リゼロ スロット 有利 区間。 リゼロ コンビニステージでのレア役はモード・撃破率優遇?

【Re:ゼロから始める異世界生活】有利区間は最大1500ゲームを知っていて得した稼働!有利区間継続狙い!

リゼロ スロット 有利 区間

ゲーム数ハイエナ実践値 リゼロのゲーム数ハイエナの実践値を紹介します。 初期のアイテムやポイントについてですが、やはり最終的な継続率にかなり影響します。 最深部 700の天井 に到達した時にアイテムを1個持っているか、2個持っているか、3個持っているかでかなり期待値は変わってきます。 3個持っていればかなり熱い 低設定の場合、200のゾーンで当選してもデキレースの白鯨攻略戦の入ることはほとんどなく、しっかり継続率を参照したバトルになるため、このゾーンで当たった場合もアイテムを所持できているかどうかでかなり期待値が変わってきます。 200以上を目安に打っている人はゲーム数期待値自体がかなり高いので、ポイントによるマイナス期待値があっても全然打てる期待値にはなると思いますが、浅め 140ぐらい から狙っている人は少し気にした方が良いと思います。 厳密計算していないので、あくまで予測です 浅目から打つ人はポイント数やアイテムは少し気にすると、より効率よく期待値を稼げると思います。 有利区間ループハイエナ実践値 狙い方 鬼天国等の高モードは実践上有利区間が引き継げば、そのまま引き継ぐ可能性が高いです。 この性質を利用して、有利区間が引き継いだ台を狙っていくのが今回紹介するハイエナです。 ちなみに有利区間の引き継ぎ自体は200のゾーンで当選すれば高確率で引き継ぎますが、有利区間が引き継げば熱いというわけではありません。 したがって、有利区間を引き継いだという条件だけではほぼ期待値はありません。 打てるのは下記の条件の時です。 250以内でCZ当選かつAT突入かつ有利区間引き継ぎ 上乗せゲーム数が少ない方が尚良い 2. 直撃ATかつ有利区間引き継ぎ この1か2の条件で打てば、かなり期待値があります。 そもそもATに突入して、その後も有利区間が引き継ぐということがかなり稀です。 上記のような条件を満たせば、高確率で高モードループしてる可能性が高いです。 有利区間を引き継いでいるかどうかの確認は簡単です。 当然勝つと思っていたので、えってなりました。 拾えさえすれば、勝率はかなり高いですし、初期のループ段階で拾えれば期待値10000円以上は軽く超えると思います。 また、ループ中でもCZで負けることがあったので、鬼天国がループしているのではなく、引き戻し等のモードにも入ったりしている可能性が高いです。 問題は低設定ではこのループ自体に入らない可能性があることです。 私が実践しているホールは頻繁に設定3以上の画面を見かけるので、中間設定が結構入っています。 したがって、このループ自体は頻繁に見かけますし、拾えます。 ちなみに設定4を何度か打ちましたが、1日に2回ぐらいこのループ状態に入ります。 総括 個人的にはループ状態の有利区間ハイエナがかなりオススメです。 拾えた時の勝率と期待値を考えた場合、破格のハイエナです。 ゲーム数ハイエナで200のゾーンでヒットして、ATに突入した場合も有利区間が引き継げばやめずに続行すれば期待値を大幅上乗せできます。 ゲーム数ハイエナについては、かなり浅目から攻める人はポイント数も少し気にすると良いと思います。 ツイッターもやっています。 スロット情報や店舗の出玉情報を呟いてますので、もし良ければフォローしてください。 ツイッターアカウント:.

次の

リゼロ 天井解析|恩恵 ゾーン 狙い目 有利区間引き継ぎ 期待値 朝一リセット判別 やめどき

リゼロ スロット 有利 区間

リゼロ スロット 新台 Re:ゼロから始める異世界生活解析 当サイト『スロット解析. com』へご訪問頂きまして誠にありがとうございます。 このページではスロット新台6号機の「 リゼロ(Re:ゼロから始める異世界生活)」の ・ATゼロからっしゅ ・疑似ボーナス ・特化ゾーン ・ATモード について記載しています。 ATゼロからっしゅ 純増 約8. 【モードが影響する要素一覧】 ・BIG当選率 ・パネルアタック時の上乗せ ・上乗せ当選時のゲーム数 ・特化ゾーン当選率 【モードアップ契機】 [1]レア役成立時の抽選 [2]パネルアタックによる抽選 [3]規定ゲーム数消化時 AT中は基本的に通常モードに滞在しており、上記のモードアップ契機で高確へのモードアップ抽選が行われる。 [1][2]での高確移行抽選と [3]の高確移行抽選は独立しており、二つの高確が重複すると 超高確という扱いになる。 高確移行後は10Gの保証ゲーム数があり、保証ゲーム消化後は転落抽選が行われる。 AT中モード示唆演出 液晶右下にあるアイコンの色でモードを示唆している。 青アイコン 通常示唆 緑アイコン 高確示唆 赤アイコン 超高確示唆 超ゼロからるーれっと AT中は様々な契機から超ゼロからるーれっとへと突入する。 超ゼロからるーれっと突入時は、 [1]ゲーム数上乗せ [2]Episode Bonus [3]おねだりAttack のいずれかを獲得できる。 毎ゲーム5G以上の上乗せが発生する。 AT突入時以外に超ゼロからるーれっとからも突入する。 平均上乗せ 約210G 鬼がかったやり方は弱AT時でも発生する可能性あり!! 自身の実践でも2回ほど弱ATから鬼がかったやり方に当選。 1回目は鬼天国ループ時の3回目だか4回目の直撃ATからの弱ATで鬼がかったやり方に当選。 おねだり終了後1G目の小役揃い連発で180G乗せてATに入ってすぐにゼロかラッシュMAX発動。 最終獲得枚数が2300枚弱で2400枚届かず。 たしか数十枚足りなかったかな。 消化中はATの残りゲーム数の減算がストップし、ボーナス中のレア役や7揃いでATゲーム数の上乗せを抽選する。 BIG BONUS ゲーム数 20G継続 突入契機 AT中の青7揃い 消化中 レア役や青7揃いでATゲーム数上乗せ抽選 エピソードBONUS ゲーム数 50G継続 突入契機 超ゼロからるーれっとの一部 消化中 レア役成立でATゲーム数上乗せ抽選 絶望に抗え演出 絶望に抗えはAT終了時1G目に発生する可能性のある演出。 鬼モード 本機のATには「鬼モード」と呼ばれる裏モードが搭載されている。 メダル投入口の鬼ランプが「鬼がかったやり方」以外で点灯すれば鬼モード確定となる。 ATとおねだりアタックの法則 リゼロでは弱ATと強ATが存在し、鬼天国ループ時や有利区間継続時などは弱ATが選択されやすい。 弱ATの特徴 弱ATの特徴はAT突入時のおねだりアタックで見分けがつく。 弱ATの場合ハズレでは毎ゲームほぼ5Gしか上乗せせず、リプレイ揃い時もほとんど5Gの上乗せ。 レア役成立時も殆どが10G上乗せとなる。 そのため最低保証の40Gスタートが頻発する。 しかし弱ATでも鬼がかった連打などが発生する可能性もあり、また7揃いは強弱で差が無いと思われる。 またおねだりの保証ゲーム数の8G 消化後も小役が揃うたびおねだりアタックは継続し上乗せするのだが、(小役揃いでおねだり終了)保証終了後の抽選も強弱で差が存在しない。 そのため保証終了後のリプレイ時は連打演出発生のチャンスとなるためココでやれれば弱ATでも獲得枚数を上げられるぞ! 強ATの法則 強ATは言わずもがな。 おねだりアタック中は様々な上乗せ演出が発生する。 ハズレ時の10G以上の上乗せが3,4回程あれば、ほぼ強ATとみて間違いないだろう。 おねだりアタックの性能は平均100G以上となる。 この強AT、 実はおねだりアタックでの上乗せが少ないほうがチャンスが大きいのである。 あくまでも実践からのデータだということはご了承いただきたいが、 強ATの法則=(ほぼ)必ず800枚以上獲得できる。 上記の法則を達成するためにAT中は上乗せ高確率からスタートし、またそれでも上乗せ出来ない場合は終了後に強制的に上乗せさせたり、さらには絶望にあらがえに当選させたりと、無理やりにでも上記の条件を達成させようとしてきます。 強ATでチャンスパターンとなるのは、 おねだりアタックでの上乗せゲーム数が 85G以下の場合。 800枚は純増8枚だと100Gないと獲得出来ないので。 初期ゲーム数が85G以下でスタートした場合は、上乗せ高確率状態(もしかしたらこれが鬼モードと呼ばれる状態かも)からスタートします。 高確滞在中のパネルはパジャマや水着連発。 さらに上乗せ状態も高確になっているのでスイカや弱チェでもバンバン上乗せする。 さらにボーナス超高確状態へ移行しやすいという至れり尽くせりの状態。 まさに無双状態です。 しかしこの無双状態はある条件を達成すると転落する模様。 おそらくは800枚を獲得できる状態になった時点から転落抽選を行っていると思います。 そのため上乗せの前兆~上乗せ確定表示までの間にどれだけパネルを開けられるか、小役を引けるかによります。 私はこの状態からスタートしたときの4割くらいは完走しているので、初期おねだりで160G以上の上乗せと85G以下スタートの場合は【完走チャンス】となるはずです。 有利区間完走の条件 リゼロはおそらく一撃(1回のAT)で1500枚or1600枚を獲得出来る状況になると強制的にゼロかラッシュMAXに突入し有利区間が完走すると思われます。 純増8枚なのでAT中のボーナスなしで約200G。 初期スタートが160G以上でチャンスです!

次の

パチスロの「有利区間」とは?【3000枚規制・2400枚規制】

リゼロ スロット 有利 区間

この記事の目次• まず初めに。 基本編で自力シナリオとできれシナリオについて書かせてもらいました。 ここでは基本編を既に読まれている前提で進めさせてもらうので、まだ読んでいない方は先に目を通されることをお勧めします。 まず有利区間の継続 コンビニ非経由 について。 6号機のシステム上、 有利区間は最大1500ゲームまたは有利区間中の差枚数が2400枚を超えるまでは継続出来ます。 この台はその仕様を上手くゲーム性に取り込み、大当たり後も有利区間を継続し、あたかも高モードがループしているような状態を作り出しています。 見かけ上、ループに見えますが、 実際は有利区間突入時に決定されたシナリオで管理されており、 1500ゲームの有利区間内に配置された白鯨攻略戦や直撃ATがループに見えるだけです。 連チャンしているわけでもループしている訳でもありません。 また有利区間が継続するには条件があり、 有利区間の残りゲーム数が次回白鯨攻略戦までのゲーム数+300ゲームほど残っている場合のみ つまり純増8枚なので、常にATを完走できる可能性がある となります。 以上を踏まえると、有利区間の最大継続が1500ゲームがということを考慮し、 次回の白鯨攻略戦が何ゲーム付近に配置されているのかを逆算出来る場合があります。 詳しくは後で書かせてもらいますが、実際この知識はハイエナの際に役に立ちます。 実際に何種類のシナリオがあるのかは解析待ちですが実践上、自力シナリオ、できれシナリオ共に10種類以上はあるのでは無いかと推測しています。 以下にそれぞれ具体例を上げつつ解説させてもらいます。 分かりやすいように各シナリオにアルファベットで仮の名前をつけることにします。 自力シナリオについて。 このパターンが来た場合、低設定だと判断しても 次回白鯨までは続行です。 またこのパターンで捨てられた台があればハイエナ出来ます。 できれシナリオについて。 例として規定ゲームを全て300ゲーム以内に配置しましたが、もっと遅いゲーム数や、 逆に200ゲーム以内など早いゲーム数にクジラや直撃ATが配置されるシナリオもあります。 弱ATには大量獲得の夢も無く、こういう感じのシナリオはできれシナリオの中でも最弱のシナリオの1つです。 いくつかシナリオの具体例をあげましたが、これら以外にもシナリオは存在します。 ただ、大きく分類するといずれかのパターンに当てはまるので、これだけ押さえておけば実践には充分だと思います。 正確なシナリオ、白鯨配置は解析待ち これらの知識を元に、 高設定のツモり方、効率的なハイエナ方法を次回以降の 記事で書かせてもらいます。

次の