日本 麻雀 連盟。 ホーム|日本麻雀連盟 公認HP

日本プロ麻雀連盟

日本 麻雀 連盟

アルシーアル麻雀 アルシ-アル麻雀は日本麻雀連盟のルールです。 アルシャルともいいます。 アルシーアル麻雀という名前の由来は、最低上がり符が22点から来ています。 中国語で、数字は1(イー)、2(アル)…8(パー)、9(チュウ)、10(シ)と発音します。 従って、22はアルシーアルと発音します。 現在、最も親しまれているリーチ麻雀の原型的なルールといわれています。 近年、ルールを少し手直し(符の切り上げ方)し、だれでも容易に競技できるようにしています。 ここでは、符の数え方、点数の数え方、点棒の持ち方、副落牌の手順、副露の仕方、捨牌の並べ方について説明しています。 符の数え方 ・基本は20符です。 ・門前(メンゼン)振り込みは、10符加符となります。 ・自摸(ツモ)ると2符加符となります。 但し、平和(ピンフ)形の場合は平和役は消え、自摸役がつくため10符減符となります。 他家の振り込み、自摸和了りも同じ点数となります。 但し、自摸れば自摸2符をそれぞれ加符します。 それによって符が増える。 四萬自摸は自摸2符が加符されるだけですので、ジャスト30符で栄和と同じ点数となります。 点棒の持ち方 ・競技開始前に原点(2000点)であることを確認します。 ・点棒(チョウマ)は下表のように各競技者が持ちます。 点棒の種類 本数 点数 300点 1 300点 500点 2 1000点 100点 6 600点 10点 10 100点 計 19本 2000点 副落牌の手順 ・ポン、チー、ミンカン(暗刻・明刻牌のカン)をした場合 1.ポン(チー、ミンカン)を明言し、鳴き牌をさらす。 2.不要牌を河に打牌する。 3.下家が自摸る。 4.その直後、副落牌(チー、ポン等)を取り、副露する。 5.下家は、それに引き続き不要牌を河に打牌する。 【ポイント】 ポン(チー、ミンカン)と発声しても、直ぐに牌を取りに行きません。 下家が壁牌より自摸り、手牌まで持って来るタイミングに合わせて副落牌(ポン、チー、ミンカンをした牌)を取ります。 この動作手順は、競技の進行をスムーズにすること及び副落牌を直ぐに取りに行くことによるトラブルを避けるためにあります。 例えば、下家の手とぶつかり山牌を崩したり、爪で下家の手を傷つけたりするのを防ぐ意もあります。 是非、この動作手順をマナーとして身につけることが必要です。 副露の仕方 ・暗 槓 暗槓牌を4枚とも他家に見せ倒牌後、両端の牌を伏せる。 (例)最初に「發」をポン、2番目に「七筒」をチー、3番目に「一索」をポンした場合 3番目 2番目 789 最 初 捨牌の並べ 不要牌を河に打牌するときは、6枚づつ整然と並べて捨てます。 以下、7枚目は2段目、13枚目は3段目という形で捨てていきます。 競技麻雀サークル 様の麻雀牌画を使用させて戴いております。

次の

本部|日本麻雀連盟 公認HP

日本 麻雀 連盟

|||||| ||||| 第1章 競技の基本 第1条 競技の構成 競技は1卓4人で行い、東南二圏の半荘を以って1回戦とする。 半荘に於いて1周目を東場、2周目を南場とする。 第2条 用具 イ.麻雀牌は一式 136枚を用いる。 ロ.サイコロは六面サイを2個用いる。 第3条 縛り アガリには一翻以上の役を必要とする。 これを常時一翻縛りという。 第2章 手牌・王牌・海底牌・河底牌・嶺上牌・ドラ 第4条 手牌 手牌は13枚を原則とし、一槓ある毎に1枚増す。 第5条 王牌 開門後の壁牌末尾より数えて14枚を残し、これを王牌という。 第6条 海底牌 王牌直前の牌を海底牌という。 海底牌を摸した者は槓をすることができない。 第7条 河底牌 海底牌を摸した者は、自己にアガリがなければ、任意の1枚を捨てなければならない。 この捨てられた牌を河底牌という。 河底牌を「チー・ポン・カン」する事はできない。 第8条 嶺上牌 槓子ができた時は、壁牌最後尾から1枚を摸して補充する。 この補充牌を嶺上牌という。 嶺上牌は王牌の最尾幢上段から順に取る。 嶺上牌は槓子を明示してからでなければ取ることができない。 第9条 ドラ(懸賞牌) すべてのドラは1枚につき一翻とし、役とはならない。 イ.[本ドラ] 開門場所が決定したらまず嶺上牌を下ろし、次に王牌末尾より3幢目の上段の牌を表に向ける。 この牌をドラ表示牌といい、その次順牌(便宜上風牌は東・南・西・北、三元牌は白・發・中の順)をドラとする。 ドラ表示牌の開示は、その箇所に直面している者が行う。 ドラ表示牌の開け間違いが、親の第1打(もしくは暗槓)以前に発覚した場合は 訂正し、それ以後であれば当該表示牌を有効とし、本来の位置の牌と交換して競技を進行する。 ロ.[槓ドラ] ドラは槓が有る毎に増え、一つ目の槓では王牌末尾より4幢目の上段の牌が新ドラ表示牌となる。 以後この行為を繰り返し、四つ目の槓では7幢目となる。 槓ドラは槓子の開示が確認された時点で発生する。 搶槓(チャンカン)により槓が成立しない場合には槓ドラは発生しない。 ハ.[裏ドラ] リーチをかけてのアガリには裏ドラが付く。 すべての表ドラ表示牌の下段牌が裏ドラ表示牌となる。 第3章 競技の進行 第10条 座位の決定 対局者4人が任意の場所に座り、 ・ ・ ・ の4牌と ・ の2牌、計6牌を伏せた状態で洗牌したのち横一列に並べる。 洗牌して並べた者の対面が第1投目のサイコロを振る。 出た目の場所が仮東の場所となり、その者が第2投目のサイコロを振る。 洗牌した6牌を表にして、数牌の並びをそのままに左右に分け、それぞれを左端、右端に置く。 この時、サイコロの目が奇数なら の側から、偶数なら の側から持っていく。 前記で決定した東の場所に東を引いた者が着座、仮東となる。 これ以降、それぞれが引いた風牌の場所に着座する。 第11条 起親の決定 座位の決定(第10条)により決定した仮東の者が第1投目のサイコロを振る。 出た目の者が仮親となり、第2投目のサイコロを振る。 このサイコロの目に該当する者が起親となる。 第12条 競技の開始と段節および終了 イ.競技は起親の投サイを以って開始とする。 ロ.一局は親の第一打(または天和、もしくは暗槓)を以って開始する。 ハ.アガリ、または流局、あるいはチョンボによる終局を以って一局とする。 ニ.4人一風を終わるのを一圏とし、二圏終わるのを以って半荘とする。 第13条 開門と配牌 イ.セットボタンは次局の親が操作する。 ロ.開門は一度振りとする。 ハ.投サイは壁牌が上がりきった後に行う。 それ以前の投サイおよび不完全な投サイは、やり直しの請求があればそれに従う。 ニ.開門場所を間違えた場合、親の第一打以前に指摘があれば洗牌からやり直しとするが、以後はその開門場所および配牌を有効として 競技を進行する。 ホ.親は対局者全員の配牌が完了した事、ドラが開示され嶺上牌が下ろされている事を確認した後に第一打を行う。 第14条 親の順序 親の順序は起親より反時計回りに移動する。 親の順番間違いは、発覚次第正当な親に直す。 正当でない局は無効とし、その間に点棒の授受があれば元に戻す。 立会人の『注意』・承認を必要とする。 第15条 連荘と輪荘 イ.親が次局も続けて親を行うことを連荘という。 ロ.親が下家に移動することを輪荘という。 ハ.連荘は親のアガリ時と流局時にテンパイしていた場合とする。 第16条 流局(平局) 河底牌にロンが無かった局は流局とする。 これを平局という。 第17条 流局時のテンパイ宣言 イ.テンパイは手牌の開示を以って宣言を為したとみなす。 手役の有無は問わない。 ロ.自己の手牌および副露牌でアガリ牌を使い切っているものはテンパイとならない。 ニ.リーチ者は他家の宣言に先がけて手牌を開示する。 ホ.テンパイしている者とノーテンの者の双方がいた場合には、テンパイ料の授受を行う。 テンパイ者が1人、または3人の場合はノーテン者から1000点ずつ、テンパイ者が2人の場合はノーテン者から1500点ずつ受け取る。 第18条 積み場 イ.連荘および流局の時は、次の局を積み場とし、以後回数と共に増やしていく。 ロ.積み場を示すために、親は自己の地に右側隅に百点棒を回数と等しく置く。 ハ.一本場につき300点をアガリ点に加算する。 ニ.子のアガリを以って積み棒は消滅する。 第19条 取牌行為 取り牌行為は次の4種とする。 [ツモ] 2. [チー] 3. [ポン] 4. [カン] 第20条 摸打 イ.摸打の順序は、ツモが先で打は後でなければならない。 ロ.掌中に他の牌を握ったまま摸打をしてはならない。 ハ.摸打の行為は利き手のみで行うこと。 第21条 ツモ イ.ツモとは壁牌から1枚を取り手牌に加える行為という。 ロ.ツモの目的でツモの動作に入る事をツモ行為の開始とする。 壁牌に触れた時点で、「チー・ポン・カン・ロン」の行為ができない。 ハ.ツモの行為は、上家の捨て牌に対してポン、カン、ロンのないことを確認した上で行う。 ニ.先ヅモは対局者3人がこれとみなし宣告した時点でアガリ放棄となる。 第22条 打 イ.打とは手牌から1枚を河に捨てる行為をいう。 ロ.打牌が河に着いた瞬間から捨て牌となり、その後取り戻すことはできない。 第23条 捨て牌 イ.捨て牌は左から右へ順に並べて捨てる。 ロ.捨て牌は一列を6枚とし、二列目はその下段に、三列目は更にその下に並べる。 ハ.みだりに捨て牌に触れてはならない。 第4章 競技 第24条 競技行為 イ.発声を必要とする競技行為は、発声を以って開始とし、行為完了を以って終了とする。 ロ.対局者は他家の競技行為も全て確認した上で、競技を進行させる責任を相互に持たねばならない。 第25条 発声 イ.競技行為は対局者に告知する為に次の発声をする。 第26条 優先順位 競技行為の優先順位は次の通りとする。 アガリ 2. ポン・カン 3. チー 第27条 チー(吃) イ.チーとは、上家の捨て牌に対してポン、カン、ロンのないことを確認した上で、「チー」と発声し、手中の搭子を開示し、 上家の捨て牌をその搭子に加え順子を作り、自己の地の右側へ副露法(第31条参照)に従って副露したのち打牌する行為をいう。 ロ.チーの行為を始めた後の、対局者に著しく遅いと認められたポン・カン・ロンは反則行為とする。 ハ.同時発声の場合は優先順位に従う。 この場合のチーは空チーとならない。 第28条 ポン(石並) イ.ポンとは、他家の捨てた牌に対し、直ちに「ポン」と発声し、手中の対子を開示し、その牌を加えて刻子を作り、 自己の地の右側へ副露法に従って副露したのち打牌する行為をいう。 ロ.ポンの行為を始めた後の、対局者に著しく遅いと認められたロンは反則行為とする。 ハ.同時発声の場合は優先順位に従う。 第29条 カン(槓) カンには暗槓、加槓と明槓の3種類がある。 イ.暗槓とは、自己のツモ番の時、まず「カン」と発声し、手中(ツモ牌を含む)にある4枚の同一牌(槓子)を開示し、 その内の2枚を伏せて自己の地の右側へ出し、嶺上牌を取る行為をいう。 ロ.加槓とは、自己のツモ番の時、まず「カン」と発声し、自己の明刻子に手中(ツモ牌を含む)より同一牌を加え、 副露法に従って副露し、嶺上牌を取る行為をいう。 ハ.明槓とは、他家の捨て牌に対し、直ちに「カン」と発声し、手中の暗刻子を開示し、その牌を加えて槓子を作り、 自己の地の右側に副露法に従って副露し、嶺上牌を取る行為をいう。 ニ.「ハ.」の行為を始めた後の、対局者の著しく遅いと認められたロンは反則行為とする。 ホ.同時発声の場合は優先順位に従う。 ヘ.一局中の開槓数は全体で4つまでとする。 第30条 指示牌 イ.チー・ポン・カンの指示牌および指示方向を間違えたことに競技中に気づいた場合、全員が同意すれば訂正する。 同意がなければ現状を正当として競技を進める。 ロ.訂正以前にトラブルが生じた場合は、現状を正当として処理する。 第31条 副露牌および副露法 チー・ポン・カンによって地の右側に公開された牌を副露牌という。 副露法は以下の通りとする。 イ.明順子(チーした牌を横向きにする) ロ.明刻子 上家から ホ.暗槓子(注・暗槓子は副露牌ではない) ヘ.自己の地の右側隅に、確定した順に自己から見て手前から奥へと順に、縦に並べる。 第32条 リーチ(立直) イ.リーチは、リーチ宣言牌に対してロンがなければ成立する。 ロ.リーチ宣言は、「リーチ」と発声し、打牌を横に向けて置く。 そして供託料として千点棒1本(リーチ棒)を 自分の捨て牌と平行に上に少し離れて置く。 (この3動作は、一連の動作として行わなければならない。 この内1つでも、明らかに欠けていると対局者が認めた場合は リーチ不成立となる。 ) ハ.門前清であればリーチをかける事ができる。 ニ.リーチ宣言牌に対して、チー・ポン・カンがあった場合は、次巡の打牌を横にする。 ホ.リーチ棒は以後の和了者が取得する。 (但し、南四局が流局となった場合は供託のままとする) ヘ.リーチの取り消しはできない。 ト.リーチ後でもアガリの見送りができるが、以後はフリテン扱いとなる。 チ.リーチ後の暗槓は独立した暗刻と同一の牌を模した場合のみ可能である。 (役の増減は問わない) 第5章 アガリ(和了) 第33条 アガリ イ.アガリの型式は次の7種とする。 アガリ牌を捨てた者、搶槓された者を放銃者とする。 ハ.アガリ者は一局に1人とする。 (ひとつの牌に2人以上のアガリ宣言があった場合は、放銃者の下家、対面、上家の順に権利を有する) ニ.摸打の一巡内でのアガリ牌の選択はできない。 「摸打の一巡」とは、自己の打牌から次回の自己の取牌直前迄とする。 第34条 アガリ宣言 イ.アガリ者は、ツモアガリの場合は「ツモ」、ロンアガリの場合は「ロン」と発声し、手牌を開示する。 ロ.ツモアガリの場合は、まずアガリ牌を明示する。 アガリ牌を手牌に加えてからのアガリも有効だが、テンパイ形につく符や平和役等が 認められない。 第35条 アガリの確認 イ.アガリの宣言があった場合は、対局者全員がアガリを確認するまでは、手牌、捨て牌および壁牌を崩してはならない。 第36条 フリテン(振聴) イ.自己の捨て牌にアガリ形を構成できる牌があるテンパイをフリテンという。 ロ.フリテンはロンアガリをすることができない。 第6章 計算(収支および得点) 第37条 原点 半荘開始時の各自の持ち点を25,000点とし、、これを配給原点という。 (対局者は競技開始に先立って自己の持ち点を確かめておく義務がある) 半荘終了時に、四人の合計点が100,000点に満たない時は、そのまま持ち点を有効とする。 合計点が100,000点を超える場合は、 順位決定後トップ者より超過分を差し引く。 第38条 成績表記 得点は30,000点を原点とし、それを超える点数をプラス、不足する点数をマイナスとする。 100点を0. 1ポイントに換算して、成績表に記入する。 ロ.順位点とは、半荘順位に従って加減算される点であり、本規定では以下に示す方式を用いる。 第40条 競技順位 得失点と順位点を加えた合計得点の多少によって競技順位を決定する。 第41条 アガリ点の授受 イ.アガリ点は必ず、そのアガリ形が採りうる最も高い点数を計算する。 (高点法) ロ.アガリ点の申告はアガリ者がすることを原則とする。 ハ.ツモアガリの時は、子の支払い点、親の支払い点の順に申告し、積み棒がある時は更にそれを加えた点数を申告すること。 [例]一本場の時 「1300・2600は1400・2700」 ニ.アガリ点計算および点棒の授受は、次局の洗牌に入る前に行うこと。 ホ.点棒の授受は、間違いがないように各自で責任を持って確認し合う。 ヘ.点棒の受け渡し間違いがその半荘終了直後までに判明したときは、対局者の合意に基づき訂正することができる。 立会人の『注意』・承認を必要とする。 32 符 ロ.連底の計算 副底、門前清栄和加符、部分符、ツモ符の合計したものを連底といい、計算は次の通りとする。 ニ.点数計算の慣例により、副露した平和形のロンアガリには、副底に10符を加える。 第43条 アガリ点の計算(2) 翻の計算 アガリ役の合計にドラの枚数と場ゾロの2を加えた数を翻数とする。 同居しうる役の複合は認めるが、海底撈月と嶺上開花は複合しない。 第44条 アガリ点の計算(3) 基本点 第42条で求めた連底に〈2の翻数乗〉を掛け算して基本点を求める。 基本点が子の支払い分、基本点の2倍が親の支払い分となる。 (幺二の法則) ロンアガリは放銃者が三家分を払い(一家包)、ツモアガリは三家が各自の分を払う(三家包)。 支払いの10の位の端数は100の位に切り上げる。 第45条 満貫 満貫は次の8種とする。 イ.満貫・・・・・・・・30符以上の六翻・20符以上の七翻 子 8,000点 親 12,000点 ロ.ハネ満・・・・・・・八翻と九翻 子 12,000点 親 18,000点 ハ.倍満・・・・・・・・十〜十二翻 子 16,000点 親 24,000点 ニ.三倍満・・・・・・・十三翻以上 子 24,000点 親 36,000点 ホ.四倍満・・・・・・・役満 子 32,000点 親 48,000点 ヘ.八倍満・・・・・・・2倍役満(純粋な役満の複合に限る、以下も同様) 子 64,000点 親 96,000点 ト.十二倍満・・・・・・3倍役満 子 96,000点 親 144,000点 チ.十六倍満・・・・・・4倍役満 子 128,000点 親 192,000点 第7章 罰則 第46条 罰の種類 イ.罰はチョンボとアガリ放棄の2種類とする。 ロ.アガリ放棄となった者は、チー・ポン・カン・リーチ、およびテンパイ宣言の権利を失う。 これに反した場合はチョンボとなる。 ハ.アガリ放棄の宣言(指摘)はすみやかに行い、対局者3人の異論が直後になければ成立する。 (立会人の確認の上) 第47条 多牌と少牌 イ.槓のない時の手牌が12枚以下を少牌、14枚以上を多牌という。 ロ.多牌・少牌の者はアガリ放棄となる。 第48条 先ヅモ 先ヅモした者はアガリ放棄となる。 第49条 空行為 イ.空チーとは、発声のみでチーの行為を行わない場合をいう。 その他の空行為もこれに準ずる。 ロ.空チー・空ポン・空カンはアガリ放棄となる。 ハ.ツモ又はロンの発声のみにて、手牌を公開していない場合は、アガリ放棄とする。 第50条 錯行為 イ.錯チーとは、順子とならないのに順子として副露した場合をいう。 その他の錯行為もこれに準ずる。 (打牌以前であれば訂正可能) ロ.錯チー・錯ポン・錯カンはアガリ放棄とする。 第51条 食い換え イ.ポン、またはチーの時、副露した対子、または搭子と合わせて面子を構成可能な牌を打することを食い換えと言う。 ロ.食い換えはアガリ放棄とする。 第52条 チョンボ イ.正当なアガリを除き、終局前に手牌を公開した場合はチョンボとなる。 ロ.ノーテンリーチおよびリーチ後の不正な暗槓は流局後にチョンボとなる。 ハ.競技続行を不可能にした場合はチョンボとなる。 ニ.正当なアガリでも、他家が確認する前に崩してアガリを不明にした場合にはチョンボとなる。 ヘ.チョンボ者が複数の場合、全て罰を受ける。 ト.チョンボをした者は、親・子にかかわらず、自己のトータルポイントから40ポイントを減算する。 チ.チョンボがあった局は、ノーゲームとし、その局をやり直す。 (積み棒は増えない。 ) 第8章 包 第53条 包則 本規定に於いては、責任払いは放銃の場合のみとし、特定のアガリ役に対する包則は設けない。 c 日本プロ麻雀協会. ALL Rights Reserved.

次の

日本プロ麻雀連盟

日本 麻雀 連盟

日本プロ麻雀連盟の第30期十段戦二日目で麻雀プロの堀内正人氏が、生中継放送されていた試合にて 悪質極まりない行為でプロ失格処分させられていたことが判明した。 いったいこの悪質極まりない行為とは何だったのかを調べてみた。 まず状況を説明すると次の通りである。 1:堀内プロがツモってきた3sを卓に叩きつける。 2:困ったような表情で溜息をつく。 3:手の内にある3sを切り出した(空切りした)。 4:その後テンパイが入った瀬戸熊プロが1sを切って堀内プロに放縦した(堀内プロがオリたと思った)。 5:本来であれば審判の藤原氏がすぐに止めるべきだったが、TV生放送であったため躊躇した。 6:対局後の審議で堀内プロの失格を満場一致で決めた。 溜息をついて堀内プロは3sを空切りしたとされる画像。 つまり、2番目と3番目の行為が三味線(相手のことを惑わす行為)と見なされ麻雀連盟からプロにあるまじき行為としてプロ失格の処分を受けたのだという。 今回の堀内プロの行為に 藤原審判長はその場では本来は止めなければならない立場であるが止められなかったのだという。 理由は TVの生放送であったために躊躇してしまったそうだ。 なおその時の動画は既に『ニコニコ動画』にアップロードされている。 動画を確認したところそんなに強打して牌を叩きつけてるようには思えなかった。 なお溜息と見られる行為も動画内では顔や音声が映っていないため確認ができなかった。 それらの行為は現場にいた人たちでなければ判断はできないところであろう。 それではなんのために審判長がいるのだろうか? 疑問が残るところである。 審判長の藤原氏はやはり割ってでも止めに入れば後からこんなに大きくならなかったのではないだろうか? と考えられる。 堀内プロに大変厳しい処分を科した日本プロ麻雀連盟であるが審判長の藤原氏に対しては特になんの処分も受けることはないのだそうだ。 今回の件は私たち外部からしたら日本プロ麻雀連盟の決議なので口を出すことはできない。 しかしネットでは非難の声が非常に多く見受けられた。 ・これが小島プロでも同じ処分をしてたのか? ・仮面の着用でも義務付けたら? ・そんな3つも4つも違反してたらすぐ止めろよ ・ツモれなかったら溜息くらいあるでしょ? ・こんな後だし審判ありえないでしょ など多くの堀内プロに対する援護の声が多く見受けられた。 さらには藤原審判長に関しては過去に衝撃の一打という動画まで発掘されてしまった。 【ニコニコ動画】【森山茂和】TV対局史上初!? nicovideo. 誤解されたくありませんので補足です。 私は3sをツモったときにため息をついていませんし、手三味で相手を陥れようなんて考えたこともありません。 これまで何があっても純粋に麻雀の技術だけで対局に望んできました。 問題の局面は勝負所で息が荒くなりツモる手に力が入ってしまいました。 — 堀内正人 horihori0104 まとめると次の通り。 ・溜息をついていないし手三味で相手を陥れようなんて考えたこともありません。 問題の局面は勝負どころで息が荒くなりツモる手に力が入ってしまいました。 以上のように日本プロ麻雀連盟の見解とは真っ向から反対している。 しかし「関係者や応援してくださった皆様には大変申し訳ありませんでした」と謝罪を行っている。 なお最後に「プロ連盟は辞めるつもりはありません、謹慎中に良く反省しまたいつか優勝争いできるように頑張りたいです」と締めくくっている。

次の