ふっくら 御膳 rz ts103m。 価格.com

日立 ふっくら御膳 RZ

ふっくら 御膳 rz ts103m

春の下取り祭が始まって更に価格が安くなってました。 最新価格で比較してみたのでこちらも御覧ください ----- どうも、ジャパネットと日立の炊飯器のことにはめっぽう詳しい僕です。 ジャパネットにしては珍しくエアコンセールと並行して新しいセールを始めてきました。 その名も、 ジャパネット増税直前SALE たしかに、このセールは時期の調整のしようがないですね。 増税前の駆け込み需要を狙ってるのですから。 そして今回の増税直前SALEの商品は!! 炊飯器です!!! 日立圧力スチームIH炊飯器 ふっくら御膳 これ、ジャパネット春の家電祭りでもセールしてましたね。 いや型番が変わってますね。 つまり春販売していたやつの後継モデルのようです。 今回はこちらをレビューしていきます。 新製品!日立圧力スチームIH炊飯器ふっくら御膳 RZ-TS103M は安い?高い? 今回の製品は発売したばかりの新製品のようです。 御釜も新開発されたもののようですね。 それがこちら。 沸騰鉄釜! ふっとうてつがま? なんと日立の最高ランクの御釜だそうです。 ちなみに春に紹介した前モデルも最高ランクの御釜を謳ってましたけど、その時とは御釜の名前が違いますね。 まぁ素人には刻まれた名前以外に違いを感じることはできません。 が、分かる人には分かるはずです。 きっと炊いたお米の味も違うはずです。 新製品ですから多少高いですよ! 税抜き価格で 49,800円だそうです。 ただし、古い炊飯器の下取りがあります。 なんと20,000円で下取り!! しかもどんな古い炊飯器でも大丈夫!! はい。 これは 「え、こんな古い炊飯器が2万円になるの?お得じゃん!」という気持ちを狙う古典的なジャパネット戦略ですので冷静になってください。 基本的に、ジャパネットで下取りありの商品を買う場合は、 下取りありの料金が通常料金と思った方がいいです。 もちろんネット最安値との価格比較も下取り後の価格でやります。 余談ですけど、前回いたかなり古そうな炊飯器はなくなりましたね。 隣にいた次に古そうなやつが今回のセンターに昇進したみたいです。 下取りされる炊飯器たちも世代交代があるようです。 さて、下取り後の価格はこちら。 29,800円!! 税別、送料・下取り手数料別 はい、3万円以下に見えますが、 税別!送料別!下取り手数料別! です! これも古典的なジャパネット戦略なので、ネット価格と比較するときにうっかりこの大きな数字を使わないように気をつけましょう。 価格コムとかの価格は税込で、送料も込みの場合が多いです。 価格比較のときは気をつけましょう。 と、いうわけで後はこれらの価格を比較するだけなんですが、この炊飯器は ジャパネットオリジナルモデルです。 つまりジャパネットでしか売ってません。 同じモデルが他のお店で売っていないので単純な価格比較はできません。 なので、他の日立の炊飯器と比較して、 性能と 価格の両面で実際にお得なのかをチェックしていきましょう。 2019年新型対応!日立炊飯器を全モデル比較!ジャパネットモデル(RZ-TS103M)は最高ランクなのか? 追記: 春の下取り祭が始まって更に価格が安くなってました。 最新価格で比較してみたのでこちらも御覧ください まず日立の公式サイトを見に行ったんですけど、残念ながら最新モデルに関しては一覧で比較されたページはありませんでした。 そして、 ジャパネットモデル(RZ-TS103M)は日立の公式サイトには掲載されてすらいません。 結果として性能比較が非常にめんどくさい感じになってました。 なので、自分で比較表作りました。 僕とネットショッピングオリジナルの 日立炊飯器全モデル比較です。 (これより安いモデルや、炊飯容量が違うだけのモデルは省略してます) 市販モデルは左から順番に高いモデルで、一番右のやつはジャパネットモデルです。 最高級モデルである RZ-W100CMは、ネット最安値でも6万円オーバーの超高級な全部のせモデルです。 これと性能を比較するのは間違いでしょう。 次に高級なモデルがこちらの RZ-V100CM 最高級モデルと比較して、側面ヒーター温度が弱かったり、保温時間が短かったり、液晶にバックライトがなかったりします。 こちらのネット最安値は約4万円。 なんと、最高ランク御釜である 沸騰鉄釜を使っていて、 全周断熱構造なのはこの2モデルだけです。 ジャパネットモデルは消費税、送料込みでも約3. 3万円。 つまり、ジャパネットモデル RZ-TS103Mは、 最高ランクの沸騰鉄釜で全周断熱構造の炊飯器としては、圧倒的最安値です! これは素晴らしい。 ・・・しかしどうも見た目が違います。 ジャパネットモデルのこいつは上記の高級モデルより丸っこいです。 そう、見た目はスチームもついていない 廉価な RZ-BG10Mにそっくりです。 このRZ-BG10Mは御釜もひとつ下のランク、 黒厚鉄釜です。 ジャパネットモデルの日立最高ランク沸騰鉄釜ではありません。 つまりジャパネットのモデルは、 安いモデルの炊飯器の見た目に、最高ランクの御釜と、全周断熱構造など高級モデルにしかない機能を載せたモデルなのです。 日産GT-Rのエンジンを積んだ日産マーチみたいなものです。 マーチのエンジンをGT-Rに積まれたらいやですけど、GT-R並に走るマーチならまぁ良いかもしれません。 あ、あと見た目だけでなく機能的な違いとして 蒸気セーブというのがあります。 この廉価な RZ-BG10Mは蒸気セーブです。 しかし、これより高級なモデルは 蒸気カットを搭載しています。 ジャパネットモデルには関しては、この蒸気に関する言及がないのですが、形的に 蒸気セーブだと思って間違いありません。 追記 説明書に記載があり、蒸気セーブであるとコメントいただきました! つまり、まとめるとこういうことです。 家電はやっぱり最新モデルが良い• 日立の最高ランクの御釜でご飯を炊きたい• でも、なるべく安い方がいい• 見た目はあまり気にしない(安いモデルと同じでもいい)• 蒸気はセーブされるだけで良い(カットされなくても良い) この条件の人は 迷わずジャパネットです。 ちなみに別にジャパネットじゃなくても良いし、最高ランクじゃなくてもいいし、日立じゃなくても良いって人は、普通にネットで一番人気の無難な下記の炊飯器でも買えばいいと思います。 そうだ、あとジャパネットで買うのを後押しするオマケがついてること忘れてました。 そちらも見ていきましょう。 おまけのBellfina ダイアモンドマルチパン A-76927 って安い? さて、今回の炊飯器には下記のオマケが付いています。 アーネスト株式会社 Bellfina ダイヤモンドマルチパン3点セット ジャパネットではこんな実演をしていました。 焦げ焦げにしまくっても〜 スルッと取れる! いい感じですね。 こういうのよく見かけますけど、よく注意書きで「実際に試すのはやめろ」って書いてあるから中々自分ではやれませんよね。 ざっと調べましたけど、定価は税抜13,000円の韓国製だそうです。 最近韓国製は品質高いですからね。 ただ、ジャパネット以外での販売が見られないので、本当に安いのかどうかは謎です。 同じような商品だと、パール金属がこんなフライパンを出してます。 価格は3分の1以下です。 こちらもダイヤモンドコートですから、焦げ焦げにしても平気かな? まぁ怖いから買わないしやらないですけど。 と、まぁ今回の炊飯器に関しては、そもそも日立の最高ランクの御釜が良いって話ならジャパネットモデルがおすすめですから、あくまでオマケとして捉えても良さそうです。 フライパンに1万円の価値があると思うならすぐにジャパネットに電話しましょう! あ、現在ジャパネットではインターネットで注文すると500円引きです。 電話じゃなくてこっちのほうがいいですね。 以上でした。 最新価格での比較はこちら 前のモデルはこちら 他のセール中製品はこちら 他のジャパネット記事はこちら hardshopper.

次の

【レビュー】日立 炊飯器 圧力IHスチーム ふっくら御膳の評判は?

ふっくら 御膳 rz ts103m

外見は現在日立で販売している下位機種とそっくりですが、あくまでもジャパネットオリジナル機種のため、性能が大きく違います! よくネットやSNSを調べていると、まるで下位機種をジャパネットで高い値段で取り扱っている、と間違った認識をしている人もいるので気をつけてください。 下取りのため、こちらで用意した古い炊飯器も渡しましたが、とてもスムーズで良い対応です。 中もとても丁寧な梱包で安心です。 マルチパンセットは蓋、お玉もついての3点セットとなっています。 蓋は自立するタイプのため、使い勝手が良いです。 またフライパンは深さがあるので、様々な料理に対応できるかと思います。 焦げ付きにくさは宣伝通りのものを期待できそうです。 安く購入するには下取りが必須なので、その辺りの条件も考える必要があります。 条件がピッタリなあなた! この下取り祭は4月7日までです! 是非とも みなさんの注文をお待ちしております! 【4月2日追記】 購入してから1ヶ月ほど経過しましたが、味は変わらず美味しいです。 正直、外食で食べるお米があまり美味しく感じない場面があるほどです。 炊飯器自体は、お手入れとして洗う箇所が多い部分は大変ですが慣れてきます。

次の

理想的な硬さを実現! 日立の炊飯器「ふっくら御膳」は食感と甘みのバランスが絶妙!!

ふっくら 御膳 rz ts103m

日立の炊飯器「ふっくら御膳」も内釜内の気圧を1. 減圧せずに蒸らすことで、蒸らし時にも高温を維持することができるのがポイントです。 なお、蒸らし時にスチームを噴出する圧力IH炊飯器といえばパナソニック製品も有名ですが、こちらは蒸らし工程では圧力をかけていないそう。 加圧と減圧を繰り返して炊飯するパナソニックとは炊飯方式が根本的に異なるため、圧力とスチームを利用した炊飯器であっても炊き上がり具合はまったく別物です。 筆者が試食した所感では、パナソニックの炊飯器で炊いたごはんのほうがやわらかめな印象。 近年、内釜は蓄熱性を高めるために厚みを増していますが、それに比例し、内釜の重量も増加。 米を研いで水を入れて運ぶ際の重さがつらいという声も多いといいます。 ふっくら御前は使いやすさにこだわり、アルミ合金製の約720gという軽量な内釜を採用。 なお、内釜には蓄熱性だけでなく発熱性も求められますが、ふっくら御前の内釜は底面に打ち込まれた鉄層でカバーされているのがポイント。 この鉄がIHコイルに反応して発熱し、釜底全体で引き出した1,330Wの大火力を伝熱性の高いアルミ合金が内釜全体にすばやく伝えます。 2017年モデルは釜底に打ち付ける鉄粒子の厚みを個所で変え、立ち上がり時の内釜底面の温度ムラを低減。 これにより、炊き上がったごはんの硬さの差が大幅になくなったそうです。 重量720gなので、片手でも軽々持つことができます。 米3合(450g)と水(600ml)を入れたとしても、1,770gならそれほど持ち運びに苦労しなそう 側面に断熱材、ふた内に空気断熱層を設けることで高温をキープできるようにしています 従来は内釜の底面全体に溶かした鉄を一面に一律吹き付けていましたが、新モデルでは鉄の粒子を超音速で打ち込む製法に変更。 厚い鉄層、薄い鉄層を形成することにより底面の温度差が低減し、ごはんの炊きムラが半減しました ごはんの炊き上がり具合は、どう? 浸し時間や温度、蒸らし時間を変えることで食感を「しゃっきり」「ふつう」「もちもち」に炊き分けできる「極上炊き分け」で炊いた白米を試食しました。 極上炊き分け「ふつう」で炊いたごはんは、キラキラとしたツヤがすごい! スチームを使った炊飯器で炊いたごはんはツヤが出ますがやわらかめであることが多いので、同じような食感をイメージしていたら、ふっくら御前のごはんは弾力もばっちりでした。 個人的には、硬さと粘度のバランスが理想的です 一般的にごはんはやわらかくすれば甘みやツヤが出やすいのだそう。 適度な硬さを保ちつつ、甘みとツヤを出すことにこだわって開発をしている日立の努力が、今回、試食して実感できました。 また、3つの食感に炊き分けできる機能が玄米の炊飯でも行えるようになりました。 「しゃっきり」炊きでは浸し時間をなくし、蒸らし時間を短縮。 「もちもち」炊きでは浸しと蒸らしの時間を長くすることで、異なる食感の炊き分けを実現しました。 IH炊飯器で炊いた玄米はしっかり芯を残さず炊けるものの、弾力や粒感に物足りなさを感じていました。 しかし、ふっくら御前で炊いた玄米は「もちもち」も「しゃっきり」ともに合格点! 「もちもち」のほうが水分量が多く、粘度と甘みも強い印象ですが、どちらも箸が止まらないほどおいしい炊き上がりでした.

次の