さえないし特別編。 ドラマ1週間視聴率 | ドラマ視聴率速報・ドラマン

ハケンの品格|日本テレビ

さえないし特別編

宜しくお願いします。 27歳 営業職女です。 うちの部署のさえない50代のオジさんについてです。 事務のオジさんで事務職は何人かいらっしゃるのですが皆、女性です。 影がうす〜いと言うか、周りも女性なのでいつもPCに向かって喋らない、いわゆる窓際さんと言うのでしょう、いるなーという人でした。 ある時、私の得意先から私の設定ミスのクレームが、相手はカンカンで使えねーじゃねえか!とえらい剣幕 上司出張、先輩不在でその設定がよくわからず、どうしよう?と泣きそうになっていると、オジさんが「僕が一緒に行くよ」と 昔は営業職だったんだぞ、と、不安でしたが、一人も不安で同行してもらいました。 結果、短時間でぴしっと設定を合わせて、アフターケアまでバッチリ、現場回ってないのに、最新機種まで色々詳しくて、他社製品まで設定し得意先もすっかりご満悦 すごいね〜ここまでの人初めて見たよ。 と私もです。 終わるとオジさんは「僕は会社帰る、外回りするんでしょ、じゃここでね〜」とお礼を言うと「いいんだ、いいんだ」と颯爽と帰って行きました。 それからオジさんが少し気になっていました。 先日、最近は海外とも取引していて、たまに外国人の方から電話がかかって来ます。 その為に英語堪能の方が常駐しているのですが、その日は体調不良でお休 運悪く英語での電話が、みんながパニクっていると、オジさんが「代わるよ」とそしてペラペラの英語でやり取りし始めたのです。 みんな うそーっの表情でしたが、電話を終えると「昔、少し習ってってね」と笑顔。 上司聞くとオジさんは昔はスーパーエリートだったみたいです、会社内の争いに負けて今の所にいるとか。 そんな人、放置しておくなんて勿体なさ過ぎます。 最近ではオジさんが格好良く見えてドキドキしちゃってます。 そんな経験ってありますか? ユーザーID: 1078003652 私は定年退職したオジサンなので、もう関係ありませんが、私が以前いた会社でも そういう方は結構いらっしゃいました。 不思議なんですが、できる課長さんだなって思える上司ほど、系列外出向とかで 結局出世街道から外れていってましたね。 ちなみに、15年以上前、私が課長をしていた部署で、元部長職の人を預かってくれ という話が来たことがあります。 「そんな人、来ても仕事ないですよ」って人事に言ったんですが、構わないから 机ひとつ頼むと言われ、その人はチーム預かりの窓際さんになりました。 普段、午前中はネットか新聞、午後は出かけて直帰・・・ ある日、外国語の電話がかかってきて、皆慌てていたところ、その人がさらさらと処理 してくれました。 英独仏3カ国語堪能なんだそうです。 なんでそういう部長職を使わず窓際にするかねぇと、不思議でしたが、まぁ派閥争いの 結果なんでしょうね。 その人の定年退職直前の歓送パーティは我々のチームで盛大にやりました。 お立場からすると、小さな歓送会(10数人)だったでしょうが、気持ちよくお送りできたかなと思ってます。 ユーザーID: 1685781413• キャリア・職場ランキング• かっけ〜! 窓際のエースですね! しかも、腐らずにきちんと仕事をしているあたりが良い。 飛ばされると腐って周りに毒をまき散らかすオジさんもいます。 その辺、すがすがしくて良い。 更に、その後自慢話をしない所が良い。 残念なことに私の周りには能ある鷹は爪を隠すような奥ゆかしい人は居ませんでした…。 中学からの友人に一人居ると言えばいますね。 寡黙で仕事が出来る人。 自分で働いてから国立超有名大学へ入学。 卒業後、就職。 働きながら5ヶ国語を習得。 資格の話になった時、結構いろいろ持ってました。 でも自分からは話したり自慢したりはしません。 人あたりが柔らかく、鈴木京香似の美人。 家事料理も出来ます。 友人なので色々知っているので、ギャップの驚きはありませんが…。 彼女の同僚が言うには、仕事出来すぎだし、人間が出来過ぎているんで誰もアタック出来ないと言ってました…。 友人の私は知ってますが、お酒にあまり強くないし、動物物の映画に弱くて涙もろくて可愛い所がある人なんですけどね。 これが友人で無ければおお〜って思うかもしれませんね。 ユーザーID: 8989409418• 私が勤めていた会社でも(ごめんにゃ、すごい古い話だけど) そういう方おりました。 やはり、エリートで才能もあったけれど、大きなプロジェクトの失敗があり、 責任をとらされた形で閑職に回されて、そのまま存在感を消されたという話を 先輩から聞かされてビックリしたことがあります。 その方も普段は影を薄くしてらっしゃいましたが、 何かあった時にさりげなく、でも的確な力を貸してくださいました。 スーツ姿も特別格好がよいわけじゃなかったんですが、 ジェントルマンな印象が残っています。 今思うと、会社を辞めたかっただろうな…と思いますが、 誰にも緊張感をもたせない雰囲気の方でした。 ああ、いま年をとってから思い出すと、カッコよかったなぁ、 タイプだったわ。 と思い出しました(笑) ユーザーID: 4233838298• の杉山さん=役所こーじ(表記忘れて御免なさい)さん 見たいです。 最高なのは、トピ主さんの賞賛の眼差しに さりげなくさらりと、ひとことだけ… いいなあ〜 ファンクラブ作って上げて下さい! で、噂を広めて、 世のため人のため御社のため適材適所に復帰するように 後押ししてあげて下さい!。。。。 もっとも、そうしたら 貴女の部署の、『困ったときのスーパーマン』が いなくなっちゃますね…。。。。 正義のヒーローが『おじさんで良い人』 実にい良い! すっごく良い! ユーザーID: 3248897105• それこそ 大企業で15年働いていました。 私が新人の頃、支店と支社と本社では、やはり人材が全然違って 支店にいる人たちはアットホームでのんびり、危機感なく平和 本社はやはり出来る人ぞろいで若くして役職についている人もいました でもたまに支店に、できるのに何でここに? という人がいます そういう人は 1、協調性がなく、仕事はスーパーできるのにコミュニケーション能力が低く人等を使えない。 一匹オオカミタイプ 2、仕事ができるが、仕事を人生の糧にしたくなく趣味を充実させたい人。 本社にいけば終電の毎日ですが、支店は6時に帰れます 3、奥さんが入院したなど、家庭の事情ありの人。 奥様が重い病で入院されてしまい、今後の人生は奥さんとの時間もちゃんと持って最後まで後悔なく看たい・・・と まぁ色々ですね。 特に1の人は、頑固で上司に正論でたてついたりして出世できず・・とか でも上に上がる人はそれなりに人徳があったり、広い視野で物事が見れる、たとえ仕事がバリバリにできなくても、人を気持ちよく動かすことができる人や人望が厚い等、納得した人がなってますね ユーザーID: 1399521351• 影薄 元々スーパーエリートで、社内争いに負けて今の部署にご在籍とのこと。 スーパーエリートでなくなった今、昔のようなモチベーションはないでしょう。 それなのに最新機種までちゃんと勉強されている。 自分の評価にも恐らく関係ないであろうあなたの謝罪についていかれる。 無視して「知らんこっちゃねーよ」でもいいところです。 そうそうできることじゃないですよ。 人間として、一社会人として素晴らしい人です。 そんな人が社内の争いに負けたからといって窓際族扱いされる会社って・・・。 その方がもっとイキイキと仕事ができる会社に移られることを願って止みません。 >そんな経験ってありますか? とのことなので。 私の場合は夫です。 私は帰国子女で英語は流暢なのですが、一旦パニックに陥ると制御不可能です。 英語が然程出来ない夫との新婚旅行の帰り、乗り継ぎの空港でトラブルに巻き込まれました。 私はパニックになったのですが、主人が簡単な単語を並べたジャパニーズイングリッシュで その危機をすんなりクリアしてくれました。 英語では頼りないと思っていたのに、精神的に頼りになる人でした。 ユーザーID: 5104768341• かっこいい 能ある鷹は爪隠す、ではなく、出る杭は打たれて潰されたんです。 気の毒です。 日本の「新卒から入って終身雇用」の社会で、一度躓いたら一生立ち上がれない様に潰されてしまう社会の被害者です。 日本も実力主義に変わって来ているので、彼も20才若かったら違う所に行って再出発する決心が出来たかもしれません。 終身雇用が崩れる事を先行きが見えなくて不安と感じる人も多いかもしれませんが、転職があたりまえになって来る事によって何度でもチャンスがあると考えると、それはそれで違った意味で安心出来る社会です。 彼の様に才能がありながら何かの理由で外された人、自分とは違う学閥の会社で目が出ない事に気が付いてしまった人、大きな失敗をしたけどやり直す気力を持ち続けている人、そんな人達にセカンドチャンスが与えられる社会であって欲しいです。 ユーザーID: 9514695735• 周りがアホすぎるだけ 私事で恐縮ですが、私が長年お付き合いしている彼がそういう人です。 お互いいい年です。 彼は大企業で微妙に窓際。 でも本社から絶対に追い出されることがありません(出向が非常に多いところです) 出世欲もなく大人しく野暮ったく、のほほんとお茶をすすっているような人ですが、 誰かが困っているときにだけ、ぬるっと現れて、ひっそり解決するスキルの高さは持っています。 知識と経験を積むことに興味はあっても、アピールするのが面倒臭いようで。 恐らく今も普段は空気扱いされているでしょう。 そういう所に惚れこんで、押しかけ彼女になりました。 何かあった時に、周りが勿体ないと思うくらいが、こういう方には丁度いいんでしょうね。 才能を活かす場所はいくらもあっても、そこで活きるのはしんどいからこそ常に控え目なのでしょうし。 たまに後になってから、周り回ってスーパーな活躍をしたことを耳にしますが、 本人に聞いても、「そんなことあったかなぁ?」と、ぼんやりしています。 ユーザーID: 0956826806• 感動! 若い女性が多い部署に、なぜか50代の男性が、、、。 ちょっと不自然だなと思ったら、左遷された元エリートでした。 5年前に癌になって、少々記憶もあやふやになって、左遷されたようです。 クビにならなかったのは良かったけれど、給料が激減したので、妻子に申し訳ないって話してました。 専門分野の知識はすごいのですが、体力もないし、ちょっと記憶があやふやなときがあるようです。 そんなこともあるので、「さえないオジさん」とか見かけで、他人を見下すような言い方はしてもらいたくないです。 周りは日本語より英語が得意な人ばかりなので、英語がしゃべれて「うそーっ」となる職場も不思議です。 習っていたなら話せて普通だし、驚くのは、英語しゃべれないって見下していたからですか? 隣の席の男性は、変な内容を変な英語で、ペラペラしゃべるので、ハラハラします。 トピ様なら、この隣の男性でも尊敬するのかなと、複雑な気持ちです。 ユーザーID: 9398393582• 能力と出世は別です なんでもできるのに、自己アピールせず、 人をさり気なく助けて、恩に着せない。 空を飛ばんばかりの、スーパーマンだ。 彼の優秀さを妬み落とされても 彼の素晴らしさは、能力だけではない、 その内に秘められてる彼のやさしさは人として、本物です。 まさに、置かれたところで美しく咲く人なんですね。 このおじさんに魅かれるのもわかります。 見かけ倒しは多いが、本物はめったにいないからね。 能力もあって、謙虚で穏やかで、いざとなったら家族を守るに違いない。 なんにせよ、見事な本物を見た感動と幸福感は、 ジンジン伝わってきました。 ユーザーID: 4115603971• 素敵な人ですね ある食品会社の品質検査に居た頃、工場の片隅でダンボールなどの仕分け作業を主にしている係りの方がいらっしゃいました。 もう定年間近の方で、まじめにお仕事をされ、いつもにこにこ穏やかでとても親切。 女子社員達の間でもあの人は良い人だわと好印象ではありましたが・・・ じつはその方、お若い頃は某有名老舗ホテルの厨房におられたらしいのです。 工場で暑気払いのときに、女子社員にプリンが振舞われたのはその人が作って持ってきてくれたものだというのを知ったのは、ずいぶん後になってからです。 あるとき、そのホテル仕様のポテトサラダのレシピを手書きで詳しく書き、コピーして女子社員に配ってくださいました。 一度作ったらとてもとても懐かしく美味しいポテトサラダでした。 ただ、さすがのプロ仕様。 とてもとても手間と時間のかかるもので、我が家の定番・・・とはなっていないのが残念です。 レシピは今でも大切に持っています。 ユーザーID: 3104663865• 捲土重来を待つ 関ヶ原の戦いの西軍総大将石田三成のエピソードとされる話です。 捕縛され、後日斬首される前にのどが渇いたと申し出ると、柿をすすめられた。 しかし三成は、「痰の毒だ」といって断った。 これから斬首される人間がなぜそんなことを気にするのだと聞くと。 男たるもの、最期の瞬間まであきらめてはいけない、何が起こるかわからないものだ。 というようなことを言ったそうです。 その男性も、三成同様、捲土重来を期しているのでしょう。 そういう閑職におかれるということは、敵方にに恐れられている証です。 捲土重来があるかどうかは分かりませんが、その方からいろいろ吸収すべきものは、山のようにあると思います。 このチャンスを活かしてください。 ユーザーID: 8354771706• かっこいいけど、惚れるなよ なんか、怖いです。 たまたまその「オジさん」は スーパーマンだったから良かったけど、 そうじゃなかったらずっと 「さえないオジさん」 って思われ続けてたんですね。 「みにくいアヒルの子」で そりゃ白鳥になれた子はいいけど、 じゃあ大多数のアヒルのままの子はどうなんのよ、 と思った感覚と似ています。 別にスーパーな能力はなくっても、 長年地道に普通に働いてきただけで偉いんです。 スーパーな能力を見せられて価値を見出すのは、あたりまえ。 スーパーな能力を見せない人の価値を見いだせるのが オトナってものです。 ユーザーID: 4865805431• そのおじさん本物なんだろうし、取引先対応見ても仕事は全てでき 僕は、ボーっとしているとまでは思われていない(はず)の 窓際オジサンだけど、 主流から外れた「できるオジサン」っていう存在、 よく分かるなぁ。 主流にいる「できないオジサン」や 主流から外れた「できないオジサン」も 世の中にたくさんいるので、 「適当に実力を見せる努力」もある程度は必要だけど、 そのオジサン、かっこいいね。 それを発見して素直に凄いと喜ぶ 27歳のトピ主さんも、すごくカワイイと思いますよ。 そう言えば、最近ですが、 15年前僕の部下だった元ミス我が社のオバサンが、 僕の作った書類を初めてまともに読み込んで、 「当時私の書類を見て、 さぞかし滑稽だったでしょうね」と言ってきました。 確かに滑稽だったけど、 そんな気付きのできない女のコたちを 教育してるヒマはないと、 ほっぽらかしていた自分も業務怠慢だったかなと反省しきり。 オジサンの実力に気付けたトピ主さん、素敵ですよ。 ユーザーID: 1528544760• おじさんなんて見下げるなんて言語道断。 レス有難うございます。 おじさんという言い方は失礼でした。 不快に思われた方すみません。 オジ様と呼ばせていただきます。 こんなオジ様欲しい〜というご意見が多くて、私も誇らしい気持ちです。 他の方に聞いたお話ですが オジ様は若くして奥様を亡くされて、2人のお子様の育児と仕事を両立してやって来られたそうです。 ある時、お子さんが事故に遭い責任を感じて、今のポジションから降りたいと申し出たところ 派閥?か上司か解らないですが、逆燐に触れたそうです。 それでもオジ様は転勤のない部署を希望して、今の勤務地から離れられないそうです。 ご家庭の事がなければ、今頃、役員になっていてもおかしくないコースにいたそうです。 聞かないと人の事情は解らないんだなぁと見た目じゃないんだと改めて思いました。 出世よりご家庭を大事にできるオジ様、素敵だなぁとも。 私も頑張ろう!!と思いました。 ユーザーID: 1078003652• いるいる! 以前、アルバイトしていたお店に、事務パートで50代くらいのおじさんが入ってきました。 ものすごく腰の低い人で、ちょっとおっちょこちょいな感じだったので、自分含めアルバイトからもバカにされるというか、親しみをもたれていました。 しかし、徐々に頭角を表し、自分も同じ時期に社員になりましたが、おじさんはそのまま店長補佐的なポジションになっていきました。 グループ全体の役職者会議でも、社長や会長の隣に座らされるようになったそうです。 実は、以前は200人くらいの部下を従えたエリートだったそうです。 この歳で、バツイチで、しかもパート…からの華麗なる変身でした。 ユーザーID: 7671497112• おじさんバンザイ 海外ではたらくさえないおじさんです。 よく妻からぼーっとしてると指摘されます。 たしかに能力とやる気があっても仕事は失敗することもありますし、海外でも派閥はあります。 しかし、能力ある人を閑職に追いやるのはみたことありませんし、第一そうなる前に本人は職場を変えます。 なんて日本の会社はもったいない人材の使い方をするし、本人もよく我慢しているな、というのが正直な気持ちです。 何人かのレスで、こういったことは珍しいことではない、と書かれていました。 そうですと、日本全体で膨大な能力が眠っている、ということではないでしょうか? ちなみに私は来月から新しい会社で新しいプロジェクトに挑戦します。 何歳になっても再挑戦できる社会のほうが爪を隠さなければいけない社会よりもよっぽど生きやすいと思うのは私の感覚がずれてきたせいでしょうか? それとも日本では失敗した人は静かに爪を隠して窓際で生きるのがかっこいいのでしょうか? ユーザーID: 3996462108• 中村主水 役員コースに乗るはずが窓際に追いやられたというのは ご本人は本当は辛いと思いますよ。 でも、お子さんのために 我慢していらっしゃるんですね。 でも、会社も閉職に追いやるとは 見せしめでしょうか? ほんと、宝の持ち腐れです。 >出世よりご家庭を大事にできるオジ様、素敵だなぁとも。 これは苦渋の決断だったと思いますよ。 家庭を取った結果が窓際なのですから。 トピ主さんや他の若い方には「おじ様〜、素敵!」なんでしょうが、 50代、まだ若いです。 本当はバリバリ働きたいはず。 私ももうすぐ50代なので共感していまいます。 まあ、ご本人も仕事に見切りをつけて地元で転職するなどの 道はあったのでしょうし、自己責任といえばそれまでですが 寂しいものですね。 ユーザーID: 7150051191• 驚いているのは、トピ主だけだよ それだけ有能なら事務職のメンバーは「英語が堪能」であることに驚きはしても、「有能」であることに驚きはしないでしょうね。 実際の仕事ぶりを知らないのに、見た目と雰囲気のみで「窓際」と決めつけ見下していたトピ主だから、驚いただけなのでは? 結局、追加レスでも、通常の業務内容についての記載はないし。 トピ主のフォローができて英語が話せても、現在の業務をこなせていないなら、やっぱり、いまいちな社員でしょうし。 (その男性社員が「無能」という意味ではなく、トピ主の物事を見る「見方」が偏っているとの意味) あと、トピ主が失礼だと言われているのは、「おじさん」か「おじさま」かの問題ではありません。 「こんなオジ様」については「欲しい」と私も思いますが、「トピ主が同僚」は「避けたい」です。 ユーザーID: 5422870994• 尊敬出来る方ですね 素敵なおじ様ですね〜 恩着せがましさがないところもスマートで さすがだなあと思いました。 しかしそれだけ有能な方を使わない企業が沢山あるって私も疑問です。 様々な理由で出世競争から外れたにしろ 数ヶ国語を話せて、海外や他社とのコミュニケーションも上手で会社の名誉を助けてくれる有能な人材はベテランでこそだと思います。 また後輩の見本にもなると思うのに 私も、人格的にも仕事ぶりでも本当に素晴らしい課長でゆくゆく会社の中心になる人かと思えば 何年も課長どまりであちこちたらい回しにされ 喫煙室にいる時間の方が長いような課長の方がなぜかいいポストに上がっていて疑問に思うこともあります。 内部事情は知りませんがこれで日本は大丈夫かと思います。 ユーザーID: 5172763279• 惚れてまうやろーっ! 私も今はすっかりおばさんですが、若いころカッコいいと思ったおじ様二人。 二人とも中卒で、その道一筋の職人さんでした。 1写真館の修正職人 昔、まだフィルム全盛期の頃。 写真館で撮る記念写真を人の手で修正していた頃。 そのおじ様にかかれば、誰でも美人に・・。 ネガから丁寧に修正し、 プリントで仕上げて行くのですが、その技術は見事。 今のフォトショップの比じゃない、 手作りならではの味がありました。 2版下の職人さん 版下(印刷の元になるもの)の名人。 これもマックの出る前の手書きの頃。 点描のバランスも素晴らしく、これまた手作業独特の柔らかさと温かさのある仕事。 すごかったです。 お二人に共通していたのは、本職以外でも勉強家だったこと。 本当に頭のいい人だったし、努力家だったんだと思います。 今は、もうかなり高齢になっておられると思いますが。。 どうしておられるのか、気になります。 昔のかっこいいおじ様たちでした。 今はかっこいいおじ様もPCの時代なんですね。 素敵なおじ様と一緒に仕事ができて、羨ましいです。 ユーザーID: 1878802717• 私もそうなりたい! 50代の男性とか、 上司の男性とか 寧ろ冷ややかな感じで、トピ内容にそぐわない気がしましたけど。 何故「オジサン」がいけないのかな〜 月光仮面のオジサンは、失礼だったのか(実際見たことはないのですが) 緑のオバサンも せくはらになるのかぁ〜 なんだか世知辛いわね。 私はおばチャンと言われても、全然気にならないけど。 ましてや50代でしょ?。。。 看護婦と言ってはいけないとか、 いろいろあるけど、なんだかそこまで拘るとぎすぎすするなぁ トピ主さんの書き方、私は臨場感ありとても良かったと思います。 『おじさん』だからこそ親近感あり、 それぞれ 杉山さんみたい、とか 窓際太郎みたい、とかイメージ湧くのですけどね… いずれにしても本当にドラマみたいですね。 ユーザーID: 3248897105• …まぁ確かに勿体ないんだけど、 色んな人の意見で「ついてい行きたい!」とか 「もっと厚遇されるべき!」みたいな事言っている人も居るけど、 今更ミーハーのようにキャーキャー騒いでかき回すのは良くない。 周囲に吹聴して口だけで引っ掻き回して面倒な状況に追い込むだけなので ひっそり尊敬するにとどめる方が無難です。 その人も二度も苦汁をなめるなんて悲惨でしょう。 放置しておくのがもったいないなら、 その人を前に押し出してついていくとか、 自分がその人を単純に頼るのではなく、知識を吸収して その結果をその人に返せばよい(結果の返し方だって色々あります)。 50代ってのは後の人を育てられるかどうかも評価ポイントなのだから。 なんだかトピ主さんみたいな騒ぎ方をする人は 良く見える時だけキャーキャー騒いで、 ちょっとでもその人が情けない部分をこれから見せたら熱さましそうな 一過性のフィーバーっぽくて、悪い方に転んだら その50代の方が災難に見舞われそうな不穏さを感じます。 相手を凄いと尊敬するのは素晴らしいけどもうちょっと落ち着いて、と思う。 ユーザーID: 4778391426• 当たり前っていうか ご自身には関係ない職責であるのに困っていれば助けるが、それ以外はその人の領域に入らないって難しい物です。 普通、自身の経歴、能力をひけらかしたくなりますよ。 爽快なトピだなと思ってレス読んで不快になりました。 >自分に都合の良いポジションで定職を確保、定年まで面倒みてね。 」ってな生ぬるい窓際オヤジって感じです。 >能力を発揮できないのに、それでも会社にしがみつく社員って、どんなにデキる方でも疎ましい存在です。 会社員でしたら理不尽なこともあり、能力が発揮できな事もあるってお分かりですよね。 適所で仕事が出来てれば、しがみつくとは言いません。 能力発揮できないなら転職とか、40後半まで何を見てきたんですか。 おじさんはセクハラって、内容から見てご本人がセクハラと感じるとは思えません。 トピ主さんも愛着、愛称を込めておじさんって呼んでますよね。 少しも嫌じゃない、50代オジさんでした。 ユーザーID: 5727234954• 素敵だな 私は40代ですが、非常に心温まるというか、希望を持ちました。 私自身の事はさておき、以前の会社時代、先輩、同僚にも 大変才能があるのに、閑職に追いやられている人が沢山いました。 課長職をほかの同僚にとられたというだけで、前線から強制的に排除されていました。 会社にとってももったいない話だと思うのですが。 そういう人の使い方はあるはずなのに。 でも、いつまで経っても腐らず、自己研鑽に励んでいないと トピ文の方のようにはなれませんね。 それと、「オジさん」も「オジ様」も嫌です。 「男性」にしてください。 と、オジさんは思います。 あなたも「オバさん」も「オバ様」も嫌でしょ? ユーザーID: 8460467383• 上にいく人は 出世争い お人好しだったり、優しいだけではですけど、 やっぱり、仕事の回し方、マネジメント能力と人望でしょうね 仕事がすごくできなくても全体を広く把握していて、人を気持ちよく動かせるとかそれだけでも上がっている人がいる 仕事がすごく出来ても、コミュニケーション能力がないと機会に恵まれなかったり 色々ですけど、主さんももっと何十年も会社にいたら色んなことが分かってきますよ(小さい会社じゃわからないでしょうけども) いろーんな人がいます 私の近くに件のおじさまみたいな方がいますが(おじ様がそうだと思いませんが)、若いころは結構とんがっていて、上司無視したり無謀なことして人を飛ばしたりしていましたよ。 50過ぎて丸くなりましたけど ユーザーID: 1399521351• 先入観と手のひら返し おじさん・おじさま発言はセクハラになりませんよ。 性的な内容の言動すれば、セクハラ。 業務上・日常生活に支障がでるような行動・発言すればセクハラ・パワハラ・モラハラのいずれかに該当します。 その50代男性本人が、おじさん・おじさま呼ばわりされるのは嫌だという明確な意思表示されているのであれば、セクハラになるでしょう。 セクハラというのは、受けた本人がセクハラと認識し、訴えない限りセクハラになりえないんです。 第三者である私達が、セクハラだと騒ぐのはどうかと・・・。 それに、今回のトピのおじさん発言は明らかな悪意のある発言ではありません。 悪意のない発言を叩くのは大人として如何なものかと思いますが? しかしながら、基本的には男性はおじさん呼ばわりされても気にしないですが、人によっては嫌がる方もいますので、呼び方は性別に関わらず気をつけたほうがいいですね。 ユーザーID: 6829595764• 私がカッコイイと思ったおじさんは 会社の飲み会の終了後、おじさん社員と同僚の女性と3人で途中まで帰っていました。 女性は飲み過ぎたようで公衆トイレに…しかし全然戻ってこない。 見に行ってみると、男女共用の洗面台の中に派手にリバースしてつぶれていました。 オロオロして事情を説明しにいく私、おじさんと洗面台にかけつけ、 その後走ってトイレからトイレットペーパーを引き抜きながら (参ったな〜 アレの後始末やだな〜勘弁してほしいよ〜) なんて心の中で半べそになっていたらそのおじさんはなんのためらいも無く 私の手からトイレットペーパーを取り嘔吐物を鮮やかに始末していました。 「ぼくこういうの全然平気なんだよね、年の功かしら?」 って笑いながら。 自分がものすごく恥ずかしくなり、おじさんの始末した大量の紙を 私も受け取りトイレに流しにいきました。 その一見を境に、それ以外にもその方は色んな面倒な仕事を嫌な顔せず 引き受けまくって風のように処理していくのを見ました。 容姿なのか年齢なのか、その人の魅力には女性の誰も気がついていませんでしたが、 後にも先にもあんなに素敵な男性はいないと思っていたのをふとこのトピで思い出しました。 ユーザーID: 1462467253• うん? 何でここまで「おじさん」に反応する方が多いか考えました? 似たようなトピの内容で、トピ主が男性の場合、 対象となる女性を「おばさん」と表記すると、 トピ本来の相談事そっちのけで、 「女性をさげすんでる!!」というレスが殺到するからですよ。 もっともこのトピで同じことをやり返す必要は無いと思いますが。 というわけで、皮肉っぽくレスする男性(と思わしき方々)、 もうやめましょう。 わざわざ同じレベルに堕ちる必要は無いです。 そしてshoさん。 貴女の仰ることはもっともです。 願わくば、性別の入れ替わった類似トピでも同様のレスをしてください。 そこは貴女の仰る「侮蔑のイントネーションで言う馬鹿」ばっかりですから。 ユーザーID: 4643075447• そうなのか >さえない50代のオジさん >影がうす〜い >いわゆる窓際さん なんだかなぁって感じです。 人を見下す暇があったら、設定ミスで得意先を怒らせないようご自身のスキルアップをして下さい。 たまたまその男性はあなたの評価を得る機会があったわけですが、彼自身にとってはあなたのような小娘(おじさんと言うならあなたは小娘って事でいいですね?)の評価などどうでもいい事でしょう。 たぶんあなたの周りにはあなたから見て冴えない「おじさん」や「おばさん」がまだまだいると思いますが、スーパーマン的要素がない場合は見下したままでしょうか。 >見た目じゃないんだ ではなく、見た目通りだろうとなかろうと人の人生を他人がわかったように簡単に評価するべきではないのですよ。 その「オジ様」の別の一面を知って私も頑張ろうという気持になれたのは良い事でした。 仕事のスキルも人間性も向上して、自分には厳しく他人にはどんな方にも優しい目で見る事のできるような大人を是非めざして下さい。 応援していますよ。 ユーザーID: 3014646486• おじさんでもおじ様でも失礼なのは一緒。

次の

堤真一主演『スーパーサラリーマン左江内氏』の特別編が放送決定

さえないし特別編

人気グループ・の主演によるフジテレビ系ドラマ『鍵のかかった部屋 特別編 2』が18日に放送され、世帯視聴率が11. 0%、個人視聴率6. 6%を記録したことが19日、わかった。 (ビデオリサーチ調べ、関東地区)。 「世帯」「個人」視聴率ともに、初回を超えて好調を維持している。 新型コロナウイルスの影響を受け、今クールの月9ドラマ『SUITS/スーツ2』が第3話以降の放送が延期に。 同ドラマでは、榎本が弁護士の青砥純子()と芹沢豪()とともに、難解な密室事件を解明していく痛快エンターテインメントを描く。 初回平均視聴率18. 3%、全話平均視聴率16. 0%(全11話)と、嵐が主演の歴代月9ドラマで最高視聴率を記録している。 YouTubeでは、来週25日放送の 3のスペシャル動画も公開されている。 そんな折、芹沢が相談依頼を受けていた証券会社会長の藤林(黒部進)が撲殺される。 しかも、藤林の姪の郁子()と共に遺体を発見したのは芹沢だった。 刑事の鴻野(宇梶剛士)から藤林との関係を聞いた芹沢は、藤林の亡くなった妻の10億円相当の絵画コレクションを美術館に寄贈する話を仲介していた、と明かす。 芹沢は郁子に、藤林を殺害した犯人は捕まっていないが、寄贈の話を進めたい、と伝える。 すると、郁子は寄贈を中止してほしいと言う。 事件の前日に、藤林が寄贈を中止したいと話していたというのだ。 その後、芹沢は郁子を寄贈先の美術館館長の平松()と面会させる。 寄贈中止、との言葉を聞いた瞬間、平松の表情が鋭くなった。 その頃、館内にいた榎本と純子は、企画展のために作品を制作中だという有名アーティストの稲葉透()に会う。 稲葉が制作した遊園地のミラーハウスを模した迷路と、そこにはめ込まれた巨大なオブジェ。 その前に立った榎本は…。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の

スーパーサラリーマンさえないし 関連動画

さえないし特別編

日本では1956年11月1日からで放映開始 、後にやで放送された。 ラジオ東京テレビでは、1956年12月6日までは毎週木曜20時00分からの放送、1956年12月13日からは毎週木曜19時30分からの放送。 30分ドラマ。 の(ライオン歯磨は、終了の『』まで、TBSの30分ドラマを提供する)。 最高視聴率:74. 大平透のバージョンでは録音をせず生放送で行われ、英語音声の上に日本語で吹き替えていた。 詳細は「」を参照 シーズン一覧 [ ] シーズン 話数 放送期間 初回放送 最終回放送 26 1952年9月19日 1952-09-19 1953年2月27日 1953-2-27 26 1953年9月18日 1953-09-18 1954年3月13日 1954-3-13 13 1955年4月23日 1955-04-23 1955年10月15日 1955-10-15 13 1956年2月18日 1956-02-18 1956年6月16日 1956-6-16 13 1957年3月8日 1957-03-08 1957年5月31日 1957-5-31 13 1958年2月3日 1958-02-03 1958年4月28日 1958-4-28 脚注 [ ]• epguides. com. 2015年9月21日時点のよりアーカイブ。 2018年2月28日閲覧。 『』上巻、、1990年3月24日、35頁。 C0676。 C0076。 『超人画報』のP. 33では「1957年11月3日」と記載しているが、他項では1956年としている。 『 』 、1956年11月1日 - 12月13日のラジオ・テレビ欄。 1958年、電通調べ。 『放送五十年史 資料編』より。 『別冊映画秘宝 とり・みきの映画吹替王』、2004年9月16日、8頁。 大平が骨折で休養した際にが代役として一度だけリーヴスを担当している 外部リンク [ ]• - (英語)• - (英語) 木曜20:00枠 前番組 番組名 次番組.

次の