24 時間 テレビ 募金 額 歴代。 24時間テレビの募金額2018は歴代何位?歴代1位はあの年!

24時間テレビ2019募金額は?歴代一覧で分かる過去最高額や使い道も!|BROOKLYN

24 時間 テレビ 募金 額 歴代

24時間テレビ歴代の募金額一覧 24時間テレビの過去の募金額をまとめました。 1978年 11億9011万8399円 1979年 7億2765万7482円 1980年 9億8229万3333円 1981年 8億8519万1232円 1982年 6億573万6459円 1983年 10億3657万8114円 1984年 8億508万5881円 1985年 10億1342万9697円 1986年 7億4935万5128円 1987年 8億85465万5365円 1988年 7億8743万7001円 1989年 6億6221万1879円 1990年 8億655万1220円 1991年 8億8319万2270円 1992年 9億5770万2743円 1993年 8億5338万9423円 1994年 7億8846万358円 1995年 10億5679万8341円 1996年 9億901万2004円 1997年 9億6030万3779円 1998年 9億893万8502円 1999年 8億7748万7670円 2000年 7億6844万2030円 2001年 8億4604万7659円 2002年 7億6570万5996円 2003年 7億7663万8125円 2004年 7億1904万5124円 2005年 10億34万6999円 2006年 9億4068万2462円 2007年 10億1544万2574円 2008年 10億8366万6922円 2009年 9億5108万1316円 2010年 9億7402万8568円 2011年 19億8641万4252円 2012年 11億6847万1704円 2013年 15億4522円6444円 2014年 9億3695万5640円 2015年 8億5672万8209円 2016年 8億8748万2001円 2017年 6億9915万3512円 2018年 8億9376万7362円 となっています。 24時間テレビ歴代1位募金額と歴代最低募金額 24時間テレビの募金額で、最も大きな募金が集まったのは2011年の19億8641万4252円。 この年は東日本大震災があり、寄付に対する意識が高まったのが大きな要因となっています。 その次の多い年が2013年で、その次に多かったのが24時間テレビの初回放送でした。 そして、募金額が歴代最低だった年は2017年でした。 24時間テレビ募金額減は何を意味しているのか? 2017年は24時間テレビが始まって以来、最も少ない寄付金となっています。 その原因は一体何なのでしょうか? 様々な寄付が増えた 昔は24時間テレビ以外、どこがどのように寄付しているのかわかりづらい部分がありましたが、今はネットの発達によって、様々な情報が開示されています。 募金や寄付といったことに関しても、様々な寄付先があり、24時間テレビに寄付するこいうことが減ってきた模様です。 演出に疑問 毎年、同じ番組を放送していると、よりよい企画を行なっていきたいと考えるところです。 しかし、それが行き過ぎを招く場合があります。 24時間テレビ内での演出に対する不信感が寄付金に影響した可能性も否定できません。 出演者のギャラが注目されている 海外のチャリティー番組にはギャラが発生しません。 しかし、24時間テレビには多額のギャラが発生しているとも言われ、「それなら、ギャラをカットして、寄付に回せ」といった声も聞こえるようになってきました。 他にも報道でマラソンのギャラはいくらだ等という週刊誌報道などが影響してきているという見方もあります。 世界の果てまでイッテQ騒動で、24時間テレビ募金額に影響? 日本テレビのイッテQ騒動が今後の募金額に影響するのではないかという意見もあります。 やらせ疑惑が起こったので、不信感が増し、募金額が減ってしまう可能性もあり、2019年の24時間テレビに影響するかもしれません。 テレビ局に対しての信頼も、今後は左右していくことになるでしょう。 24時間テレビ過去の募金額一覧〜まとめ〜 毎年10億円近くの寄付金を集めてきた24時間テレビ。 寄付金が減ったとは言っても、今もなお大規模チャリティーイベントであることには変わりありません。 今後の募金額はどのように変わっていくのでしょうか??.

次の

『24時間テレビ』視聴率歴代2位も、募金額が激減!「感動ポルノの限界か?」|日刊サイゾー

24 時間 テレビ 募金 額 歴代

『24時間テレビ』公式Twitterより 日本テレビは17日、8月26~27日に放送された『24時間テレビ40 告白~勇気を出して伝えよう~』(日本テレビ系)の募金総額が6億9,915万3,512円だったことを発表した。 これらの寄付金は、24時間テレビチャリティー委員会を通じ、福祉・環境・災害復興などの支援事業に活用されるという。 「募金総額が7億円を下回ったのは、番組史上最低額となった1982年以来、35年ぶり。 つい4年前には15億円を超えていただけに、視聴者の意識の変化が如実に現れた結果と言えそう」(芸能記者) 嵐・櫻井翔、KAT-TUN・亀梨和也、NEWS・小山慶一郎がメインパーソナリティーを務め、ブルゾンちえみがチャリティーマラソンランナーを務めた今年の『24時間テレビ』。 注目度は高く、平均視聴率は18. 6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と番組歴代2位の好数字を記録した。 一方、募金総額は昨年と比べても2億円近く減少。 番組のエンディングで発表された募金総額は1億2,902万958円で、昨年よりも1億円以上減少した。 とはいえ、スポンサーが付きやすい『24時間テレビ』は、日テレの商品としては旨味だらけ。 番組として人気がある以上、今の形のまま続いていくでしょう」(同) 今年で40回を迎え、夏の風物詩としてすっかり定着した『24時間テレビ』。 たとえ視聴者が募金の呼びかけに白けていたとしても、日テレを代表する人気番組であることには変わりなさそうだ。

次の

24時間テレビ2019の募金額【歴代グラフ推移】募金額&視聴率に相関関係は?

24 時間 テレビ 募金 額 歴代

2016年で39回目の放送となる日本テレビ『24時間テレビ 愛は地球を救う』。 賛否はありますが、39年間チャリティーをコンセプトにひとつの番組を継続させるというのは、スゴいことですね! 『24時間テレビ 愛は地球を救う』の放送は多くの人にチャリティーを促しますが、番組で集まった募金は様々な形であらゆる人に貢献しているようです。 その額はとてつもないものになると予想されますが、具体的にどのくらいの金額が集まったのか?また歴代放送の中で一番集まったのは?が気になります。 金額のことばかりとなると、番組の趣旨とはややかけ離れ、下世話なことかもしれませんがまとめていきたいと思います。 また、募金の一部がギャラとして使用されているなどの疑惑は真実なのかも併せてまとめていきたいと思います。 24時間テレビ募金 歴代一覧 第 1回 1978年 1,190,118,399円 第 2回 1979年 727,657,482円 第 3回 1980年 982,293,333円 第 4回 1981年 885,191,232円 第 5回 1982年 605,736,459円 第 6回 1983年 1,036,578,114円 第 7回 1984年 805,085,881円 第 8回 1985年 1,013,429,697円 第 9回 1986年 749,355,128円 第10回 1987年 885,465,365円 第11回 1988年 787,437,001円 第12回 1989年 662,211,879円 第13回 1990年 806,551,220円 第14回 1991年 883,192,270円 第15回 1992年 957,702,743円 第16回 1993年 853,389,423円 第17回 1994年 788,460,358円 第18回 1995年 1,056,798,341円 第19回 1996年 909,012,004円 第20回 1997年 960,303,779円 第21回 1998年 908,938,502円 第22回 1999年 877,487,670円 第23回 2000年 768,442,030円 第24回 2001年 846,047,659円 第25回 2002年 765,705,996円 第26回 2003年 776,638,125円 第27回 2004年 719,045,124円 第28回 2005年 1,000,346,999円 第29回 2006年 940,682,462円 第30回 2007年 1,015,442,574円 第31回 2008年 1,083,666,922円 第32回 2009年 951,081,316円 第33回 2010年 974,028,568円 第34回 2011年 1,986,414,252円 第35回 2012年 1,168,471,704円 第36回 2013年 1,545,226,444円 第37回 2014年 936,955,640円 第38回 2015年 856,728,209円 過去最高は 2011年放送、第34回の1,986,414,252円です。 放送年による募金額の違いは番組自体への認識の低さや時代背景など、様々な要因が考えられます。 しかし、過去最高を記録した2011年放送の第34回は確実な要因がありました。 2011年3月に起こった東日本大震災、これにより人々のボランティアやチャリティーに対する関心が一気に高まったことです。 2016年は4月に熊本での大きな地震が発生、9月からはパラリンピックが開催されるということもあり、歴代でも上位クラスの寄付金が集まると予想していますがどうでしょうか? 24時間テレビ募金の使い道は?一部はギャラとの噂は本当? 毎年都市伝説のように噂される24時間テレビのの募金の使いみちに関する疑惑ですが根拠は無いようです。 一般的に24時間テレビのギャラは高いとされ、実際に出演した方がそう証言しているようですね。 まぁ、さすがに24時間生放送の司会をすればギャラがいいのは当然かもしれませんが… そういうこともあって一部をギャラに流用しているという疑惑が生まれたのではないでしょうか? タレントさんのギャラなどに関しては公に公表されることはありませんが、人気タレントさんを24時間稼働させ、日本テレビのスタッフの方々もフル稼働していることを考えるとその稼働分を募金した方が大きな金額になるのでは?と考えてしまったりもしますが、まぁそこはあまり掘り下げないでおきましょう…! [adsense] 24時間テレビ募金額歴代一覧。 使い道一部はギャラとの噂は本当?のまとめ 募金額を見ると24時間テレビがどれだけチャリティーに貢献しているのかがわかります。 ネット上では、偽善という言葉も聞かれますが、個人的には偽善であろうが誰かの役に立つのであればいいのではないかなと思います。 また、ギャラに関する疑惑については、そもそもチャリティー番組をするのにギャラが発生することにも疑問を感じます。 明石家さんまさんのように、ギャラが出るなら出演しないという方に出演してもらいたいものですね。

次の