ザロック wwe。 ザ・ロックが10年ぶりのWWE王者に!=WWE「ロイヤルランブル」結果リポート

【WWE】ザ・ロックがSDにリターン!ロックボトムでコービンにお仕置き(プロレスTODAY)

ザロック wwe

ザ・ロック (プロレスラー) プロフィール リングネーム ザ・ロック ロッキー・メイビア フレックス・カバーナ ドウェイン・ジョンソン 本名 ドウ"ェイン・ダグラス・ジョンソン ニックネーム ピープルズ・チャンピオン グレート・ワン ブラフマ・ブル アクション・キング 身長 196cm 体重 117kg(全盛時) 誕生日 1972-05-02 (48歳) 出身地 スポーツ歴 トレーナー デビュー 引退 ドウェイン・ジョンソン (俳優) 本名 ドウェイン・ダグラス・ジョンソン 別名義 ザ・ロック 生年月日 1972-05-02 (48歳) 出生地 職業 活動期間 - 主な作品 映画 『』シリーズ 『』 『』 『』シリーズ 『』 テレビドラマ 『』 ザ・ロック( The Rock)こと ドウェイン・ジョンソン( Dwayne Douglas Johnson、 - ) は、の、元。 末から初頭にかけ、で、、と並ぶ「ビッグ4」の一角を占めた代表的な選手である。 現在は本名名義で俳優活動をメインとしている。 人物 [ ] 出身、ホームタウンは。 祖父、父共に名プロレスラーであり、三世プロレスラーとして知られる。 身長196cm、体重118kg。 ので映画俳優としてデビューし、から本格的に俳優としての活動を開始した。 プロレスやのバックグラウンドを生かし、俳優への本格転向後も役作りに必要ならばビルドアップした肉体やアクションを見せている。 なお2011年の復帰以降もWWE公式サイトでは体重260ポンド(約118kg)とされている。 ザ・ロックとして「 偉大な男( The Great One)」、「 全ての娯楽界一シビれる男( The Most Electrifying man in All of Entertainment)」、「 皆の王者( The People's Champion)」、「 猛牛( The Brahma bull、ブラフマ・ブル)」、「 ロッキー( Rocky)」など数多くのニックネームを持つ。 猛牛のモチーフはオリジナルデザインの王座ベルトやグッズにも用いられている他、右肩には彼の象徴でもある片眉を吊り上げた表情(ピープルズ・アイブローとも言われる)をした赤目の猛牛のが施されてある。 モデルは子供の頃から好きだったというインド牛で、粘り強いが、同時にやさしく、感受性も豊かという意味が込められている。 また2003年頃から、左半身を中心にの伝統的な刺青を加え続けている。 なお、日本においては「 ロック様」と呼称されることが多いが、これは自らを三人称( The Rock)で語る口調をWWEの字幕放送を行っているおよび翻訳会社のがそのように訳したことから始まるとされる。 プロレスラーとしては、WWE 当時WWF デビュー当初こそ凡庸なキャラクターで観客の不評を買ったが、徐々に精悍な顔立ちに高い身体能力と優れたマイクパフォーマンスの能力を発揮していき、わずか数年で高い人気を獲得した。 試合中、リング外を問わず観衆を沸かせることに非常に長け、グラウンド的なレスリングスキルの意味に限定されない高いレベルの総合的なプロレスのセンスを持っていた。 特にのなどの技を受けた際に、身体能力を活かし派手に跳ね上がるような受け身を行うのも特徴的であった。 俳優としても、コミカルな演技やアクションシーンなどで、プロレスラーとしての経験が発揮されている。 活動開始当初はB級映画の出演が多かったものの、の『』のヒットを契機に着々とヒット作への出演が増えていき、には調査のの収入ランキングで5位に入った。 以降現在まで上位に座り続け、ハリウッドスターとしての地位を確かなものにしている。 また2013年のを皮切りに、徐々に製作側として参加することも増えている。 日本でもなどの出演により、肉体派アクション俳優としてプロモーションされる機会が増えている。 1990年代末から2000年代初頭の活躍によりすでにプロレスラーとしては成功し切っていることもあり、インタビューで引退をほのめかすような言葉を口にすることもあった。 2019年まで正式にプロレスラーとしての引退を宣言してはいなかったが、その時点においても基本的には俳優としての活動が主であり、俳優としても評価され契約から万が一にも怪我出来ないため、2011年のWWE復帰後もなどの大舞台での散発的な試合復帰に留まっていた。 事故が起きる可能性も考慮され、自分で車も運転出来ないという。 来歴 [ ] 青春期 [ ] 母方の祖父はマットの重鎮で伝説のレスラー、。 父も絶大な人気を誇ったレスラー、というレスラーの家庭に生まれ育つ。 どんな人種にも見える彼の独特の肌は、このと黒人のハーフという珍しい血統による。 元々はプロレス志望ではなく、ハイスクール時代から選手として活躍し、多くの大学からのスカウト受けその中のに進学。 怪我に悩まされながらも同校のチーム「ハリケーンズ」でディフェンシブラインの花形選手として活躍し、シーズンのに勝利した。 学業では犯罪学を学ぶ。 卒業後はを目指すが、指名が掛からずカナダのフットボールリーグでNFL入りを目指すも酷い生活の中、1年ほどで解雇されてしまいプロフットボーラーを断念する。 なお、この当時からのファンでもあったことを公言している。 プロレスラーへ [ ] その後プロレスラー転向を目指し父とロン・スリンカーのコーチを受ける。 その後の紹介を得て(当時)でトライアウトとしてテレビ収録ので2回ほど試合を行う(この時はリングネームは無く本名だった)。 当時のは フレックス・カバーナ( Flex Cavanah)だった。 この当時の一晩のファイトマネーは40ドルほど。 2度目のトライアウト(相手は)でついにWWFに昇格。 11月にPPV大会でWWFデビュー。 当初は父と祖父の名前にあやかった ロッキー・メイビアというで戦い、を下してを獲得するなどしたが、注目を浴びなかったため方向転換を余儀なくされた(この時のキャラクターが「どこにでもいる好青年キャラ」で、あまりにも平凡すぎたために注目されなかった)。 しかしキャラクター後期には典型的なにもかかわらず「サイテー」コールを浴び、彼を正統派フェイスとして売り出そうとしていたは「どこで間違ったんだ」と唖然としたようである。 その後、本人の意向もありが「ロッキーではなくザ・ロックに変更してはどうか」とビンスに勧め、『ザ・ロック』が誕生するに至った。 ザ・ロック出現、そして団体の顔へ [ ] 5月にし、黒人至上主義のユニット、 (NOD)に加入。 その後、NODのリーダーであったと険悪になり、ユニットから追放し自らリーダーとなる。 リングネームを現在のものに変え、コスチュームも無駄に派手なものから黒を基調としたショートタイツとブーツに変更。 髪を切り、後はカリスマ性と創造性で魅せるようになった。 その人気ぶりはと並び、ひとたび彼が入場すれば、オースチン同様爆発するかの如き歓声が会場中に響き渡るほどである。 当時の戦線はやの独擅場だったため、IC王座を巡りオースチン、、オーエン・ハートらと熾烈な抗争を展開。 とはそれぞれ率いるとNODとの軍団抗争でも対決した。 11月18日、で行われた決定トーナメントを制し、当時最年少記録の26歳で王者となる。 以降やトリプルH、などのライバル達とWWF王座を巡って名勝負、名インタビューを連発しWWEの「アティテュード時代」を象徴する選手となった。 特にストーンコールドとのWWF王座戦は2度に渡ってレッスルマニアのメインイベントに組まれており、これを含め4年連続で同大会のメインイベントを務めた。 が吸収合併された際にはを獲得している。 3月1日、ので行われたの(日本公演) 『SMACKDOWN TOUR LIVE IN JAPAN』で、として初来日を果たした。 この時はとを賭けた王座戦を戦い、日本のファンを熱狂させた。 レッスルマニア18 ので事実上のメインとして行われたとの「ICON vs ICON」(新旧象徴対決)は、その歴史的な試合意義も含め名勝負として名高い。 俳優へ [ ] これに前後して『』、『』へのゲスト出演をきっかけに転向を志し、『』で初めて主演を務めた。 この作品の撮影からの復帰後にもWWE統一ヘビー級王座を獲得したが、でに敗れて転落。 1月にWWEに復帰すると、映画スターとしてのキャラクターを誇張するヒールに変貌を遂げる。 ではホーガンとの再戦、ではストーンコールドとの3度目となったレッスルマニアでの対戦(なおこれがストーンコールドの実質の引退試合となっている)、では「WCW最後の大物」のWWE初試合と、世紀の対決を連発した。 、当時と抗争していたかつての相棒を助けるために3月1日のRAWに登場した。 そして3月14日のではミック・フォーリーとのタッグ「ロックン・ソック・コネクション」を復活させ、エボリューションとのハンディキャップ・マッチを行ったが、試合には敗れてしまった。 5月17日にはに口撃されていたを助けるために突如登場。 途中ユージンに「好きなレスラーはトリプルH」と言われてしまう一幕もあったが、二人でコーチマンを一蹴し大歓声を受けた。 6月21日に自身の地元マイアミで行われたにも登場している。 そこでは自身と同じ三世スターであると口論となったため、GMのに追い出されるような形で会場を後にしたが、十分に存在感を見せつけた。 しかし、これを最後にロックはWWEのリングから7年弱もの間遠ざかることになった。 3月12日のRAWにビデオながら突如登場し、で行われるビンス・マクマホンの代理選手との代理選手勝負について語り、久々に決めゼリフも披露した。 3月29日、祖父ピーター・メイビアと父ロッキー・ジョンソンの入りを紹介するプレゼンターとして式典に姿を見せた。 同年公開の映画『』ではメインキャストの1人としてスパイを演じている。 この年、米国の雑誌『』のインタビュー に答え、「私はそのニックネームと共に全てを築いてきたことを承知しているが、そのネームバリューなしに何かもっと多くのことが出来ないものかずっと模索してきた。 には主演映画『』は北米での公開週のが1位 となるなど、俳優としての注目度及び評価も徐々に上昇していった。 同年、スマックダウン10周年記念放送にビデオメッセージで久々に出演。 当初は自らをドゥエイン・ジョンソンと名乗り映画スターとして落ち着いた口調で話していたが、次第にザ・ロックのキャラクターを思い出していき、最後は往年のロック節を聴かせ、復帰こそ明言しなかったものの、今なおスマックダウンの主役は自分であること、RAWのホストとしての出演を示唆するなどした。 2011年、復活 [ ] 2月14日、で開催されたRAWにて、レッスルマニアのホストを務めるという形でおよそ7年ぶりにロックはWWEのリングに姿を現した。 全盛期と変わらない大歓声で迎えられる中、往年の決め台詞を披露すると、現在もはや自分と同格の存在にあると、当時のWWE王者に対して痛烈なマイクアピールを行い、対決姿勢にあることを示唆した。 そして迎えた4月のではオープニングでマイクパフォーマンスを行うと、バックステージで往年のライバル・ストーンコールドと久々に対面した。 更に、メイン戦のザ・ミズとシナのWWE王座戦がダブルカウントアウトに終わるとすぐさま登場、その場で反則裁定なしでの再試合を命じる。 すると再開直後にシナにロックボトムを見舞いシナの王座戴冠を阻む。 運良く王座防衛したミズにもピープルズ・エルボーを浴びせた。 翌日のRAWでシナの呼びかけに姿を表し、翌2012年のでのを誓った。 またこの試合へのカウントダウンもWWE公式サイト内で開始された。 5月2日のは、ロックの誕生日スペシャルと銘打たれた。 番組内ではアメリカテレビ界における著名番組のホスト、ら映画俳優や、選手らが祝福のコメントを寄せた。 またがパフォーマンスを行った他、が『Happy Birthday』を熱唱した。 更に終盤にはが登場、の『Coming Home』をBGMに使用したトリビュートビデオを披露し、華を添えた。 その後、久々に復活したにゲスト出演、未来のWWEスーパースター達の目の前で、衰えを感じさせないリングワークを見せ付けた。 他にも2011年の復活以降は様々な形でたびたびWWEの番組に登場している。 一方、正式な試合自体はレッスルマニアでの対シナ戦まで行わないのではとの憶測も飛んでいた。 しかし11月、とザ・ミズのコンビに苦しめられていたによる指名を受け、で開催されたでシナとタッグを組み、7年半ぶりにリング復帰を果たす。 試合では「まだやれる」コールが巻き起こるなど健在振りを見せ、最後はミズを得意のスパインバスターからのピープルズ・エルボーで沈め見事勝利した。 試合終了後にはシナにを食らわせレッスルマニアでの対戦へ向け強いインパクトを残した。 2012年 [ ] そして迎えた、にてジョン・シナとシングルで対戦。 お互い同格の存在なものの、観客はロックを支持する者が多く、シナが入場する際にはブーイングが多々あったが、ロックは大歓声の中入場した。 試合はシナに攻め込まれる場面がみられるも、や、など全盛期を彷彿とさせる動きを見せ観客を大いに沸かせる。 試合はお互いの必殺技を出し合いながら30分以上の激闘となり、試合後半は疲れが見えたものの、最後はシナがピープルズ・エルボーを模したところへカウンターのロック・ボトムを放ちそのまま3カウント。 1年にわたる長い抗争は、ロックの勝利となった。 7月23日のRAW1000回特番に再び登場し、2013年1月に行われるにてに挑戦することを発表した。 その後、同日行われていた対のWWE王座戦に乱入したを制するため自身も乱入したものの、ピープルズ・エルボーの最中にCMパンクからの攻撃を受け、ダウンさせられた。 2013年 - 2014年 [ ] 2013年 前述のにてWWE王者と対戦。 一度はの介入もあり、CMパンクに敗れるが、直後にマクマホン会長の指示で再試合が行われ、ピープルズ・エルボーでフォール勝ちを収め、11年ぶりにWWE王座を獲得した。 4月7日に行われたのメインイベントで、に破れWWE王座を失う。 2014年4月6日に行われたで、レジェンドのホーガン、オースチンらと再会し、トークをしあった。 (本番前では、バックステージで仲睦まじい様子が映された。 ) 2015年 - 2017年 [ ] 1月25日に行われたロイヤルランブルのバトルロイヤル戦に登場して、親戚のの優勝を祝福する。 2015年、3分間で自撮り写真を105枚撮影したとしてに認定されたが、翌2016年にが122枚の記録を出しその記録は破られた。 その年、米の「最も稼いだ男優2016」で第1位を獲得。 推定収入は6,450万ドル。 また、米娯楽誌の『最もセクシーな男性』に選ばれた そして、 『』で主要人物のマウイを演じ、声優デビューも果たした。 2019年 - [ ] 2013年のシナ戦以降、ロックは全くリングに上がらず、度々顔を出してはマイクパフォーマンスするのみに留めていた。 このことから引退したのではと噂されていたが、2019年8月1日、米テレビ番組に出演し、レスリングからは2016年に引退したと公言した。 2019年8月18日、ハワイにて12年来の恋人と挙式した。 ロック自身2度目の結婚になる。 得意技 [ ] ロック・ボトム フィニッシュホールド。 タックルに行く形で相手の腋下に体を挿し込み、同時に右手で肩と腕をロック、そのまま片手で持ち上げて宙に浮き、全体重を乗せて叩きつける技。 フィニッシュホールド。 通称「 スポーツエンターテイメント界一シビれる技」。 ダウンしている相手に対してロープ間を1往復してから肘を落とす。 アクションが重要な技で観客も一体になって盛り上がる。 そのパフォーマンス性の高さからロックは「娯楽スポーツ界最高の美技( The most electrifying move in sports entertainment)」と自称していた。 ピープルズ・エルボーへの繋ぎとして用いられることが多い。 パンチを連発した後や、相手の腕を捻った後に首を捕らえて非常に素早く行う。 この後にキップアップで跳ね起きることも多かった。 ロックの場合は深く腰を落とすことは無い。 連打からの 非常に派手なモーションながらも素早くパンチを連打して平手を掲げてから平手打ちで締めくくる。 これらのいくつかの技は試合の流れを変える時に繰り出す。 若手時代に使用していた。 主な語録 [ ]• Just bring it!! (かかってこい! If you smell what The Rock is cookin'! (ロック様の妙技を、たっぷりと、味わうがいい! ) 後にピープルズ・アイブロー 皆の眉毛 を上げるのが「お約束」である。 なお、この決めゼリフはの提案によってできたものである(自伝「ザ・ロック」の記載より)。 ) 空白部分には興行をする地名が入る。 今まで訪れたことのない土地であったとしても「お約束」としてインタビュー中にこの言葉を叫ぶ。 出身地であるフロリダ州で興行が行われた際には「Finally The Rock has come back home」とアレンジしたこともある。 Know your role, and Shut your Mouth! (身の程を知れ、そして黙れ! Lay the SmackDown Hotel! (お仕置きホテルにぶち込んでやる! ) WWEがウィークリー番組として放送している「」の番組名はこの発言から取られている。 ) まず相手に質問し、相手が喋り出すと同時に叫ぶ。 空白部分にはロックが質問したこと(think「考え」やwant「希望」など)が入る。 Boot to Asses! (ケツにお仕置き) このほかにロック自身の言葉ではないが、インタビュー中に会場のファン達が「ロッキー! 」とコールし、ロックはインタビューを中断してそのコールに耳を傾けるという「お約束」もある。 これは控室の選手、そして視聴者を惹きつけるためである。 このため、ロックのインタビューは事前収録されず、必ずその場で収録されるという。 また、ロックは台詞の中で独自のスラングを使用する。 (Pie) - のこと。 特にに対して使う事が多かった。 シュトルーデル(Strudel) - のこと。 ジャブローニ(Jabroni) - 負け犬。 をイタリア語風にアレンジした造語。 獲得タイトル [ ] USWA• : 2回• : 8回• 2000年優勝• : 2回 入場曲 [ ]• Electrifying 2011年 -• It's Conquered 2003年 - 2004年初期に使用。 2つのバージョンがある。 If You Smell... 2001年 - 2002年に使用。 Know Your Role 1999年 - 2001年、2004年、2007年、2008年、2009年に使用。 Do You Smell It 1998年 - 1999年に使用。 いくつかのバージョンがある。 Power NOD時代に使用。 Destiny ロッキー・メイビア時代に使用。 」 2009 Wizards of Waverly Place 第2シーズン第15話「美術の先生」 2015-2019 スペンサー・ストラスモア 兼製作総指揮 (吹き替え版なし) その他 [ ]• WWEのスーパースターであると同時にハリウッドスターでもあり、それ故にレスラーとしての来日は難しい状況にある。 もし、レスラーとしてブッキングする場合、「プライベートジェット機の使用」「ボディーガードを最低でも5人は用意する」「ギャラも1~2億では無理」とがインタビューで発言している。 とは一度も対戦したことがなく、その理由に関してはロックが活躍した時期がマイケルズが引退した後で、マイケルズが復帰した時期がロックがハリウッドに仕事を移した後というタイミングのズレが原因だと思われている。 (他にも不仲説などがあるが、これは決定的な証拠がないため断言できない。 5歳の頃に、主演の『』を見て、高校や大学でギリシャ神話やヘラクレスの12の難業を学び、ヘラクレスは肉体にしみ込んでいった。 に会ったとき、「僕はこの役を演じるために生まれてきた」とまで言い、夢がかなったと感じている。 2015年10月、と「世の中の男性、女性、子ども達を貪欲で謙虚で最も勤勉な人間に変えることができる、そんな革新的でカッコイイ商品を作る」ことを目標にパートナーシップを締結し、ブランド「PROJECT ROCK」シリーズを展開。 日本では2018年3月に初めて展開された。 脚注 [ ]• 2017年12月12日閲覧。 Pomerantz, Dorothy. Forbes. 2019年3月17日閲覧。 2008年6月8日 Entertainment Weekly閲覧(英語版)• 2009年3月16日 c AFP• 2008年9月18日 WWE公式サイト閲覧(英語版)• 日刊スポーツ. 2016年10月26日. 2016年10月26日閲覧。 シネマトゥデイ. 2016年8月30日. 2016年8月30日閲覧。 cinemacafe. net. 2019年6月29日閲覧。 D-GENERATIONX. COM(管理者) 2019年8月5日. D-Generation X. 2019年8月5日閲覧。 日本語 , 2019年8月5日閲覧。 Instagram. 2019年8月20日閲覧。 2013年6月19日号の武藤敬司インタビューより• 日本語パンフレットのドウェイン・ジョンソンのインタヴュー 関連項目 [ ]• - 出演映画で日本語版の吹き替えを担当。 - 同上 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - (英語)• therock -• therock -.

次の

ザ・ロック (映画)

ザロック wwe

30人のスーパースターが、最後の1人が勝ち残るまで闘うWWE「ロイヤル・ランブル」PPVが現地時間1月27日、アリゾナ州フェニックスで行われた。 今大会の目玉、ロイヤルランブルは3試合目に組まれた。 1対1で試合を始め、90秒ごとにスーパースターが出場し、総勢30人がオーバー・ザ・トップ・ロープ形式で優勝を争う試合で、優勝者にはレッスルマニアのメインイベントで任意の王座に挑む権利が与えられる。 ドルフ・ジグラーが1番手で登場、2番手はクリス・ジェリコがサプライズ復帰して試合がスタートした。 今年は他にゴールダスト、ザ・ゴッドファーザーがサプライズ出場して場内を沸かせた。 また、NXTルーキーのボー・ダラスも参加し、ウェイド・バレットを敗退させるという一幕もあった。 去年の大会で逆立ちしながら敗退を逃れたコフィ・キングストンは、今年は叩き出されたところでテンサイの背中にしがみつき、さらに実況席に不時着、タイムキーパーからキャスター付きチェアを奪い、チェアごと飛び跳ねながらリングへ戻り、今年もファンを驚かせた。 ライバックが30番手で出場すると、ランディ・オートンを叩き落とし、シェイマス、ジョン・シナとの優勝争いに入った。 シェイマスは、ライバックめがけてブローグ・キックを叩き込もうとしたが、受け止められ、そのままライバックの後方に放り上げられ転落、敗退した。 ライバックは、シナのSTFに捕まり失神へ追い込まれたが、猛反撃を展開。 シナはライバックの肩口に担がれ落とされそうになったが、後方へ脱出、ライバックを突き落として優勝を収めた。 参加スーパースター、出場順は次の通り。 ドルフ・ジグラー、2. クリス・ジェリコ、3. コーディ・ローデス、4. コフィ・キングストン、5. サンティーノ・マレラ、6. ドリュー・マッキンタイア、7. タイタス・オニール、8. ゴールダスト、9. デヴィッド・オトゥンガ、10. ヒース・スレーター、11. シェイマス、12. テンサイ、13. ブローダス・クレイ、14. レイ・ミステリオ、15. ダレン・ヤング、16. ボー・ダラス、17. ザ・ゴッドファーザー、18. ウェイド・バレット、19. ジョン・シナ、20. ダミアン・サンドウ、21. ダニエル・ブライアン、22. アントニオ・セザーロ、23. ザ・グレート・カリ、24. ケイン、25. ザック・ライダー、26. ランディ・オートン、27. ジンダー・マハル、28. ザ・ミズ、29. シン・カラ、30. ライバック WWE会長は、CMパンク&ポール・ヘイマンとザ・シールドの共謀を怪しみ、PPV前のRAWでシールドがWWE王座戦に介入した場合はCMパンクから王座を剥奪すると決定した。 CMパンクが大ブーイングで、ザ・ロックが大歓声に迎えられて入場し、ついに試合が始まった。 試合は序盤から激しい展開となり、実況テーブル上での攻防戦では、両者がテーブルごと潰れてダブル・ノックダウンした場面もあった。 両者は一撃必中の技を繰り出し激しさをエスカレートさせ、ついにロックがピープルズ・エルボーをパンクに見舞おうとした。 ところが、その瞬間に場内の照明が落ちてしまった。 何者かが誰かを襲う衝撃音がする中、実況は「シールドです!」と連呼している。 照明が戻ると、ロックは潰れた実況テーブルの上で仰向けに倒れている。 パンクはロックをリングへ押し戻してピンフォール勝ちを収めた。 すると、WWE会長が現れて、シールド奇襲は間違いないと指摘し、パンクに何かを告げようとした。 すると、横たわるロックがマイクを持ち「こんな形で終われるものか。 奴から王座を奪うのはビンス、あんたじゃない。 俺様だ!」と叫んだ。 WWE会長は試合再開を認めた。 パンクはロックにダイビング・エルボーを浴びせるが返され、ついにGTSの体勢に入った。 ところが、ロックは抱え上げられたところで抵抗して脱出、スパインバスターでパンクを沈め、渾身のピープルズ・エルボーを叩きこんでピンフォール勝ちを収め、10年ぶりのWWE王座獲得を果たした。 上記2戦を含む全試合結果は以下のとおり。 All other trademarks are the property of their respective owners. c 2013 World Wrestling Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

次の

ザ・ロック (映画)

ザロック wwe

あらすじ [ ] の伝説的英雄、フランシス・X・ハメル()は、政府に強い怒りを感じていた。 かつて非合法作戦に従事していたハメルの部下たちは、敵に包囲された末に救援も得られずに見殺しにされ、その事実は公表されず、も授与されなければ遺族への恩給や賠償金も支払われず、もされていない。 そしてこうした問題に対する自らの訴えにも、や政府はまったく耳を傾けなかった。 ハメルは、ついに14人の部下と共に化学兵器の奪取という実力行使にでる。 そしてザ・ロックと呼ばれるかつての島、に観光客・ガイド計81人を人質にとって立てこもったうえ、遺族へ渡す補償金の原資として現金1億ドルを要求。 これが受け入れられない場合は、VXガスを積んだロケットをに撃ち込むとを脅迫する。 実行されればサンフランシスコは壊滅する。 劇中で舞台になった 長官は特別捜査官で化学兵器のスペシャリスト、スタンリー・グッドスピード()に、へ同行して島に潜入し、毒ガスを処理するよう命じる。 しかし、ザ・ロックに潜入するためには、二つの重警備刑務所およびから唯一脱獄し、現在は刑務所に幽閉中の元部員・兼、ジョン・パトリック・メイソン()の協力が必要だった。 FBIに陥れられた過去を持つメイソンは当初協力を拒んで逃走をはかるが、グッドスピードは度重なるやり取りの中でなんとかメイソンの信頼を勝ち取り、2人はSEALsと共にザ・ロックへと潜入する。 主な登場人物 [ ] 本項では主要な登場人物について記述する。 ジョン・パトリック・メイソン 演 - 本作の主人公の1人。 元部員・兼で、アルカトラズ脱獄に成功した唯一の人物。 1960年代に、アメリカの機密情報の収められたマイクロフィルムを奪取しイギリスに逃亡する直前にFBIに捕まり、イギリスも事実を隠蔽した為、身分も国籍もない 消された存在となっている。 裁判も無しに刑務所に幽閉されてしまったため、その第一人者であるウォマックとはその頃から互いに憎み合っている関係。 ジェイド・アンジェルーはメイソンの実の娘にあたる。 アルカトラズの人質救出の任務に就き、どさくさに紛れて逃走を図るなど初めは非協力的だったが、グッドスピードに事実を伝えられ協力的になる。 BD版の特典映像ののインタビューによると、メイソンの元イギリス情報局秘密情報部員という設定や、ラストのの真相を記したマイクロフィルムの件は、ショーン・コネリーのアイデアによる。 なお、コネリーは映画界を代表するイギリスの諜報員、すなわちを演じた俳優の一人として知られている。 スタンリー・グッドスピード 演 - 本作の主人公の1人。 のエージェントだが、職務は化学スペシャリストで、アカデミー時代以来銃を扱った経験はない。 子を身篭ったカーラを恋人に持っている。 FBIでも折り紙付きの化学研究員で、その才能を見込まれてアルカトラズに格納されている弾無力化の為にメイソンとと同行してアルカトラズに向かうこととなった。 であり、作中でもレアなの(『』)を購入している他、の曲に言及するシーンもある。 のに乗っている。 フランシス・X・ハメル准将 演 - で最高の指揮を執ったとして称えられた海兵隊員で階級は。 受章者でバクスターをはじめとした彼を知る者から「 フランク」と呼ばれている。 後、やの他、公にされていない非合法の軍事作戦の指揮に当たるも、戦場での幾度となく部下を見殺しにする国家の姿勢に反発し、臨時査察と称して15基のVXガスミサイルを奪取、更に部下を率いてアルカトラズ島を占拠する。 観光客81名を人質にし、アメリカ政府に対し戦死した部下の遺族への賠償金として1億ドルを要求。 要求が受け入れられない場合はサンフランシスコの中枢部にVXガスを撃ち込むと政府を脅迫し、譲歩を引き出そうとしたが、受け入れられず、強硬派のフライとダロウに押し切られ、遂にミサイルを発射する。 しかし、最初から民間人を殺す目的は持っておらず、ミサイルを海に着弾させた。 これが原因でフライとダロウに反乱を起こされ、フライに至近距離から狙撃されてしまう。 最期は自身の行いを悔やみ、グッドスピードに残りのミサイルの場所を伝えて息を引き取った。 ジェームズ・ウォマックFBI長官 演 - 長官でメイソンとは彼がアルカトラズに収監される頃からの関係があり、メイソンの存在を知っている数少ない人物である。 メイソンが署名した特赦状をあっさりと破り捨て、否が応でも彼を自由の身にさせないようにするほどであり、メイソンも釈放する気はないことを見抜いていた。 内心ではメイソンの実力を認めており、突入部隊がグッドスピードとメイソンだけとなってしまっても「メイソンならやってくれる」と少なからず信頼している面がある。 しかし、メイソン本人からは憎悪の対象でしかないため、ビルの高層階から投げ落とされそうになった。 トム・バクスター少佐 演 - ハメルの右腕的存在で部隊のナンバー2。 海兵隊員で階級は。 1968年のの頃からハメルの部隊に所属している。 ハメルが発射したミサイルの軌道を意図的に逸らした際は彼に対し一度は激昂したものの、先述のテト攻勢からの長い付き合いであるためか、フライ達が反乱を起こした時もハメルへの忠誠心を崩さず、ハメルに銃口を向ける振りをしてダロウに発砲したが弾丸はダロウの左腕に当り、逆にダロウに胸を撃たれて死亡する。 チャールズ・アンダーソン中佐 演 - 部隊の隊長で、階級は。 国家への忠誠心が厚く、ハメル達の決起に猛反発する。 ハメルの降伏命令を頑なに拒否したが、頭上から狙われているという極度の緊張状態の中、落下してきたブロックに反応してしまい、シャワールームで海兵隊員たちとの銃撃戦の末、シェパードを含めたSEALs隊員全員と共に壮絶な最期を遂げた。 演じたマイケル・ビーンは、『』他、複数作品でSEALsの隊員役として出演している。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ソフト版 版 版 ジョン・パトリック・メイソン スタンリー・グッドスピード フランシス・X・ハメル准将 ジェームズ・ウォマックFBI長官 トム・バクスター少佐 アーネスト・パクストンFBI局長 チャールズ・アンダーソン中佐 大塚明夫 内田直哉 カーラ ヘンドリックス大尉 フライ大尉 ダロウ大尉 クリスプ軍曹 平田広明 マッコイ シェパード 平田広明 ジェイド・アンジェルー レイガート隊員 小野英昭 楠見尚己 パイロット ロンナー (クレジットなし) 小島敏彦 内田直哉 ロジャース軍曹 (クレジットなし) 楠大典 連邦最高裁長官 (クレジットなし) アル・クレイマー大将 (クレジットなし) 演出 中野洋志 翻訳 栗原とみ子 効果 調整 高久孝雄 荒井孝 録音・調整 金谷和美 担当 稲毛弘之 監修 技術協力 スタジオ プロデューサー 垂水保貴 プロデューサー補 小林三紀子 監修 岡本企美子 制作 ACクリエイト 初回放送 『』 『』 『』 スタッフ [ ]• 監督:• 脚本:、、、 リライトクレジットなし• 製作:、• 音楽:、、• 撮影:• 編集: その他 [ ]• 実在のアルカトラズ刑務所では、外観、独房部屋など一部のシーンを除いてアメリカ政府が撮影を許可しなかったため、大半がセットか他の場所での撮影である。 劇中テロリストが奪ったについての高官の説明の内容に関しては一部が誇張されている。 また、日本語翻訳版では、VXガスはすべて 神経ガス弾と総称されている。 本作はとジェリー・ブラッカイマーのコンビにとって最後の作品となった。 シンプソンは1996年1月、自宅で死亡しているのが発見された。 死因は、の乱用による心臓麻痺と見られている。 映画のラストには、「この映画をドン・シンプソンの思い出に捧ぐ」という文章がクレジットされている。 本作でアメリカ大統領役を演じたスタンリー・アンダーソンは、公開の『』でも大統領役を演じている(同じが監督)。 はオファーを断ったことを後悔している映画として、本作を挙げている。 DVD版は当初より発売されていたため、ディズニー版は『ザ・ロック 特別版』として発売。 関連項目 [ ]• 脚注 [ ] [] 注釈• テレビ朝日での翻訳ではメイスン。 『』2009年2月22日放送分においてはグッドスピードの夜の営みとカーラの登場シーンはカットされている。 渡辺美佐は『』でもヴァネッサ・マーシルを吹替えた。 プリズムを解除するシーンでシェパードと間違われて平田広明に吹き替えられている。

次の