コンビニ バイト きつい。 コンビニバイトは深夜がおすすめ?短期も可?仕事内容の説明|スタンバイ

コンビニバイトのきついところ

コンビニ バイト きつい

世の中には、 「もうこんなバイト絶対やりたくない!」という仕事が少なからず存在します。 精神的に参ってしまう方、体力的に倒れてしまう方…。 きつさにも色々ありますが、「もう無理だ」と感じてしまう瞬間は心身ともに危険です。 できるなら、心身ともに穏やかに働ける職場にいたいのはみんな同じです。 しかし同じ業種であっても、 職場によって雰囲気が全く違うこともあります。 自分の力や面接などの短い時間だけでは、安全な職場を見つけるのは困難です。 ここでは、バイト経験者30人に、「きつかったバイト」についてアンケート調査を実施。 精神的・肉体的に最もつらかった経験をまとめ、ランキング形式で紹介しています。 また、「キツイバイト」の真逆、「楽なバイト」についてはこちらのページでまとめています。 バイトするなら、とにかく稼ぎたいっていう人も多いです。 でも、稼げるバイトが楽だったら…最高ですよね! 今回はあまり知られていない、楽稼ぎバイトを発掘することに挑戦です! 100人の男女... 精神的にきついバイトランキング。 一番はやっぱり飲食店だった… まずは精神的にきつかったバイト上位3位を、ランキング形式で紹介していきます。 1位は飲食店…人間関係がつらい。 怒鳴る店長、ひどいマナーの客など 栄えある第1位に輝いてしまったのは、やはりバイトの王道、 飲食店でした。 アンケート結果を見ているだけでも、 本当に胸が苦しくなるような回答ばかり。 チェーン店をはじめ、居酒屋やたこ焼き屋など、飲食に関する「きつい」は根強いようです。 特に多かった意見は、「店長が怒鳴る」「客のマナーがとても悪い」などでした。 飲食店のホールはきつかったです。 スタッフといい、お客さんといい、 とにかくイライラした人ばかりでした。 お客さんはお腹が空いてお店に入ってきてるので、すぐに注文の品が来なかったり、自分より後に注文した人の方が先にきたりするとスタッフにキレます。 厨房スタッフは気が短い人が多く、 忙しいとホールスタッフに八つ当たりしてばかり。 そのくせ時給は安いし、飲食店のホールスタッフが1番割に合わない仕事だと思います。 (飲食店のホールスタッフ) 2位はコンビニ店員のバイト。 とにかく客が面倒くさい人ばっかり! 続いて第2位にはコンビニ店員のアルバイトがランクイン! 「コンビニのバイトはきつい」とよく言われますが、その原因は 業務の多さです。 また客層が幅広いために対応が難しく、クレームに繋がりやすい傾向にあります。 すごく込み合っている時間帯にレジを担当していた時に、レジに列が出来てしまいました。 レジは全て動かして、1人はそれぞれのサポートをしてくれてはいたのですが、たまたま私が打ったお客様が不機嫌に。 レジはつまづく事もなく進められてたのですが、待たせた事もあり、 イライラをぶつけられ、怒鳴られてしまいました。 コンビニのレジで見ず知らずの人にイライラなどぶつけられるのが辛かったです。 (コンビニ店員アルバイト) 3位はなんと工場アルバイト。 単調作業を立ちっぱなしで続ける恐ろしさ 3位は意外なことに工場のアルバイトでした。 「立ちっぱなしで辛い」「些細なことが積み重なってイヤになる」という声が続出しています。 また職場によってはグループや派閥ができていることもあり、安易なオススメはできません。 とにかくずっと立ちっぱなし、食品工場は年中無休での営業。 正月やお盆も全く関係なく出勤させられ、おまけに立ち仕事で内容は毎日決まったライン作業。 朝は早く出勤しなければならないうえ、作業服のほこりを落とすエアシャワー、作業服のローラーがけ、手洗いなどをすべて決まった時間やらないといけない。 ギリギリの出勤が出来ず、かならず作業開始の15分前くらいには会社に着いてないと間に合わなかった。 また昼休憩も同様で、実質1時間もないし、 休憩になるまでは小休憩やトイレ休憩もなくずっと立ちっぱなしでライン作業をしなければならない。 おまけにパートや外国人アルバイトだらけなので全く統率がとれない。 作業時間の終わりが近づくといい加減に終わらせようとする。 そのしわ寄せが社員や比較的まともに働いている人間に行くようになり、 真面目にやるほどバカを見るような環境だった。 (食品工場のラインアルバイト) 体力的にきついバイトランキング。 1位はやっぱり引っ越しアルバイト! 続いては体力的にきついバイトを紹介していきます。 こちらはやはりというかなんというか、およそ予想通りの結果となりました。 1位は引っ越し作業のアルバイト。 過酷すぎる現場仕事にヘトヘト… 体力的にきついバイト第1位は、引っ越し作業員のアルバイトでした。 朝から晩まで家具や家電などを運び出す作業の連続がきつい、との声が多く寄せられました。 またエレベーターがないアパートや梱包が終わっていない世帯など、作業時間の長さもネックです。 引っ越し作業がスムーズに進むかどうかが、依頼者によって大きく違います。 引っ越し先で事前にトラックに搬入する荷物を決めて梱包が済んでいる単身者などの依頼者の場合は、指定の荷物を搬入して新居での待ち合わせ場所・時間の確認で終わります。 しかし世帯によっては 作業直前まで処分するもの、持っていくものを決定していない場合もあるので、作業に時間がかかる場合があります。 (引っ越しバイト) 第2位はこちらも飲食店バイト。 体力的にキツイのは「休みが取れない」こと。 精神的にキツイバイトだった飲食が、体力面では2位ランクインしました。 立ちっぱなし+長時間のため、心身ともに消耗してしまう方が多いようです。 また稼ぎ時である休日には休みも取りにくく、こちらも体力的にきついとする意見がありました。 年末年始になると忘年会や新年会が1日に何組も入り、ひたすら動き回っていました。 多いと100人近くの団体客が二組に一般のお客様が次から次に来て、一階から三階を登ったり降りたりでした。 また中華料理屋さんなので、 大皿のため料理1つ1つも重く、ビール瓶にお酒にととにかく体力的に疲れました。 厨房も忙しくその時期はイライラしていたので、注文の通し方やタイミングが難しかったです。 (中華料理店ウェイターのアルバイト) 同率2位は工場系・軽作業系アルバイト。 水分補給もできないまま立ちっぱなしで… 飲食と同率2位に輝いてしまったのは、こちらも工場系のアルバイトでした。 軽作業のアルバイトは立ちっぱなしの作業が多く、ろくに休憩も取れないことがあったそうです。 また単調作業の繰り返しのため、 達成感がまるで感じられないのも大きなネックです。 内容は、ひたすら肉を網に広げる作業でした。 達成感もまるで感じられない終わりも目標も見えない作業を何時間も。 まるで修行のようでした。 しかも立ち仕事で、作業台は低くて、網は重くて、翌日からは背中から太ももまでがバキバキに。 頭から爪先まですっぽり作業服で、長靴は歩きにくいし、三重の手袋は作業しづらいし、機械は熱放ってくるし、冷蔵庫は寒い。 些細な辛さも積み重なるとキャパオーバーになりますね。 (食品工場のアルバイト) まとめ:これだけはやめておきたいアルバイト。 自分の身を守るために必要なこと 精神的・体力的にキツイアルバイトは、意外にもかなり被っていることがわかりましたね。 「接客+立ちっぱなし」もしくは 「単調作業+立ちっぱなし」が辛い、という結果に落ち着きました。 他にも様々な意見がありましたが、主に職場の雰囲気によるものが多くありました。 もちろん辛いことばかりではありませんが、ある程度は危機回避として覚えておいてください。 とにかくきついバイトはイヤだ、という人は、飲食・工場系は避けておきましょう。

次の

コンビニバイトのきつい仕事ランキングトップ5をまとめてみた

コンビニ バイト きつい

コンビニバイトってどんな作業があるの? 独自の制度を利用し、さまざまな資格を取得して活躍しているあいりさん —————コンビニの店員さんってとても忙しそうに見えるんですが、やることはたくさんあるんですか? なおやさん: はい、たくさんありますね(笑)。 まず商品(おにぎり、パン、弁当、お菓子、雑貨、飲み物など)が届いたら 検品をして、棚に並べます。 ちなみに商品の発注は基本的には社員さんがするんですが、長く務めているバイトなら任せてもらうことも。 天候や客数、セールなどを見越して商品のラインナップや発注数を決めるんです。 —————それは、責任重大ですね! あいりさん: そうなんです(笑)。 あとは 廃棄チェック。 お弁当などは賞味期限がバーコード管理されていて、設定された時間が来るとレジを通すことができなくなるんです。 だから、その前に売り場から商品を下げなくてはいけない。 お菓子など日持ちがするものは、値段設定を変えて割り引きしてから販売することもあるので、 値引き業務も発生します。 —————レジ内ではどんな作業をするんですか? あいりさん: タイミングを見計らって、 揚げ物や中華まん、おでんをつくったり、たばこを補充したりします。 コーヒーマシンやフライヤー(揚げ物を揚げる機械)などの 器具の清掃やトイレや店内清掃もですね。 かれんさん: レジに入ったら、まずは レジ金チェックから始まります。 そして、接客の合間に箸やスプーン、ビニール袋などの 消耗品を補充。 ゆうパケットや宅急便の受け付け・引き渡し、切手や収入印紙、粗大ゴミ券の販売や、公共料金の支払い受け付けなどもありますよ。 なおやさん: まとめて公共料金を払うお客さまがいると、結構な高額を扱うことになるんですよね。 かれんさん: そうそう! あれは、ちょっと緊張します。 でも、 バイトを始めたばかりの頃は先輩や社員さんがしっかり側についてフォローしてくれるから大丈夫ですよ。 あいりさん: そうですね。 公共料金の支払いなどは、基本的なレジ業務ができるようになった後に、先輩が教えてくれます。 かれんさん: あっ!クリーニングの受け付けをしているところもありますよね。 あいりさん: 私、クリーニングの経験あります! あれはなかなか大変でした(笑)。 クリーニングは駅前の店舗で扱っているケースが多いですね。 時間帯によって楽さや大変さって違うもの? 「同じお店でも時間帯によって忙しさが違うんですよね」と言うかれんさん —————働いたことのある時間帯を教えてください。 なおやさん: 今は 夕方と深夜勤務がメインなんですが、学生のときは授業がなければシフトに空きがあるところに入っていたので、 全部の時間帯で働いたことがあります。 かれんさん: 私は学校が終わった後、 夕方に働いていましたね。 土日は朝から夕方まで入ることもありました。 あいりさん: 私は、 平日は17時から23時まで。 土日は昼から夜まで働いています。 朝はたまにしか入ったことがないです。 —————時間帯によって、業務量に違いがありますか? なおやさん: 僕は深夜が一番大変かなと思います。 深夜は納品が多く、検品や品出しがメインになります。 キャンペーン用のPOPや垂れ幕を貼ったり、剥がしたりという業務もあって、意外とやることがたくさんあります。 酔っ払っているお客さまが来店されることもあるので、その対応が意外とキツイ(笑)。 イートインスペースで寝られてしまって困ったことも。 あいりさん たしかに深夜はキツそうですよね。 本当に申し訳ないのですが、日中忙しくて手が回らなかった作業がどんどん後ろ倒しになってしまって、深夜に負担をかけてしまうこともあります……。 なおやさん: まぁ、そうですね(笑)。 遅れた作業は深夜で全部リセットして、早朝に引き渡すというのが基本です。 でも、昼や夕方の時間帯に余裕があると作業を進めておいてくれることもあるので、助けられることも多いです。 だから 深夜は、楽なときとキツイなって感じるときの差が激しいなぁと思います。 かれんさん: 昼はお弁当を買いに来るお客さまがとても多いので、レジにあっという間に行列ができちゃうんですよね。 そうするとレジ業務しかできなくて、品出しやフェイスアップまでなかなか手が回りませんでした。 あいりさん: たしかに(笑)。 私のお店も公園前店なので、 土日の昼間は家族連れが多いです。 レジをしながら揚げ物を揚げたり、カップ麺やチルド商品を補充したりと、スピーディーな同時作業が求められます。 でも、夕方は夕方で大変かも。 会社帰りのサラリーマンがタバコのカートン買いをされたり、公共料金の支払いが多かったりします。 お惣菜に関しては、値引きして販売することもあります。 —————一番、楽なのはどの時間帯ですか? かれんさん: 夕方はレジ業務がメインなので、わりと楽な気がします。 住宅街の店舗とかだとそこまで混むことはないので、レジも業務ゆっくり覚えられるのではないでしょうか。 なおやさん: 以前働いていた店舗は昼が忙しかったんですが、今の店舗は夕方以降が慌ただしくて、昼のほうがわりとゆったりしている。 だから、 場所によると思います。 オフィス街や学校が近い場所だと朝食や昼食を買う人が多いので、早朝から昼が大変。 逆に夕方や深夜は楽かもしれない。 駅前だとどの時間帯も絶えず忙しそうです。 勤怠シフトって?どの程度融通が聞くの? 複数の店舗での勤務経験があるぶん、話に説得力があるなおやさん —————シフトは固定なんですか? なおやさん: うーん、これは 店舗によって違う気がします。 主婦の方とかは働ける時間が限られているので、そういう方がいる店舗は何曜日と何曜日の何時から何時までと、シフトが固定で決まっていることが多いように思います。 かれんさん: 私が働いていた店舗は、固定でしたね。 あいりさん: 私のところは、ある程度は入る時間や曜日が決まっているんですけど、 オーナーさんが「学校の授業優先でいいよ」って言ってくれて、すごく融通が利くんです! ひとつの時間帯にだいたい4、5人のスタッフが入っているお店で、人員に余裕があるからこそできることだとは思うんですけど……。 学業との両立は問題なかったですね。 —————固定シフトだと、お休みは取りづらいのですか? なおやさん: そんなことはないですよ。 僕が働いているお店は、 一週間ごとにシフトが組まれます。 前週の火曜日に希望を出して、木・金曜日あたりに決まるという感じですね。 わりと直前なので、予定は立てやすいと思います。 あいりさん: 私のところは年間カレンダーが用意されていて、 自分の予定が決まったらそこにどんどん書いていくというシステムです。 例えば、就職活動などで急にシフトに入れなくなったら、「この日、入れません」とカレンダーに書き込むという感じ。 もちろん、マネージャーにひと言相談はしますけどね。 バイト同士のシフト調整は禁止なので、代わりの人はマネージャーが探してくれます。 —————それはありがたいですね。 お店によってかなり違いがあるみたいですが、それはオーナーさんの考え方による違いなんでしょうか? なおやさん: はい、 オーナーさんによってかなり違うと思います。 僕のところは急に休む場合は自分で代わりを探しますが、社員さんが代わってくれることが多いです。 服装や身だしなみに決まりはあるの? 「服装や身だしなみは店舗によるけど、そこまで厳しくはないかな」と確認し合う3人 —————黒髪じゃないとダメですか? あいりさん: いや、 そんなことはないですよ。 さすがに金髪はダメですけど(笑)。 かれんさん: 店舗によって違いますよね。 私がいた店舗はそこまで厳しくなかったので、金髪の人もいました。 ただ、食品を扱うので、髪が長い人は結ばなくてはいけないというルールはありました。 あいりさん: 私の店舗は身だしなみに関してもわりと自由で、マツエクやピアスもOK。 仕事をちゃんと頑張ればいいという考え方みたいです。 —————店舗によって全然違うんですね。 それはなぜでしょうか? あいりさん: 一応、 会社ごとにいろいろと細かい規定はあるかと思うんですが、オーナーさんの考えや判断に任されている部分が大きいと思います。 なおやさん: 僕のところもそれほど厳しくはないんですが、ズボンの色は決まっています。 かれんさん: 駅前の店舗とかは厳しいって言いません?(笑) なおやさん: そうそう。 駅前はわりときちんとしているところが多いイメージがあります。 コンビニバイト、居心地はよい? 「同世代も多いので、仲良くなれて楽しいです!」と、全員が口をそろえる —————そもそも、なぜコンビニでバイトをしようと思ったんですか? あいりさん: コンビニのバイトって大変だってよく聞くじゃないですか。 コンビニで一人前に働けたらほかのどんなことでもできる気がして、「はじめてバイトするならコンビニ!」って前から決めていたんです。 かれんさん: はじめてのアルバイトだったので、家の近くがよかった。 接客を経験してみたかったというのもあります。 コンビニが一番、身近だったんですよ。 なおやさん: 僕は友達の紹介がきっかけでした。 コンビニってどこにでもあるので、逆に誰でもできる仕事だと思ったんです。 —————実際に働いてみて、居心地はどうですか? なおやさん: スタッフは社員さんを含めいい人ばかりなので、 すごく楽しいです。 かれんさん: 私も 学生優先にしてくれる店舗だったので、居心地はよかったです。 あいりさん: 学生が多くて、和気あいあいとした雰囲気で楽しいですよ。 違う店舗にヘルプに行くこともあるので、 いろいろな人と知り合いになれるのもうれしいですね。 セールなどがあると、目標を達成するためにスタッフが一丸となって対策を練ったり、協力し合ったりするので、自然と仲も深まりますね。 私の店舗では目標を達成すると景品がもらえることもあるので、モチベーションも上がります! なおやさん: 覚えることもたくさんあるんですけど、 慣れてしまいさえすれば、あとはほぼ同じことの繰り返しなので楽だと思いますよ。 あいりさん: そうそう。 慣れちゃえばこっちのものって感じですよね。 実は私、最初の頃、辞めようと思ったこともあったんです。 でも、仕事さえ覚えてしまったらこんなに楽な環境はないなって。 だって、 シフトはある程度自由が利くし、身だしなみもそこまで厳しくないので、自分のやりたいことが自分のペースでできますよ。 かれんさん: 慣れちゃえば、コンビニバイトって楽ですよね〜。 なおやさん: うん。 半年の我慢かなと(笑)。 最初の半年は大変だと思いますが、それを乗り越えたら楽になります! どんな人におすすめのバイトだと思う? 「慣れてしまえば働きやすいと思うので、気軽にチャレンジしてほしいです」と3人は話す —————どんな人がコンビニバイトに向いていると思いますか? あいりさん: やっぱり 接客が好きな人でしょうね。 セールなどもあるので、 元気よく大きな声が出せる人はありがたがられると思います。 正直な話、覚えることが多くて大変な面もあるので、前向きに物事を考えられる人がいいですね。 かれんさん: コミュニーション能力が高い人はもちろんなんですが、 単純作業が好きな人にも向いていると思います。 なおやさん: 来客の多い都心の店舗だと スピーディーさが求められるので、居酒屋などで働いた経験がある人にもおすすめです。 —————自分に合う職場は、どのように探せばいいでしょうか? あいりさん: お店に何度も足を運んで、働いているスタッフやお客さまの雰囲気を掴んでみてください。 かれんさん: そうですね。 私も 面接前に何度かリサーチに行きました(笑)。 なおやさん: 同じお店でも時間帯によって忙しさや雰囲気が違うはずなので、 時間帯を変えて訪れてみるのがいいと思いますよ。 まとめ いかがでしたか? コンビニバイトは確かに覚えることが多く、時間帯によっては同時作業やスピードが求められることがあるよう。 でも、身だしなみや働き方に関しては、お店によってはある程度自由が利くことも。 先輩たちの「コンビニバイトは慣れてしまえば、すごく楽!」という言葉には、勇気づけられますね。 気になるコンビニを見つけたら、働いているスタッフやお店の雰囲気をぜひチェックしてみましょう。

次の

コンビニのバイトがきつい本当の理由

コンビニ バイト きつい

コンビニバイトのバイトで気になる3つの点! では、早速 「コンビニバイトの仕事内容」「楽な時間帯」「服装や身だしなみの制限」についてお話していきますね! 店舗によって違う面も多々ありますが、実体験を元にお伝えしますので是非チェックしてくださいね! コンビニバイトの1日を通して「楽な時間帯」! コンビニのバイトをしている中で一番気になるのが、やはり 「楽な時間帯」ではないでしょうか。 楽な時間は 「平日・休日・イベント時」で結構変わってきますので地域差が大きいです。 実際に私が働いていたコンビニの楽な時間帯が下記のようでした。 平日・・・14時~16時と23時~28時 平日は14時~16時、23時~28時(AM4時)が一番楽な時間帯になります。 朝は通勤前のサラリーマンやOLで賑わい、昼前から昼過ぎはお昼ごはんを求める人たちで溢れかえります。 そして、夕方は学校帰りや会社帰りによる方が多く、夜は夜食を求めてコンビニに来るお客さんが多いです。 その結果、 楽な時間帯は14時~16時、23時~28時(AM4時)となります。 休日・・・14時~24時以外の時間帯 休日はほとんどの人が家でまったりするため、特に朝はお客さんの出入りが少なくなります。 反対に、宅飲みをされる方が夜に押しかけてきたりするので 14時以降は忙しくなってしまうことが多々あります。 イベント時・・・イベントが終わってから3時間後 働いているコンビニの近くでお祭りやコンサート等があると、そのイベントが終わるまで大盛況になり忙しい時間が続きます。 暇な時間帯はイベントが終わり、イベントへ行っていた人たちの熱が冷めて帰るまでになります。 おおよそイベント終了から3時間たてば、お客さんの波は減っていきます。 いい感じに酔っぱらってフレンドリーな人はまだ全然いいのですが、たまに泥酔して1人でコンビニに来店される方もいます。 店舗内で嘔吐してしまい、倒れて救急車を呼び嘔吐の掃除をすることも日常茶飯事です。 たまに、酔っぱらって女性店員をナンパして断られたからと店舗の中で暴れる方もいます。 勿論警察に連れていかれました。 こういう人が夜のコンビニには出没するので、 深夜帯は女性店員がいないのも納得ですね。 その他のきついこと その他にも、お客さんが多くて忙しいときに商品の納品が来てしまった時がきついです。 スポンサードリンク 納品のチェックは時間制限があったりするのですが、お客さん優先です。 レジを打ちながら隙をみて納品チェックをする作業がとてもキツかったのを覚えています。 コンビニので仕事をしていて一番きつい!と思ったことをぶっちゃけてしまったことが上記の内容になります。 こちらは店舗によって違ってきます。 というのも、 コンビニは店長やオーナーの好みで身だしなみが変わるからなのです。 「身だしなみはきちっとしていないといけない!」という考え方の人がオーナーだと、黒髪しかダメで、もちろんピアスなどのアクセサリー類も禁止なことが多いですね。 反対に「髪の毛をどんな色に染めてもいいよ!ピアスもガンガンOK!」という見た目を重視しない店長やオーナーだと、身だしなみは何も言われません。 おしゃれをしたいのでれば必ず面接時に確かめておきましょう! 私はおしゃれをしたい人間ですので、再度コンビニで働くことがあれば、おしゃれOKなコンビニを探すでしょう。 コンビニという場所は従業員を常に求めている状態です。 なので、採用されるためにすることは特にないのですが、やはり他の会社と同じで 「週に出勤できる回数が多い人、土日祝日に出勤できる人」を優先して雇う傾向にあります。 学生なら「土日祝は朝から入れます」。 主婦(主夫)なら「土日祝は入れませんが、平日はいつでも入れます」などの回答がお勧めですよ。 私なら、 「土日祝関係なく、週に6回出勤できます。 時間帯等も希望は特に御座いません」とコンビニにとって都合のいい人アピールをします。 深夜時給を公開! 今の給料面に関してはだんだん改善されてきているので、 一般的な飲食店と同じくらいの給料を貰えるでしょう。 しかし、私が働いていたコンビニは当時の最低賃金(時給610円)を下回っており時給は590円でした。 ですので場所によってはチェックは必要ですよ。 日中・・・892円前後• 深夜帯は楽ですが「夜は寝たい」という思う店員が多く、 なかなかは入れる人が少ないのも事実ですので日中に比べて時給が高いのだと私は思います。 これは私の経験なのですが、オーナーや店長に「発注を覚えたいです」と言ってみる等、なんでも 積極的に仕事を覚える意欲を見せればすぐに時給をあげてくれます。 まとめ コンビニでの仕事内容って正直どこも同じですが、「きついこと」というのはお店によっても違ってきますし、地域によってもお客さんの質も関係してきます。 しかし、バイトをするのが初めての方にはとてもお勧めの職場で接客を一から学ぶことが出来ますので、是非この記事を参考に働いてみてはいかがでしょうか。

次の