アース 線 延長。 アース工事の費用相場はいくら? アース工事の目的やメリットも紹介

レンジのアース線が届かない!!!

アース 線 延長

欧米ではビルトインタイプの食洗機が主流ですが、日本ではまだまだ卓上タイプの食洗機のほうが人気です。 ビルトインタイプの普及が伸び悩んでいるのは、日本の住宅事情も関係あるのでしょう。 ですが、狭くても設置できるプチ食洗が登場し、食洗機の需要は高まりつつあります。 食洗機の導入を検討している家庭は、メーカーや機種、サイズなどを調べて、どれを購入しようか迷っていると思います。 卓上タイプの食洗機の場合、設置工事の段階になって、初めてアース端子がないことに気づく家庭もかなり多いんです。 そこで今回は、もし食洗機を設置したい場所の近くのコンセントに、アース端子がなかった場合はどうしたらいいのか?そもそもアースはしなくても大丈夫なのか?など、食洗機のアースについて考えていきたいと思います。 食洗機のアースはどうしたらいいのか|コンセントにアース端子がない場合の対処法 【1】食洗機の近くにアース端子がなかった場合の対処法 ビルトインタイプの食洗機を設置する場合は、キッチン内部にコンセントとアース端子がなければ設置できないので、アースの心配をする必要はありません。 食洗機の設置と同時にコンセントの工事が行われます。 一方、卓上タイプの食洗機は、自力で設置することも可能です。 よって、必ずしもコンセントの工事をしなければならないわけではないので、設置場所の1番近くのコンセントに、アース端子が付いているかどうかが問題になります。 というわけで、ここでは卓上タイプの食洗機の導入を検討している場合にのみ言及していきます。 まずは食洗機を設置したい場所の近くのコンセントを確認してみてください。 コンセントにアース端子は付いているでしょうか?付いているのであれば、まったく問題ありません。 届く範囲であれば、そのままアース線を差し込むだけです。 問題は、コンセントにアース端子がなかった場合です。 では、コンセントにアース端子がなかった場合はどうしたらいいのでしょうか? 考えられる対処法は3つあります。 ただし、アース線をつなげないで、そのまま食洗機を使うという選択肢は除いています。 コンセントをアース端子付きに交換工事してもらう 電気工事店または食洗機の販売店に頼んで、コンセントをアース端子付きに交換工事してもらうのが1番確実な方法です。 しかし、費用も1番かかります。 およそ1万円程度です。 工事ができない構造のコンセントもあるので、まずは電気工事店に確認しましょう。 また、賃貸住宅の場合は勝手に工事することはできませんので、貸主の許可を得なければなりません。 ビリビリガード(プラグ型漏電遮断器)を使う ビリビリガードを使う方法もあります。 ビリビリガードに食洗機のプラグを差し、それをそのままコンセントに差し込むだけです。 ビリビリガードは、漏電を感知すると自動で電気を切ってくれる装置です。 ホームセンターやネット通販などで、3000円前後で購入できます。 ただし、ビリビリガードは漏電を遮断するだけで、アースのように電気を壁に流してくれるわけではありません。 何もしないよりは効果がありますが、アースをしなくてもいいわけではないので注意してください。 工事の必要がないので、賃貸住宅などで工事ができない家庭におすすめです。 自分でアース線を延長する アース線を延長して、アース端子のあるコンセントにつなげる方法もあります。 ホームセンターなどでアース線を購入して自力で接続できます。 必要な材料・道具• アース線(5~10m)*必要な長さを測ってください• 配線モール• ビニールテープ• 圧着端子• 圧着工具 工具が用意できなかったり、自分で接続が難しかったりするようであれば、電気工事店に依頼しましょう。 アース線の延長を自分でやる方法が1番安く済みます。 およそ1000円程度です。 ただし、キッチンの壁にアース線を這わすのは、正直言って見栄えが悪いです。 その点は覚悟してください。 ちなみにアース線は延長しても構いませんが、延長コードを使ってプラグを差し込むのはNGです。 プラグは必ず直接コンセントに差し込めるようにしてください。 発熱による火災の可能性や水濡れによる感電の恐れがあります。 【2】そもそもアースは何のために必要なの? アース線は、洗濯機や冷蔵庫、電子レンジなどの水回りにある家電には必ず付いています。 もちろん食洗機も同様です。 家電にアース線が付いていて、取扱説明書にもつなげるように推奨されているから、なんとなくアース線をつなげているという方も多いと思います。 そもそも、アースはどんな役割を果たしているのでしょうか? ここでちょっと基礎的なことをお話しします。 アースとは? そもそもアースとは、どんな意味なのでしょう。 アースは英語で「earth」=大地や地球という意味です。 電気を大地に逃がす役割を果たすので「アース」と呼ばれています。 日本語に言い換えると「接地」です。 家電に付けられているコードをアース線、アース線がコンセントに取り付けられるようになっている部分をアース端子と言います。 アースの役割は? アース線は、故障したり漏電したりしたときに感電しないためにつなげるものです。 漏電したときに電気を壁(大地)に流して、人間が感電するのを未然に防ぐ役割を果たしてくれます。 今は、漏電したら自動的にブレーカーが落ちるようになっている家庭がほとんどなので、アースがなくても大丈夫という意見もあります。 アース線はつなげなければならないの? このような意見があるのならば、アース線をつなげる必要がないのでは?と思った方もいるかもしれません。 しかし、感電すると命に関わります。 どんなに感電する可能性は低いと言われても、やはり万が一を考えると不安ですよね。 そう思うと、ないよりはあるに越したことはありません。 特に食洗機は水を使う家電です。 絶対に漏電しないとは言い切れません。 水は電気を通すので、非常に危険です。 感電から身を守るためには、やはりアースが必要だといえるでしょう。 【3】すでにアース端子が使用されていたら? 食洗機のアース線が届く範囲に、アース端子のあるコンセントがあっても、そのコンセントに電子レンジや冷蔵庫のアース線がすでに付けられていることもありますよね。 このような場合はどうしたらいいのでしょうか? 実は同じところにアース線をつなげてもまったく問題はありません。 ここで注意してほしいのは、アース端子ではなくコンセントです。 食洗機のプラグは単独で差すのが原則です。 いくらアース線をつなげたからと言って、電子レンジや冷蔵庫を差しているコンセントに、食洗機のプラグを差し込むことはやめましょう。 あくまでも一緒につなげていいのはアース線です。 【4】アースを付けなかったらどうなる? 我が家はビルトインタイプの食洗機ですが、実家が卓上タイプの食洗機を使っているので、アース線について聞いてみました。 実家によれば、食洗機の近くのコンセントにはアース端子がなく、アース線はつなげず、そのまま使っているとのことでした。 設置工事の際も、電気屋にアースに関して何も言われなかったそうです。 位置的にも水をかぶる場所ではないから大丈夫と言っています。 今のところ何の問題もないとはいえ、今後何も起きないとは言い切れないので心配になりました。 今回、調べてみたことを伝えて、アース線をつなげるようにすすめてみたいと思います。 まとめ 今は、漏電時にブレーカーが落ちるのでアースは必要ないという人もいます。 けれども、やはり万が一のことを考えると、水を使う家電なので食洗機のアースはしたほうが安心だと思いました。 コンセント工事は、高いかもしれませんが1番確実です。 とはいえ、ビリビリガードやアース線の延長で対処もできます。 いつ漏電するかは誰にもわかりません。 命には変えられないので、アースをしていないのであればぜひ検討してください。

次の

冷蔵庫のアース線を延長したいのですが。

アース 線 延長

2017年08月02日• 2017年10月23日• アース線• 繋ぎ方• コンセント• DIY 知ってる人からすればアース線の接続は何てことないんですが、 分からない人からしたら電気がビリビリしたらどうしよう! 電化製品が故障したらどうしよう!と不安で手が付けられないのかも知れませんね。 家電量販店では「家電設置サービス」なるものでアース線の接続も行ってくれますが手数料として結構なお金を取っていきます。 作業自体は小学生でも出来る工作レベルの内容なので是非この機会に 自分でアース線を繋げるようになって下さいね。 そもそも「アース」とは アース(=earth)地球という意味です。 別名「接地」工事とも呼ばれています。 機器の故障や事故で漏電が起こった際に、電気を地球(地面)に逃がしてやる目的を果たします。 ただし自分でアース線を地面に埋めれば良いとか、そんな単純な話ではありません。 落雷した時に片足立ちだった場合は助かるとか、 あれの仕組みを分かっていれば何となく理解できると思いますが アース線の話から逸れてしまいますので今回は割愛します。 アース線の繋ぎ方 - 電子レンジ編 では、早速アース線の繋ぎ方を写真付きで解説していきます。 今回は例として電子レンジをコンセントに繋いでみたいと思います。 アース線が付属している電化製品には大体こんな感じで注意書きがあります。 写真の奥側に写っている黒色ケーブルがお馴染みの電源プラグです。 その手前にある緑色の細い線がアース線です。 緑色の被膜の中には銅線が入っています。 中身は1本1本の細い銅線ですが銅線がバラバラにならないようにシッカリとよじって1本の太い束にしておきます。 中の銅線が露出してない場合は自分でコードの被膜を剥いて下さい(2~3cmほど)。 爪を立てると簡単に剥けます。 中の銅線を一緒に千切ってしまわないように優しく剥きましょう。 さらに写真のように事前準備として銅線をカギ爪のような形にしておきます。 ちなみに上の写真はノートPCに付属しているアース線です。 先端にY字型の端子が付いています。 銅線が剥き出しのアース線もあればY字型の端子が付いているアース線もあります。 もちろんどちらもアース線として機能します。 さて、話を戻しましょう。 アース線の接続に対応したコンセントを部屋の中から探します。 恐らくキッチン・エアコン・洗濯機のそばにあるコンセントがアース接続に対応しています。 (ウォシュレット便座の場合はトイレのコンセントもアース対応しているはず) ちなみに私のキッチンには「大型機器用コンセント」が設置されています。 これは大量の電力を消費する電子レンジ・オーブントースターなどを接続する為だけの専用コンセントです。 エアコン専用の独立コンセントは珍しくないですが、こんな大型機器用コンセントが付いている部屋は珍しいように思います。 アース線の接続口です。 正式名称は アースターミナルです。 蓋がしてありますのでこの蓋を開けましょう。 蓋はツメで固定されているので「真上に」もしくは「真上・少し手前に引くように」 ツメを外す要領で持ち上げましょう。 蓋を開けました。 蓋の左右にツメが付いていて、ツメ固定用の四角い穴があるのが分かりますか? もしも蓋が固くて開けられない場合はマイナスドライバー等を突っ込んで、 こじ開けても構いませんがプラスチック製の蓋なので破壊しないように優しく扱うようにして下さい。 そして中にネジ、その下に座金があります。 プラスドライバーでネジを緩めます(緩める場合は反時計回り)。 ネジを緩めるとその下にある座金が一緒に浮いてきます。 ここでアース線の登場です。 座金の下にアース線の銅線を潜り込ませます。 ポイントはカギ爪をネジの周囲にグルッと巻き付けるようなイメージで突っ込みます。 ネジに銅線が巻き付くようにアース線を接続しました。 上手く銅線がネジに巻き付いていると手を放してもアース線が抜け落ちてくる事はありません。 アース線を接続したら、あとはネジを締めて座金を固定していきます(締める場合は時計回り)。 ギチギチに締め上げると銅線が千切れてしまいますので注意して下さい。 ネジと座金を固定し終えたらアース線を手でグッ、グッと引っ張ってみて線が抜けないか確認して下さい。 思いっ切り引っ張ると、これまた銅線が千切れてしまうので程々の力加減で大丈夫です。 最後に蓋を元通りに閉じましょう。 これでアース線の接続は完了です。 慣れれば3分程度の作業です。 アース線の接続が完了してから 最後に電源プラグを差し込みます。 例えば車のバッテリー等を扱う場合、プラスが先・マイナスが後(電源プラグが先・アース線が後)の順番で接続していきます。 しかし電化製品の場合にはこの法則は当てはまらないので注意して下さい。 また、アース線は必ず専用のアースターミナルに接続して下さい。 ガス管・水道管・電話線のアース・避雷針からアースを取る事は法令で禁止されています。 アース接続の疑問点を挙げてみた 迷いそうな部分をQ&A形式でまとめてみました。 アース線の長さが足りない場合は? 電化製品の設置場所からアース線がコンセントまで届かない場合、 もっと長いアース線がホームセンターで500円程度で売っているので そちらと交換する必要があります。 コンンセントに対してアース線の本数が多い場合は? 1つのアース接続口に複数本のアース線を突っ込んでも大丈夫です。 例えば冷蔵庫・電子レンジ・オーブン、3本のアース線を1つの接続口に突っ込んだりしても問題ありません。 アース線は何の為に接続するの? アース線には2つの目的があります。 「漏電時の感電事故防止」「ノイズ除去」です。 漏電時の感電事故防止 湿気が多い場所や水気の多い場所では漏電の危険があります。 もしも漏電してしまった場合、アース線が感電事故を起こすのを防いでくれます。 エアコン・洗濯機・キッチン家電のアース接続は主に感電防止の目的があります。 ノイズ除去 一方パソコンや液晶モニターなんかのアース線は主にノイズ除去の役割を果たします。 パソコンをはじめとするデジタル機器はノイズを発生し他の機器類に影響を与える事があるので、 アース線がそれらの問題を防いでくれます。 また、静電気障害を防止する役割があったりデジタル機器の故障を防いでくれる側面も持ち合わせています。 例えば窓を開けっぱなしのまま出掛けて、窓際に設置していたパソコンが雨に濡れてしまって漏電。 そのままパソコンや電源プラグに触れて感電事故、なんて事も有り得ますので パソコンに付いているアース線だって感電防止の役割も兼ねています。 アース線は絶対に接続しないといけないの? アース線を接続するように推奨されていますが繋がなくても製品として正常に使用できます。 私もパソコンのアース線を接続しないまま4年間使用しています。 もちろん問題なく動作していますし壊れる気配も今の所まったくありません。 ただし、アース線を繋がないという判断を下した場合は 必ずアース線から露出している銅線部分の絶縁処理をしておきましょう。 このような感じで銅線部分をテープでグルグル巻きにしておいて下さい。 私はこの写真を撮るだけの為に巻いたのでマスキングテープで手抜き処理をしていますが 必ず 絶縁テープもしくは ビニールテープを使用するようにして下さい。 まとめ アース線の接続は事故防止の為 アース線は万が一の事故や機器の故障を防ぐ目的で接続するので、 逆に言い換えると事故が起こらない限りはほとんど役に立たないです。 (もちろん販売元のメーカーがそんな事言うはずありませんがね・・) 私も「アース線は無駄だ!」なんて言うつもりはありませんが、 そこまで神経質になる必要はなく、むしろデジタル機器や家電を濡れた手で触ったり、 水を掛けたりしないよう普段から気を付けておく事の方が大切です。 では、本日もご安全に!.

次の

電子レンジのアース線の取り付け方 延長方法は?端子がない場合は?

アース 線 延長

欧米ではビルトインタイプの食洗機が主流ですが、日本ではまだまだ卓上タイプの食洗機のほうが人気です。 ビルトインタイプの普及が伸び悩んでいるのは、日本の住宅事情も関係あるのでしょう。 ですが、狭くても設置できるプチ食洗が登場し、食洗機の需要は高まりつつあります。 食洗機の導入を検討している家庭は、メーカーや機種、サイズなどを調べて、どれを購入しようか迷っていると思います。 卓上タイプの食洗機の場合、設置工事の段階になって、初めてアース端子がないことに気づく家庭もかなり多いんです。 そこで今回は、もし食洗機を設置したい場所の近くのコンセントに、アース端子がなかった場合はどうしたらいいのか?そもそもアースはしなくても大丈夫なのか?など、食洗機のアースについて考えていきたいと思います。 食洗機のアースはどうしたらいいのか|コンセントにアース端子がない場合の対処法 【1】食洗機の近くにアース端子がなかった場合の対処法 ビルトインタイプの食洗機を設置する場合は、キッチン内部にコンセントとアース端子がなければ設置できないので、アースの心配をする必要はありません。 食洗機の設置と同時にコンセントの工事が行われます。 一方、卓上タイプの食洗機は、自力で設置することも可能です。 よって、必ずしもコンセントの工事をしなければならないわけではないので、設置場所の1番近くのコンセントに、アース端子が付いているかどうかが問題になります。 というわけで、ここでは卓上タイプの食洗機の導入を検討している場合にのみ言及していきます。 まずは食洗機を設置したい場所の近くのコンセントを確認してみてください。 コンセントにアース端子は付いているでしょうか?付いているのであれば、まったく問題ありません。 届く範囲であれば、そのままアース線を差し込むだけです。 問題は、コンセントにアース端子がなかった場合です。 では、コンセントにアース端子がなかった場合はどうしたらいいのでしょうか? 考えられる対処法は3つあります。 ただし、アース線をつなげないで、そのまま食洗機を使うという選択肢は除いています。 コンセントをアース端子付きに交換工事してもらう 電気工事店または食洗機の販売店に頼んで、コンセントをアース端子付きに交換工事してもらうのが1番確実な方法です。 しかし、費用も1番かかります。 およそ1万円程度です。 工事ができない構造のコンセントもあるので、まずは電気工事店に確認しましょう。 また、賃貸住宅の場合は勝手に工事することはできませんので、貸主の許可を得なければなりません。 ビリビリガード(プラグ型漏電遮断器)を使う ビリビリガードを使う方法もあります。 ビリビリガードに食洗機のプラグを差し、それをそのままコンセントに差し込むだけです。 ビリビリガードは、漏電を感知すると自動で電気を切ってくれる装置です。 ホームセンターやネット通販などで、3000円前後で購入できます。 ただし、ビリビリガードは漏電を遮断するだけで、アースのように電気を壁に流してくれるわけではありません。 何もしないよりは効果がありますが、アースをしなくてもいいわけではないので注意してください。 工事の必要がないので、賃貸住宅などで工事ができない家庭におすすめです。 自分でアース線を延長する アース線を延長して、アース端子のあるコンセントにつなげる方法もあります。 ホームセンターなどでアース線を購入して自力で接続できます。 必要な材料・道具• アース線(5~10m)*必要な長さを測ってください• 配線モール• ビニールテープ• 圧着端子• 圧着工具 工具が用意できなかったり、自分で接続が難しかったりするようであれば、電気工事店に依頼しましょう。 アース線の延長を自分でやる方法が1番安く済みます。 およそ1000円程度です。 ただし、キッチンの壁にアース線を這わすのは、正直言って見栄えが悪いです。 その点は覚悟してください。 ちなみにアース線は延長しても構いませんが、延長コードを使ってプラグを差し込むのはNGです。 プラグは必ず直接コンセントに差し込めるようにしてください。 発熱による火災の可能性や水濡れによる感電の恐れがあります。 【2】そもそもアースは何のために必要なの? アース線は、洗濯機や冷蔵庫、電子レンジなどの水回りにある家電には必ず付いています。 もちろん食洗機も同様です。 家電にアース線が付いていて、取扱説明書にもつなげるように推奨されているから、なんとなくアース線をつなげているという方も多いと思います。 そもそも、アースはどんな役割を果たしているのでしょうか? ここでちょっと基礎的なことをお話しします。 アースとは? そもそもアースとは、どんな意味なのでしょう。 アースは英語で「earth」=大地や地球という意味です。 電気を大地に逃がす役割を果たすので「アース」と呼ばれています。 日本語に言い換えると「接地」です。 家電に付けられているコードをアース線、アース線がコンセントに取り付けられるようになっている部分をアース端子と言います。 アースの役割は? アース線は、故障したり漏電したりしたときに感電しないためにつなげるものです。 漏電したときに電気を壁(大地)に流して、人間が感電するのを未然に防ぐ役割を果たしてくれます。 今は、漏電したら自動的にブレーカーが落ちるようになっている家庭がほとんどなので、アースがなくても大丈夫という意見もあります。 アース線はつなげなければならないの? このような意見があるのならば、アース線をつなげる必要がないのでは?と思った方もいるかもしれません。 しかし、感電すると命に関わります。 どんなに感電する可能性は低いと言われても、やはり万が一を考えると不安ですよね。 そう思うと、ないよりはあるに越したことはありません。 特に食洗機は水を使う家電です。 絶対に漏電しないとは言い切れません。 水は電気を通すので、非常に危険です。 感電から身を守るためには、やはりアースが必要だといえるでしょう。 【3】すでにアース端子が使用されていたら? 食洗機のアース線が届く範囲に、アース端子のあるコンセントがあっても、そのコンセントに電子レンジや冷蔵庫のアース線がすでに付けられていることもありますよね。 このような場合はどうしたらいいのでしょうか? 実は同じところにアース線をつなげてもまったく問題はありません。 ここで注意してほしいのは、アース端子ではなくコンセントです。 食洗機のプラグは単独で差すのが原則です。 いくらアース線をつなげたからと言って、電子レンジや冷蔵庫を差しているコンセントに、食洗機のプラグを差し込むことはやめましょう。 あくまでも一緒につなげていいのはアース線です。 【4】アースを付けなかったらどうなる? 我が家はビルトインタイプの食洗機ですが、実家が卓上タイプの食洗機を使っているので、アース線について聞いてみました。 実家によれば、食洗機の近くのコンセントにはアース端子がなく、アース線はつなげず、そのまま使っているとのことでした。 設置工事の際も、電気屋にアースに関して何も言われなかったそうです。 位置的にも水をかぶる場所ではないから大丈夫と言っています。 今のところ何の問題もないとはいえ、今後何も起きないとは言い切れないので心配になりました。 今回、調べてみたことを伝えて、アース線をつなげるようにすすめてみたいと思います。 まとめ 今は、漏電時にブレーカーが落ちるのでアースは必要ないという人もいます。 けれども、やはり万が一のことを考えると、水を使う家電なので食洗機のアースはしたほうが安心だと思いました。 コンセント工事は、高いかもしれませんが1番確実です。 とはいえ、ビリビリガードやアース線の延長で対処もできます。 いつ漏電するかは誰にもわかりません。 命には変えられないので、アースをしていないのであればぜひ検討してください。

次の