京 アニ 放火。 京アニ放火犯人「小説を盗まれた」にバリサク動機説と京都市長失言

京アニの放火犯人は、何を京アニにパクられたんでしょうか?多分、京アニの発表...

京 アニ 放火

18日午後、京都のアニメ制作会社の「京都アニメーション」の3階建て建物に、恨みを持った男が侵入。 建物に入るなり、「死ね」と言いながら、ガソリンをまき散らし、すぐに放火しました。 吹き抜け構造のらせん階段は危険 建物の中には、75名ほどが仕事をしており、1階のトイレから救助された人もいましたが、多くはらせん階段を使って、屋上に逃げようとした人たちが、多く犠牲になったことが判明しています。 らせん階段で吹き抜けになっている建物の構造から、火と煙の回りが早かったとみられています。 京アニ従業員の死因は一酸化炭素中毒 なお、階段で亡くなった人の死因は一酸化炭素中毒というもので、建物が燃える時に一酸化炭素中毒がでる、それを煙と共に吸ったことが死亡につながったということです。 亡くなった28名は、らせん階段上に折り重なるように倒れていたということで、たいへんに痛ましい限りです。 京アニ放火犯人は埼玉在住の41歳男 この男性の名前は明らかになっておりませんが、埼玉在住の男、41歳ということです。 ガソリンは自分で台車で持ち込み、ライターは、放火のために、量販店で直前に購入したもののようです。 確保された男は全身にやけどを負い入院中で、麻酔で眠っている状態だということで、府警は回復を待って、事情聴取ができ次第、殺人と現住建造物等放火の容疑で捜査する方針です。 放火した犯人の動機は 放火した男は全身にやけどを負いながらも、駅まで逃走。 京アニの従業員が後を追いました。 路上に倒れた男を、被害者と思った近所の人が救助。 火のついたジーンズに水をかけるなどしていたところに、警察官が来て、身柄を確保。 「小説を盗まれた」 その際に、動機について、男が「小説を盗まれたから放火した」と供述したということです。 また、介助に当たっていた、近所の人は「パクりやがって」という言葉を耳にしています。 建物進入時に「死ね」と言っていたことと併せて考えると、京都アニメーションに恨みを持った犯行であることが推測できます。 「バリサク」動機説とは またネットでは、放火犯人の動機について、以下のような推測が出回りました。 要約すると、犯人は数年前から2チャンネルの書き込みで有名だった、鉄ちゃんや、撮り鉄と呼ばれる鉄道愛好家ではないかとのことです。 この人物は「バリバリ順光でサクッとバリサク」という自作のキャッチフレーズを頻繁に投稿していたということです。 ところが京都アニメーション制作の「響けユーフォニアム」の中で、同じ「バリサク」という単語が使われた。 この場合の「バリサク」の意味は、楽器にちなむ「バリトンサックスソロ」というもので、写真に関するものではないのですが、犯人は、あるいはそれが写真の撮り方に関する用語として使われたと勘違いをして、京都アニメーションを襲ったのではないか、という推測です。 「殺害予告などのメール」ー京アニ社長 また京アニの八田英明社長は、数年前から殺害予告などのメールを受けていたと話しており、警察や弁護士に相談していたことも明かしていますが、同一人物かどうかも分かっていません。 いずれについても、本人は昏睡に近い状態ですので、確認は取れておりませんので、動機については回復を待つ必要があるでしょう。 京都市長が選挙演説で批判受ける 他にこの事件をめぐっては、京都市長が18日夜の参院選候補者の応援演説において、この事件に言及。 「火事は3分、10分が大事。 選挙は最後の1日、2日で逆転できる」 と述べたことが、50人以上の死傷者を出した事件を支持拡大の材料に使ったとして、批判を浴びました。 市長は「一般によくある標語だ。 誤解があったなら、今後気をつける」と謝罪をしました。 西川貴教さんが京アニのツイート削除 また、歌手の西川貴教さんが、事件後に 「誠に勝手ではございますが、京都アニメーションさんには、いちファン個人としては勿論ですが『けいおん!』『中二病でも恋がしたい!』など聖地巡礼で滋賀の観光に多大な貢献を頂いてきたので、なんとか僕で出来る事がないか考えていきたいと思います。 何かご意見などあれば是非お願いします」 と投稿。 しかし、何者かに批判を受けたのか、その後、一連のツイートを削除。 「居ても立っても居られず、このような場所で発信をしたことで、不快な想いをさせてしまい申し訳ありませんでした」と謝罪を述べるという一幕がありました。 背景に何があったのかは、はっきりしておりません。 逆に日本テレビのアナウンサー伊藤遼さん25歳が、現地のリポートに赴き、スタジオのアナウンサーから「アニメファン」とスタジオから名指しされた折に、 「私がアニメファンだからとか、被害にあったのが京都アニメーションの方々だからとかいう話ではありません。 世界中の方々を笑顔にしてきた人たちが、このような事件で命を落としたことに悔しさと、そして犯行を起こした男に強い憤りでいっぱいです。 j-cast. 今回の事件は、皆に愛されるアニメ制作会社が狙われ、一個人の行為によって多数の死傷者を出すという出来事を目の当たりにするというものでした。 私を含め、多くの方がショックを受けておられると思いますが、ネットでの書き込みなどの際は、落ち着いて対処をするように留意をした方が良いと思われます。 また、お亡くなりになった方のご冥福をお祈りするとともに、重症の方々のご回復を願ってやみません。

次の

京都アニメーション放火事件を徹底追跡! 犯人逮捕、動機は小説と話す

京 アニ 放火

放火事件があったアニメ制作会社「京都アニメーション」のスタジオ=18日午後、京都市伏見区 Photo:JIJI 18日午前、京都市伏見区のアニメ制作会社のスタジオに男が放火し、33人が死亡、35人が負傷する大惨事となった。 男は「死ね」と叫びながら侵入してガソリンをまき、多目的ライターで火を付けたとみられる。 現場近くからはハンマーや庖丁なども見つかった。 警察庁によると、平成以降の放火殺人事件としては最悪の犠牲者数。 男の目的は何だったのか。 男もやけどを負い容体は重いというが、京都府警による動機の解明が待たれる。 また犠牲者がこれほど増えてしまった原因はなにか。 京都府警は19日午前、現場検証を開始した。 (事件ジャーナリスト 戸田一法) 免許証の住所は埼玉 事件が起きたのは18日午前10時半ごろ。 京都市伏見区桃山町因幡にあるアニメ制作会社「京都アニメーション」(本社・京都府宇治市、通称・京アニ)の第1スタジオにさいたま市の男(41)が侵入。 バケツからガソリンをまいて、火を付けたとされる。 当時、スタジオには社員70人前後がいた。 35人が重軽傷を負って搬送され、1階で2人、2階で11人、2階から3階の階段で1人、3階から屋上に向かう階段で19人が遺体で見つかった。 スタジオは3階建てで、1階が事務所、2階と3階がアニメ制作のフロアになっていた。 西側の階段と中央部にらせん階段があり、アニメーター同士がやりとりしやすいよう、壁のない構造だった。 犠牲者の多くが3階から屋上にかけての階段で折り重なるように倒れていたが、火災の発生が1階で下りられず、逃げ場を失って力尽きたとみられる。 屋上に出るためのドアは閉まったままで、何らかの理由で開けることができなかったようだ。 男は放火した後、逃走。 スタジオから100メートルほど離れた一般住宅のインターホンを押し、住人の女性が玄関に出ると男が倒れていたという。 Tシャツにジーンズ姿で靴は履いておらず、足は血まみれ。 髪は焦げ、顔にはすすが付いていた。 両腕は重いやけどで皮がむけ、服には火種がくすぶっていた。

次の

京アニ放火で33人死亡、なぜ犠牲は甚大に広がってしまったのか

京 アニ 放火

京アニスタジオは消防法施行令別表第1にて(15)項に区分される! 消防法での規制内容を解説 京都アニメスタジオの消防法施行令別表第1での用途は(15)項であり、その他の用途として区分されています。 建物規模は地上3階建て、延べ面積691.02㎡です。 京アニスタジオの外観と平面図から階段数や消防無窓の有無を考察 階段は屋内階段が2本ある状態で、建物の外観及び平面図は次のとおりです。 建物外観はgoogle ストリートビューより抜粋 屋内消火栓が設置されていない状態でも適法ということなので、無窓階ではありません。 ストリートビューからの外観からも、そこそこ大きなサイズの引き違い窓があることが分かります。 京アニスタジオに設置される消防用設備等について 消防法での規制を考えると設置義務が生じる消防用設備等は次のものです。 消火器〈延べ面積300㎡以上で義務〉• 誘導標識〈0㎡より義務だが規則28条の2適用により設置免除可能〉• 非常警報設備〈収容人員50人以上で義務〉 あれ、自火報や避難器具は設置されていないの?と感じたかもしれませんが、自火報は15項では1000㎡以上で義務となり、避難器具は3階で100人以上の収容人員が算出される場合に設置義務が生じます。 1階段なら規制が強化され、3階以上の階に10人以上で避難器具の設置義務が生じますが、京アニビルではらせん階段と屋内階段の2本の直通階段があるため該当しないと考えられます。 消防法規制でのハード面については特に問題は見当たりません。 京アニスタジオは防火管理上も問題無し! 消防庁発表の資料によると平成 30 年 10 月 17 日に立入検査を実施していますが、消防法令上の不備事項は無かったとのことです。 さらに、防火管理者も選任され消防計画も作成されています。 つまり、ソフト面でも問題は無い状態です。 消防用設備等が十分以上に設置されていれば状況は変わるのか? 事務所というものは基本的には普段使い慣れた建物に特定の従業員が使用し、大きな火気等を取り扱うことも無いため火災危険は比較的小さく、消防用設備等の設置基準も緩い傾向にあります。 しかし、ガソリン等の危険物を使用した放火火災に対し、「通常の火災」を想定している消防用設備等は十分効力を発揮するのでしょうか? 答えはほとんど機能できません。 消火設備に関しては水量や薬剤量に限界がある消火器や屋内消火栓、スプリンクラーでは燃焼速度に打ち勝つことはできません。 自火報や非常警報設備についてはどうでしょうか? 火災初期の段階で在館者全員に火災の危険性を周知することがこれら警報設備の役割ですが、ガソリン等の危険物火災では燃焼速度や黒煙の拡散速度が圧倒的に速いため、避難行動をとる時間もほとんど無かったと考えられます。 特に3階や2階から黒煙の噴出する1階へと避難することは難しい状態です。 唯一避難器具については設置されていた場合、何人かの命は救えたかもしれません。 消防法の規制により設置される消防用設備等を考えると、〈通常の火災〉を想定しているため、何らかの原因により図らずも発生してしまった火災の成長速度に合わせた能力しか持ち合わせていないことが分かります。 今回の京アニ放火火災のように爆燃するような火災へは対応しきれないのです。 京アニスタジオは建築基準法令での竪穴区画は不要なの? 死者の多くが3階から屋上へと続く階段部分に集中していることが報道されています。 今回の火災ではらせん階段から一気に上階へと火煙が延焼拡大しています。 竪穴区画が設置されていない事を考えると主要構造部は準耐火構造や耐火構造ではありません。 全階事務所であるため、3階建てであっても建築基準法第27条により準耐火建築物や耐火建築物とする必要は無い用途ですね。 1階での放火により1階へは降りれない… 避難器具も無い… となれば窓から飛び降りるか屋上へ避難することを考えます。 人間の行動心理は下階から煙に追われると上階へと避難しようとしてしまいます。 しかし、煙の上昇速度は人間が階段を駆け上がるよりも遥かに早いです。 屋内階段しかない建物の危険性を改めて認識させられます。 3階建てでも竪穴区画は不要なの? 気になる点はココですよね。 竪穴区画の要否は建築基準法施行令第112条に定められる! 建築基準法施行令第112条では防火区画について定められています。 既存の建築部物であるため改正前の建築基準法施行令で解説しますね。 竪穴区画が必要となる条件は次の2つを両方満たすことです。 主要構造部が準耐火(耐火)又は特定避難時間倒壊等防止建築物• 地階又は三階以上の階に居室を有するもの しかし、この基準の裏を返せば、3階以上の階に居室を有していても竪穴区画を不要とすることができてしまいます。 ポイントは 主要構造部が準耐火です。 つまり、 その他の建築物(木造等)や 外壁耐火の準耐火建築物(ロー1)、 不燃構造の準耐火建築物(ロー2)で建築している場合は竪穴区画の規制が適用されません。 主要構造部を準耐火構造とした建築物又は特定避難時間倒壊等防止建築物であつて、地階又は三階以上の階に居室を有するものの住戸の部分(住戸の階数が二以上であるものに限る。 )、 吹抜きとなつている部分、階段の部分、昇降機の昇降路の部分、ダクトスペースの部分その他これらに類する部分(当該部分からのみ人が出入りすることのできる公衆便所、公衆電話所その他これらに類するものを含む。 ) については、当該部分(当該部分が第一項ただし書に規定する用途に供する建築物の部分でその壁(床面からの高さが一・二メートル以下の部分を除く。 )及び天井の室内に面する部分(回り縁、窓台その他これらに類する部分を除く。 以下この項において同じ。 )の仕上げを準不燃材料でし、かつ、その下地を準不燃材料で造つたものであつてその用途上区画することができない場合にあつては、当該建築物の部分) とその他の部分(直接外気に開放されている廊下、バルコニーその他これらに類する部分を除く。 ) とを準耐火構造の床若しくは壁又は法第二条第九号の二ロに規定する防火設備で区画しなければならない。 構造規制については次の観点から規制されているため防火地域や準防火地域以外であれば3階建ての事務所は準耐火建築物や耐火建築物とすることが求められません。 第百二十三条 屋内に設ける避難階段は、次に定める構造としなければならない。 一 階段室は、第四号の開口部、第五号の窓又は第六号の出入口の部分を除き、耐火構造の壁で囲むこと。 二 階段室の天井(天井のない場合にあつては、屋根。 第三項第四号において同じ。 )及び壁の室内に面する部分は、仕上げを不燃材料でし、かつ、その下地を不燃材料で造ること。 三 階段室には、窓その他の採光上有効な開口部又は予備電源を有する照明設備を設けること。 四 階段室の屋外に面する壁に設ける開口部(開口面積が各々一平方メートル以内で、法第二条第九号の二ロに規定する防火設備ではめごろし戸であるものが設けられたものを除く。 )は、階段室以外の当該建築物の部分に設けた開口部並びに階段室以外の当該建築物の壁及び屋根(耐火構造の壁及び屋根を除く。 )から九十センチメートル以上の距離に設けること。 ただし、第百十二条第十項ただし書に規定する場合は、この限りでない。 五 階段室の屋内に面する壁に窓を設ける場合においては、その面積は、各々一平方メートル以内とし、かつ、法第二条第九号の二ロに規定する防火設備ではめごろし戸であるものを設けること。 六 階段に通ずる出入口には、法第二条第九号の二ロに規定する防火設備で第百十二条第十四項第二号に規定する構造であるものを設けること。 この場合において、直接手で開くことができ、かつ、自動的に閉鎖する戸又は戸の部分は、避難の方向に開くことができるものとすること。 七 階段は、耐火構造とし、避難階まで直通すること。 階段区画等についての建築基準法の安全性の抜け穴は3、4階建ての事務所!? 竪穴区画や避難階段の規制の基準を考えると3階建てや4階建ての事務所は階段を区画する必要が無いことが分かります。 その結果、安全性よりもデザイン性を優先した〈らせん階段〉を屋内に設ける事が可能となってしまいます。 防火戸についても少し考えましたが、常時閉鎖式のものであれば、一定の延焼防止性能は発揮できた可能性が高いですが、煙感知器連動型の防火戸やシャッターでは感知から閉鎖までの短時間でも大量の黒煙が上階へと拡大した可能性が高いように感じます。 安全面だけを考えれば屋外避難階段や常時防火戸が閉鎖して区画がしっかり形成された屋内避難階段以上の設置をオススメします。

次の