川上 麻衣子 雑貨 屋。 千駄木にOPENした川上麻衣子さんのお店には、ガラスとネコとスウェーデンが満載

名古屋随一のファンシーショップ fluffy bunny (フラバニ) の店内がより可愛くゆめかわメルヘンな空間に生まれ変わりました

川上 麻衣子 雑貨 屋

シモンズ株式会社 7月11日(木)~17日(水) 10:00~19:00 「シモンズギャラリー東京」で、女優の川上麻衣子さんが選んだスウェーデンのインテリアや小物を展示販売する『SWEDEN GRACE北欧雑貨フェア』が7月11日から17日まで開催されています。 「シモンズギャラリー東京」 千代田区有楽町2 - 2 - 3 ヒューリックスクエア東京1 階 は、最高の眠りを提供するシモンズの旗艦店。 同ギャラリーでは『SWEDEN GRACE北欧雑貨フェア』が開催されています。 すぐれたエッセイストとしても知られている川上さんはスウェーデン生まれ。 その想いを巡ったエッセイ『ストックホルムからの手紙-My Swedish Style』では、スウェーデンの様々なインテリアや小物等が紹介されています。 2016年にはセレクトショップ「SWEDEN GRACE(スウェーデングレイス)」を谷中にオープン。 彼女が選んだスウェーデン直輸入の品々は多くの人々を魅了しています。 その「SWEDEN GRACE(スウェーデングレイス)」店から、さらに川上麻衣子さんが厳選したコレクションコーナーが、『SWEDEN GRACE北欧雑貨フェア』です。 楽しいオブジェの数々、トレー・カップ・コースター等の食卓を彩る品々、デザイン性溢れるインテリアや小物類、名刺入れやメモパッド等、100点以上が手頃な価格で、親しみやすい雰囲気で揃えられています。 川上麻衣子さんは「生活を豊かにしてくれるスウェーデンの様々な雑貨を、この機会に是非見ていただき、手に触れていただきたいです」と話しています。

次の

八ヶ岳の素敵なお店紹介 雑貨、陶器、衣類、家具、食品等々

川上 麻衣子 雑貨 屋

スポンサードリンク 川上麻衣子さんが手がける雑貨店の情報 川村麻衣子さんは日本人の両親から生まれましたが、生まれはスウェーデンです。 実は川村麻衣子さんのご両親はインテリアデザイナーをされており、 スウェーデンに留学されていたことがありました。 その留学中にスウェーデンで川村麻衣子さんは生まれ、川村麻衣子さんもスウェーデンで過ごしていた時期があります。 きっとスウェーデン雑貨を扱うことになったのは、ご両親の影響や 北欧デザインに憧れがあったからなのかもしれませんね。 2016年にご両親とともにスウェーデングレイスという雑貨店をオープンされていることがわかりました。 このお店ではスウェーデンでの暮らしの中から見つけたデザインというコンセプトで、雑貨などを取り寄せていたり、川村麻衣子さん自身がデザインされたガラス工芸品なども並べられているようです。 白を基調とした建物で、とてもオシャレな小物のセレクトショップとなっています。 店名:SWEDEN GRACE( スウェーデングレイス) 住所:台東区谷中2-5-15 電話:03-5834-8709 FAX:03- 5834-8756 開店日:木曜・金曜・土曜・日曜・祭日 営業時間:11時~18時 谷中のヘビ道に、きれいなお店がオープンしてたので覗いてみたら、女優の川上麻衣子さんのお店でした(生まれ故郷のスウェーデン雑貨のお店)。 こちらのお店では店舗での販売とともに、オンラインショップでも購入できるようになっています。 気になる方は公式オンラインショップをぜひチェックしてみてくださいね! スポンサードリンク どんな雑貨を扱ってるの? 川上麻衣子さんが手がけている雑貨のショップ情報をお伝えしましたが、 実際にどんなものを扱っているのか気になりますよね。 こちらのお店では北欧雑貨やガラス製品が集められて販売されていることがわかりました。 ガラスの食器や小物、スウェーデンで川上麻衣子さんがセレクトした北欧雑貨などがあります。 お店に入るだけでスウェーデンのお店にいるような気分になるそうですよ。 詳しい商品情報も気になったので、オンラインショップでいくつか商品を見てみました。 ・川上麻衣子さんが手書きしたグラス ・ヘラジカの置物 ・黒い鳥の置物(白い鳥も人気なんだそうですよ) ・ 鳥くんが抱える器 ・キッチンワイプ ・トレー ・鍋敷き ・キッチンタオル などなどとってもお洒落な雑貨やガラス製品などがあることがわかりました。 この他にもたくさんの商品が販売されているので、お近くの方はぜひショップに、遠方の方はぜひオンラインショップでチェックしてみてくださいね。 そして川上麻衣子さんもそんなご両親の間に生まれ、 スウェーデンで生活されていた時期もありました。 きっとご両親の影響もありスウェーデン雑貨を取り扱うことになったのかもしれませんね。 谷中のヘビ道にスウェーデン雑貨などのお店。 猫、赤い馬、等々かわいいのたくさんあり、見るだけで楽しかった。 写真の鶏は手の中に収まるちっちゃい子。 お店の方はご家族か親戚かなー — なぎみ nagimigina さらに川上麻衣子さんは、ガラスデザイナーとしても活躍されています。 お店には川上麻衣子さんがデザインされたガラス製品も沢山並べられており、サインを彫ってもらうこともできるそうです。 実際に川上麻衣子さんのスケジュールに合わせてお店に立たれていることもあるそうで、 川上麻衣子さんがお店に立たれている時にはサインを彫ってもらえるのだそうです。 一つ一つお部屋にあるだけで生活が楽しくなるような商品ばかりが集められており、店内で商品を見ているだけでもとても楽しい気分になること間違いなしですね! スポンサードリンク まとめ 川上麻衣子さんのスウェーデン雑貨を取り扱うショップについて、詳しくまとめてみましたがいかがでしたか? 川上麻衣子さんのご両親がインテリアデザイナーでスウェーデンに留学していたこともあり、 川上麻衣子さんもスウェーデンで生活されていたということで、スウェーデンと深いつながりがあったのですね。 そして、生活が楽しくなる雑貨をたくさん取り扱っているスウェーデングレイスでは、スウェーデンから仕入れてきた商品や、川上麻衣子さんがデザインしたガラス製品など数多くの雑貨が取り揃えられています。 谷中にオープンしたショップですが、遠方の方も訪れるほど人気のお店になっているようです。 なかなかショップに足を運ぶことができないという方にとって、オンラインショップも開設されているので、オンラインショップで商品を見ることもできます。 とても素敵な商品ばかり揃っているので、是非気になる方はチェックしてみてくださいね!!.

次の

SWEDAN GRACE 川上麻衣子 スウェーデン雑貨店 にじいろジーン

川上 麻衣子 雑貨 屋

デビュー35周年を迎えた女優の川上麻衣子さん(49)が18日、東京都港区のスウェーデン大使館の親子イベントで、少女時代にスウェーデンで受けた性教育について語った。 川上さんは同国の首都ストックホルム生まれ。 トークでは、司会や参加者の質問に答えながら、「(性教育に対する意識が)50年は違う」「(早い段階で性教育を受けると)親と子のタブーがなくなる」などと北欧での生活を振り返った。 恋愛・妊娠のベストセラー絵本を翻訳「まず大人の方に」 川上さんのトークは、同大使館で17、18日に開かれた親子イベント「スウェーデン・キッズ・ウィーク2015」の催しの一つ。 川上さんは1966年にスウェーデンで生まれたあと、すぐに帰国したが、9歳のときに再び同国に戻り、1年間を過ごした。 トークでは、自身が翻訳した恋愛や妊娠を描く同国のベストセラー絵本「愛のほん」(ペニラ・スタールフェルト作、2001年。 日本では2010年に小学館から出版)を紹介しながら、両国の性教育の意識の違いなどについて語った。 【トークでの主なやりとりは以下の通り】 「スウェーデンにいたのは小学校3年、9歳のとき。 ちょうどそのときに性教育を受けたんです。 教科書がすごく印象的でしたね。 これ(「愛のほん」)は、性教育の本ではないんですが、向こう(スウェーデン)では年齢制限なく、本屋さんに置いてあります。 でも日本では、ちょっと早すぎる、子供に直接見せるのはどうなのかなという意見が今だにあるぐらい。 たぶん、スウェーデンとは50年ぐらい(意識に)差はあるのかなという気はしています。 人がどう生まれるかを、スウェーデンらしくストレートに描かれてるので、大人の方にまず見ていただきたいかな」.

次の