セレナ マルチ ベッド。 オーテック、車中泊仕様のセレナ「マルチベッド」。323万1800円から

街乗り、ときどき車中泊! 日産セレナとNV200に「マルチベッド」採用モデルを発売

セレナ マルチ ベッド

車中泊仕様のセレナ「マルチベッド」 オーテックジャパンは2月10日、日産自動車のミニバン「セレナ」の車中泊仕様「マルチベッド」を発売した。 2列シート・5人乗り(e-POWERモデルは4人乗り)のシートレイアウトと収納式のベッドシステムを備えたモデルで、価格は323万1800円~399万4100円。 また、NV200 バネット「マルチベッドワゴン」の仕様を一部向上して1月31日より発売している。 価格は262万4600円~273万4600円。 セレナ マルチベッド、NV200 バネット マルチベッドワゴンは、アウトドアスポーツやペット連れの旅を楽しむ人に向けて、日常的なクルマの使用に加えて車内で就寝することもできるようにしたモデル。 災害などの際には一時的な避難場所として活用することも可能としている。 モデル ベース車グレード 定員(人) エンジン 変速機 駆動方式 価格 マルチベッド XV 5 直列4気筒DOHC 2. 0リッター直噴「MR20DD」+モーター(SM24) CVT 2WD(FF) 3,231,800円 ハイウェイスターV 3,481,500円 e-POWER XV 4 直列3気筒DOHC 1. 2リッター「HR12DE」+モーター(EM57) - 3,721,300円 e-POWER ハイウェイスターV 3,994,100円 XV 5 直列4気筒DOHC 2. 0リッター直噴「MR20DD」+モーター(SM24) CVT 4WD 3,480,400円 ハイウェイスターV 3,746,600円.

次の

日産「セレナ」に車中泊に便利な「マルチベッド」を設定! 同時にNV200バネットの「マルチベットワゴン」も一部改良|ミニバン・ワンボックス|MotorFan[モーターファン]

セレナ マルチ ベッド

アクティブな趣味から緊急時の避難場所にまで! 日産の関連会社であるオーテックジャパンは「セレナ」に車中泊仕様の「マルチベッド」を設定。 またNV200バネット「マルチベットワゴン」に仕様変更を施した。 セレナ・マルチベッドは2020年2月10日、NV200バネット・マルチベットワゴンは2020年1月31日より発売を開始している。 セレナ・マルチベッドは「XV」、「ハイウェイスターV」、「e-POWER XV」、「e-POWER ハイウェイスターV」グレードのベースとする。 いずれも放水シートを標準装備し、ベットボードにはシートと同じ防水性の素材を採用。 汚れが拭き取りやすく、手入れがしやすいのが嬉しい。 またウェアや小物などを掛けられる「サイドマルチパイプラック」や、釣り道具やサーフボードなどを積載するためのアイテムをオプション設定する。 価格は323万1800円から374万6600円(税込)。 NV200バネット・マルチベットワゴンはワゴン2列シート仕様のグレードをベースとする。 ベッド横での食事などに使用できるテーブルもオプションで用意。 今回2020年1月に実施したNV200バネットの一部仕様向上と同時に「インテリジェントエマージェンシーブレーキ(衝突軽減ブレーキ)」、「ハイビームアシスト」、「LDW(車線逸脱警報)」、「標識検知機能(進入禁止標識検知、最高速度標識検知、一時停止標識検知)」などの先進技術を新たに採用した。 さらにマルチベットワゴン専用ボディカラーとして2種類のパステル調2トーンカラーを追加設定。 専用2トーンカラー車ではボディカラーに合わせた色のベッドシステムとフロアパネルを選択することも可能だ。 価格は262万4600円から271万4800円(税込)。 両車は普段は家族の送迎や通勤、買い物などに使用しながら、アウトドアスポーツや大きな機材を使う趣味を楽しむ人、またペットを連れてドライブをする人などに最適。 2列目シート・5人乗りのシートレイアウトと(セレナ e-POWERは4人乗り)格納式のベッドシステムを備えることにより、高い実用性と快適な休憩のためのスペースを提供する。 車内で快適に就寝することもできるのでアウトドアなどで活躍。 また災害時など、もしもの時の一時的な避難場所としても活用可能だ。 外部サイト.

次の

日産セレナのシートアレンジ倒し方ひとつで世界が変わる!あなたの好みは?

セレナ マルチ ベッド

2列シート仕様で積載量もナットク 日産の関連会社「オーテックジャパン」は、車中泊のニーズに対応したミニバン、セレナの「マルチベッド」を設定するとともに、NV200バネット「マルチベッドワゴン」の仕様を一部向上した。 いずれも2列シート仕様とし、人気のオプション「防水シート」を標準装備。 ベッドボードにはシートと同じ防水性のある素材を採用したことで、汚れを拭き取りやすく手入れが簡単に行なえる。 また、ウェアや小物などを掛けることができる「サイドマルチパイプラック」や、釣り具やサーフボードを積載するためのアイテムをオプション設定した。 一方のNV200バネット「マルチベッドワゴン」は、ワゴン2列シート仕様のグレードがベース。 1月に実施したベース車両の一部仕様向上と同様に、「インテリジェント エマージェンシーブレーキ」や「ハイビームアシスト」、「LDW(車線逸脱警報)」などの先進安全装備を新たに採用する。 さらに「マルチベッドワゴン」専用のボディカラーとして、趣味のフィールドでも都会の街並みの中でも個性が光る、2種類のパステル調2トーンカラーを追加設定した。 この2トーンカラー車は、ボディカラーに合わせた色のベッドシステムとフロアパネルを選択することも可能。 ベッド横で食事などに使用できるテーブルも、オプションで用意している。 両モデルともに、日常的な使用はもちろん、アウトドアや大きな機材を使用する趣味を楽しむ人、ペット連れの旅を楽しむ人のために、2列(5人乗り)のシートレイアウトと収納式のベッドシステムを搭載。 高い実用性と快適な休憩のためのスペースを同時にもたらす1台となっている。 このように、宿泊施設を利用せずに車内で快適に就寝することもできるので、活動的なライフスタイルをより充実したい方をさまざまなシーンでサポートしてくれるだろう。 なお、セレナ「マルチベッド(323万1800円~)」は2月10日より、NV200バネット「マルチベッドワゴン(262万4600円~)」は1月31日より、日産の販売会社を通じて全国一斉に発売している。 carview! はYahoo! JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社カービューと協力して運営しています。 Copyright C 2020 Kotsu Times Sha Co. ,Ltd. All Rights Reserved. All Rights Reserved. 記事の無断転用を禁じます。 Copyright C 2020 Carview Corporation. All Rights Reserved. Copyright C 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

次の