ぺんてる 株価。 「ぺんてる」未公開株詐欺 容疑で創業者一族の女逮捕・警視庁

『ぺんてる』のお家騒動問題で思い出す~2代目社長『堀江利幸』の自殺~

ぺんてる 株価

ぺんてる本社(「Wikipedia」より) 事務用品大手コクヨが、筆記具大手 ぺんてるの事実上の筆頭株主となった。 ぺんてるの普通株式37. 45%を保有するマーキュリア インベストメントが運用するファンドに101億円出資し、同ファンドの支配権を得た。 コクヨがぺんてるに間接的に資本参加したことになる。 マーキュリアは 日本政策投資銀行が24. 5%を出資する中堅の投資ファンド。 2018年3月に傘下のファンドが、ぺんてるの創業家の堀江圭馬・前社長から持ち株を取得し、筆頭株主になった。 取得金額は70億円程度とみられる。 ぺんてるはファンドの持ち分のコクヨへの売却を直前まで知らされなかったため、猛反発した。 株式取得の経緯を問題視し、コクヨからの提携に向けた話し合いの申し入れに応じていない。 ぺんてる株は譲渡制限が付いた未公開株だ。 株式の譲渡には、ぺんてるの取締役会の承認を得る必要がある。 コクヨは直接、ぺんてるの株主になるわけではない。 あくまでファンドに出資するだけだ。 ぺんてる株の名義はファンドのままなので、売買に相当せず、譲渡制限には抵触しない。 そのため、事前にぺんてるに通知する義務はないとの理屈だ。 一方、ぺんてるは特定の企業に株式の37%を保有されることを避けるため、複数の事業会社への分割譲渡を希望していた。 計画では譲渡先に文具大手プラスなど複数の文具メーカーが含まれていたとされる。 これでは正当なM&A(合併・買収)とは言い難い、との厳しい指摘もある。 ぺんてるの御曹司は、ぺんてる株の売却で得た資金で投資会社を設立 事の発端は12年5月、ぺんてる創業家の3代目・堀江圭馬社長の解任劇にまでさかのぼる。 堀江氏は創業者の孫として米ロサンゼルスで生まれた。 慶應義塾大学法学部政治学科在学中は、カヌー部のインカレ優勝に貢献したスポーツマン。 米ジョージ・ワシントン大学経営大学院でMBA(経営学修士)を取得。 02年、32歳の若さでぺんてるの社長に就任した。 堀江社長は12年5月23日の取締役会で定年(62歳)を過ぎた役員4人の退任を求める予定だった。 ところが逆に、ここ数年の業績不振に対する責任を取るべきだとの理由で社長解任動議が出され可決された。 海外で豪遊を繰り返すなど御曹司の道楽に古参の役員たちの堪忍袋の緒が切れたということだ。 その後、生産畑出身の和田優氏が社長に就いた。 堀江氏は、家族と合わせてぺんてる株式37. 45%を保有する筆頭株主だ。 社長復帰を目指していたが、株主でもあるほかの堀江一族の支持が得られなかった。 帰り咲きを諦めた堀江氏が株式の売却を持ちかけたのが、未公開株を中心に投資を行うマーキュリアだった。 マーキュリアは17年12月、ぺんてる株式の受け皿となるファンドを組成した。 一方、堀江氏は18年2月、ラーテルハートを設立。 ぺんてる株を売却した資金を元手に消費財の新製品開発を行う企業への投資事業を始めた。 関係者によると、ぺんてるの経営陣は文具大手のプラスとの経営統合を希望していたとされる。 マーキュリアがこの統合計画に乗らず、コクヨの出資を受け入れたことが、こじれる元になったようだ。

次の

コクヨ (7984) : 株価/予想・目標株価 [KOKUYO]

ぺんてる 株価

「コクヨ HP」より 「 コクヨが主張してきた、 ぺんてるの連結子会社化という目論見は阻止された。 ぺんてるの自主独立の経営・事業活動を継続することが確保された」 12月13日、ぺんてる(和田優社長、非上場)やプラス(今泉嘉久会長兼社長、同)などが連名で出した資料にこんな文言が盛り込まれた。 プラスはぺんてるの経営陣の方針に賛同する「ホワイトナイト(白馬の騎士)」となり、ジャパンステーショナリーコンソーシアム合同会社(JSC)を11月に設立。 JSCが1株3500円で12月10日まで、ぺんてる株式の買い付けを進めてきた。 目標は上限が33. 4%、下限が20%。 20%を下回れば買い付けないとしていた。 プラスが買い付けたぺんてる株(約200人、持ち株比率にして約30%)に加え、ぺんてる経営陣やプラスとの提携を支持する株主の保有分を合わせて、「持ち株比率にして50%を超える結果となっております」と勝利宣言をした。 コクヨ(黒田英邦社長)は今春、間接的にぺんてる株37. 8%を保有。 9月に直接出資に切り替え、ぺんてる側と提携協議を始めたが、進展しなかったため、11月に敵対的買収の意向を表明した。 目標は50%超。 過半数の株式を握り、ぺんてるを連結子会社に組み入れることを狙った。 コクヨは当初1株3500円で買い付けると表明したが、ホワイトナイトとして参戦してきたプラスが同額の買い付け価格を提示したため、コクヨは2度にわたり引き上げ、最終的には1株4200円とした。 コクヨは12月12日、ぺんてる株主から株を買い取る売買契約が済んだ株式が、議決権ベースで45. 66%になったと発表した。 コクヨはもともとぺんてる株の37. 8%を持っており、実際に買い付けたのは約7. 86%だけ。 売買契約が済んでいない0. 6%を加えても過半に達しない。 コクヨが仕掛けた、ぺんてるの敵対的買収は失敗に終わった。 OB株主の争奪戦に発展 非上場会社であるぺんてるの株主は、およそ340人。 筆頭株主であるコクヨが持つ37. 8%のぺんてる株式は、ぺんてるをクーデターで追われた創業家の三代目、堀江圭馬前社長が保有していた分を、1株3000円で手に入れたもの。 従業員と役員の持株会が計13. 圭馬氏以外の一族の保有分が約13%。 残る35. 70%がOBや取引先の持ち分とみられていた。 コクヨとプラスによるぺんてる株式争奪戦は、OBが保有している株式が標的になった。 双方ともOBの取り込みに動いた。 「コクヨが、突然、ぺんてるに対して敵対的買収を始めています。 コクヨへの敵対的買収に応じることなく、ぺんてるの経営陣が最善と考えるJSCからの買い受けにご応募いただくよう、お願い申し上げる次第です」 11月20日以降、ぺんてる株主にこんな手紙が届き始めた。 差出人はぺんてる元社長の水谷壽夫氏。 ぺんてるの最長老だ。

次の

ぺんてる株式会社の株式の買付け方針に関するお知らせ 投稿日時: 2019/11/15 16:00[適時開示]

ぺんてる 株価

0 : 0• narrow-browser-and-phone• medium-browser-and-portrait-tablet• landscape-tablet• medium-wide-browser• wide-browser-and-larger• medium-browser-and-landscape-tablet• medium-wide-browser-and-larger• above-phone• portrait-tablet-and-above• above-portrait-tablet• landscape-tablet-and-above• landscape-tablet-and-medium-wide-browser• portrait-tablet-and-below• landscape-tablet-and-below.

次の