プリズンブレイク 人気キャラ。 プリズンブレイクのマホーンがカッコ良すぎる!好きなキャラNo.1

海外ドラマ・プリズンブレイクの好きな登場人物Best5

プリズンブレイク 人気キャラ

プリズン・ブレイクが面白い5つの理由!実際に全話見て感じた魅力をネタバレなしで紹介 2019年10月29日 2020年6月26日 海外ドラマではもはや定番の 『プリズン・ブレイク』 放送当時は日本でもかなりの話題になり、新作が入荷されるたびに朝からレンタルショップに並ぶ人が続出したほどの超人気作品です。 当時レンタルをして1話目を見たときは内容が衝撃的すぎて、それ以来すっかりハマってしまいました。 もう一言でいえば、 とにかく面白い! これにつきます。 ただし、一言で面白いって言ってしまうにはもったいない作品です。 この記事では全シーズン 1~5 まで全て見た管理人が、プリズンブレイクの「どんなところが面白いのか?」魅力を具体的にお伝えします! 目次• プリズン・ブレイクについて 知っている方もいるかと思いますが、まずは簡単なあらすじを。 【プリズン・ブレイクのあらすじ】 マイケルは何不自由なく暮らす優秀な建築設計士。 しかしある日、兄のリンカーンが副大統領の兄弟殺しの罪で逮捕され、死刑判決を受けたことから人生が一変する。 異例のスピード判決、無罪を主張し続ける兄……得体の知れない陰謀に巻き込まれた兄を合法的に助けることは不可能だと知ったマイケルは、武装強盗を犯し自ら犯罪者となって兄と同じ刑務所へ入る。 兄とともに脱出するために……。 プリズン・ブレイクは和訳すると脱獄という意味 舞台となるフォックスリバー刑務所は、厳しい監視でいまだ脱獄した囚人はいない… そんななか一体どうやってマイケルは脱獄をする気なのか!? 魅力その1. 序盤から目的が決まっていて物語に入りやすい 話が壮大すぎたり最初から謎が多すぎると、話についていけなかったり何が目的かわからないことってないでしょうか? プリズン・ブレイクははじめから 脱獄というテーマが決まっているぶん話がわかりやすいです。 とはいえ話が単純かと言ったらそうではなく、様々な謎や陰謀なども話に絡んでくるのでそこがまた面白いです。 主人公のマイケルについて• 平和な暮らしを送っていた有望な建築技師• 無実の兄を脱獄させる為わざと罪を犯して刑務所に入る• 兄と共に刑務所からの脱獄を狙う 顔もイケメンですが、それだけじゃなく頭が良くて相当なIQの持ち主です。 常人では考えもつかないようなことをやってしまうある意味ヤバイやつです。 おまけに 完璧主義 かんぺきしゅぎ。 」 魅力その5. 個性が強く味のある悪役キャラが魅力的 ドラマに限らず支持されている人気作品って、悪役も魅力的なことが多いと思いませんか? プリズンブレイクが支持されているのは、魅力的な悪役の存在も大きいからだと思います。 なかでも 看守のべリックと 囚人のティーバッグ。 この2人はプリズンブレイクにはかかせない人物で悪役ながらも結構な人気があります。 看守のべリック プリズンブレイクと言えば、べリックだよ。 「趣味は囚人いびり」と言わんばかりに、顔から悪のオーラがにじみ出ています。 囚人たちにデカい態度をとっているイヤなヤツなんですが、結構笑えるシーンもあってある意味ギャグ要員でもあります。 囚人のティーバッグ プリズンブレイクのバッグウェル。 — RNニートの火曜どうですか(大堀おしべ) kayoudoudesuka 写真だけ見ると一見ただのイケメン外国人ですが… この男、 超が付くほどの極悪人。 ただ、とんでもないヤツなんですが、危険な雰囲気が香る華のある悪党といった感じが魅力的です。 演技もこれがまた上手で、正直顔の表情を見ているだけでも楽しめます 笑 ティーバッグが不気味に『ニタァ…』っと笑う表情は、1度見てしまったらもう頭から離れません。 本名はセオドラ・バッグウェル Theodore Bagwell 通称ティーバッグじゃ。 あえて残念な点をあげるとすれば 見てない人は損してると言えるくらいホントに面白いんですが、 「ここが残念だった」というところが無いといえばウソになるかもしれません。 よくよく考えると主人公たちにちょっと都合がいいシーンも まぁプリズンブレイクに限ったことではないと思うんですが。。。 「こんなに上手くいく?」 「ちょっと都合がいいのでは?」 なんてシーンも、見終わったあとによくよく考えてみたら少しだけありました。 ただ、自分の場合はすっかり話に入り込んでしまっていたので、見ている最中はそんなこと全く気になりませんでした。 そんな細かいことを考える暇もなく、どんどん話にのめりこんでしまえるのもプリズンブレイクの良さかと思います。 【まとめ】プリズン・ブレイクは見始めると止まらないし何回見ても楽しめる 1度見たら止まらないうえに、見終わっても何回でも見たくなってしまうんですよね。。 管理人も最初はレンタルで見ましたが、2回目にVODで一気見したときは完全にプリズンブレイク漬けの毎日でした。 同じように2回、3回と見返したという方もけっこうたくさんいるみたいですね。 物語が進むにつれ明かされていく脱獄計画、さらに凶悪な囚人たちとのやりとりなど、どんどんと緊張感が増していくストーリーがホントに最高です。 はじめて見る方はもちろん、何回見ても楽しめるのがプリズンブレイクの魅力だと思います。 まだ見ていない方は是非ともプリズン・ブレイクの世界感を味わってほしいです。

次の

海外ドラマ・プリズンブレイクの好きな登場人物Best5

プリズンブレイク 人気キャラ

プリズンブレイクシリーズの雑感 まず、私がシリーズにどういった印象を持っているのか広い視野で確認します。 私は、ファイナルブレイク(遅)でシリーズに出会い、その後、プリズンブレイク1を観て、10秒くらいで、その世界観に引き込まれました。 ちなみに、シーズン1とシーズン4の間には、絶対障壁ともいえる、壁が存在します。 えっ!?マイケルって意外に嫌われてんの? 少し、シリーズの主人公であるマイケル・スコフィールドについて語ると、ネットを見て、意外に嫌われていることがわかり驚きました。 リンカーンに比べて弱い(そりゃ、そうやがな)、男らしくない、ナイーブなどなど嫌いな理由として散見されました。 私は、めっちゃ好きなキャラで、特にユーモアに富んだ、洗練された言い回しが好きですね。 「狙いはユーモアのセンス方じゃないな(シーズン4、16話)」とか、「今と同じことをしてるさ。 ゼリー食べて、ドリンク飲んで(シーズン1 1話)」とか、「そこの眠り姫とか?(シーズン1、4話)」とか こういったユーモアとボキャブラリーに富んだ言い回しは、日本にはない文化なので、とても引き込まれますね。 トゥイーナーの「(時給)19セント!?地獄だな兄弟(シーズン1、11話)」に対して「ムショさ、兄弟」なんて咄嗟に切り返すのも素敵。 この人は、相手によって、最適な会話のトーンを演出するよね。 さすがにトゥイーナーの即興ラップには、フリーズしていたけど(爆笑) 私が好きなのは吹替え版のプリズンブレイク 私がプリズンブレイクのキャラが好きな理由の半分が、吹替え声優が凄まじすぎるからです。 おそらく、完璧に英語を理解して、英語版を観ても、好きにはならなかったと思います。 吹替え声優といえばセオドア・バッグウェルの若本さんが有名ですが、若本さんを筆頭に、べリックの林一夫さん、ケラーマンの内田聡明さん、セルフの横堀悦夫さん、クランツ将軍の森山周一郎(神)。 これらのキャラの声優さんが、違う人なんて、マジでありえん。 もう、私の中で、細胞と癒着するかの如く、一心同体になってますね。 ほんと、プリズンブレイクは、実力派声優を揃えた感じで、最近有名なプロという名のど素人声優とは、比べ物にならないくらい技術が高いです。 私は、こういった吹替え技術は、職人芸だと思っていて、間違いなく「Cool Japan」の一翼を担うと思いますね。 オリジナル版を改良して、それ以上を作る。 まるで、かつて種子島の職人たちが鉄砲にやってみせたことを彷彿とさせるようです。 これぞ、ものづくり精神であり、大和魂です。 」、「へぇ~、あんた医者なのか?」(シーズン2、4話) だが人は信じないだろう。 皆の前でな(シーズン1、6話) 笑って撃たれるのが最高の栄誉だそうだ。 遅かったな…(シーズン1、22話) 俺を股の間から押し出した女が俺の母親とは限らない(シーズン2、18話) お前にはただ…一緒に育った…兄の事だけを覚えていてほしい…(シーズン2、18話) 私はただもう、後戻りは、できないと言っているんです…我々みんなにとって、不幸な事です(シーズン1、10話) 「黙らないと頭に弾丸をぶち込む」だけど、これ十年来の親友であるヘイルに対しての台詞だかんね(笑)。 なんか、アメリカの銃社会を体現してるような台詞だよね。 親友でさえ、失言は許さない、みたいなっ。 ほんと、ポール・ケラーマンは大好きで、割とシーズン2に名シーンが多いんだけど、それほど好きではないシーズン2をストレスなく視聴できる癒しの存在。 その正体は、シークレットサービスのエージェントであり、レイノルズ副大統領の腹心。 まさに七色の顔を持つ男で、ある時は乾燥肉の営業マン「オーウェン・クラベッキ」、また、ある時は「ご近所さん(笑)」、そして、「クリスティンの兄…」 多種多様な役柄は、もちろんだけど、この人は表情の使い方がめちゃくちゃ豊かで、本当に見てて飽きない。 基本的に優秀なエージェントなんだけど、相手が悪すぎたのか、かつての栄光は脆くも崩れ去っていくんだよね。 しかし、その下手を打って、ドツボにハマっていくケラーマンが最高で、随所に散りばめられた暴言をメモして、ケラーマン神回として、プリズンプリズンブレイクを見返すことも多い。 シーズン2中盤からは、レイノルズ大統領に捨てられた私怨から、マイケルたちの味方をするんだけど、吹っ切れたのか流石は元シークレットサービスと言える場面が多いよね。 あと、お兄ちゃんの顔で妹のキャサリンにお別れを言った後に、ホテルの一室で自決に失敗する回は名シーンだよね。 軍服に身を包んで、遺書を書こうとするんだけど、その手が震えて何度も失敗するの。 これまで、たくさん死体を絨毯の下に隠してきた(笑)ケラーマンが死の恐怖と隣り合わせになり、震えるって演出は奥深いと思う。 そして、シーズン2の最後には軍人としての誇りを魅せたよね。 シーズン4では、最後の最後に達観した姿で登場し、後にキャロライン・レイノルズの意思を継いでか、議員になりました。 シーズン5でも登場するらしい。 あああぁああああぁぁ、伝説のチョコチップクッキー食いてええぇえええええぇぇ 【第2位】ドナルド・セルフ ばあちゃん家に里帰りした帰りに、グアダラハラ空港で拘留されるぞ。 嬉しいか?登場拒否リストに載るんだ。 このバッジに逆らうと、そうなる。 (爆笑、シーズン4、6話) 「正直、これを渡すことしか考えてなかった…」、「あなたの人生は劇的に変わる」(シーズン4、7話) 「やめてくれ、リンカーン。 この世にはまだ国の為に戦っている人間がいるんだ。 君は知らないだろうがな。 カーステレオを盗んだり悪さするのに忙しかったから」(シーズン4、1話) 警部、はっきり言っておこう。 (爆笑、シーズン4、20話) シーズン1のべリック、シーズン1、2のケラーマンのように、強力なスパイスとしてシーズン4に貢献した男。 彼なしじゃ、シーズン4の魅力は半減したでしょう。 国土安全保障省の職員として、強権を振りかざしまくるのが最高。 初期の頃は、上の台詞からもわかるとおり、国の為に忠義を尽くすエージェントという感じだった。 でも、自分が今まで信じていた正義に疑問を抱くようになってからは、面白いほどに小物臭漂うキャラに変貌していく。 そんな人間臭いところが大好きで、ある意味、一番の悲劇を背負った男かもしれない。 FBIの強引な事情聴取により、脳に障害を負ってしまった彼だけど、シーズン4の最終話で病院の窓際で外を見渡すセルフを見た時は、何とも言えない気持ちになったよ。 あと、その回の映像を持ってないんでわかんないけど、「グランデサイズ、9ドルもしたよ。 カリフォルニアが誇る、どこより上手いコーヒーだ(高っ!?、シーズン4第8話)」なんて台詞も好きだった。 【第3位】ブラッド・べリック ここじゃ、十戒なんてクソくらえだ(シーズン1、1話) 鼻風邪ひくなよぉ~(シーズン1、13話) 全く、ガキのスペリング大会より進みが悪い(爆笑、シーズン1、15話) バ・バ・ボン・バー(???、シーズン2、4話) それと帰る時、ドアの鍵を開けておいてくれないか?(爆笑、シーズン2、15話) 捜査局のブラッド・べリックだ(シーズン2、16話) ピスタチオかぁ~、そいつわぁ、綺麗な名前だぁ~(シーズン3、3話) シーズン1での鬼の看守長っぷり、シーズン2での憤怒追撃者べリック、シーズン3でのヘタれデルタフォース(笑)、シーズン4での壮絶なる死。 このように、この人がいなければプリズンブレイクは成り立たないってくらい重要なポジション。 日本だけではなく、アメリカでも大人気のシーズン一の愛されキャラ。 べリックは、刑務官と囚人の両方を経験したからなのか、少しずつ正義と悪の境界に疑問を持っていくんだよね。 自らも悪の看守長としてフォックス・リバーに君臨してたけど、更に上のSONAを経験することによって変わった。 自分のちっぽけさに気づくことで成長を遂げたのかシーズン4では、マイケルたちの未来を繋いで死ぬ。 そこから、コール・ファイファー(ティーバッグ)の名プレゼンに繋がるんだけど、べリックを例に出すのは、グッときちゃうよね。 それと、シーズン1の1話で、入獄前の身体検査をするべリックとマイケルのやり取りは、「めっちゃ面白そうじゃん」って感じで、ツカミとして秀逸だと思う。 死んだべリックの追悼で、スクレがFBIのバッジの事を語った後にシーズン2の16話を見ると、全く視点が変わってくる。 視聴者の心が急激にべリックに傾く瞬間って、絶対シーズン3だよなぁ。 【第4位】ジョナサン・クランツ(将軍) モスルで受けた暴行をマッサージと、思わせてやる(シーズン3、8話) 人生は奇なり、だ(シーズン4第15話) 63にもなって、まだ辛いとなぁ、女に裏切られる事が(シーズン4第11話) 常に…備えあり(シーズン4、22話) 私の所に面会に来そうな者をリストにしたら君の名前は一番下だ。 キリストとスクービードゥーよりなぁ(ファイナルブレイク前編) 作中でマイケルがクランツ将軍の事を「老練な元軍人」なんて評するけど、まさにそのとおりの人物。 裏組織の長として国を牛耳ってるだけあって、攻め時と引き際をわきまえてるよね。 スキュラを盗まれ、部下に助言を求められ「わからん…」と、弱みを見せたり、単なる冷酷な支配者ではなさそう。 クランツ将軍は、プリズンブレイクで一番好きな声といっても過言ではないくらいで、マジでシブいよね。 この声優さん。 私としては、トリックのナレーター役でお馴染みすぎる人。 クランツ将軍の「人生は奇なり、だ」は、重みが半端ねぇ。 【第5位】デイビッド・アポルスキス(トゥイーナー) へっ、この腰抜けぇ~、今度俺に絡んだらボコボコにしてやるからなぁ~(シーズン1、9話) べリクにティーバック、ドーンとカムバック、馬鹿ばっかり…(爆笑、シーズン1、11話) 「いやぁ、ただの時計なんて代物はねぇ」「つまり、盗むにはちょっとしたトリックが必要ってこと」(シーズン1、11話) フォーナス・ワグナーの野郎(シーズン1、19話) 返事くれたら、スゲェ嬉しい(シーズン2、7話) 制作陣としては、トゥイーナーには、もっと頑張ってほしかったんじゃないかな?でも、この人、放映中に捕まっちゃったんだよね。 シーズン2の半ばで、アレクサンダー・マホーンの凶弾に倒れちゃうんだけど、デブラ・ジーン・ベルとの最後のシーンは泣かすよね。 あと、マイケルに頼まれてギアリーの時計(元はマイケルの物)を盗むシーンなんだけど、前後のやり取り含め、めっちゃ好き。 なんか、囚人それぞれに長所があって、その長所をマイケルが上手く利用するって、RPGの謎解き要素に近いよね。 それと、トゥイーナーは、シーズン3のマクグレディ並に可哀想な理由で重警備刑務所に入ってるよね。 まぁ、シーノートもそうか。 どちらにしても、シーズン2で貴重な青年キャラを失ってしまったのは、大きな痛手だったような。 やっぱ、トゥイーナー、ウエストモアランド、ヘイワイヤー、アブルッチと、魅力的なキャラを軒並み浪費させてしまったのは辛い。 いくらマホーンが魅力的でも、この数はカバーしきれんだろ。 【第6位】チャールズ・ウエストモアランド そりゃあぁ、俺が真っ先に飛んでいくマヌケだからな(シーズン1、15話) さっさと働らきぇぃ。 お前みたいな若い奴はムショの仕組みをわかってなくて困る。 (シーズン1、15話) 「(移送命令を取り消しにする方法は?)50ほどある」(すげぇ!?、シーズン1、5話) この人がフォックス・リバーにいたお陰で、作品としての奥深さが、数段階アップしたよね。 基本的には、模範囚として大人しくしてるけど、マイケルに知恵を貸したりすることも多かった。 シーズン4では、まさかのマイケルの記憶の中に登場し、マイケル復活の手助けまでしたからね。 しかし、稀代の窃盗犯としての血が騒ぐのか、荒い一面が垣間見えることもあり、そこもまた魅力的。 コーヒーメーカーに細工してタバコを吸うシーンとか、シーノートのピンチを迫真の演技で救うシーンとか、好きだったな。

次の

プリズンブレイクのスクレはいいやつ?スクレ役俳優の出演作は?

プリズンブレイク 人気キャラ

プリズンブレイクのシーズン6…いつになったらやるの? キャストは? 今回、プリズンブレイクファンの私としては待ちきれず、再び海外サイトをあさって情報を収集してみました。 今回はプリズンブレイクのシーズン6の新情報• シーズン6のキャスト• 死亡するキャスト について調べてみたのでご覧ください。 以下の記事もご覧ください• プリズンブレイクシーズン5までを配信しているのは と。 シーズン6もどちらかの動画サイトが最速配信とにらんでいます(予想)。 \31日間無料お試しで使い勝手をみてみてください/ プリズンブレイク・シーズン6はあるかどうか 2005年に放送が開始してから、世界中で大旋風を巻き起こした「プリズンブレイク」。 2009年にオリジナルシリーズがシーズン4を以って完結となりましたが、2017年に新シリーズが放送されファンは歓喜しましたよね。 そもそも、 当初はシーズン7まで製作予定だった作品だったということもあり、シーズン6そして7への期待が高まっていました。 そして2018年の年明けに、FOXがシーズン6の制作を公式に発表したのですが… どうも、 暗雲が立ち込めているようです。 発表当初は2019年にシーズン6放送かと言われていましたが、 プリズンブレイクの主演マイケルを演じるウェントワース・ミラー本人が「自分が知る限り、シーズン6は2020年内には放送されないだろう」と話しています。 撮影も始まっていないようで、そうなると今年中というのは考えにくいですね。 マイケルの兄リンカーンを演じるドミニク・パーセルは、自身のSNSで「Netflixがプリズンブレイク・シーズン6買収の交渉中だ」という趣旨のメッセージを投稿しています。 FOXとNetflixの交渉がうまくいっていなくて政策が進まない・・・ということもあるのかもしれません。 >> でもとにかく、 シーズン6の制作は決まっているんです。 いつになるか分からないけれど、いつかシーズン6を見ることができるはず!ファンは待つしかありません。 待ちましょう!シーズン6は9話程度の短い構成になるということです。 始まってもあっという間に終わってしまいそうですね〜。 役者名:ウェントワース・ミラー(Wentworth Miller)• 生年月日:1972年6月2日• 出身地:イギリス・オックスフォード州• HOUSE」 プリズン・ブレイクの主役マイケルを演じるのは、ウェントワース・ミラー。 イギリス出身でアメリカ国籍を持つ俳優さん(国籍はイギリスとアメリカの二重国籍)で、お父様はジャマイカ・イングランド・ユダヤ系ドイツ人・アメリカ先住民族のチェロキー族のバックグラウンドを持ち、お母様はロシア系ユダヤ人・シリア・レバノン・オランダ・フランスのバックグラウンドを持っているということで、マルチナショナルな血を引いた方です。 お父様は弁護士兼教師、お母様特殊学級の教師だそうです。 お堅い家庭で育ったのかな?と想像します。 実際ウェントワースはアメリカの名門プリンストン大学で英文学を専攻していて、頭の良い方のようです。 プリズンブレイクで演じていたマイケルも、IQ200の天才でしたよね。 長身・高学歴・高収入と見事な3Kが揃ったウェントワース。 さぞかしモテるのだろうなぁと思っちゃいますが、彼は自分がゲイであることを公表しています。 以前は女性とのデート報道なんかも出ていたのですが、どうやらそれは自分がゲイであることをカムフラージュするためだったようなんです。 ウェントワースは2013年にロシアのサンクトペテルグルク映画祭に招待されたのですが、当時ロシアでは反同性愛法が成立して世界中で物議を醸していた時でした。 反同性愛法への抗議として、ウェントワースは映画祭へは出席をせず自分がゲイであることを公表するという流れになりました。 ウェントワースは映画祭宛に手紙を送りました。 招待されたことに感謝を述べつつ、ロシア系の先祖がいる身として、そして同性愛者として、出席を辞退するという手紙でした。 こういう一連の流れを見ていても、 ウェントワースは非常に生真面目で繊細な方なんだなと感じます。 彼は幼い頃から様々なアレルギーに悩まされていたそうで、神経質で生真面目な性格はそんなところにも由来があるのかもしれません。 うつ病を患っていた時期もあり、プリズンブレイクシーズン4が終わった後は、 激太り報道が出たりしました。 鬱が酷くなり、自殺を考えるほどだったそうです。 繊細さゆえに、心も不安定になりがちな人なのかもしれません。 imdb. サラ・ウェイン・キャリーズ(Sarah Wayne Callies)• 生年月日:1977年6月1日• 出身地:アメリカ合衆国イリノイ州• HOUSE」「ウォーキング・デッド」 フォックスリバー刑務所の診療室で働く女医・サラ先生を演じたのはサラ・ウェイン・キャリーズ。 お父様は法学者、お母様は英語学教授ということで、ウェントワースに似てお堅い家庭で育ったのかなぁという印象です。 お父様は日本の立命館大学に短期間勤めていたことがあり、サラは14歳の頃日本に住んでいたそうです。 アメリカのダートマス大学に入学し、勉強をしながら演劇活動も行なっていて、 2003年のNBCドラマ「Queens Supreme」でデビューします。 そして2005年からはプリズン・ブレイクにメインキャストとして出演し人気が急上昇! ところが、 2007年に妊娠したことをきっかけに一度プリズンブレイクを降板しました。 サラの旦那様は大学時代の同級生で、2005年プリズンブレイク撮影中に結婚し、2007年に女の子が誕生しています。 シーズン3で組織に殺害された・・・と思われていたサラは実は生きていて、 シーズン4から復帰することに。 役者名:ロビン・タニー(Robin Tunney)• 生年月日:1972年6月19日• 出身地:アメリカ合衆国シカゴ• 過去出演作品:「エンド・オブ・デイズ」「スーパーノヴァ」「THE MENTALIST」 マイケルの兄・リンカーンの高校時代の恋人で弁護士のベロニカを演じたのはロビン・タニー。 ご両親は2人ともアイルランド系で、彼女はシカゴ生まれ。 子供の頃から子役としてテレビCMなどに出演しつつ、シカゴのパフォーミングスクールで演劇のレッスンを受けていました。 18歳の時にロサンゼルスに移り本格的な女優業を始めます。 彼女の代表作というと、プリズンブレイク・・・より、 「THE MENTALIST」のテレサ・リズボンが思い浮かぶ人が多いかもしれません。 シーズン1〜7まで、主人公パトリック・ジェーンの相棒として出演し人気を博しましたよね。 その他には、 「DR. HOUSE」に患者役でゲスト出演したこともあります。 >> プライベートライフはというと、1997年にプロデューサー兼ディレクターの男性と結婚しますが、2006年に離婚。 2009年にオーストラリア人の映画監督との婚約を発表しますが、翌年婚約解消・・・ 2012年に、当時交際中だったインテリアデザイナーの男性にプロポーズされ婚約。 2016年に男の子を出産しました。 44歳での出産ということで、高齢出産だったんですね〜。 ロビンとインテリアデザイナーの男性は子供が生まれた後もずっと婚約中で、ハリウッドセレブにありがちな事実婚なのだろうと言われていました。 でも、ロビンに別の恋人がいるというゴシップもあるんですよね。 「THE MENTALIST」で共演した俳優のペドロ・パスカルと、ロビンの息子連れでデートをしていたという情報があり・・・ロビンが誰と交際中なのか、確定情報は見つからなかったのですが女優業と母親業を頑張っているであろことは間違い無いと思います。 参考サイト: プリズンブレイクシーズン5までを配信しているのは と。 シーズン6もどちらかの動画サイトが最速配信とにらんでいます(予想)。 \31日間無料お試しで使い勝手をみてみてください/以下の記事もご覧ください•

次の