・ハーミソン)• (ロズ・ハーミソン)• ビフォアシリーズ(セリーヌ)• (青蛇)• (チャット)• (チャット) 映画• 愛のめぐりあい(若い女〈〉)• 蒼い記憶(レイチェル〈〉)• (アシュレー〈〉)• (ジャネット・キャントレル〈〉)• (マギー・ダルトン〈〉)• 裏窓の女 -甘い嘘-(ミシェル・ドルセ〈〉)• (ヴァージニア・ヴェニット〈〉)• 頑張れフリッパー(グウェン・ホップウェル〈〉)• (ヘレン〈エレナ・アナヤ〉)• (ジュリー〈〉)• (カティ)• (アビゲイル・ウィリアムズ〈〉)• (アグネス〈〉)• (クリスティーナ・マリエル〈〉)• (ビビ)• (マギー〈〉)• (ルーシー〈〉)• (メアリー〈カーキー・ハンター〉)• (オアーナ〈〉)• (サラ・ベイリー〈〉)• 殺人療法2(ジェニー・スローン)• (サブリナ・フェアチャイルド〈〉)• (マイリー)• (今村清子〈〉)• (シシー)• (ジュエル〈〉)• 情熱の処女 ~スペインの宝石~(メリベア〈〉)• (イン〈チョン・マン〉)• (中尉〈〉)• (タニヤ・ロバートソン〈〉)• (マヤ〈リヴ・タイラー〉)• (マーリーン)• (フェイス)• (チェリー2000〈パメラ・ギドリー〉)• チャーリー・シーンの ミスター・グッド・アドバイス(キャシー〈〉)• (ルーシー〈〉)• (ジェルリン〈〉)• (ミシェル・マッケイ〈〉)• (アンヘラ〈〉)• (パム〈〉)• (ケリー)• (リンダ〈〉)• デンジャラス・プレイ 殺しのエンジェル(ロビン)• (ウェイ・イー〈カルメン・リー〉)• ( ピッピ)• (ロバータ・ホフマン〈〉)• (エスメラルダ〈〉)• (アリス〈〉)• (雪女〈〉)• (キンバリー〈〉)• (ベス)• ファイナル・ソルジャー(サラ〈〉)• (ミア)• (リズ・ダンカン)• (ビルギッタ・ヨンスドッティル〈〉)• (ジーニー〈〉)• (プルー〈〉)• (チェリー・ダーリン〈ローズ・マッゴーワン〉)• フリッパー(ホリー)• (ジェーン・ウィリアムズ)• (ベス〈〉)• (ステイシー・マッギル〈〉)• (ロビン〈〉)• (シェリー)• (ルーシー・トレガー〈〉)• (マーシャ・ブレディー〈〉)• (マーシャ・ブレディー〈クリスティン・テイラー〉)• (ケリー〈〉)• (アルシア・リージャー〈〉)• (エミリー・リード)• (エリカ・メイソン〈〉)• 第5シーズン(ライザ・バンプ〈〉)• (リン・タナー〈〉)• シーズンI(リズ〈〉)• シーズンIII(ケティ・リード〈〉)• シーズンX 16(ダリア・タズリック〈〉)• シーズンXIV 3(アンドルース〈エヴァ・カミンスキー〉)• 第2シーズン「地底」• 第3シーズン「星」• (ラングイディア〈ステファニー・マティーニ〉)• 7(ナイジェラ・メイソン〈〉)• シーズン2 7(キャリー〈〉)• (・NHKBS吹き替えバージョン)• (ジュリア・サリンジャー〈ネーヴ・キャンベル〉)• 3 6(マンディ・フォスター)• (シャンタル・ハッチンス〈ジェニファー・ジェイソン・リー〉)• (ローレン・ミラー〈〉)• (ペニー・パーカー〈〉)• (デブラ〈ネーヴ・キャンベル〉)• (アン・メレディス〈〉)• (メイコ・トラン〈〉)• (ケイト・グレアム〈〉)• (〈リンゼイ・マーシャル〉)• (ローレン〈〉) アニメ• (第20話「不思議の国のバットマン」アリス)• (メス猫、女マヤ、キャンディ、他) ドラマCD 1995年• (姜) 1996年• (ヴァイオリン) 2012年• (紅葉) ラジオ 1994年• (4月 - 1998年10月) 2007年• (第3回・第4回ゲスト) 2010年• (千練雅美、配信) テレビ番組• WEEKEND THEATRE() オリジナルビデオ 1993年• 外伝 幕末闇婦始末記(彩弧由貴) 1996年• (伊藤涼子) テレビドラマ 1994年• (不明) 舞台 1989年• 一人芝居「岡本麻弥ひとりスペクタクル『ジョナサン! 』」 2006年• ドアをあけると…() 1998年• (1998年 - 2011年)(ソレッタ・織姫) 2011年• サクラ大戦 紐育星組ライブ2011〜星を継ぐもの〜(ソレッタ・織姫) 2012年• キャッシュオンデリバリー() 2014年• メイプルタウン物語 劇場版挿入歌(7月)• 風船旅行• スキップの歌 その他 ゲーム• メタルホーク ナムコ 現バンダイナムコ ゲーム途中のボイス 作詞• ミニアルバム『enfant』全5曲作詞 脚注• 『声優事典 第二版』、1996年、368頁。 goo人名事典. 2019年11月9日閲覧。 ORICON NEWS. オリコン. 2019年11月9日閲覧。 日本アニメーション. 2016年6月7日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年11月20日閲覧。 東映アニメーション. 2017年11月1日閲覧。 東映アニメーション. 2017年11月1日閲覧。 日本アニメーション. 2016年6月3日閲覧。 日本アニメーション. 2016年6月18日閲覧。 トムス・エンタテイメント. 2016年5月5日閲覧。 トムス・エンタテインメント. 2016年5月2日閲覧。 日本アニメーション. 2016年6月15日閲覧。 日本アニメーション. 2016年6月29日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年9月4日閲覧。 金曜ロードSHOW!. 2016年6月9日閲覧。 メディア芸術データベース. 2016年9月20日閲覧。 チェンクロ【公式】チェインクロニクル〜絆の新大陸〜. セガゲームス. 2016年8月10日閲覧。 ピオフィオーレの晩鐘. 2018年6月26日閲覧。 ピオフィオーレの晩鐘 -Episodio1926-. 2020年6月10日閲覧。 日曜洋画劇場. 2016年7月21日閲覧。 外部リンク•

次の

【極秘婚発覚もホテル密会は別女性】人気声優・岡本信彦は直撃に……《動画も公開》

岡本 声優

アイドル声優として大人気の、岡本信彦さんにも、文春砲の毒牙が! 本日2020年3月21に配信の「文春オンライン」で、人気声優の岡本信彦さんが去る2020年1月26日に、新宿歌舞伎町の高級リゾートホテルにて、小柄なマスク姿の女性と共に過ごしたという事実を掲載しています。 ・岡本さんは、既婚者だった。 ・ホテルで過ごした女性は、岡本さんの元カノ? ・元カノであれば、一体誰? 今回は、こちらの点について解き明かしていきたいと思います。 スポンサーリンク 目次• 岡本信彦さんは、既婚者だった! あまり知られていない事実ですが、岡本さんは2年ほど前にご結婚されていたようです。 そのお相手は、 大亀あすかさん ご存じ、この方も大人気声優です。 いわゆる職場結婚と言いますか、人気声優同士が結婚したという形だったのですね。 本名 大亀あすか ニックネーム かめちゃん 出身地 広島県 生年月日 1987年12月18日 年齢 32歳 血液型 A型 身長 142 cm 職業 声優 事務所 シグマ・セブン 配偶者 岡本信彦 こちらはなのですが、 なんとなんと!!! しっかり配偶者欄に「岡本信彦」の名前が!笑 さすがwikipediaですね。 情報に洩れがない! さて、そうなるとですよ、 岡本さんが歌舞伎町の高級リゾートホテルで一緒に滞在した女性は一体誰??? という事になってしまいますよね。 これは完全に 不貞行為にあたるわけです。 その女性に対して、文集オンラインの中で、 「A子」という名前で記載されている女性がいるのです。 では、そのA子さんとはいったい誰の事なのでしょうか? スポンサーリンク ホテルに滞在したのは岡本さんの元カノ説 文春オンラインの内容によれば、岡本さんが過去に池袋で半同棲生活を送っていた彼女がいたそうです。 こちらもアイドル声優の方だそうで、岡本さんとも何度も共演しているとのこと。 ゲームなどの趣味が合って交際に発展したとの記載もあり、ある意味具体的かつ信ぴょう性のある内容に思えます。 そこで、岡本さんの元カノについて調べてみたら、1人の女性が浮上してきました。 元カノA子さんは、竹達彩奈さん? 色々な情報があるなかで、最も信ぴょう性が高そうなのが、「竹達彩奈さん」です。 竹達彩奈 本名 竹達 彩奈(旧姓) ニックネーム あやち、あや、あやにゃん 出身地 埼玉県 生年月日 1989年6月23日(30歳) 血液型 O型 身長 151 cm 職業 声優、歌手、女優、ナレーター 事務所 リンク・プラン 配偶者 梶裕貴(2019年~) その信ぴょう性の高さを示すのが以下の2点の情報なのですが、 ・岡本さんとの共演歴が多い。 ・自称超インドア ということで、 文春オンラインの中の「趣味ゲームで意気投合」という情報にドンズバではありませんが、インドアを自称する方々の多くがゲーム好きであるケースが多いことを考えると、竹達さんの元カノ説というのは結構有力なのではないでしょうか。 但し竹達さんは、昨年2019年に、こちらも人気声優の梶裕貴さんとご結婚されています。 このタイミングで、岡本さんとの過去の噂を取りざたされてしまうのも、いい迷惑かもしれませんね。 スポンサーリンク ホテルで過ごしたのは、プロのマッサージ師のとの噂 文春オンラインを最後まで読んでいくと、何とも拍子抜けな岡本さんの事務所のコメントが掲載されています。 それがコチラです。 派遣型マッサージの担当者ですので名前を含め素性を知りません。 なお、同人が声優業界及びアイドル業界に席をおいているかも知れませんが、声優又はアイドルではないと推測しております。 ということで、 「なんだ、プロかよ!!!」 と、叫びたくなるような、お粗末な記事の結末でした。 苦笑 これは岡本さん、イメージガタ崩れですよ・・・ 女性ファンも多い岡本さんにとって、このニュースは本当に後々大変な事にならなければ良いのですが・・・。 まして。 まだ結婚して2年ほどしかたっていないにもかかわらず、人の多い歌舞伎町の高級リゾートホテルで堂々と逢引きとは、さぞ岡本さんは、そっち方面もお盛んなんでしょう。 22時半頃、2人はホテルをでるとすぐにタクシーへ。 岡本は女性を新宿駅に送り届けると、再び歌舞伎町へ向かいイベントの共演者らと合流。 鍋を囲みながらドラゴンボールの話題で盛り上がり、妻と暮らす都内のタワーマンションへと帰宅した。 女性はその後、約1時間かけ電車で郊外へと移動し、同世代の友人らしき女性と合流していた。 岡本さんが、最後は自宅に帰るという記述は良いのですが、赤字の部分について、女性は新宿駅から電車移動で友人らしき女性と合流したとのことで・・・ 単純な疑問として、この女性は、本当に派遣型マッサージから仕事で来た女性なら、その後仕事に戻るわけではなかったのか。。。 疑惑は深まるばかりですが、とにかく今後の岡本さんの状況がどのように変化していくのか、とても気になりますね。 スポンサーリンク 私、TAKAのブログに訪問いただき、誠にありがとうございます。 私は現在広告代理店の営業職として、日々お客様の課題解決に従事する傍で、サラリーマンの方々に対して、日常のコミュニケーションネタとしてちょっとためになる情報を記事に書かせていただいております。 趣味はゴルフとモータースポーツ観戦です。 特にゴルフに関してはサラリーマンになってずっと続けている唯一の趣味と言えます。 ゴルフは一生懸命努力して、ハンディ5までは来ました。 その試行錯誤の経験から、サラリーマンの方でゴルフを少しでも上達したいと考えている方に対して有益な情報を提供できるブログでありたいとも考えています。 皆様、末長いお付き合いをよろしくお願い致します。 最近の投稿• 最近のコメント アーカイブ• カテゴリー•

次の

岡本信彦、声帯の瘢痕(はんこん)化で6月手術へ 「約1ヶ月療養に専念」

岡本 声優

アイドル声優として大人気の、岡本信彦さんにも、文春砲の毒牙が! 本日2020年3月21に配信の「文春オンライン」で、人気声優の岡本信彦さんが去る2020年1月26日に、新宿歌舞伎町の高級リゾートホテルにて、小柄なマスク姿の女性と共に過ごしたという事実を掲載しています。 ・岡本さんは、既婚者だった。 ・ホテルで過ごした女性は、岡本さんの元カノ? ・元カノであれば、一体誰? 今回は、こちらの点について解き明かしていきたいと思います。 スポンサーリンク 目次• 岡本信彦さんは、既婚者だった! あまり知られていない事実ですが、岡本さんは2年ほど前にご結婚されていたようです。 そのお相手は、 大亀あすかさん ご存じ、この方も大人気声優です。 いわゆる職場結婚と言いますか、人気声優同士が結婚したという形だったのですね。 本名 大亀あすか ニックネーム かめちゃん 出身地 広島県 生年月日 1987年12月18日 年齢 32歳 血液型 A型 身長 142 cm 職業 声優 事務所 シグマ・セブン 配偶者 岡本信彦 こちらはなのですが、 なんとなんと!!! しっかり配偶者欄に「岡本信彦」の名前が!笑 さすがwikipediaですね。 情報に洩れがない! さて、そうなるとですよ、 岡本さんが歌舞伎町の高級リゾートホテルで一緒に滞在した女性は一体誰??? という事になってしまいますよね。 これは完全に 不貞行為にあたるわけです。 その女性に対して、文集オンラインの中で、 「A子」という名前で記載されている女性がいるのです。 では、そのA子さんとはいったい誰の事なのでしょうか? スポンサーリンク ホテルに滞在したのは岡本さんの元カノ説 文春オンラインの内容によれば、岡本さんが過去に池袋で半同棲生活を送っていた彼女がいたそうです。 こちらもアイドル声優の方だそうで、岡本さんとも何度も共演しているとのこと。 ゲームなどの趣味が合って交際に発展したとの記載もあり、ある意味具体的かつ信ぴょう性のある内容に思えます。 そこで、岡本さんの元カノについて調べてみたら、1人の女性が浮上してきました。 元カノA子さんは、竹達彩奈さん? 色々な情報があるなかで、最も信ぴょう性が高そうなのが、「竹達彩奈さん」です。 竹達彩奈 本名 竹達 彩奈(旧姓) ニックネーム あやち、あや、あやにゃん 出身地 埼玉県 生年月日 1989年6月23日(30歳) 血液型 O型 身長 151 cm 職業 声優、歌手、女優、ナレーター 事務所 リンク・プラン 配偶者 梶裕貴(2019年~) その信ぴょう性の高さを示すのが以下の2点の情報なのですが、 ・岡本さんとの共演歴が多い。 ・自称超インドア ということで、 文春オンラインの中の「趣味ゲームで意気投合」という情報にドンズバではありませんが、インドアを自称する方々の多くがゲーム好きであるケースが多いことを考えると、竹達さんの元カノ説というのは結構有力なのではないでしょうか。 但し竹達さんは、昨年2019年に、こちらも人気声優の梶裕貴さんとご結婚されています。 このタイミングで、岡本さんとの過去の噂を取りざたされてしまうのも、いい迷惑かもしれませんね。 スポンサーリンク ホテルで過ごしたのは、プロのマッサージ師のとの噂 文春オンラインを最後まで読んでいくと、何とも拍子抜けな岡本さんの事務所のコメントが掲載されています。 それがコチラです。 派遣型マッサージの担当者ですので名前を含め素性を知りません。 なお、同人が声優業界及びアイドル業界に席をおいているかも知れませんが、声優又はアイドルではないと推測しております。 ということで、 「なんだ、プロかよ!!!」 と、叫びたくなるような、お粗末な記事の結末でした。 苦笑 これは岡本さん、イメージガタ崩れですよ・・・ 女性ファンも多い岡本さんにとって、このニュースは本当に後々大変な事にならなければ良いのですが・・・。 まして。 まだ結婚して2年ほどしかたっていないにもかかわらず、人の多い歌舞伎町の高級リゾートホテルで堂々と逢引きとは、さぞ岡本さんは、そっち方面もお盛んなんでしょう。 22時半頃、2人はホテルをでるとすぐにタクシーへ。 岡本は女性を新宿駅に送り届けると、再び歌舞伎町へ向かいイベントの共演者らと合流。 鍋を囲みながらドラゴンボールの話題で盛り上がり、妻と暮らす都内のタワーマンションへと帰宅した。 女性はその後、約1時間かけ電車で郊外へと移動し、同世代の友人らしき女性と合流していた。 岡本さんが、最後は自宅に帰るという記述は良いのですが、赤字の部分について、女性は新宿駅から電車移動で友人らしき女性と合流したとのことで・・・ 単純な疑問として、この女性は、本当に派遣型マッサージから仕事で来た女性なら、その後仕事に戻るわけではなかったのか。。。 疑惑は深まるばかりですが、とにかく今後の岡本さんの状況がどのように変化していくのか、とても気になりますね。 スポンサーリンク 私、TAKAのブログに訪問いただき、誠にありがとうございます。 私は現在広告代理店の営業職として、日々お客様の課題解決に従事する傍で、サラリーマンの方々に対して、日常のコミュニケーションネタとしてちょっとためになる情報を記事に書かせていただいております。 趣味はゴルフとモータースポーツ観戦です。 特にゴルフに関してはサラリーマンになってずっと続けている唯一の趣味と言えます。 ゴルフは一生懸命努力して、ハンディ5までは来ました。 その試行錯誤の経験から、サラリーマンの方でゴルフを少しでも上達したいと考えている方に対して有益な情報を提供できるブログでありたいとも考えています。 皆様、末長いお付き合いをよろしくお願い致します。 最近の投稿• 最近のコメント アーカイブ• カテゴリー•

次の