定額オプション+。 ソフトバンクのかけ放題プランはお得?利用料金やサービスの特徴を徹底解説

オプションサービス|SoftBank 携帯は、ソフトバンクのオンラインショップで!

定額オプション+

IIJmio通話定額オプションとは? IIJmioの提供する通話定額オプションはその名の通り、通話時間の条件はありますが、何回かけても、通話時間の条件内であれば、定額になるというオプションです。 格安SIMメーカーは大手キャリアと対抗するために、価格でのメリットはもちろん、その他のサービス面でも充実をはかり、シェア拡大を目指しているのが現状です。 そんな中、IIJmioの通話定額オプションは、通話が長い人向けと短い人向けの2プランが用意されており、今まで定額通話のオプションが無かったIIJmioユーザーにとって待望のオプションです。 IIJmioの通話定額オプションは2016年に始まったサービスで、今までIIJmioには通話料が安くなる「みおふぉん」サービスはありましたが、かけ放題の通話定額サービスが無かったので、通話を頻繁に利用するユーザーにとって、通話定額オプションはとても利用価値の高いものになっています。 大手キャリア等では通話時間無制限でかけ放題というプランが多いですが、実際に現在のユーザーは、通話をするにしても、データ通信を利用した通話(LINEやスカイプ等)を使うことも多く、電話回線での通話の平均時間も1回あたり3分以下というデータもあり、IIJmioの展開する通話定額サービス(3分または10分以内)の範囲内で十分おさまるという人が多いでしょう。 通話定額オプションは発信相手が誰でも3分または10分の通話が定額でかけ放題となりますが、家族等の同一契約者であれば、最大30分以内の通話も定額の料金で利用可能となりますので、これを機会に家族での切り替えも考えてみると良いでしょう。 IIJmioの通話定額オプションのメリット・デメリット IIJmio利用者で、今まで通話料が月々830円よりも高くなっている人は、通話定額オプションを利用することで、毎月の料金を安くすることが出来ますので、オプション加入を検討してください。 また、今までは通話料が気になって電話を使うことをためらっていた人も、通話定額にすることで、通話料金を気にせず何回でも通話が出来るので、通話定額をおすすめします。 今まで仕事等で頻繁に通話を利用する人にとって、通話定額オプションの無かったIIJmioは通話料が上がってしまうという問題がありましたが、現在は定額通話オプションが出来ましたので、ビジネス用途としても十分使うことが可能となりました。 通話定額オプションはみおふぉんダイアルを利用することになりますが、みおふぉんダイアルはIP電話ではなく、普通の電話回線と同じですので、通信品質も保証されています。 IIJmioの通信回線速度は他の格安SIMメーカーと比べても安定していると評判ですので、通話品質が悪いとストレスを感じることは少ないでしょう。 ・家族(同一契約者名義)との通話がお得 電話で要件を伝えるだけであれば、通常3分もあれば十分と言えますが、家族間で話をしたいと思った場合、3分では短いと感じる人も多いでしょう。 IIJmioの通話定額オプションでは、家族等同一契約者名義の場合、600円のプランであれば10分間、830円のプランであれば30分間の通話が定額で可能です。 これだけあれば、時間を気にすることなく通話が可能となりますので、プライベートな話もたっぷりすることが出来ます。 もし現在、家族で大手キャリアを利用しているのであれば、家族全員でIIJmioへ乗り換えすると、通話の品質は維持しながら、月々の携帯電話料金が大幅に安くなるでしょう。 ・通話定額の範囲を超えても電話料金が安い IIJmioは元々みおふぉんダイアルという通話料が半額になるアプリサービスを導入しており、他の格安SIMメーカーと比べても、通話料が安かったので好評でした。 ですので、たとえ通話定額の範囲を超えた場合でも、国内通話であれば、30秒10円の通話料と安価で済むことになります。 実際に定額オプションを付けずに始めて、月の通話料が定額料金よりも高くなった場合に、定額オプションを加えるという方法も良いでしょう。 また月によって利用頻度に大きなばらつきがある人も、定額にしてしまうと、固定費用がかかってしまいますので、検討が必要です。 ・同一契約者名義でない場合定額の時間が短い 同一契約者名義でないと、定額オプションの規定時間が3分または10分となりますので、家族で長電話をよくする人には足りないと感じることもあるでしょう。 ですので、家族で利用される頻度が多いと分かっているのであれば、家族全員のIIJmioへの乗り換えも検討してみると、月の携帯料金が安くなる可能性が高いでしょう。 IIJmioの通話定額オプションはどんな人におすすめ? 通話定額オプションはビジネスシーンにも、プライベートにもおすすめのオプションになっています。 仕事でこまめに短い通話を繰り返すような人は、3分以内の通話で十分でしょうし、何回かけても定額なので、料金を気にすることなく利用ができます。 IIJmioの定額通話オプションを最大限活用しようとすると、やはり同一契約名義人間の通話を活用することをおすすめします。 同一契約名義の通話は、最大30分間定額となりますので、もし現在家族が別の会社と契約をしているのであれば、これを機にIIJに揃えることで、通話料金も安くできる可能性が高いです。 更に、IIJmioでは携帯電話以外にもひかり回線や光TVの提供も行っていますので、これらもIIJにすることで、更に割引がされます。 例えば、携帯電話がIIJmioで、更にIIJひかり回線に加入すると、毎月の携帯電話利用料+ひかり回線料金の合計から「mio割」という割引サービスで600円が割引となります。 不特定の人に何度も電話をするような人には通話定額オプションは最適なプランとなります。 仕事で電話をする機会が多かったり、交友関係が広い人は、あらかじめ通話定額オプションに加入しておくことをおすすめします。 IIJmio通話定額オプションの利用方法 通話定額オプションは新規契約と同時に行う場合と、契約途中から行う場合があります。 新規契約の場合は、最初の契約手続きのオプションを選ぶページで、「通話定額オプション」を選び、600円か830円を選ぶだけで手続き完了となります。 既にIIJmioで契約をしている人は、IIJの会員専用ページから、「音声オプションの変更」オプション追加で、600円か830円を選べばOKです。 利用開始月の料金は日割り計算を行わず、1ヵ月分請求されます。 解約の場合、解約申込日にかかわらず月末解約となり、1ヵ月分請求されます。 IIJmio通話定額オプションに関する注意点 IIJmioの通話定額オプションは何回でも通話が出来て、定額になるので、通話を頻繁にする人にはおすすめですが、注意点も何点かありますので、確認してください。 同一契約者名義以外は30分(10分)のかけ放題にならない ここでいう同一契約者名義とは、家族のことを指すのですが、家族であっても、同一契約者にならない場合もあるので、注意が必要です。 登録しているmio IDが同じでないと同一契約者とみなされませんので注意してください。 契約時期が同じであれば、まとめて同じmio IDで契約を行うと思いますが、例えば、別の会社からMNP転入をする場合等は、名義変更を行い、1人に統一しなければなりません。 これを怠ったままだと、同一契約者とみなされずに、30分(10分)の定額通話が出来ません。 通話音質にばらつきがでることがある IIJmioの通話定額オプションでは、みおふぉんダイアルという自社の通話回線を利用する方式をとることで、通話料を安くしていますが、この方式の通話は、外部要因により、通話品質が乱れることがあります。 これは格安SIMの通信回線が大手キャリアの回線を借りて利用しており、優先順位が大手キャリアよりも低くなるので、仕方がないのですが、その中でもIIJmioは、通信品質についてのユーザー評判は概ね良好ですので、それほど心配することはないでしょう。 警察(110番)や救急(119番)など3桁への発信が定額通話では出来ない みおふぉんダイアルを使うと、緊急通報の電話が出来ません。 3桁の電話番号は普段はあまり使うことがないので、不便に感じることはないでしょうが、緊急の電話は、みおふぉんダイアルとは別の通常の電話回線を利用して発信することを忘れないでください。

次の

ソフトバンクの定額オプションと準定額オプションについて徹底解説!

定額オプション+

利用開始操作後、各プランの利用時間が経過するとパケット通信が自動で止まります。 「データローミング」が「オン」でも利用開始操作をしなければ通信は発生しないため、高額請求の心配はありません。 「パケットパック海外オプション」はご契約中の国内パケット定額サービスまたは料金プランのデータ量を利用します。 日本でご契約中のデータ量を超過した場合、国内同様に当月末までの通信速度が低下します。 なお、国内同様のお手続き(「1GB追加オプション」など)を行うと、通常速度でご利用になれます。 5Gの料金プランをご契約中に「パケットパック海外オプション」を利用したデータ量が30GBを超過した場合、国内でご契約中の残りデータ量に関わらず、当月末まで「パケットパック海外オプション」ご利用時の通信速度が低下します(5Gギガホ:送受信最大1Mbps/5Gギガライト、5Gデータプラス:国内の通信速度に準じます)。 おすすめの使い方• ビジネスベーシック シェアパック• ビジネスシェア パック5• ビジネスシェア パック10• ビジネスシェア パック15• ビジネスシェア パック20• ビジネスシェア パック30• ビジネスシェア パック50• ビジネスシェア パック70• ビジネスシェア パック100• ビジネスシェア パック150• ビジネスシェア パック200• ビジネスシェア パック250• ビジネスシェア パック300• ビジネスシェア パック400• ビジネスシェア パック500• ビジネスシェア パック700• ビジネスシェア パック1000• ビジネスシェア パック1500• ビジネスシェア パック2000• ビジネスシェア パック3000• ウルトラビジネス シェアパック30• ウルトラビジネス シェアパック50• ウルトラビジネス シェアパック100• ケータイパック• らくらくパック• Xi パケ・ホーダイ フラット• Xi パケ・ホーダイ ダブル• Xi パケ・ホーダイ ライト• Xi パケ・ホーダイ for ジュニア• Xi らくらくパケ・ ホーダイ• Xi パケ・ホーダイ for iPhone• Xi パケ・ホーダイ for ビジネス• Xi データプラン フラット にねん• Xi データプラン フラット• Xi データプラン 2 にねん• Xi データプラン 2• Xi データプラン にねん• Xi データプラン• Xi データプラン ライト にねん• Xi データプラン ライト• パケ・ホーダイ フラット• パケ・ホーダイ ダブル2• パケ・ホーダイ ダブル• パケ・ホーダイ シンプル• らくらくパケ・ ホーダイ• 定額データプラン フラット• 定額データプラン スタンダード2• 定額データプラン スタンダード• 定額データプラン HIGH-SPEED• (各バリュープランを含む)• 音声通話、テレビ電話、SMS、WORLD WING Wi-Fi、公衆無線LANなどは「パケットパック海外オプション」の適用対象外です。 各料金プランなどに含まれる無料通信分は、「パケットパック海外オプション」の定額料には適用されません。 利用開始操作後、利用時間内にパケット通信を利用しない場合も定額料がかかります。 「パケットパック海外オプション」対象外の国・地域で利用する場合、パケット通信が「パケットパック海外オプション」の適用を受けず、料金が高額となる可能性があります。 また、パケット通信は自動で切断されません。 「パケットパック海外オプション」をご契約中のお客様は、「海外パケ・ホーダイ」「海外1dayパケ」をご利用できません。 「パケットパック海外オプション」利用開始から利用時間内に「パケットパック海外オプション」の契約を廃止し「海外パケ・ホーダイ」を利用した場合、「パケットパック海外オプション」の定額料および「海外パケ・ホーダイ」のパケット通信料がそれぞれかかります。 「アクセスプレミアムFOMA」「アクセスプレミアムLTE」を海外でご利用の場合、「パケットパック海外オプション」定額料に加え、「海外パケ・ホーダイ」の通信料が発生します。 「パケットパック海外オプション」は、ご利用回線ごとにお申込みと利用開始操作が必要です。

次の

パケットパック海外オプション

定額オプション+

データプラン100MB 300円 100MBまで 言い換えるとケータイ100MBプランです。 (利用しない) 0円 電話のみ利用する人はデータ定額サービスを利用しない選択肢もあります。 「メリハリプラン」は2020年3月12日から始まった新プランの一つで、1ヶ月に利用できるデータの容量の上限は50GBまでです。 ウルトラギガモンスタープラスの後継にあたる大容量型のプランですが、ウルトラギガモンスタープラスではデータ利用の多い少ないに関係なく1つの完全定額料金でしたが、新しい メリハリプランについては月に利用したデータ量が2GB以下の場合には1,500円料金が安くなる2段階制の料金になり、 毎月のデータ利用量が1GB以上の場合に最適なプランになり、以前よりもプラン選択が楽になっています。 また、後半で説明する家族割(みんな家族割+)や動画SNS放題などの利用できるキャンペーン・特典がミニフィットプランより多いのも特徴です。 月額料金の計算のしかた それでは、これまで説明した内容をふまえて、実際にソフトバンクに契約した場合の月額料金を計算してみましょう。 これがスマホの料金の全貌です。 どの料金プランにいくらかかっているかが分かれば料金プランがかなり見やすくなります。 しかしこの例だと 料金が高いですよね。 あくまでこの金額は通常の定価料金。 ある一定の条件を満たすことができれば、この金額から割引が適用されて、さらに月々の料金支払いを安くすることができるようになります。 次は、 割引キャンペーンのしくみについて見ていきましょう。 トクするサポート (2020年3月26日以前に発売の機種) 対象データ定額サービス: 特になし (ソフトバンク以外の携帯会社の人も利用可能) 2019年9月13日から開始した端末購入サポートサービスで「半額サポート+(プラス)」という名称でしたが現在は「トクするサポート」に名称変更しています。 25ヶ月目に次の機種を購入すると一番端末代の負担が軽くなります。 使用していた端末を返却する必要がある特典のため、24ヶ月のレンタルプラン(48回までレンタル料金を支払えば、購入扱いになる)みたいな捉え方をすれば分かりやすいかもしれません。 ソフトバンクの回線利用は問わず、ソフトバンクで機種購入(と利用していた機種の回収)が条件となっているため、他の携帯会社を使っている人も利用できる特徴があります。 ただし、ソフトバンクの端末はソフトバンクのSIMロックがかかっているため、ソフトバンクのSIMロックがかかっていても利用できる、ソフトバンクと ワイモバイルを除くソフトバンク回線を利用するMVNO(LINEモバイルなど)を利用している人にも利用できる端末購入サポートになっています。 特典A:最大24回分の端末代金の残金支払いの免除 (返却&買い替えの場合)• 特典B:下取り時点でのPayPayボーナスの付与 (返却のみの場合) 特典Aについてはかつての「 (現在は新規受付終了)」に似た感じの端末購入サポートサービスになります。

次の