ツムツム 1プレイで350exp。 ツムツム 1プレイで350EXPを稼ぐ方法・おすすめツム【ミュージックブックス】│ツムツム速報

ツムツム 1プレイで350EXPを稼ぐ方法・おすすめツム【ミュージックブックス】│ツムツム速報

ツムツム 1プレイで350exp

6月の新ツム限定 2020年6月の新ツムのみイベントに参加出来ます。 「マーリン」が必要数10と一番低く、「ワート」が14、「ガントゥ」「ハムスターヴィール博士」が16となります。 「マーリン」はやや不得意ですが、それ以外のツムなら消去量もありオススメです。 特に「ガントゥ」が消去量が最も多くツムを消しやすいです。 特に「リロイ」が、スキルでコンボを作りやすく、コンボミッションは有効です。 「ガントゥ」「ハムスターヴィール博士」「ワート」が、スキル発動も軽く、消去量もあるので、フィーバーを作りやすいです。 また、「マーリン」「リロイ」でも、ボムを出しやすくフィーバーを作りやすいです。 コツとしては、最初にフィーバーを作り、フィーバー中に、スキルやボムをためておきます。 そしてフィーバーが終わったら、ボムやスキルを一気に使って、再フィーバーさせます。 あとはこれを繰り返しましょう。 「ガントゥ」「ワート」がスキル発動も軽く消去量もあるのでコイン稼ぎには最適です。 比較的、「マーリン」がスキルでツムの種類が少なくなり、ロングチェーンを作りやすいです。 コツとしては開始直後に1種類だけ残し、7個以上集まったらチェーンしてクリアしましょう。 ただ「マーリン」は、スキルでマイツムを無くすので、オススメできません。 「ガントゥ」「ワート」が、スキル発動も軽く、消去量もあるのでオススメです。 またスキルレベルが高い場合は、「リロイ」でもオススメです。 オススメとしては、消去系で使いやすく、スキル威力が高い「ガントゥ」「ワート」で、「リロイ」ものスキルレベルが高い場合は、オススメです。 スペシャルステージは、コインを多く稼げるので、アイテムを使ってもだいたい黒字にすることができます。 コツとしては、合計ミッションなので、クリアギリギリで止めて終わらせて、もう1回プレイした方が、コインを多く稼げます。 【6月新ツム限定】ステッカーブックイベントの全攻略記事はこちら 無料でルビーをたくさん増やす裏ワザがあるんです! ルビーでお困りの方、無料でルビーを獲得出来る裏ワザはご存じですか?.

次の

ツムツムのEXPの稼ぎ方

ツムツム 1プレイで350exp

ツムツムのビンゴミッション6枚目の18「1プレイで450Expを稼ごう」を攻略していこうと思います。 このミッションですが1プレイで450Exp稼ぐとミッションクリアになります。 なんとなく経験値ってあまり意識しませんし、今までの条件が240万点とか1800コインとかそんなのばっかりなので、 450って聞いて簡単そうに思えますが、意外と難しいミッションです。 ビンゴを順番に行っている方ならおわかりですが、前回の5枚目の25番で300Expで苦労された方も多いと思います。 経験値は、だいたいスコアに比例しますので、高いスコアを出せばその分経験値もあがり突破するには高い点数を出すしかないって感じですよね。 5枚目の25番を行った方は300Exp出すのにスコアはいくつぐらいでしたか? 私は90万点前後で320ぐらいだすことが出来ました。 で、今回はそれをはるかに超える数値で450になっています。 先に答えですが450Exp出すために必要なスコアですが・・・・ 私が達せ出来たときは、「経験値アップ」のアイテムを使って180万点前後で450を超えることができました。 ただ、そう考えると他のミッション達成時に突破出来そうな気もしますので案外、他ミッションと同時達成が可能だと思います。 下記でご紹介しますので、450Expを狙うよりも先に下記のミッションを狙うと同時にクリア可能です。 10番11番は条件が付きますので、そのツムで行った方が効率が良いかもしれません。 他のミッション達成で一緒に達成出来そうなミッション 6枚目の4番「」 6枚目の10番「」 6枚目の11番「」 この3つのミッションです。 どのミッションも骨が折れそうなミッションですが、特に240万点稼げば確実に450Expはアイテム無しでも突破出来ますので、まずは240万点目指した方が早いかもしれません。 240万点同様にツム指定が無いのが救いなので、上記10番、11番を優先ですね。 ビンゴを順番にこなしている方なら、ここでスコア系の無茶ぶりミッションは終わりますので、頑張って行きましょう!.

次の

【ツムツム】1プレイで350Expを稼ごう

ツムツム 1プレイで350exp

この記事の目次• どのようなミッションなの? ビンゴ16枚目のミッション、「プレミアムツムを使って1プレイで350Expを稼ごう」は、ひたすらExpを稼ぐためにプレイをしていくミッションとなります。 実は、Expを稼ぐ方法はある程度分かっているのですが、具体的に「どうしたらどのくらい稼げる」のかまでは分かっていません。 そのため、がむしゃらにプレイし、クリアするのを待つようなミッションになりそうです。 プレミアムツムを使って1プレイで350Expを稼ぐための攻略方法 Expを稼ぐためには、高得点を出すと良いのではないか?あるいは、スキルを沢山発動させるといいのではないか?という話があります。 点数が低くてもExpが高いこともありますし、点数が高くても思ったほど伸びないことも…。 しっかりとした攻略法はありませんが、ひたすら高得点を目指したプレイをしていくのが良いということは間違いありません。 まずは、普段から点数を稼ぐことのできるツムを使い、ひたすら高得点を目指していくのがおすすめのプレイ方法です。 このミッションをクリアするのに該当するツムは? ここでは、Expを比較的稼ぎやすいと思われるツムについていくつか挙げていきます。 スキルレベルは3くらいを想定してお話をしていきますが、それ以上強いツムがいれば、そのツムを使っていくことも考えていきましょう。 ・ジャスミン ジャスミンは横ライン消去スキルを持っていて、このほか「恋人を呼ぶスキル」としても使うことができます。 スキルレベル3になると消去数も増え、かなり高得点を狙うことが可能です。 アイテムなしでも十分攻略することができるようになりますので、スキルレベルが高めであれば、是非おすすめしたいツムとなります。 ・サプライズエルサ サプライズエルサは、くしゃみをした際に出てきた雪だるまを消すことで、周りのツムを消すことができるスキルを持っています。 スキルレベル1でもかなりの消去数が望めるほか、スキル発動に必要な消去数が13個と少なく、連発がしやすいのも特徴です。 ・赤サリー 赤サリーはクロス状にツムを消すスキルを持っていて、スキルレベル1からかなりの消去数を望めるのが特徴です。 たくさん消すことができる=高得点につながり、スキル発動に必要な消去数が13個なので、スキル連発もしやすくなっています。 ・アースラ アースラはサークル状にツムを消すスキルを持っていて、後述のアリエルよりもスキルの威力が高いのが特徴です。 スキル発動に必要な消去数は15個とちょっと多くなりますが、一発の消去数を考えると、そこまで重荷にならないのではないでしょうか。 ・アリエル アリエルはサークル状にツムを消すスキルを持っていて、スキルの威力もなかなか高いことで評判のツムです。 スキル発動に必要な消去数は14個、スキルの連発次第で確実に攻略できるようになるでしょう。 ・ベル ベルはハート状にツムを消すスキルを持っていて、やはりスキルレベルが低くてもそれなりの消去数を望むことができます。 スキル発動に必要な消去数は15個と連発しづらくなるかもしれませんが、一発の重さで勝負をするだけでも、かなりの結果を期待することができるでしょう。 ・マリー マリーはランダムでボムを生成するスキルを持っていて、ボムによる点数稼ぎ、フィーバーゲージ稼ぎが得意なツムです。 スキル連発も比較的進めやすいのですが、スキルレベルはある程度必要になってくるので注意しましょう。 スキル発動に必要な消去数は13個と比較的少なめで、スキルレベルが上がっている人は挑戦してみるとよいでしょう。 ・バースデーアナ バースデーアナはお姉さんのエルサをランダムで生成するスキルを持っていて、エルサはボムの役割を果たし、周りのツムを消してくれます。 エルサを上手く使うことができれば消去数も増え、点数も伸ばすことが可能です。 ただし、エルサを上手く使うことができなければミッションクリアは難しくなるので、ある程度使いこなしができる人へおすすめのツムとなります。 ・フェアリー・ゴッドマザー フェアリー・ゴッドマザーはランダムでシンデレラを作るスキルを持っていて、シンデレラはボムの役割も果たすのが特徴的となっています。 これによって、大量のツムを消すことができますが、バースデーアナのエルサよりも少し消去範囲が広くなっているのが特徴的です。 しかし、スキル発動に必要な消去数が19~16個と変化するので、できるだけスキルレベルは高い方が良いでしょう。 この他、スキルの威力が高いもの、またはスキルの連発ができるものは、比較的攻略がしやすいのでおすすめです! まとめ ツムツムビンゴ16枚目13の「プレミアムツムを使って1プレイで350Expを稼ごう」は、スキルの威力が高い、あるいはスキル連発ができるツムを使うのがおすすめです。 Expの詳細がまだ分かっていないため、具体的な作戦を立てるのは難しいですが、基本的にはひたすら高得点を目指すようにするのが良いでしょう。

次の