中国 地方 の 子守 唄。 中国地方の子守唄発祥の地

中国地方の子守唄: 二木紘三のうた物語

中国 地方 の 子守 唄

歌詞の一例 守りもいやがる 盆から先にゃ 雪もちらつくし 子も泣くし 盆がきたとて なにうれしかろ 帷子(かたびら)はなし 帯はなし この子よう泣く 守りをばいじる 守りも一日 やせるやら はよもいきたや この在所(ざいしょ)越えて むこうに見えるは 親のうち 童謡『赤とんぼ』の「ねえや」も守子 一般的に「子守唄」というと、母親が赤ちゃんを優しく寝かしつける穏やかな歌や音楽を想像するが、『竹田の子守唄』では、親元を離れて子守奉公(こもりほうこう)を行う幼い守子(もりこ)の辛い心情が描写されている。 同じように、幼い守子の心情を歌った「子守唄」としては、「おどま盆ぎり盆ぎり」の歌いだしが印象的な『』や、「ねんねこ しゃっしゃりませ」が歌いだしの『』が有名。 ちなみに、童謡『』の「ねえや」も、この子守奉公の守子を意味している。 歌詞の不自然さについて 現在よく歌われる『竹田の子守唄』の歌詞には、編曲時に歌詞が大きく変更されたせいか、不自然な点がいくつか見られる。 「盆から先」というと、旧暦のお盆(8月中旬)だとしてもまだ夏真っ盛りの時期で、「雪もちらつく」と続けるにはだいぶ季節が離れているという点だ。 確かに、お盆より後なら12月でも1月でも「盆から先」と言えるが、さすがに夏の終わりから秋をすっ飛ばして雪までいってしまうのには多少違和感がある。 また、北海道の旭川などでは、早ければ10月には降雪があることがあるが、『竹田の子守唄』は京都市伏見区で採譜された民謡。 お盆と雪を隣り合わせてしまうのはやはり不自然に感じられる。 五木の子守唄から歌詞を拝借? ではなぜ、現在歌われている『竹田の子守唄』は、一体こんな不自然な歌詞になっているのだろうか? それは『竹田の子守唄』を現代の歌手らが編曲した際に、原曲の歌詞を大きく変更してしまったことに起因していると考えられる。 その際、『竹田の子守唄』の商業的ヒットを祈願すべく、有名な子守歌『』にある「盆から先にゃ」という歌詞を拝借し、その知名度にあやかろうとしたのではないかと推測される。 親と会えるのは盆と正月のみ 幼いうちから親元を離れて子守奉公をする守子(もりこ)にとっては、親と再会できるのは一年のうち盆と正月のみ。 この休みは「藪入り(やぶいり)」と呼ばれ、特にお盆の休みは「後(のち)の藪入り」とも呼ばれる。 親に甘えたい時期の幼い子供にとって、親と再会できる盆と正月はなによりも楽しみで大事にしていたであろう。 親との再会が嬉しくない? 親元へ帰れるお盆は、守子にとって嬉しい日となるはずだが、『竹田の子守唄』の歌詞では、現代版でも原曲でも、いずれも嬉しくないものとして描かれている。 その理由としては、原曲・元歌では「なんぎな親」(貧乏な親)、現代版では「帷子はなし 帯はなし」(綺麗な服も着れない)と説明されている。 貧しくとも親子の再会は嬉しいもののように思われるが、それを上回る貧しさがあったということだろうか。 ただ、最後の歌詞では親元へ早く帰りたいとも歌われている。 子守奉公の辛い毎日に耐える守子の悲しみが心にしみる。 原曲・元歌の歌詞 こんな泣くぅ子よ 守りしぇと言うたか 泣かぬ子でさい(さえ) 守りゃいやにゃ どうしたいこーりゃ きーこえたーか この子よう泣く 守りをばいじる 守りも一日 やせるやら どうしたいこーりゃ きーこえたーか 来いや来いやと 小間物売りに 来たら見もする 買いもする どうしたいこーりゃ きーこえたーか 寺の坊んさん 根性が悪い 守り子いなして 門しめる どうしたいこーりゃ きーこえたーか 久世の大根飯 吉祥(きっちょ)の菜飯 またも竹田のもん葉飯 どうしたいこーりゃ きーこえたーか 盆がきたぁかて 正月がきぃたて なんぎな親もちゃ うれしない どうしたいこーりゃ きーこえたーか はよもいにたい あの在所こえて むこうにみえるんは 親のうち どうしたいこーりゃ きーこえたーか <引用元:(Wikipedia『竹田の子守唄』より> 有名な子守歌 『江戸の子守唄』や『五木の子守唄』など、昔の日本の子守奉公(こもりほうこう)や守子(もりこ)を題材とした日本の子守唄(子守歌)まとめ。 「シューベルトの子守歌」、「モーツァルトの子守歌」など、世界各国の有名な子守歌の歌詞と視聴 関連ページ 「十五で姐やは嫁に行き」の「姐や(ねえや)」は子守奉公の守子を意味している.

次の

中国地方の子守唄/うたごえサークルおけら

中国 地方 の 子守 唄

Contents• 竹田の子守唄の歌詞(赤い鳥Ver) 竹田の子守唄は元々わらべ歌で、現在に至るまで「歌い伝えられてきた歌」なので、様々な歌詞があるそうです。 今回は、 赤い鳥がカバーで歌った際の歌詞を歌わせて頂きました。 守 も りもいやがる ぼんからさきにゃ 雪もちらつくし 子も泣くし 盆が来たとて なにうれしかろ かたびらはなし おびはなし この子よう泣く 守りをばいじる 守りも一日 やせるやら はよもゆきたや この在所こえて むこうに見えるは 親のうち むこうに見えるは 親のうち ちなみに「赤い鳥」も歌詞のバージョンが複数あるようです。 竹田の子守唄:歌詞の意味 子守も嫌になる この盆地から先は 雪もちらつくようになるし 赤ちゃんも泣くし お盆が来たからと言って 何が嬉しいのか 麻の単衣(ひとえ)もなければ 浴衣を結ぶ帯もない この赤ちゃんはよく泣くなぁ 私を休ませてくれない こんな子守を一日中していたら 心も体もつらいな 早くいきたい この場所を超えて 向こうに見えるのは お父さんとお母さんが住む家 向こうに見えるのは お父さんとお母さんがいるところ 上記、私の勝手な現代語解釈訳です。 出来るだけ主人公の女の子の心情が分かるように訳してみました。 竹田の子守唄:主人公の設定で歌詞の意味が変わる!? 「在所」とは、一般的に 「故郷」や 「いなか」を意味します。 奉公に出ている差別部落出身の女の子 京都府京都市の竹田地区から生まれた歌なので「竹田の子守唄」と呼ばれているそうですが、この「竹田」のエリアが、昔は差別部落だったという説があるそうです。 差別部落出身の女の子が奉公に出て、子守ができるのか、当時の価値観や考え方は分かりませんが、仮に 差別部落出身の女の子が主人公だと考えると 「早く逝って楽になりたい ここではない場所へ 空の向こうに見える お父さんとお母さんがいる場所へ」 ・・・。 いずれのパターンでも、両親と離れて暮らしている女の子の心情が歌われていて、どれもつらい…。 竹田の子守歌の歌詞に込められた想いとは どの様な時代背景や価値観の元作られたのか分からないので、私の妄想の粋を出ませんが、想像以上に重くて、辛くて複雑な心情が歌われているのだなと思いました。。。 今回の記事を通じて、竹田の子守唄やわらべ歌への興味、解釈の面白さ等が伝わるきっかけになれば嬉しいです。 気になった方は是非演奏してみて下さい。

次の

竹田の子守唄 歌詞の意味 原曲・元歌

中国 地方 の 子守 唄

「ア・カペラ」をWikiでみると 「ア・カッペッラ(イタリア語 : a cappella)は、一般的に、無伴奏で合唱・重唱すること、またはそのための楽曲のことである。 」とある。 先日、FM放送で、アンサンブル・プラネタというグループのア・カペラを放送していた。 何となく聞いていたら、その歌声に、なぜか聞き惚れてしまった。 <アンサンブル・プラネタの「中国地方の子守唄」> 「中国地方の子守唄」 中国地方民謡(山田耕筰) ねんねこ しゃっしゃりませ 寝た子の かわいさ 起きて 泣く子の ねんころろ つらにくさ ねんころろん ねんころろん ねんねこ しゃっしゃりませ きょうは 二十五日さ あすは この子の ねんころろ 宮詣り ねんころろん ねんころろん 宮へ 詣った時 なんと言うて 拝むさ 一生 この子の ねんころろん まめなように ねんころろん ねんころろん このグループはいったい何者か・・・。 Netでみると若い女性4人のグループ()。 HPのプロフィールには 「少人数の女性でクラシック曲を新しいアレンジにて、それもア・カペラで歌うといったグループは日本でも海外でも非常に稀有なものです。 さらにアンサンブル・プラネタは、クラシックやオペラに多いベル・カント唱法ではなく、ノン・ヴィブラートを多分に取り入れ、今までの合唱のイメージとは違う独特の響きと独自の新しいアンサンブル・スタイルを展開してきました。 」()とある。 (写真はクリックで拡大) この透き通った声は、何とも素晴らしい。 しかも、今まで聞いたことが無い歌声・・・。 それに、これほど女声もハモるものか・・・。 (自分は男声合唱が好きだが、それは女声に比べ男声の方が良くハモる、と思い込んでいた)うーん・・・・・ 透き通った声と言えば、前にプラハ少年少女合唱団「マリモの唄」を紹介した事があった()。 しかしこのアンサンブル・プラネタというグループは、音大出のプロの声楽家の集まり。 しかもクラシックの楽曲だけでなく、日本の抒情歌のCDも出しているという。 まさに女声ダーク・ダックス?(失礼!) しかしNHK FMの番組は、このよう新しい発見があるので楽しい。 とにかく音楽の世界は広い。 それらを耳に届けてくれるFMラジオは、自分にとって貴重なのである。 今年もFM放送で、このような発見があると嬉しいな・・・。 しかし、アンサンブル・プラネタのこの歌の素晴らしさはどうだろう。 「中国地方の子守歌」を最高に魅力的な歌にしてしまっている。 恥ずかしながら、アンサンブル・プラネタについては今まで全く知らなかった。 you tubeで何曲か聴いてみたが本当に素晴らしい。 こんなグループを教えていただいてありがとうございました。 【エムズの片割れより】 コメントありがとうございます。 世の中広いですよね。 色々な世界があるのに、それらを如何に知るか、また如何に知るチャンスがあるか・・・ですね。 投稿: 山下仁平 2012年1月16日 月 21:45.

次の