ミニバン キャンピングカー。 お洒落で高機能!ミニバンベースのキャンピングカー [キャンピングカー] All About

キャンピングカーのフジ|車両詳細|キャンピングカー キャブコン カムロード ナッツRV クレア5.3X 温水ボイラー 新潟ミニバン・キャンピングカー専門店にて展示中

ミニバン キャンピングカー

キャンピングカー市場が成長を見せる中で、国内では「一見キャンピングカーには見えない」モデルが人気を集めている。 今年で30周年のを迎えたバンテック新潟はミニバンベースの車中泊仕様車『MR』記念モデル等を展示した。 1月31日から2月2日まで幕張メッセにて開催されたジャパンキャンピングカーショー2020。 国内最大級の同キャンピングカーイベントには、300台を超えるバラエティーに富んだキャンピングカーが一堂に会した。 バンテック(VENTECH)社のバンコン製造から発足し、オリジナル車両の製造販売、福祉車両、レンタカー事業などを手掛けるバンテック新潟は、自社ブランドVan Revo(バンレボ)の名を冠したブースを出展。 30周年を記念し、今回はトヨタのミニバン『エスクァイア』、『ノア』、『ヴォクシー』をベースにした5ナンバーキャンピング仕様車MRの30周年記念モデル等を展示した。 30周年記念モデルには、150WクラスのソーラーパネルやAlpine製のフリップダウンモニター、14リットルの保温冷蔵庫などをも特別装備した。 MRの30周年記念モデルは、2020年2月発売予定。 ベース車両はエスクァイア、『ノア』『ヴォクシー』の3台を用意する。 ハイブリッドモデルにも対応し、それぞれ2名就寝可能なノーマルルーフ、4名就寝可能なポップアップルーフから選択が可能。 ヴォクシー・、ノアをベースとしたMRの標準仕様車が407万円、記念モデルが451万円から。 エスクァイアベースのMRの標準仕様車は422万7300円、記念モデルは466万7300円からとなっている。 VRはキャンピングカーとして特化された車両ではなく、普段の生活でも不自由なく使えるマルチユース性を高めたモデルだという。 《滑川寛》.

次の

キャンピングカーのフジ|車両詳細|キャンピングカー キャブコン カムロード ナッツRV クレア5.3X 温水ボイラー 新潟ミニバン・キャンピングカー専門店にて展示中

ミニバン キャンピングカー

[製作への真摯な取組み] カトーモーターでは、ハイエースを中心として、キャラバン、ノアなどのバン・ミニバンや、ランドクルーザーなどのSUV、シビリアン、コースターなどのマイクロバスを主なベース車両としてキャンピングカーを制作しています。 下記に掲載してあるオリジナルのキャンピングカーのラインナップは、特に人気の高いハイエースをベースとしたバンコン、キャブコンといわれる車両のデータが多くなっていますが、オリジナル設計車種から簡易なレイアウト・寸法変更まで、お客様のご要望に応じた製作も承っています。 他にも、キャンピングトレーラーや、バスコン、フルオーダーメイドでの車の製作、今お乗りの車両の改造(もう少し使いやすいように)、またはリフォームといったことまで、キャンパーの方々の様々なニーズに合わせた製作を行っております。 車両の制作は、国内の自社工場で一貫生産で行っており、性能面、安全面においても、より一層安心していただける体制をとっています。 たとえ高価な素材であっても最善と思われるなら安全で効果の高い断熱材を天井・床・壁に幾重にも豊富に採用し断熱に万全の対策を行っています。 このこだわりの断熱仕様は、当社販売の新車には、もちろん全車標準装備で採用しています。 こういった断熱対策に加えて、ホルムアルデヒドや、揮発性有機化合物といった有害とされる物質への対処にも真剣に取り組み、ベニヤや接着剤など、国内の安全基準は全てクリアーするのは当たり前。 セラミックパウダーなどでさらに安全値を上げる努力も怠らず常に行っています。 [おすすめの選び方] 空前のアウトドアブームもあり、自動車ではかつてRVとよばれた悪路走行機能に優れたSUVというジャンルは、キャンプなどアウトドアだけでなく、街乗りとしてもクールで人気の衰えを知らないほどですが、キャンピングカー界隈でも一般に考える大きくて色んな荷物を積めるといったイメージとは相反する軽モデルも出るほど非常に人気が高まっています。 キャンピングカーの専門ファクトリーであるカトーモーターでも、人気の高まりは大きく感じており、人気のハイエースベースをはじめバンコンからキャブコン、フルコン、キャンピングトレーラーまで数多く取り揃えて様々なニーズに対応できるようにしています。 そういった数ある種類の中で、自分にあったものを選ぶのは大変ですが、一番おすすめの選び方は自分の使い方をイメージし、その用途によって必要なもの、不用なものを見極めて車両を選ぶことです。 「普段の足としても普通に使いたい」「少人数で気楽に移動したい」「一泊やちょっとした車中泊を快適に」といったような用途ですとバンコンタイプがベストです。 ハイエースベースなどのバンコンであれば、サイズ的にも駐車場や取り回しなどで普段使いがし易く、ベッドもしっかりとれるのでちょっとした車中泊としての利用でも快適です。 またハイエースベースのバンコンは非常に人気も高いので、売却時のリセールバリューが高いことも大きなメリットのひとつです。 買い替えの際にも、下取りや売却の金額が高いのは、次の車を選ぶ際には大きなプラスになります。 用意されたキャンプ場などではなく施設が整っていない場所でのキャンプや長期間の滞在をメインで考えていて、シャワーやトイレなどの設備も必須というような使い方であれば、ハイエースベースに代表されるようなバスコンやキャブコン、大型のバンコンといった設備にスペースを避けるタイプの選択が必須となってくるでしょう。 スペースの小さなタイプの車両ではどうしても、その内部にシャワーやトイレを設置して快適にというわけにはいかなくなります。 大きさと設備の充実や快適さは比例しますので、多くの設備を必要とするような使いかたであれば、大型のタイプを選ぶことになるでしょう。 逆に、夫婦二人だけでの気楽な旅やソロキャンプのお供にといったような使いかたであれば、今人気の軽キャンパーという選択肢もあるでしょう。 沢山の荷物を積んでのキャンプや家族みんなでというような使いかたとなると大きな制限がありますが、一人や二人での手軽なアウトドアカーとしてといった形や釣りや写真撮影のブースとしてといったような用途など目的によってはお手軽で使い勝手がいい場合もあります。 人数は何人くらいでいくのか、どのような場所で使用するのか、設備に何を求めるのか、最終的にどの部分を優先するかといったような部分を煮詰めていくと、自ずと最適な車輛が見えてくるはずです。 また使い方を、こんな場合にもとか欲張らないで、シンプルに一番使いたい使い方を考えられると答えが見つけやすくなるかと思います。 また予算によっては、中古車という選択肢もあるでしょう。 ただし、中古車は絶対数が少ない為、希望に合うものが見つかったら早めに決めないと無くなってしまうことも多いので、そのあたりの素早い決定も必要になります。 [キャンピングカーイベントに行ってみよう] やはり実物のキャンピングカーを見てみないと、カタログやwebサイトだけでは使い勝手や全体のイメージ、内装の質感などはなかなか掴みづらいもの。 大きな会場を使って行う有料の大規模なものから、限られたビルダーのみが参加する小規模で無料な気軽に立ち寄れるようなものまで規模は様々ですが、実際に実物に触れることができるイベントはシーズンの間は全国各地で頻繁に開催されています。 モータープールのような大型で高級な外車から軽のようなものまで、多種多様な形状のものや様々なビルダーの車両を一同に見ることができるイベントは、普段なかなか実物を見ることもできない車輛に、直接触れることができる貴重な場所です。 興味をもったら、ぜひそういったイベントに足を運んでみるといいでしょう。 どうしても大きな買い物となるものですから、自分が納得いくまで実車を見比べて検討して公開のない買い物にしたいところですね。 カトーモーターが参加しているイベントは、でご確認いただけます。

次の

新型セレナも登場!ミニバンベースのキャンピングカー最新3モデル【2017年版】

ミニバン キャンピングカー

キャンピングカー市場が成長を見せる中で、国内では「一見キャンピングカーには見えない」モデルが人気を集めている。 今年で30周年のを迎えたバンテック新潟はミニバンベースの車中泊仕様車『MR』記念モデル等を展示した。 1月31日から2月2日まで幕張メッセにて開催されたジャパンキャンピングカーショー2020。 国内最大級の同キャンピングカーイベントには、300台を超えるバラエティーに富んだキャンピングカーが一堂に会した。 バンテック(VENTECH)社のバンコン製造から発足し、オリジナル車両の製造販売、福祉車両、レンタカー事業などを手掛けるバンテック新潟は、自社ブランドVan Revo(バンレボ)の名を冠したブースを出展。 30周年を記念し、今回はトヨタのミニバン『エスクァイア』、『ノア』、『ヴォクシー』をベースにした5ナンバーキャンピング仕様車MRの30周年記念モデル等を展示した。 30周年記念モデルには、150WクラスのソーラーパネルやAlpine製のフリップダウンモニター、14リットルの保温冷蔵庫などをも特別装備した。 MRの30周年記念モデルは、2020年2月発売予定。 ベース車両はエスクァイア、『ノア』『ヴォクシー』の3台を用意する。 ハイブリッドモデルにも対応し、それぞれ2名就寝可能なノーマルルーフ、4名就寝可能なポップアップルーフから選択が可能。 ヴォクシー・、ノアをベースとしたMRの標準仕様車が407万円、記念モデルが451万円から。 エスクァイアベースのMRの標準仕様車は422万7300円、記念モデルは466万7300円からとなっている。 VRはキャンピングカーとして特化された車両ではなく、普段の生活でも不自由なく使えるマルチユース性を高めたモデルだという。 《滑川寛》.

次の