樫山 スーツ。 【レディース】東京のオーダーメイドスーツおすすめ専門店19選

KASHIYAMA the Smart Tailor(カシヤマ ザ・スマートテーラー)のオーダースーツを紹介!樫山ブランドの特徴、注文方法、スタイルまで解説!

樫山 スーツ

1着3万円からオーダースーツを作ることができる• オーダースーツの納期は最短1週間• 全国に50店舗を展開している• インターネット通販でオーダースーツが作れる• 耐久性の良いストレッチ素材やインポート生地を取り扱っている KASHIYAMA the Smart Tailor(カシヤマ ザ・スマートテーラー)は、 メンズとレディースの両方のオーダースーツやオーダーシャツを3万円から仕立てることができます! 約1週間という早い納期が一番の特徴で、すぐに自分の体型に合ったオーダースーツを仕立てたい方におすすめのブランドです! 高性能ストレッチ素材、撥水加工などの機能性素材やインポート生地を取り扱っているため、用途に合わせて選択できるのもおすすめポイントです! さらに全国に約50店舗を展開し、2回目以降の注文からインターネット通販でオーダースーツやオーダーシャツを注文することが可能です! そこでこの記事では、KASHIYAMA the Smart Tailor(カシヤマ ザ・スマートテーラー)について紹介していきます。 (年末年始や繁盛期は多少遅れることがあります) 他のオーダースーツブランドの場合、納期には約1ヶ月程度掛かりますので、KASHIYAMA the Smart Tailor(カシヤマ ザ・スマートテーラー)の納期の早さがお分かりいただけますね! 「 なぜそんなに早いのか?」 納期が早い理由ですが、まず余計な中間業者を通さないという理由で納期を短縮できています。 通常は、さまざまな仲介業者を介しますが、KASHIYAMA the Smart Tailor(カシヤマ ザ・スマートテーラー)は、自社と契約する国内工場で縫製から品質検査まで一括で行っています。 さらに、最新のITを取り入れて、これまで職人が行っていた作業を機械で行うようになったという点も大きいです! つまり、これまでの製造工程を抜本的に改革したことから最短1週間という納期が実現できています! ちなみに余計な中間業者を省いたことによって、低価格でオーダースーツを提供できています! MADE IN JAPANで品質も良い! オーダーメイドなのに納期が早いと「 品質が良くないのでは?」と疑い深くなりますね! 結論から言いますと、品質はとても良いです! 品質の良い理由ですが、 紳士服のパターン・縫製技能保有者でつくる「国際衣服デザイナー・エグゼクティブ協会 IACDE 」日本支部が認定した「国内縫製工場優秀3つ星工場」で縫製を行っています。 つまりMADE IN JAPANなので品質は問題なしです! ちなみにオーダースーツを配送する場合は、圧縮パックに梱包され、シワや汚れがつかないという徹底ぶりです! KASHIYAMA the Smart Tailorはこんな方におすすめ! KASHIYAMA the Smart Tailor(カシヤマ ザ・スマートテーラー)の特徴をまとめると、以下の方におすすめです!• 品質の良いオーダースーツを安く作りたい方• 生地やオプションを実際に見たい方• インターネット通販でオーダースーツを作りたい方 KASHIYAMA the Smart Tailor(カシヤマ ザ・スマートテーラー)の一番のポイントは、品質の良いオーダースーツを安く作れることと、全国に50店舗を展開しているため利用しやすいということです! 全国に店舗があるということで、生地やオプションを実際に見ることができるのも良いポイントですね! また、2回目以降は、インターネット通販で生地とオプションを選ぶだけでオーダースーツを作ることができるというメリットもあります。 デメリットに関しては特別ありませんが、唯一上げるとしたら初回は必ず店舗へ来店(出張可能)する必要があることです! オーダーメイドのスーツやシャツを作るため、実際に採寸して体型の癖などを見分ける必要があるのと、よりその人の体型にジャストフィットしたオーダースーツを提供するためなので仕方のないことですが・・・。 何らかの理由でどうしても来店するの難しい方は、『』がおすすめです! Suit Yaは自己オート採寸システムを採用しており、身長と体重を入力し、好みのシルエットを選ぶだけで、自分の体型にジャストフィットしたオーダースーツを作ることが可能です! 実際に『Suit Ya』でオーダースーツを作ってみたので、詳しくは以下の記事をご覧ください。 1着3万円からオーダースーツを作ることができる• オーダースーツの納期は最短1週間• 全国に50店舗を展開している• インターネット通販でオーダースーツが作れる• 耐久性の良いストレッチ素材やインポート生地を取り扱っている KASHIYAMA the Smart Tailor(カシヤマ ザ・スマートテーラー)の 一番の特徴は、メンズとレディースの両方のオーダースーツやオーダーシャツを3万円から仕立てることができ、約1週間という早い納期なことです! 生地も機能性素材やインポートなどを取り扱っているので、用途に合わせて選択できるのもポイントです! 初回のみ店舗に来店する必要がありますが、2回目以降はインターネット通販で購入できるので、仕事が忙しい方や、近くに店舗が無い方におすすめですよ! 以上、KASHIYAMA the Smart Tailor(カシヤマ ザ・スマートテーラー)の紹介でした。

次の

ICB(アイシービー) ファッション通販サイト[オンワード・クローゼット]

樫山 スーツ

ブランド詳細 価格:18,000円(税抜)〜 納期:約3週間〜 方式:パターンオーダー 公式HP: アクセス:渋谷区、新宿区、千代田区、台東区、港区など() 女性向けオーダースーツの基礎知識 レディースを仕立てるお店が少ない理由2つ 男性向けのオーダースーツと比べると、レディースオーダースーツを仕立てるお店は多くありません。 その理由は主に次の2種類があります。 レディーススーツは特殊な技術が必要• 男性が多い業界なのでノウハウが確立されていない それぞれ見ていきましょう。 理由1. レディースオーダースーツは特殊な技術が必要 女性は、ヒップやバストなど身体に凹凸があり、しかも個人差があるので、特殊な技術を持っているテーラーでなければ、レディース用のスーツを仕立てることができません。 「テーラー」とは、スーツを仕立てる人のことで、最近では「フィッター」と呼ばれることもあります。 したがって、市販で売られているスーツはもちろん個人差に対応できず、レディースオーダースーツを仕立てるお店も少ないので、女性は身体にぴったり合うスーツを手にいれることが困難となっています。 たとえば、「バストが大きくて既成スーツがなかなか入らない」、しかし「バストが合うスーツが見つかったと思ったら、他の部位がぶかぶかになってしまった」といった悩みがでてきます。 理由2. 男性が多い業界なのでノウハウが確立されていない スーツはもともと男性発祥のものなので、業界に関わる方は女性よりも男性の方が多く、オーダースーツ店のテーラーも基本的には男性です。 しかし、テーラーが男性の場合、女性の身体を隅々まで採寸することが難しく、その結果、身体のラインにぴったり合うスーツを作り難いといった問題があります。 採寸とは、お客様の腕や肩など、身体の各部の寸法を計ることで、スーツを仕立てる工程の中の一つです。 したがって、• 女性がどういうスーツを求めているのか• 体のどういう部分を隠して欲しいのか• どの部分を綺麗にみせると女性が美しく見えるのか といったノウハウが業界全体で確率されていないことも、レディースオーダースーツを仕立てるお店が少ない理由の一つです。 ただし、求めている女性は多い 女性はワンピースやブラウスにスカートなど、比較的清楚な格好であればビジネスやフォーマルな場でも出席できます。 しかし一方で、営業職、管理職、経営者など、キャリアを確立したい方が、ワンランク上のオーダースーツをお求めになられます。 オーダースーツのメリット4つ オーダースーツは次のようなメリットがあります。 自分好みの一着が作れる• 体型の悩みをカバーできる• 第一印象が良くなる• 体型の変化に対応できる それぞれ見ていきましょう。 自分好みの一着が作れる 既成スーツと違い、オーダースーツは生地やシルエット、サイズ感など、全て自分好みに作ることができます。 スーツにこだわりがある方は、テーラーと念密に話し合うことで、思い通りの一着を作ることができます。 逆に「どんなスーツが自分に似合うのか分からない」という方でも、初めのヒアリングの際にご相談いただければ、経験豊富なテーラーからアドバイスを貰うことができます。 体型の悩みをカバーできる 「」でお話しましたが、女性は身体に凹凸があるため、既成スーツを着ると身体のラインがぴったり合わず、その結果、スタイルが悪く見えてしまいがちです。 一方、オーダースーツは様々な補正ができるので、あらゆる体型の悩みをカバーし、スタイルを綺麗に見せることが可能です。 たとえば、ヒップが大きく「スーツを着たときにお尻が出るのが悩みで、、」という方には、ジャケットの丈を長くすることで解消できます。 太もも周りが気になる方は、パンツのシルエットを補正することでカバーできます。 バストが大きくウエストが細い方でも、オーダースーツであれば、各部位に合わせたサイズ感で仕上げることが可能となります。 第一印象が良くなる お客様の目的に合った生地を選び、身体のラインを綺麗に見せるスーツを着ることで、お客様の第一印象はより良くなります。 一般的にオーダースーツをお求めになられる女性は、• 経営者• 営業職• 管理職• お受験ママ• 就活生 といった方々が多く、相手方からの印象を重要視されていることがわかります。 第一印象が良くなることは、信頼が得られやすくなり、コミュニケーションが円満に進むことで、より自分に自信が持てるようになります。 体型が変化しても対応できる オーダースーツは、お客様の体型が変化した場合でも対応できるように計算して仕立てます。 たとえば、ウエストが5cmほど大きくなった場合でも、縫製の際に残した生地の余りを使ってお直しができます。 逆に、体型がスリムになり、スーツがぶかぶかになってしまった場合でも、生地をカットするだけですので、何cm減ってもお直しができます。 目安として、体重は3キロ増減すると体型に変化が現れてきますが、このあたりがお直し無しでも問題なくスーツを着用できるラインです。 お直しの金額は、内容やお店によって変わります。 たとえば、2〜3cmの破れ傷の修理であれば、約5000円程、体型の変化によってスーツ全体のサイズを大きく変更される場合は、約3万円程が相場です。 オーダースーツのデメリット3つ オーダースーツは次のようなデメリットがあります。 納品まで時間が掛かる• 仕上がるスーツのイメージが沸きにくい• 返品ができない それぞれ見ていきましょう。 納品まで時間が掛かる オーダースーツが出来上がり、お客様にお渡しすることを納品といいます。 たとえば、市販で売られているスーツは、お店で買ったその日から着ることができますが、オーダーの場合はスーツが出来上がっていない状態から仕立てていくため、最初に来店していただいた日から、店舗によっては早くて2週間後、遅くて1ヶ月半程の時間がかかります。 期間はそれぞれオーダースーツ店の縫製方法によって変わってきます。 縫製方法については「」で後述しますが、職人のハンドメイドで仕立てるフルオーダーは納品までに時間が掛かり、既にある程度型が決まっているパターンオーダー、イージーオーダーは納品が早い傾向にあります。 特定の着用日がお決まりの方は特に、納品に掛かる期間を予め加味された上でオーダーをされることをおすすめします。 仕上がるスーツのイメージが湧きにくい オーダースーツはスーツが出来上がってはじめて袖を通すことになるので、まだ出来上がっていない最初の段階では、実際に着用した時のフィット感だったり、見た目のシルエットなどイメージが沸きにくいものです。 よって、各オーダースーツ店では、はじめて来店していただいた際に、「ヒアリング」という時間を設けています。 このヒアリングの際に、お客様の要望や具体的なイメージをテーラーと話し合うことで、理想の一着を作ることができます。 返品ができない オーダースーツは、個人の体型に合わせて作るという特性上、他の方への販売が出来ないため返品対応ができません。 そのため、「ヒアリング」の際に、テーラーに具体的なイメージを伝えることが大切になってきます。 「オーダー」の種類は大きく分けて3つ 一言で「オーダー」といっても、実は大きく分けて3種類の方法があり、それぞれ納期や値段が異なります。 パターンオーダー• イージーオーダー• フルオーダー それぞれ見ていきましょう。 パターンオーダー 【料金相場】約2万円〜 【納期目安】約2週間〜 パターンオーダーとは、ある程度型が決まっているスーツをもとに、細部をお客様の身体に合わせて仕立てるオーダー方式です。 フルオーダースーツと比べると、フィット感が劣りますが、スーツを作る工程の半分以上をマシンで仕上げていくため、価格が安く、スーツが出来上がるまでの時間が早いのが特徴です。 パターンオーダーは、価格の安さを重要視する方におすすめです。 パターンオーダー以外の呼び方 パターンオーダーは、別の言い方で「セミオーダー」、「サイズオーダー」と呼ばれることもあります。 イージーオーダー 【料金相場】約5万円〜 【納期目安】約3週間〜 イージーオーダーとは、数千種類の型紙をもとに、お客様の体のパーツに合うものを組み合わせて作るオーダー方式のことです。 パターンオーダーと同じく、ほとんどの工程をマシンで仕立てるため、スーツの納期が早く、コストを抑えることができます。 一方で、パターンオーダーのようにスーツの形がある程度決まっているわけではないので、イージーオーダーの方が体にフィットしやすくなります。 イージーオーダー以外の呼び方 イージーオーダーは、別の言い方で「マシンメイド」、「パストーレオーダー」、「コンピューターオーダー」と呼ばれることもあります。 フルオーダー 【料金相場】約10万円〜 【納期目安】約1〜2ヶ月 フルオーダーは最も本格的なオーダー方式です。 お客様の趣味趣向、体型に合わせて職人がオリジナルの1着を仕立てます。 スーツを作る工程の半分以上を職人が手作業で仕上げていくため、体の各部位にしっかりフィットし、立体感のあるスーツが仕上がるのが特徴です。 フルオーダー以外の呼び方 フルオーダーは別の言い方で、「ハンドメイドオーダー」や「ビスポークオーダー」とも呼ばれます。 オーダースーツが仕上がるまでの流れ お店に来店してから、オーダースーツが出来上がるまでの流れを解説します。 手順としては以下の9つです。 ヒアリング• 生地選び• デザイン選び• お会計• 設計図の作成• 納品 それぞれ見ていきましょう。 手順1:ヒアリング まずはヒアリングを行い、お客様どういったスーツをお求めになられているかをテーラーが確認します。 ヒアリングの内容は各オーダースーツ店によって異なります。 例えば• お客様がどのような未来を描かれているか• どういった用途・目的でオーダーされるか• その周りにはどんな方々がいらっしゃるか• スーツを着ることによってどんな変化をお求めか といった様々な角度からご要望をテーラーがお伺いします。 理想通りのスーツを作るためには、趣味趣向はもちろん、スーツの用途、目的をしっかりテーラーに伝えましょう。 手順2:生地選び どのような生地、色柄を選ぶかによってそのスーツの第一印象が大きく変わります。 どういった印象を相手に与えたいのか• スーツを着てどんな場所に行かれるのか といったことを相談しながら、最も適している生地を、テーラーと一緒に選びます。 手順3:採寸 お客様の身体に合った一着を作るために、バストやウエストなど各部位の採寸を行います。 この際に、どれだけ時間を使って正確に採寸を行うかによって、スーツのフィット感や形(シルエット)が大きく変わります。 生地選びと同様に重要な部分です。 手順4:デザイン選び デザイン選びでは、• 襟の形• ボタンの色・素材• ジャケットの裏地の柄• ポケットの形 といった、細かい部分のデザインを決めます。 手順6:お会計 続いてお会計となります。 お支払い方法は、現金またはクレジットカードが一般的です。 お会計が済みましたら、次回はスーツが出来上がった際に再度来店する流れとなります。 手順7:設計図の作成 手順1〜5で決定した内容を元に、スーツの設計図をテーラーが作成します。 によって設計図の作り方が異なります。 見た目の美しさとしては、やはり立体的なスーツの方がスタイルが良く見えます。 手順8:縫製 設計図を元に、工場でスーツの縫製を行います。 どんな工場でスーツを仕立てるかで、出来上がるスーツの質(クオリティ)が大きく変わります。 たとえば、国内の工場でしっかりと縫製の技術を持った人がスーツを仕立てるのか、それとも、コストの安い海外工場でスピード重視でスーツを仕立てるのか、これらはそれぞれお店の方針によって異なります。 高い技術を持つ縫製工場であれば、見た目に立体感があり、長持ちしやすいスーツができあがります。 手順9:納品 スーツが出来上がり、お店に再度来店します。 出来上がったスーツを店内で着用していただき、最終フィッティングを行います。 細かい部分の調整を行い、問題がなければその場で納品となります。 オーダースーツの流れ:予備知識 「仮縫い」を行う場合もある 仮縫いとは、スーツを仕立てる工程の中の一つで、設計図をもとに仮の布でスーツを作成し、一度お客様に着用していただき、フィット感など微調整を行うことです。 仮縫いメリットとしては、細部の微調整ができるので、仮縫いを行わなかった場合よりもフィット感のあるスーツが出来上がることです。 デメリットとしては、仮縫いの際にお客様に来店していただく必要があるので、遠方からお越しの方は交通費と時間が掛かってしまいます。 また、仮縫いは職人の作業が増えるため、その工賃分の料金もプラスされます。 2回目以降は「採寸」のステップが不要 スーツの設計図はお店で保管されますので、一度オーダースーツを作ったお店では、2回目以降は採寸を行わずに済みます。 体型が変化した場合は、その旨をテーラーに伝えていただければ、気になるパーツの部分を再度採寸しながら微調整を行います。 2回目以降のオーダーでは、1回目に出来上がったスーツをもとに調整が行えますので、よりお客様の趣味趣向に合うスーツが仕上がります。 失敗しないためのお店の選び方 「」で解説しましたが、メンズスーツに比べてレディーススーツは仕立てるのが難しいため、よりお店選びが重要になってきます。 失敗しないためのお店選びのポイントとして次の2つが重要です。 レディースの実績は豊富であるか• テーラーからのアドバイスは的確であるか それぞれ見ていきましょう。 レディースの実績は豊富であるか 一つ目のポイントとしては、レディースの実績が豊富なお店かどうかを確認しましょう。 実績が豊富であればあるほど、やはりテーラーの技術が確かなお店です。 確認の仕方としては、お店のホームページを確認すると、「お客様の声」として実際にスーツをオーダーされた方の声が掲載されているかどうかを見分けることができます。 テーラーからのアドバイスは的確であるか 二つ目は、テーラーとのやりとりについてです。 基本的に、どのお店もまず最初にヒアリングを行いますが、このヒアリングの際に、テーラーからどういったアドバイスを貰えるかも重要です。 お客様の趣味趣向に合わせたオリジナルの一着が作れるのがオーダースーツのメリットですが、実は「どんなスーツを作ればいいか分からない」という方も多くいらっしゃいます。 また、要望がある程度固まっているお客様に対しても、本来の目的に合った生地やシルエットを提案できるテーラーがいるお店の方が、レディースの経験値が高く、より満足のいく一着を仕上げることが可能となります。 基本的にオーダースーツ店は無料で相談ができますので、何店舗かで迷われている場合は、実際にそれぞれのお店に足を運ばれて、テーラーとお話した上で決められるのがおすすめです。 【レディース】東京のオーダースーツ専門店一覧【格安〜高級店順】 予算2〜4万円から作れる格安店 SADA(サダ) 初回に限り19,800円(税別)でスーツをオーダーできる「SADA」。 イージーオーダーによる一人一人の体型に合ったスーツ作りが強みで、プロスポーツチームへ公式スーツの提供もされています。 ホームページにて注文のシミュレーションができるので、来店前に具体的なイメージを膨らませることができます。

次の

KASHIYAMAのCM女優や俳優は誰?樫山オーダーメイドスーツの男女

樫山 スーツ

1着3万円からオーダースーツを作ることができる• オーダースーツの納期は最短1週間• 全国に50店舗を展開している• インターネット通販でオーダースーツが作れる• 耐久性の良いストレッチ素材やインポート生地を取り扱っている KASHIYAMA the Smart Tailor(カシヤマ ザ・スマートテーラー)は、 メンズとレディースの両方のオーダースーツやオーダーシャツを3万円から仕立てることができます! 約1週間という早い納期が一番の特徴で、すぐに自分の体型に合ったオーダースーツを仕立てたい方におすすめのブランドです! 高性能ストレッチ素材、撥水加工などの機能性素材やインポート生地を取り扱っているため、用途に合わせて選択できるのもおすすめポイントです! さらに全国に約50店舗を展開し、2回目以降の注文からインターネット通販でオーダースーツやオーダーシャツを注文することが可能です! そこでこの記事では、KASHIYAMA the Smart Tailor(カシヤマ ザ・スマートテーラー)について紹介していきます。 (年末年始や繁盛期は多少遅れることがあります) 他のオーダースーツブランドの場合、納期には約1ヶ月程度掛かりますので、KASHIYAMA the Smart Tailor(カシヤマ ザ・スマートテーラー)の納期の早さがお分かりいただけますね! 「 なぜそんなに早いのか?」 納期が早い理由ですが、まず余計な中間業者を通さないという理由で納期を短縮できています。 通常は、さまざまな仲介業者を介しますが、KASHIYAMA the Smart Tailor(カシヤマ ザ・スマートテーラー)は、自社と契約する国内工場で縫製から品質検査まで一括で行っています。 さらに、最新のITを取り入れて、これまで職人が行っていた作業を機械で行うようになったという点も大きいです! つまり、これまでの製造工程を抜本的に改革したことから最短1週間という納期が実現できています! ちなみに余計な中間業者を省いたことによって、低価格でオーダースーツを提供できています! MADE IN JAPANで品質も良い! オーダーメイドなのに納期が早いと「 品質が良くないのでは?」と疑い深くなりますね! 結論から言いますと、品質はとても良いです! 品質の良い理由ですが、 紳士服のパターン・縫製技能保有者でつくる「国際衣服デザイナー・エグゼクティブ協会 IACDE 」日本支部が認定した「国内縫製工場優秀3つ星工場」で縫製を行っています。 つまりMADE IN JAPANなので品質は問題なしです! ちなみにオーダースーツを配送する場合は、圧縮パックに梱包され、シワや汚れがつかないという徹底ぶりです! KASHIYAMA the Smart Tailorはこんな方におすすめ! KASHIYAMA the Smart Tailor(カシヤマ ザ・スマートテーラー)の特徴をまとめると、以下の方におすすめです!• 品質の良いオーダースーツを安く作りたい方• 生地やオプションを実際に見たい方• インターネット通販でオーダースーツを作りたい方 KASHIYAMA the Smart Tailor(カシヤマ ザ・スマートテーラー)の一番のポイントは、品質の良いオーダースーツを安く作れることと、全国に50店舗を展開しているため利用しやすいということです! 全国に店舗があるということで、生地やオプションを実際に見ることができるのも良いポイントですね! また、2回目以降は、インターネット通販で生地とオプションを選ぶだけでオーダースーツを作ることができるというメリットもあります。 デメリットに関しては特別ありませんが、唯一上げるとしたら初回は必ず店舗へ来店(出張可能)する必要があることです! オーダーメイドのスーツやシャツを作るため、実際に採寸して体型の癖などを見分ける必要があるのと、よりその人の体型にジャストフィットしたオーダースーツを提供するためなので仕方のないことですが・・・。 何らかの理由でどうしても来店するの難しい方は、『』がおすすめです! Suit Yaは自己オート採寸システムを採用しており、身長と体重を入力し、好みのシルエットを選ぶだけで、自分の体型にジャストフィットしたオーダースーツを作ることが可能です! 実際に『Suit Ya』でオーダースーツを作ってみたので、詳しくは以下の記事をご覧ください。 1着3万円からオーダースーツを作ることができる• オーダースーツの納期は最短1週間• 全国に50店舗を展開している• インターネット通販でオーダースーツが作れる• 耐久性の良いストレッチ素材やインポート生地を取り扱っている KASHIYAMA the Smart Tailor(カシヤマ ザ・スマートテーラー)の 一番の特徴は、メンズとレディースの両方のオーダースーツやオーダーシャツを3万円から仕立てることができ、約1週間という早い納期なことです! 生地も機能性素材やインポートなどを取り扱っているので、用途に合わせて選択できるのもポイントです! 初回のみ店舗に来店する必要がありますが、2回目以降はインターネット通販で購入できるので、仕事が忙しい方や、近くに店舗が無い方におすすめですよ! 以上、KASHIYAMA the Smart Tailor(カシヤマ ザ・スマートテーラー)の紹介でした。

次の