ミルダム アーカイブ。 【ゲーム雑記】動画配信サイト『Mildom(ミルダム)』|ホビドワ|note

Mildom(ミルダム)というゲーム実況配信サイトの将来性は?ミルダムの今後について考察してみた!

ミルダム アーカイブ

こんにちは!pitarobotです! 今回は、Mildom(ミルダム)のイベント参加についてです! 先日10月31日にMildom(ミルダム)内で、ハロウィンイベントが開催されました! それに参加したときのことを書いていきたいと思います。 Mildom(ミルダム)のハロウィンイベントについて• 参加した結果• おわりに 1. Mildom(ミルダム)のハロウィンイベントについて おそらくMildom(ミルダム)初の 配信者参加型イベントが10月31日に開催されました。 10月31日といえばなんでしょう?そうです! ハロウィン!!! です! 世間ではハロウィンといえば渋谷ですが、ゲーム配信者のハロウィンはMildom(ミルダム)にあった!!! といっても、僕はハロウィン当日友人と予定があったので、このイベントには参加できない予定でした。 しかしなんと!友人との予定が急遽変更になったため、Mildom(ミルダム)のハロウィンイベントに参加できるようになったのです! そうとわかってから、僕はMildom(ミルダム)ハロウィンイベントに参加すべく、仮装のための衣装を探しまくりました・・・。 そして購入した仮装がこちら! そうですw この右の白いお面でございますw ドン・キホーテで1000円以下で買えました! そしてハロウィンイベントに臨むのであった・・・ 2. 参加した結果 まず、参加方法についてです。 公式HP内に、「ハロウィン配信フェスタ」と題して、特設ページが作られていました。 当日いきなり参加も可能でしたが、事前に公式からハロウィン推薦タグを得られる審査に応募ができます。 ハロウィンイベントでは、人気を集めた配信者や、工夫をしている配信者をMildom(ミルダム)側で審査し、イベントに貢献した配信者にはプレゼントが贈られるということになっていました。 プレゼントの一部として、サイト内で使える通貨のプレゼントや、今後〇〇日間の推薦タグのプレゼントなどです。 本日11月3日ですが、ハロウィンイベントでのランキング等は集計が終わっており、プレゼント受賞者なども発表されておりました! 残念ながら僕は特になにも実績がなかったので、どのプレゼントも貰えませんでしたが(泣) これだけ見ると、「イベント参加しても微妙じゃね?」とみなさん思われるかと思いますが、 ところがどっこい!これからお得情報をお届けします! それはイベントの配信中に起こりました! なんと!Mildom(ミルダム)公式さんが配信を見に来てくれて、アイテムをたくさん投げてくれたのです! つまり、ハロウィンタグで配信をしてイベントに参加していた配信者のところに巡回してくれて、アイテム(ギフト)を投げてくれたということです。 Moldom(ミルダム)さんからのささやかなハロウィンプレゼントですね。 僕はイベントまで300コイン程度ギフトでいただいていたのですが、 Mildom(ミルダム)公式さんはなんと 2518コイン も投げてくれたのです! たしかに、イベントの告知で「ささやかなプレゼントがあるかも?」とうたっていたので これのことか!と思いました。 初のイベントでしたが、参加してとてもよかったです! 3. おわりに ということで、Mildom(ミルダム)の公式イベントには是非参加すべきだと思います! 今後のイベントもおそらくMildom(ミルダム)公式からなにかしらの特典があると思われます。 配信者が減らないよう、Mildom(ミルダム)側も色々と企画を考えてそうですね。 Mildom(ミルダム)が浸透するかしないかは、スタートダッシュの今が大事ですので、資金等も多額に投資してくると思います。 僕も引き続きMildom(ミルダム)で配信していきますので、 よかったらフォローよろしくお願いいたします! 配信に興味のある方は、ぜひ登録してみはいかがでしょうか。 カテゴリー タグ, , , , , ,.

次の

ミルダムでお金を稼ぐのは辞めたほうがいい理由 底辺になるぞ?|ゲマコミwww.instavin.com

ミルダム アーカイブ

配信者のルール• 無言配信は厳禁。 放置などもダメ。 視聴者も無視しないこと。 時給は500円• 1日あたり1. 5時間の配信が必須• 時給は4時間分まで• 4時間以上配信してもOKだがそれ以上配信してももらえるお金は変わらない• でもその保証も2020年になって崩壊することに。 増えすぎた公認配信者とその代償とは? ミルダムはでっかい広告を打たない代わりに公認配信者をたくさん増やして認知度を上げるマーケティング戦略をとったんだ。 その結果ミルダムでは「加藤純一」がNGワードとかいう噂もwww で、変な広告を打つよりも効果があったためか、多くの配信者がミルダムに集まってきたわけですよ。 そうすれば質の低い配信者や超不人気配信者でもルール通りにゲーム配信していれば時給を払わざるを得なくなるわけで。 ある程度人が集まるようになって認知度も上がったためか、2020年になってついに配信者にふるいをかけようとしているのだ!その結果運営は次に紹介するシステムを生み出した。 このL1ランキングで上位400人に入賞できないと報酬剥奪という恐ろしい状態になる予定。 この上位400人ってのは俺が調べてわかった数字だから実際本当なのか確信は持てないけど、運営のさじ加減だからどんどん絞られる可能性もあるってことを頭に入れておいて欲しい。 これまでは時給500円をもらえていた無名配信者は根こそぎここで脱落ってわけ。 逆に言えば一応ランキング上位に入れれば新入りでも公認配信者になれて時給ゲットできるわけだけど、それは夢物語でしょw 軽く応募してちょっと審査に通れば公認になれた時と比べれば、ハードすぎるってわけです。 ミルダムでのお金稼ぎはやめるべき理由 ここまで来ればもうわかっていると思うけど、ミルダムが甘かったのは2019年末まで。 2020年からは新体制となって報酬制度が別物になったから本当に厳しい。 でもさ、よく考えてみるとこれまでの時給500円も相当やばいと思う。 そもそも時給500円って底辺 「ミルダムがおすすめ!」みたいな記事を見ると お金のない大学生にぴったりだとか書いてある。 でもちょっと待って欲しい。 本当にお金のない大学生にぴったりの仕事なのか?冷静に考えてみよう。 そもそも4時間で2000円しかもらえない最底辺の報酬• ゲームをしながらちょっと話すだけなので社会で使えるスキルはほぼ身につかない• 好きだったゲームに義務感が生まれるので楽しめる要素が少なくなる 貴重な時間を無駄にしていないか? お金のない大学生や20代のピチピチの若者が4時間ゲームして報酬2000円? あなたの4時間ってそんなに安いの? まぁ確かにちょっと喋りながらゲームしているだけで貰えるって考えると一瞬お得なように思えなくもないけど、 あなたのその4時間はハッキリ言ってこんな目先の500円に縛られるような安いものではないです。 お金が欲しくてやっているんだったらもっとお金になることっていっぱいあるしスキルの身につくものだってたくさんあるでしょ。 こんなのに固執しているとお金ない状態から脱出なんてマジで出来ないよ。 ビジネスとして考えている?それならミルダムなんてプラットフォームをメインに利用しようとするのが間違い。 ゲーム配信をビジネスとして行うなら今はYouTubeを柱にするのが好ましいっす。 視聴者の絶対数や 収益の上限幅がまっっっっっったく段違いだよ。 そもそもミルダムの配信者の上位陣はYouTuberとして掛け持ちしているしな。 「毎日4時間ゲームやるより資格の勉強したり英語の勉強してた方がよかった!」ってならないようにしような! 何事も仕事になると楽しさは優先できない やっぱり仕事って「楽しい」よりも優先するべきことって多いじゃん。 俺もスロットでがっつり稼いでた時期あるけど、あの時も好きな台は打てないから義務感がかなりあったね。 そして勝つのが当たり前になると打つのが苦痛でしかたなかったw それはゲーム配信でも一緒。 楽しいよりもまずたくさんの視聴者にみてもらうことが重要だから、自分の1番好きなゲームではなく視聴者が興味のあるゲームを選ぶ必要がある。 加藤純一とかもこうクラスになればマイナーゲームでも人集められるけど、無名配信者は絶対にムリ。 トレンドにのってまずは知名度を上げないとだよね。 ミルダムは視聴する側なら優秀なサービス.

次の

96猫(黯希ナツメ)

ミルダム アーカイブ

重要な内容となりますので、以下リンクよりご確認ください。 ご迷惑をおかけし申し訳ありませんが、ご理解、ご協力をお願いいたします。 なるほどなぁ。 しかしながら、本件はCygames社及びCyberZ社(OpenRec)の関係が主要因となり、交渉妥結には至りませんでした。 現状、NexTone許諾済み、JASRAC最終合意中となっておりますので、ご安心ください。 ちなみにミルダムの文字は無い。 2ch. 検索: 検索 最近の投稿• 2020年6月27日• 2020年6月27日• 2020年6月27日• 2020年6月27日• 2020年6月27日• 2020年6月27日• 2020年6月27日• 2020年6月27日• 2020年6月27日• 2020年6月27日 最近のコメント• に 匿名 より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 匿名 より アーカイブ• カテゴリー•

次の