同期 の サクラ 結末。 同期のサクラ意識不明の原因判明!ひき逃げ放置でお隣夫婦は無責任? | ドラマのメディア

同期のサクラネタバレ最終回!原作から結末の寝たきり入院の謎を考察!

同期 の サクラ 結末

ぶっちゃけ登場人物みんな不器用だよ…でも皆愛せる…憎めないよ…。 引用:Twitter 遊川さんの脚本という所は確かに引っかかるポイントですよね~。 そしてプロデューサー、演出、高畑充希さん主演ということで、あの人気ドラマ 『過保護のカホコ』のキャストスタッグタッグという事も注目ポイントになってますね~。 桜は亡くなる説 遊川さん作品と言えば、皆さんの意見にもあった 「最後???」ってなることが多いというのは、 主人公が亡くなるという展開だと思います。 今回、桜は人工呼吸器に繋がれて意識が戻らないとありますが、恐らく建設現場で上から落ちて来た物の下敷きになって運ばれるなどの展開ではないか?と思います。 気になる桜が働いていたコンビニのロケ地やリハビリ病院はこちらで紹介していますよ! 社会人に勇気を与えるハッピーな終わり方がいいな~。 そしてラストでは、同期達で作った橋の模型と同じ橋を島に架ける事ができるんじゃないか?と思いました。 — とろたくロール trtcrawl これはあの橋のモデルとしか思えないので、叶わないと思っていたサクラの夢は叶うのではないでしょうか? 同期のサクラ最終回ラストのネタバレ感想! 黒川に言われて花村建設に戻ったサクラでしたが、 すみれがリストラのリスト候補に挙がった事で、黒川に直談判した所、すみれをリストから外してもいいが、その代わりをサクラが決めろと言われます。 その理由は。。。 最終回を見逃してしまった方。 サブストーリーリクエストのミタを見たい方。 はこちらのから全て動画を見る事ができますよ^^! 最近の投稿• カテゴリー• 114• 146• 188• 103• 118• 133• 179• 2 お問い合わせ.

次の

『同期のサクラ』ネタバレ!1話から最終回までのあらすじ・キャスト・視聴率まとめ

同期 の サクラ 結末

一度長い眠りについたため「性格が変わってしまうのかな!?」と不安にも思いますが、予告をみるとどうやらその心配はなさそうです。 正直、そして真面目に気になることがあれば指摘するサクラ。 その姿を見て、少し安心できた方もいるでしょう。 最終回でももちろん、 いつもの正直でまっすぐなサクラが登場するのは間違いないと思われます。 また、働く意欲がでてきたことによりコンビニのアルバイトを始めるサクラ。 その姿を見た百合や葵、廉太郎、菊夫もは安心し、自分たちの仕事にとりくめるはず。 このままでも仲間として仲良くやっていくことはできますよね。 それでハッピーエンドでもいいのですが、何かひっかかります。 最終回では、 花村建設株式会社とサクラの間になにかしらの変化が起こると予想してます。 A post shared by kips. そしてまた 素敵な建物を提供することによって、仲間たちと一緒に多くの人を幸せにするという夢を掲げるのではないかとも考えられます! そして、サクラ以外の登場人物にもなんらかの変化がありそうです。 ずばり 廉太郎とサクラの上司であるすみれとの恋仲が発覚しそうな予感もあります。 過去の放送分では、すみれ(シングルマザー)の娘が廉太郎を気に入っていました。 また、すみれは蓮太郎のことを「蓮太郎」と下の名前、それも 呼び捨てで読んでいます。 心配して蓮太郎の家のラーメン屋に訪れるシーンもありました。 彼はどこかねちねちした性格があるため、すみれのような年上の女性がお似合いな気がしませんか? サクラ以外の登場人物の動きも要チェックですね! 同期のサクラに対する世間の反応を調査! これまでに『同期のサクラ』最終回の予想をしてきましたが、あなたはどのようにお考えでしょうか? 世間の反応もチェックしていきましょう! 同期のサクラの最終回はサクラが会社をやめて菊男と二人でボランティア活動をして、ゆくゆくは子供を産んで家族三人でサクラの故郷に戻って暮らすっていうオチがいい。 — 斎藤ゆまる yumaru59 最終回、なんかハッピーエンドになる気がしない。 やっぱりドラマなんだよなぁ。 ハッピーエンドなのが予想できる。 最終回の展開は、どのように変化していくかとても楽しみになります。

次の

同期のサクラネタバレ最終回!原作から結末の寝たきり入院の謎を考察!

同期 の サクラ 結末

女優の高畑充希さん主演の連続ドラマ「同期のサクラ」(日本テレビ系、水曜午後10時)の最終回となる第10話が12月18日、放送される。 2020年4月。 満開の桜の下にサクラ(高畑さん)の同期の百合(橋本愛さん)ら4人が集まっていた。 花村建設に入社して出会ってから11年。 バラバラの道を歩む百合らは「まさか、最後にあんなことになるとは」と、サクラの激動の人生を振り返っていた……。 その1カ月前。 建設会社の面接に落ち続けていたサクラは、花村建設の副社長となった黒川(椎名桔平さん)から「俺の下で働かないか?」と誘われ、古巣への復帰を果たす。 これまで問題ばかり起こしていた自分が再雇用されたことを疑問に思っていたサクラは、会社の未来に危機感を抱く黒川から、「新しい発想と熱い情熱を持って上に逆らってもチャレンジする人材が必要なのだ」と説明される。 そして、サクラは新規プロジェクトのリーダーに任命される。 黒川は、サクラがこれまでしてきた失敗は、頑固で融通が利かないのが原因ではなく、「力がないからだ」と教える。 サクラは黒川と共に、新しく着工する橋の重役会議に出席。 そして、橋のデザインと安全面に関してそんたくしようとしないサクラは、早速重役たちの不信感を買う。 しかし、黒川がサクラの意見に同調した途端、風向きが変わり、サクラは力があれば、正しい意見を通せることを目の当たりにする。 やがて、サクラは、自分が自分らしくあるためには力を持つしかないと、黒川に徐々に感化されていく。 同じプロジェクトチームに参加する葵(新田真剣佑さん)は、そんなサクラに不安を感じながらも見守ることにする。 葵は、ひょうひょうとし、つかみどころがない黒川を信頼しきれないでいた。 そんな中、サクラは、新規事業と育児に追い詰められている百合の話に耳を貸さず、NPO団体の代表となり悩みを抱える菊夫(竜星涼さん)のネット電話も聞き流してしまうなど、仕事に没頭していく。 さらに、就活中の蓮太郎(岡山天音さん)からの悩み相談よりも黒川からの着信を優先。 これまで、そんたくしない言動の度に、組織とのあつれきを生んでいたサクラは、初めて仕事で高揚感を感じていた。 同期たちは、サクラに「あなたは、変わった。 仲間なんてもう必要ないの?」と投げかけるが……というストーリー。 ドラマは、高畑さんが主演し、2017年7月期に放送された「過保護のカホコ」のほか、「家政婦のミタ」「女王の教室」(すべて同局系)などで知られる遊川和彦さんが脚本を担当するオリジナルドラマ。

次の