アイフォン 6s 中古。 iPhone 6sの中古価格相場・フリマアプリでの取引履歴(通信キャリア別)

iPhone 6sのスペック情報|スマホの突然の故障時の中古や買い替えの検討に!

アイフォン 6s 中古

サイズ:高さ約138mm、幅約 67. 1mm、厚さ約 7. 1mm• 重さ:約 143g• ディスプレイ:約 4. 7インチ• OS:iOS9 iOS11. バッテリー:1715mAh• CPU:Apple A9• ストレージ(ROM):16GB、64GB、128GB• メモリ(RAM):2GB• SIMカードタイプ:nanoUIM• SIMロック:解除対応• アウトカメラ:約 1200万画素• インカメラ:約 500万画素• NFCおさいふ機能:非対応• ワンセグ:非対応• 電池:内蔵型• 現在はiPhone8やiPhoneXなどの新型の端末が主流となっていますが、iPhone6Sは旧型でありながらもその使いやすさにより、多くのユーザーからの支持を集めています。 iPhone6Sの主なスペックは、以下のとおりです。 画面には4. AppleA9の処理能力は、2018年の時点においても十分なものだといえるでしょう。 電池容量は1,715mAhで、LTE使用時の連続通話時間約840分と連続待ち受け時間約240時間を実現しています。 外形寸法は高さ138. 1mmで、本体重量は約143gです。 約1,200万画素の外側カメラと約500万画素の内側カメラを備え、静止画像や動画などの撮影に対応します。 本体色のカラーバリエーションは4色で、シルバー・ゴールド・スペースグレイ・ローズゴールドから選択することができます。 iPhone6sの特徴 iPhone6Sの表示画面には二重イオン交換のプロセスにより分子レベルで強化された、特殊なカバーガラスが使われています。 本体サイズは基本的に前モデルと同様となっていますが、厚みについてはわずかに増えています。 これはアルミ合金を本体材料として採用したことが、その原因となっているようです。 iPhone6Sの本体にはアップル社が開発した7000シリーズアルミニウムが使われており、歴代iPhoneシリーズの中で最も強度が高いものとなります。 航空機などの材質として使われる高強度素材で、アップル社の製品ではその他にAppleWatchSportなどにも使用されています。 その他の特徴としては、TouchIDの機能があげられます。 ホームボタンに指紋認証センサーが搭載され、使用者の指紋情報を登録することでワンタッチでロックの解除ができます。 パスワードとは異なり本人以外の者がロックを解除することはできませんので、セキュリティー対策にも効果的なのです。 iPhone6sの操作性 iPhone6Sに採用されたディスプレイは、強度だけでなく操作性の向上にも大きく貢献しています。 ディスプレイとバックライトの間には新型の容量性センサーが組み込まれ、カバーガラスとバックライトの間のわずかな距離の変化を測定して、ディスプレイに加えられた圧力を正確に判別します。 これが3DTouch機能であり、ディスプレイを指でタップする力の大きさや時間の長短などを感知して、ユーザーの意思に応じて的確に反応することができます。 例えば「peek(覗き見)」機能では画面を軽くプレスすることで目的のコンテンツを開かずにプレビューでチェックすることができますし、「pop(移動)」機能では同様にワンタッチで目的のコンテンツを開くことができるのです。 さらに「クイックアクション(ショートカット)」の機能では、ホーム画面にあるアプリのアイコンを強く押すことで、頻繁に行う動作を1回のプレスで行うことができます。 例えばカメラアプリのアイコンを強く押した場合には、自画撮りや動画撮影などの簡易的な操作が可能となり、アプリの中の奥まった場所にある機能にも手軽にアクセスできるのです。 面倒な手順をスキップできる優れた操作性は、iPhone6Sの大きな特徴だといえるでしょう。 iPhone6Sではカメラの機能や操作性も、以前よりも大幅に向上しています。 新開発の画像信号プロセッサーやセンサーを搭載し、光学手ブレ補正機能の改良により激しいスポーツ時の撮影などにも余裕を持って対応することが可能です。 本体背面のカメラは、12メガピクセルまでの画像を撮影することができます。 従来のものよりもさらに高画質な画像の撮影が可能となっていますし、撮影後の画像を拡大したり編集したりする際にも有利だといえるでしょう。 iPhone6Sならではの新機能としては、LivePhotosという新しい撮影方法があげられます。 この方法では撮影のタイミングの1. 5秒前から1. 5秒後までの被写体を捉えることで、動画のような写真を撮影することができるのです。 撮影した画像をディスプレイ上でプレスすると、静止画像が動き出して短い動画が楽しめます。 撮影した画像は壁紙に設定したり、AppleWatchの文字盤として設定することもできます。 本体正面のカメラについても改良が加えられ、5メガピクセルまでの画像の撮影が可能となっています。 RetinaFlashの機能を活用すれば画面を3倍まで明るくすることができますので、暗い場所での自画撮り撮影などに活用してみてください。

次の

アイフォン6sの中古品価格を調査!|中古スマホナビ

アイフォン 6s 中古

全面ディスプレイや顔認証などの機能で注目を浴びた「iPhone X」や同時期に発売された「iPhone 8」。 どちらも大人気の機種ですね。 さらに昨年は「iPhone XR」や「iPhone XS」などの最新機種が発売されました。 そんな今だからこそ、iPhoneを初めて使われる方や端末代を節約したい方にオススメしたいのが、 iPhone 6sです。 「何を今さら……」という声も聞こえてきそうですが、自分のスマホの使い方にあわせて機種を選べば、iPhoneがとってもおトクに利用できるんです! 今回はiPhone 6sとiPhone 8を比較しながら、iPhone 6sの魅力をご紹介しますので、どちらの機種が自分の使い方に合っているか、ぜひ比べてみてくださいね。 2機種のスペックを比較してみよう! iPhone 8とiPhone 6sにどのような違いがあるのか、まずはスペックを比較してみましょう。 外観や重さは、ほぼ同じ iPhone 8とiPhone 6sのサイズは、下の表を見てもらえればわかるようにほぼ同じ。 大きすぎず片手にきちんと収まります。 重さについても5gしか違いません。 モデル 高さ 幅 厚さ 重量 iPhone 6s 138. 3mm 67. 1mm 7. 1mm 143g iPhone 8 138. 4mm 67. 3mm 7. 3mm 148g また、ディスプレイはどちらも4. 7インチなので、ほとんど差がありません。 大きな違いといえばボディの質感です。 iPhone 8はガラス素材を採用しています。 ガラス素材は滑りにくく、持ちやすいという特長がありますが、指紋が目立つというデメリットも。 一方、iPhone 6sはアルミ素材。 これはただのアルミではなく、Apple WatchSportsでも使用されたアルミニウム7000シリーズで、強度は前世代比較で2倍以上と言われています。 また、色も4色展開。 シルバー、スペースグレー、ゴールドに加えて、iPhone 8にはないローズゴールドもあります。 モデル CPU iPhone 6s A9チップ(2コア)・1. 85GHz iPhone 8 A11 Bionicチップ(6コア)・2. 5GHz コアとは、いわば「頭脳の数」。 iPhone 8のほうが処理速度が速いので、3Dグラフィックを使った最新ゲームのような重いアプリを楽しむのであれば、iPhone 8の方がサクサク動き、ストレスなく扱えます。 とはいえ、これは 最新技術を駆使したiPhone 8との比較。 手軽なゲームアプリなどを楽しむ分には、iPhone 6sで問題なく動作します。 その他の機能を比較すると…… そのほかの機能についても、比較してみましょう。 また、コンビニでの買い物も電車に乗るのも楽ちんな「おサイフケータイ」などを搭載しています。 そして、好みが分かれるのがイヤホンジャックの有無。 iPhone 8はイヤホンジャックがないため、Lightningコネクタ経由で有線イヤホンは使えますが、イヤホンを挿した状態ではiPhoneが充電できません。 iPhone 6sなら音楽を聴きながらの充電もOK。 お気に入りのイヤホンも変換コネクタを介さず、そのまま使えます。 カメラの性能は、どう違うのか!? 2 背面カメラについては、どちらも1,200万画素と同スペックですが、iPhone 8には新しいセンサーと画像エンジンが搭載されています。 8へと明るくなり、光学式手ぶれ補正も搭載されているので、iPhone 6sよりもより美しく、明るい写真が撮れるということになります。 では、iPhone 6sではどんな風に撮影できるのか?実際に撮影してみました。 こいのぼりの色も鮮やかで、キレイな写真が撮れています。 富士山をズームしても、山肌までクッキリ! 料理の写真も、おいしそうに撮れていますよね。 このように普段よく撮影する日常の風景や食事が、充分すぎるくらいキレイに撮影できることがわかりました。 これらよりもっとキレイな写真が撮りたい方にはiPhone 8がオススメです。 気になる価格を比較 そしてもうひとつ、iPhone 8とiPhone 6sの大きな違いがあります。 それは価格です。 iPhone 8がリリースされると同時に、iPhone 6sは値下げされました。 6sは現在Apple Storeで取り扱いがないため、Amazonでの販売価格を参考価格として入れています。 その差はナント、37,050円! 確かにiPhone 8は最新機能が付いてスペックも上がっていますが、その差に37,050円を出せるかというと……その価値観は、ユーザーの使い方次第で変わってきますね。 まとめ:スマホをどう使うか?を想像してみよう 最新機種のiPhone 8に比べると、iPhone 6sは「型落ち」「古い機種」といった印象がありますが、重いアプリやゲームなどを頻繁に使うことがなければ、iPhone 6sのスペックで充分です。 逆に「初めてのスマホを探している」とか「子どもにスマホを持たせたい」という人には、iPhone 8はオーバースペック。 気軽にスマホを使いたい、そんな人はiPhone 6sを検討してみるといいかもしれませんよ! iPhoneを格安SIMでおトクに使おう! 最新のiPhone 11をはじめ、今回ご紹介したような今狙い目なiPhoneも格安SIMなら毎月おトクに使うことができます。 「どのくらい安くなるのか」や「使い方」はぜひ以下のページからチェックしてみてください。

次の

パンダモバイル

アイフォン 6s 中古

「iPhone 6s」 iPhone 6sは、既にAppleは販売を終了しているが、日本では現在NTTドコモ、Y! mobile、UQ mobileがiPhone 6sを新品として扱っている。 ドコモのiPhone 6sは、毎月1500円をずっと割り引く「docomo with」の対象機種となっており、長く使うほどお得だ。 GfKのドコモ販売ランキングでは、iPhone 6sは10位前後をキープしている。 そして今、最も注目したいのがY! mobileのiPhone 6sだ。 mobileは2019年1月にiPhone 6sを値下げし、32GBは新規契約かMNPだと一括540円(税込)で購入できる。 これが功を奏してか、GfKの総合販売ランキングでY! mobileのiPhone 6s(32GB)は4〜5位にまで上がってきた。 総合ランキングでiPhone 8の次に売れていた週もあったほどで、値下げによって人気が再燃した格好だ。 GfKの販売ランキングでY! mobileの「iPhone 6s」はいまだ上位をキープしている それにしても、発売から約3年半が過ぎようとしている機種が、いまだに販売ランキングの上位に登場するほど人気を維持しているのは驚かされる。 2世代前の「iPhone 5s」も息の長いモデルだったが、iPhone 6sも負けていない。 中古市場でもiPhone 6sや6が現在の売れ筋で、6sは2万円台で手に入る。 新品だとドコモは4万2768円。 毎月1500円割引なので、29カ月使い続ければ元が取れる計算だ。 UQ mobileは5万9724円と高いが、「マンスリー割」として毎月2052円が24回引かれるので、実質価格は約1万円。 10万円超えが当たり前の最新iPhoneよりも、はるかに安い価格で購入できるiPhone 6sは、「iPhoneが欲しいけど、必要十分な機能があればOK」という人にお勧めしやすい。 Apple Pay(FeliCaを使った非接触決済)と防水には対応しないが、67. 1mmの程よいサイズに4. 7型ディスプレイ、第2世代のTouch ID(指紋センサー)、シャッターを切った前後の1. 5 秒ずつの映像を記録する「Live Photos」にも対応した1200万画素カメラ、500万画素のインカメラ、64ビット対応の「A9」チップなど、カジュアルに使う分には今でも十分なスペックといえる。 5sよりは認証スピードの上がったTouch IDを利用できる 気になるのが、iPhone 6sはいつまで「現役」でいられるのかという点。 その指標となるのがOSバージョンアップだ。 iOSは年に1回、OSのメジャーバージョンアップを行っている。 これが打ち切られると、iOSの最新機能が使えないのはもちろん、アプリによっては将来、旧OSのままでは使えなくなる場合もある。 そういう意味では、iPhone 6sに対し、Appleがいつまで最新OSを提供するのかがカギを握る。 現在提供されている最新の「iOS 12」は、iPhone 5s以降が対象となっている。 iPhone 5sは、iPhone史上最長となる、5回のOSバージョンアップが可能になったが、2019年秋に提供されるであろう新OS(iOS 13?)は、さすがに対象外になるのではないか。 iPhone 5sと同様、iPhone 6sも5回のOSバージョンアップが可能と仮定すると、iPhone 6sには後2回のバージョンアップが残されており、2021年の秋までは現役で使える計算になる。 プロセッサはiPhone 5sが「A7」、iPhone 6が「A8」、iPhone 6sが「A9」と世代が1つずつ上がっているので、6sは5sより2年長く使える可能性は十分にある。 仮に、5sより1回少ない4回しかOSバージョンアップを受けられないとしても、2020年秋までは現役だ。 今iPhone 6sを購入しても、短くとも1年半〜2年ほど、長ければ2年半〜3年ほどは現役で使えるはずだ。 関連記事• ソフトバンク「iPhone 8(64GB)」は14週連続トップ。 iPhone勢の総合ランキング独占は8週目に。 ソフトバンクが、Y! mobile向け「iPhone 6s」を値下げした。 32GBモデルは新規、MNPで一括540円(税込)に。 分割払いだと頭金540円のみで実質0円になる。 iPhoneは長足の進歩を遂げたが、根幹となるユーザー体験の部分は「初代iPhone」を改善し洗練させていく道程だったのだ。 しかし、iPhone 6s/6s Plusに触れて、その状況が変わるのではないかと感じた。 「6s」の真価はどこにあるのだろうか?• NTTドコモは、9月1日から「docomo with」の対象機種に「iPhone 6s(32GB)」を追加する。 docomo withは、対象機種を使っている間は、毎月1500円が割り引かれるプラン。 これにiPhone 6sが加わることの影響を考えたい。 Appleが開発者向けカンファレンス「WWDC 2018」で「iOS 12」を発表。 今回は対応機種から「iPhone 5s」が外れるかと思いきや、5sはiOS 12も対応している。 5sは5回のOSバージョンアップが可能になる。 関連リンク•

次の