フルーツバスケット あにこ。 フルーツバスケットの透は誰とくっつく?いつ由希と夾どちらと両思いになるかについても

フルーツバスケットとは (フルーツバスケットとは) [単語記事]

フルーツバスケット あにこ

Contents• フルーツバスケット前作アニメの最終回ネタバレ では、前作アニメ最終回のネタバレを、ストーリーを追って見ていきます。 最終回は、夾がバケモノに化けてしまい、森に姿を消すところから始まります。 雨の降る中、透は森に夾を追いかけて行きます。 雨の夜、バケモノになった夾を見ると とても恐ろしい姿です。 夾は、早く早くと、元に戻るのを待っていました。 そこは夾の母親のお墓の前でした。 夾は、自分の母親の事を思い出していました。 母親から言われた言葉を思い出すとともに、透だけには、この姿は見られたくない、とも考えていました・・・ 「誰よりも、透のことが大好きだから、この姿を見られたくない、見せられない!」 と祈っていたのです。 結局、透に見つかってしまい、逃げようとしますが由希に止められます。 透は夾に、 「一緒に帰りましょう」 と声をかけます。 始めは、透の言葉を受け入れられず暴れ続けている夾。 しかし透は、そのまま続けます。 「私は本当にばかで無力で何も出来ないけど、今の夾君は怖いけど・・・これからも一緒にいたい。 一緒に勉強したり、一緒に悩んだり、ご飯を食べたい! そして、私のワガママをきいてほしい」 彼女は、自分の心の内を、正直に全て夾に伝えます。 そして夾は、透に母親の事を話し始めます。 辛い辛い、思い出のすべてを… 「全てを愛してほしいわけではなかった。 俺の事を怖がっても良かったのに、それは俺の事を見て受け入れてくれている証拠だから。 ちゃんと俺の事を見てほしかった。 」 寂しそうに、辛そうに、しかし話してくれたのです。 透は、慊人に会いに行きます。 そして、 「お願いがあります。 今までの記憶を消さないでほしい」 と伝えるのです。 慊人にどんな振る舞いをされても、慊人達に出会えた幸せを伝えます。 そして、慊人は遂にそれを認め、ようやく二人が和解出来たのでした。 フルーツバスケットアニメ最終回の感想 感想は、賛否両論あります。 まあこれは、正直原作途中での最終回であり、 全部アニメ化したわけではないので仕方ないとも言えますね。 どの漫画もそうですが、原作の方が良かったという意見の方もいます。 原作の方が、濃密に色々描かれています。 アニメ版にはアニメ版の面白さもあったのですが・・・ 実際、アニメにも原作の良い部分はきちんと取り入れられていました。 猫の怪の正体も明らかになりますし、透との距離も近くなります。 透だけではなく、由希とも近くなります。 由希は少し可哀想というか切ないというか… 複雑な感情になってしまいます。 由希は好きなキャラクターなので、もう少し幸せになってほしかったですね(汗) 涙なしには見られないと言えるものでした。 透に関しては、最高と言っていいかと。 優しいですし穏やかな部分があるので、重い所もあるアニメですが、透のそのような面があるので、最後まで無事楽しく見る事が出来ました。 ラストのシーンは、感動しましたね。 何より、おぞましい化物になってしまった夾を、 どんな姿になっても受け入れる、そして涙を流す姿に感動しました。 この部分に感動するファンは当時も今も多いです。 この辺は原作通りのストーリーなので、受け入れやすいです。 慊人に会いに行く透は、凄いですね。 正直これまでを見ていたら怖くて当然なのに、勇気がある行動で素晴らしかったです。 新作アニメでは最終回の内容も違う? 前回は連載中だったため、ファンの一部からは 少し変な結末と言われています。 一部の登場人物は、物の怪の秘密について描かれていませんでした。 ラストの登場人物もあまり登場しませんでした。 そのため、連載終了の2019年版が注目されています。 2019版は、原作者総監修のため、 より原作に近いアニメになる予定です。 前回の最終話があまりだったので、その後漫画雑誌の全員応募品のDVDに最終話が収録されていました。 それでも世界中のフルーツバスケットのファンから、9巻からラストまでのアニメを見たいという声が、たくさんありました。 実際、フルーツバスケットは色々な国で人気と聞きます。 全編アニメ化されるのを、世界中の人達が待ち望んているというわけです。 ちなみに、 原作のラストは、高校の卒業式直前から話が始まります。 それぞれのエピソードが描かれています。 最終的には、慊人が十二支を全て手放して解放されます。 由希は真知を抱きしめて、夾も透を抱きしめてキスをします。 原作のラストは、ラブラブなシーンがたくさんあります。 そして それぞれ想いの人と結ばれます。 みんなの十二支の怪から解放されたあと、本家で全員が集まってそこで慊人が女性だという事実をみんなに告白します。 その後彼女は紫呉とくっつきました。 ずっと思っていた相手と、遂にアキトも結ばれたのです。 そして最後は、夾と透、ふたりのおじいちゃんとおばあちゃんになり、一緒に散歩しているシーンで幕を閉じるのでした。 まとめ 今回は、 アニメ前作のフルーツバスケット最終回のあらすじを紹介しました。 新作アニメに際しては、前編アニメ化との情報が流れているので、かなり期待は持てますね! 前回とは違う、また新しいフルーツバスケットが幕を開ける。 透や夾を始め、魅力的なキャラクターたちが再び活躍するのを、楽しみましょう!.

次の

「フルーツバスケット」2nd season また新たな“十二支”が別荘地へとやってくる…第8話先行カット

フルーツバスケット あにこ

概要 涯孤独となった・が、明るく生きていく学園生活を描くが そこに登場するというにする呪いを持った達との交流を描く異色な性を持つ。 には化され、で放送された。 以前にのオマケのがありのが一部異なる。 次世代編『 フルーツバスケット』が『』、のち『k』で から連載中。 あらすじ はに通う、でを亡くし一人でテント暮らしをしていた。 そこでだった摩由希と出会い、彼が住む同じ一族ののにすることになる。 摩を一族のものは、代々物の怪憑きで、と呼ばれ、憑かれたにしてしまう体質だった。 に入らない憑きの魔夾と透を軸としての多なとのが展開する。 S版)• 発売されるより先にで次号表画像が見れるという事を知っているものがしていた為発売されるより先に全編発表が広まりトド上位入りを果たした。 ( 尚、毎年恒例の新バレはともかく、今回のバレはにとってはな出来事であった。 は表上言ってはいないが、) (日未明) 新。 特報と設定画が開された。 、ほかにてから放送開始である事と、第2弾、追加、追加設定画が開された。 ザーが開された。 から放送されることが決定した。 』 - 2: - () - 0: - () 全域 配信サイト 毎週〜 配信開始 V マーケット ストア (D) (D) 〜. 2〜 ンド(D) 毎週〜 配信開始 放題 (SV) (SV) 2〜 ンド パック 毎週 配信開始 第2期 放送期間 放送時間 放送局 対地域 備考 - 1: -() 2:05 -() - : - 全域 配信サイト 毎週〜 配信開始 V. マーケット ストア ミレール (D) ンド 毎週〜 配信開始 (SV) 放題 ンドパック l ニコニコチャンネル 関連動画 T. Sアニメ(2019年) 関連静画 関連生放送 では、にされている。 関連商品 DVD・Blu-ray Blu-ray 2019年 漫画 漫画( another) 外部リンク 漫画• (各2話開中) 旧アニメ(制作:Studio DEEN)• - (分)• () 新アニメ(制作:T. 関連項目• ・テイメント•

次の

【終幕】アニメ『フルーツバスケット』全話感想|胸キュン必至!!大ヒット少女漫画の実力は!?

フルーツバスケット あにこ

「また宴会(うたげ)を開こう」で物語が始まります。 本当にここから全てが始まるのです。 1話を視聴した時点での感想になりますが、本当にフルバを愛している人が作ってるんだなと感銘を受けました。 しっかりと原作を読み込んでないと描けない描写や表情が見られ、製作陣にスタンディングオベーションです。 巷では、声優が初期アニメと違う、Forフルーツバスケットは流れないのかなどの不満がちらほら聞こえますが、この作品は、初期アニメ版フルーツバスケットの模倣ではありません。 あくまでも高屋奈月先生が描き切ったフルーツバスケットに準拠しているのです。 私自身、原作はもちろん、アニメのVHSも買い揃えていましたが、アニメが原作の前半部分で完結していることがずっと気がかりでした。 26話で物語が完結するよう原作と異なるエンディングを迎えていたため、新たに続編として描かれることがなかったアニメ版フルバ。 そのため、今回の全編アニメ化は本当に嬉しかったです。 フルバを愛し、物語の結末を知っている私たちがこの作品にできることは、高屋先生の描いたエンディングまで完走できるよう、応援し続けることですね。 私たちのフルーツバスケットをまた描いてくれて本当にありがとうございます。 7話まで視聴した感想です。 最初は「再アニメ化」と言うだけで『高評価』でしたが、 視聴を続けるに従い、『良くも悪くもない…』といった評価に代わってきました。 普段からアニメやドラマを見ない為「どこ(演出、展開、テンポ等)が良くない」等の指摘できないのですが、 何というか『薄っぺらい』という印象を感じてきました。 要は「話の展開がめっちゃ早い」のです。 『あれ?このシーンの前にこんな話あったはずだけどなぁ』と端々で思いながら視聴していました。 コロコロ場面が変化し話の展開が進む為、 「各回の話の印象」や「フォーカスされているキャラの印象」が割と薄く感じられます。 まぁ、原作最終話まで描く都合上致し方ないカットなのだろうと理解できますが、 原作を読み込んでしまっている分、残念だなぁという気持ちが先に来てしまいます。 ここまでの状態で「さて、このアニメの評価は星いくつ?友達におススメできる?」と聞かれたら 私は『良くも悪くもない…』と評価せざるを得ません。 ---以下、以前のレビュー--- このレビューは「1st season 1話」のみ視聴した感想です。 私は自身、かなり昔に原作コミック読破、旧アニメ視聴をした記憶があります。 なので作品の大まかな展開と結末は既に知っているため、その辺の話はしません。 気になる人はコミックを買って予習しましょう。 (ダイマ) 旧アニメから、キャストもキャラデザも何もかもが一新されています。 (原作者の希望らしいですね) 最初は「思い出補正」に負けて『絵が違うなぁ、声が違うなぁ』とか嘆きながら見てしまうのかと思いましたが、 私はそんなことなかったです。 確かに「由希くん」が男性声優さんになっていたり、キャラデザもどちらかと言えば原作後期よりの感じがあったり、 岡崎さんの「For フルーツバスケット」が聞けなかったりします。 でも、今作もキャラと声優さんの演技には違和感を感じません、よく合っています。 (個人の意見) キャラデザも原作が98年連載開始を考えれば、今風に上手にリメイクされていると感じます。 (個人の…) 1話ではOPが無かったので何とも言えませんが、 EDについてはEDソングもフルーツバスケットに合っていると思います。 (個…) 総じて、1話は期待通りの作品で特に文句をつけるところもありませんでした。 素晴らしい出来ですね。 このクオリティを可能な限り続けていただき、原作最終話までアニメで描き切ってほしいですね。 ただ惜しむらくは、「放送局の少なさ」ですね。 私の地域では地上波放送は視聴できない為、どこかの動画サイトに課金しながら視聴を続けなくてはいけません… 少女コミックの名作の再アニメ化。 前作アニメの評価も高いという事で楽しみにしていた。 前作は一気観したが、なるほどかなりの名作である。 元気で明るい女の子主人公にイケメン登場人物が多数という事で、一見、乙女ゲー的だが、 それは環境面の話で本筋はかなり異なる。 (もちろん少女コミックなので恋愛部分もそれなりに占めるのだが) ただ前作はオリジナル展開、今作は原作に忠実(原作者が監修)ということで、 「リメイク」というよりは「新作」扱いが妥当だろう。 前作は前作で完成度が高かった。 前作と比較するよりも、別モノとして評価したいし、原作未読なので非常に楽しみだ。 蛇足だが、「すごい、なんて言うのは透君に失礼だよ」という場面は好きなので、 また観れてうれしかった。 前作ファンの人は、アレコレいうかもしれないが、 ただただ、一言「いや、前作消える訳じゃないし」 旧アニメ、原作ともに見ている身としては冒頭だけで泣きそうになる。 が、しかしそれはそれとして旧アニメはギャグで名を馳せた大地丙太郎監督なだけあって、テンポのいいギャグがシリアスなシナリオを最高なものへと昇華させていた。 個人的にフルバってせつなさとやさしさと笑いで出来てると思うんですが、旧作からキャグを抜いてしまったのかな? 新作1話見て感じた「のっぺり感」はこれが原因ではなかろうか。 この先、プリユキメンバーが花ちゃん宅へ突撃する回が心配。 旧作では腹抱えて笑ったけど。 あとはやっぱり声優さんの力量の差というか、キャスティング力の差か。。。 透くんや紫呉さんの芝居はかなり 寄せるのを 頑張っていると思う。 夾は関智一さんと比べると表現力の差に愕然とする。 由希に関してはミスキャストでは?と思うほど。 当時はそこまで意味があると思わなかったが、なぜ女性声優だったのか、そして久川綾さんだったのか、大切ポイントだったんだ。 作品の雰囲気がまったく違うものになってしまったようだ。。。 一番好きな花ちゃんの声も安原麗子さんの方が合ってたなぁ。 キャラの顔が面長になったと言う人もいるけれど、原作も後半にいけばいくほと面長になっていったので、原作者が監修した場合後半のデザインになるのは仕方がないかな。 もちろん音楽に関しても、岡崎律子さんの偉大さ、抜擢した妙 当時は賛否両論あった 共に感慨深いものがある。 当面は自分が最初に泣いた紅葉のエピソードを期待して待とうと思います。 本作は、主人公の本田透と、とある秘密を抱えた草摩家の面々を中心に物語が展開していきます。 基本的に不幸な人が多く、透も絵に描いたような不幸な生い立ちなのですが、優しく底抜けに明るい性格で普段はそんな素振りも見せません。 そんな透の影響で、草摩家の人達が変わっていくというのが主なあらすじです。 主人公、本田透役の石見 舞菜香(いわみ まなか さんは『ゲーマーズ! 』の星ノ守千秋や『クジラの子らは砂上に歌う』のリコス、『多田くんは恋をしない』のテレサ・ワーグナーや『revisions リヴィジョンズ』の手真輪愛鈴、『さよならの朝に約束の花をかざろう』のマキアなど、すでにたくさんのキャラクターを演じていらっしゃいます。 旧バージョンの堀江由衣さんの朗らかで甘い声も良かったけど……石見さんの透明感のあるふんわりした声の、優しく包み込むような演技が、透のイメージに合っていると思いました。 夾の声は、2019年3月9日に第13回声優アワード主演男優賞を受賞した内田雄馬さん。 関智一さんの野性味を帯びつつ温かさも備えた旧verが好きでしたが、内田さんも若々しい声で負けてません。 少し拗ねたような声や、バカっぽい調子の演技がハマっていると思います。 旧verの由希くんは久川綾さんが演じており、男の娘ネタも違和感なかったですが、島﨑信長さんはその辺どんな演技をするのか楽しみにしています。 紫呉さんの声は 旧verの置鮎龍太郎さんの艶があって弾むような声が印象的でしたが、中村悠一さんの落ち着いたバリトンボイスも魅力的です。 旧版アニメを見た人は、まだ声に違和感を覚えるかもしれませんが、新キャストにもそのうち慣れるかと。 オープニングテーマ「Again」とエンディングテーマ「Lucky Ending」どちらも良曲だと思います。 〈Beverly〉が歌うオープニングテーマ「Again」は、失ったかけがえのない人への軌跡と感謝を歌った珠玉のバラードということで、ゆったりと美しいメロディがこの物語の内容にピッタリかと。 旧版オープニングの「for フルーツバスケット」もどこかで流れるといいですね。 ネタバレ厳禁な要素がいくつかあって迂闊なことは書けませんが、とにかく面白いです。 「背中の梅干し」や「世界で一番バカな旅人」みたいな素敵な話も多いし、泣ける話や笑える話もあって、初見の方でも楽しめて、視聴後にはどこか優しい気持ちになれる作品です。 第5話で一区切りつくと思うので、とりあえずそこまで見てほしい。 できれば大みそかの話くらいまで見てほしいかな……。 いや、でも、はとりさんの過去エピソードは絶対に見てほしい。 潑春登場回や温泉回も楽しみ。 この名作が再び陽の目を見たことをお祝いすると共に、一人でも多くの方に知っていただきたいと思いました。

次の