道を覚えるコツ。 【英単語をすぐ忘れる方へ】英単語を覚えるコツと暗記方法を紹介

道をすぐ覚える人がうらやましい

道を覚えるコツ

タクシードライバーは、大きく稼ぐためにも、 活躍するエリアの道を覚える必要があると言えるでしょう。 道の覚え方は人それぞれですが、コツと言うものがあるので、それをきちんと意識した上で勉強してみることをお勧めします。 まずは地理試験に合格してみるのが良い タクシードライバーは、道順がわかっていなければ、正しく顧客を運ぶのが難しくなります。 この職業としては基本中の基本といっても過言ではないので、まずは 自分なりの道の覚え方を確立させることが大事です。 とりあえず良い方法の1つとして、 地理試験に合格してみるというものがあるでしょう。 面接でも、かなり印象がアップするので、取得しておく価値はあるはずです。 会社によっては、入社した後に試験を受けることがあるので覚えておきましょう。 その区画の特徴を把握するのが基本となる 特に東京などの複雑な所で働いているタクシードライバーは、なかなか道を覚えるのが難しいと感じることもあるはずです。 そんな時は、 区画ごとの特徴把握することがかなり重要だといえます。 道の名前、それから施設名等といったものも確認しながら、場所と照らし合わせて覚えるようにしてみましょう。 闇雲に覚えるのではなく、 自分なりの暗記方法を貫くことも非常に大切です。 人によっては、信号機の数などで覚えていたりします。 それに、仲の良いドライバーに覚え方を教わるといったやり方もあるでしょう。 とにかくどのやり方でも構わないので、早めに道順を覚えて、少しでもその街での顧客回転率を高めるようにしておきたいところです。 道を覚えれば必然と収入もアップする 最初はタクシードライバーとして道の覚え方に苦労するかもしれませんが、 道を覚えれば必然的に収入がアップすることになるため、覚えるときのモチベーションになるでしょう。 求人情報を探す段階でコツを覚えておくと楽ともとらえることができます。 例えば、ネット上の求人ポータルサイトで求人情報を探しながら、アドバイスを提供してもらうことも可能です。 タクシー求人サイトによっては、転職のアドバイスを提供しつつ、タクシードライバーとしてのノウハウを教えてくれたりするでしょう。 利用できるツールやコンテンツをうまく活用し、東京中心とした様々な街の地図を、頭の中に叩き込んでおきたいところです。 まとめ タクシードライバーは、道の覚え方をマスターすることで、 収入アップにも確実につながるといえます。 歩合制の会社が多いので、回転率を増やし、 1日の売り上げを積極的に伸ばすよう、努力をすることが非常に重要なポイントになります。

次の

道を覚える能力がある人、ない人

道を覚えるコツ

新垣紀子先生 Shingaki noriko プロフィール 成城大学 社会イノベーション学部 心理社会学科教授 1965年大阪生まれ。 90年大阪大学大学院基礎工学研究科博士前期課程修了。 NTT研究所を経て、05年より成城大学社会イノベーション学部助教授。 08年より現職。 博士 情報科学)。 日常生活における人の問題解決、ナビゲーションの認知過程の研究に従事している。 著作に『方向オンチの科学 迷いやすい人・迷いにくい人はどこが違う?』 共著・講談社 がある。 新垣先生HP: 「生徒のタカハシです。 かなりの方向音痴で、初めて行く場所では必ず迷ってしまうのが悩み。 先生のお話をヒントに、少しでも方向音痴を改善できたらいいなと思ってます」.

次の

道を覚えるコツ

道を覚えるコツ

道を覚えるコツは?記憶力を信じよう 運転しながら覚える タクシードライバーになったなら、道を覚えなければ仕事は勤まりません。 いつまで経ってもカーナビに頼っていては、お客さんからの信頼も薄くなります。 逆に道を覚えていれば、目的地までのあるルートが混雑している場合、抜け道なども使えるかもしれません。 道を覚えるには、やはりタクシーで何度も運転して覚えるしかないです。 そのときには、タクシー乗り場を繰り返し流して通り、慣れるまで走ることです。 乗り場を流して通ることで、営業も出来、さらに道を覚えるのにも役立ちます。 地図でいくら覚えて暗記しても、やはり実際に走らないと覚えることはないです。 タクシードライバーによっても工夫して覚えるようにしています。 ナビを使って道順を覚え、次に地図で復習する、休みの日に前日通った道を自転車で走ってみる、などを行っているドライバーの方もいます。 何度も通る、そして復習する、これが一番確実に道を覚える方法です。 記憶力を高める 記憶力を高めることは道を覚えやすくなり、集中力を高めると記憶力も高まります。 集中力を高めるには、ストレスを減らすことであり、不安になることを減らすことです。 イライラしていたり、何か不安な事が頭にあっては、集中して運転は出来ません。 たとえば、ものをしまうときは、必ずしまう場所を決めてなくさないようにする、予定は予定表を立てて管理する、など日常の少しの工夫でも、不安になることを減らして防げます。 ストレスを日頃から発散するのも重要であり、休みの日などに音楽を聞いたり、趣味を楽しんだりして発散するようにしましょう。 何かと結びつけて覚える 人は何かを覚えようとすると、何度も繰り返して覚えても忘れることもあります。 しかし何かに結びつけて覚えると、昔のことであってもすぐに思い出せます。 たとえば1週間前の夕食は何だったかと聞かれると、忘れて答えられないでしょう。 しかしこれが1週間前はクリスマスで、ステーキを焼いて食べて、最後にケーキを食べたとなれば、1ヶ月先でも覚えているかもしれません。 良い国作ろう鎌倉幕府、なんていうのも語呂合わせで言葉と年表を結びつけて覚える方法です。 人は何かきっかけがあれば、それをたどり目的のものを思い出せるのです。 きっかけがあれば、忘れるようなことでも、思い出して覚えられるのです。 このことを道を覚えるのにも使うと、覚えやすくなります。 何かの施設と結びつけたり、印象的なお客さんを乗せた道として覚えたり、タクシーで危険にあった道など、何かの出来事と結びつけると覚えやすいです。 何度通って繰り返しても、なかなか覚えられない道は、このように物事と結びつけて覚えるという方法もあります。 投稿ナビゲーション.

次の