モンスト プルメリア わくわく。 【モンスト】プルメリア評価|すぐわかる4つの強い理由・実の厳選例

【モンスト】プルメリアわくわくの実厳選完了&オススメの実!

モンスト プルメリア わくわく

3つのギミックに対応しているので編成できるクエストの幅が広く、ダッシュで手数を稼ぐこともできます。 即死攻撃を遅らせたり敵の相互蘇生を一時的に止められるので、高難易度クエストの安定攻略を目指すのに役立ちます。 みんなの評価 獣神化 No. 投稿者名:名無しさん• 投稿者名:きらりハートりぼんさん• 投稿者名:ハリさんさん• 投稿者名:ハリさんさん• 投稿者名:きらりハートりぼんさん• 投稿者名:名無しさん• ステータス HP 攻撃 スピード LV最大 19,187 23,285 329. 83 ゲージ - 32,022 - ステータス HP 攻撃 スピード LV最大 20,573 24,298 346.

次の

【モンスト】轟絶(ごうぜつ)クエスト一覧と攻略のポイント│GeMS

モンスト プルメリア わくわく

・まれに 「獣神化後」の状態で排出。 ・特級(特級、特級M、特級Lのいずれか)または、1級(1級、1級M、1級Lのいずれか)の「わくわくの実」が付いた状態で排出。 ・ 「獣神化後」の状態で排出された場合は、異なる効果の「わくわくの実」が2つ付いた状態で排出。 (「シングルガチャ」には付いておりません。 ご注意ください。 火 アグナムート、アグナムートX、ランスロットX、ミカエル、卑弥呼、ワルプルギス、背徳ピストルズ、マナ、カマエル、小野小町 水 織田信長X、ナポレオン、ラファエル、天草四郎、ダルタニャン、ノア、ノストラダムス、ミロク、ラミエル、モーセ、ワタツミ、Angely Diva 木 アポロX、チンギス・ハン、デッドラビッツLtd. ・敵の弱点への攻撃倍率が通常時よりもアップ。 ・本クエストのクリア後の"スペシャル報酬"内の「ラックボーナス」は、本来のラックに「ラック+10」分の効果がプラスされます。 その場合、必要素材キャラクターのラック数が異なります。 クエストの出現日程については、ゲーム内のイベントスケジュールをご確認ください。 次回に持ち越すことはできません。

次の

【モンスト】アベルの評価と適正のわくわくの実!|ゲームエイト

モンスト プルメリア わくわく

アベルの評価点 神化と進化の評価点 キャラクター名 評価点 神に愛されし者 アベル 神化 9. 0点 祝福を受けし少女 アベル 進化 9. アベルにおすすめのわくわくの実 神化のわくわくの実 Sランク 熱き友撃の力 超高火力の「トライデントレーザーEL」の火力を伸ばすことでさらに「ボス火力」を「ザコ処理」を楽にすることが出来ます。 Aランク 同族の絆・加撃 同族の絆・加命撃 同族の絆・加撃速 進化のわくわくの実 Sランク 熱き友撃の力 「ボス火力」や「ザコ処理」に優秀な「トライデントレーザーEL」の威力を更に伸ばすことが出来ます。 同族の絆・加撃 自強化倍率がかかる「LB消滅SS」や「直殴り火力」を更に伸ばすことが出来ます。 2つのギミックに対応するだけでなく、火力に変えることができるため、出現ギミックが出るクエストでは有利に戦うことができます。 【神化】配置次第で火力を出せるSS SSは、貫通タイプになり味方にふれると自身と味方の位置を順番に移動し攻撃するものです。 味方に触れたタイミングで他の味方キャラの位置に移動する特殊なSSとなっており、敵と味方の配置が一直線にあれば移動しながら 1. 5倍の直殴りで敵にダメージを稼げ、同時に味方の友情も発動してダメージを与えられます。 また、移動する際は全てのギミックを無効化できるため、オールアンチとして火力を出すことが可能です。 「重力バリア」に触れると加速するため機動力が上がり、闇属性からのダメージを軽減できるだけでなく、毒やアビリティロックなどの状態攻撃も治すことができます。 汎用性・耐性・サポートがあるため、普段使いから高難易度クエストでも活躍できるアビリティセットです。 【進化】8ターンで使える自強化SS SSは自強化し、ふれた敵のレーザーバリアを消すものです。 最大の敵である「レーザーバリア」を消すことができるため自身の友情を活かしやすくなります。 また8ターンSSながら自強化倍率が 2倍と高く、短いターンで火力を出せる点も魅力です。 【共通】砲台として文句なしの3本レーザー友情 友情はどちらも「」を持っており、神化に関しては砲撃型で威力が 1. 4倍高いのにくわえて副友情に「」もあります。 総合威力だけで言えば神化の方がもちろん強くはなりますが、どちらも十分な砲台役として当たるだけで敵にダメージを与えやすく、配置を意識することで複数のレーザーがヒットし、より威力を発揮する友情です。

次の