ガンダム クロス オーバー 設定 判別。 ガンダムクロスオーバー スロット

ガンダムクロスオーバー【設定示唆・開始終了画面・カード種類・ビタ押し】解析

ガンダム クロス オーバー 設定 判別

概要 [ ] の父、博士が開発した「自己再生」「自己進化」「自己増殖」の三大理論を備えたガンダム。 本来の機体名称は アルティメットガンダムで、当初はMFのメンテンナンスフリーを目的として開発されたものであり、後に三大理論を活かして地球環境再生へ転用された。 平和的な理由で作られた本機だが、作中ではドモン と関係者、及び再現VR から「が世界征服のために持ち出しに逃亡。 その結果母は死に父は冷凍刑になった」と語られる。 彼がガンダムファイターになったのも本機の捜索及び拿捕のためであり、実際にドモンがキョウジと対峙して、この一連の件を問い質すシーンもあるが、キョウジは返答する気配すら見せなかった。 だが、終盤において、この件は本機の技術や軍事利用に目を付けたとのでっち上げにすぎず、本機の奪取のためにドモンを利用していたことが明かされる。 彼らにより、 修行中のドモンを除く カッシュ一家が拘束されそうになった際、悪用を恐れたカッシュ博士は、長男をアルティメットと共にへと逃がすが、キョウジを庇って、母・ミキノは射殺されてしまう。 母の殺害を目の前で目撃したことで生じたキョウジの憎しみの感情と地球落下時のショックが原因で、「人類抹殺こそ地球再生のための手段」と認識して暴走し、キョウジを強制的に生体ユニットとして取り込みデビルガンダムと化した……というのが真相である。 キョウジがまともに返答しなかったのも、実際には「できなかった」という方が正しかった。 各形態 [ ] 以降作中では機能の「自己進化」をいかんなく発揮し、様々な形態で登場した。 判別に関しては デビルコロニーは番外として 機体下半身の状態で判別するとわかりやすい。 序盤の形態。 多脚部分のみ。 下部のガンダム顔は全く無い。 ガンダム顔と多脚のどちらも見えるが、ガンダム顔にアンテナが無い。 多脚部分は無くなり、ガンダム顔が完成。 ガンダム顔が変形して脚部の役割も果たす。 登場作品と操縦者 [ ] 本体撃破後の復活も含め、設定的に色々と独自の解釈が出来るためか、他作品とのクロスオーバーや独自のオリジナル設定が加えられることも多く『Gガンダム』の参戦=デビルガンダム参戦と言っても過言ではない。 元は人間に造られた物とはいえ、三大理論によって生物と同様の増殖や進化を繰り返しているため、その存在はもはややといった人外の脅威と同等かそれ以上とも言える。 「地球再生の為に作られたが、暴走し人類抹殺を目的とする悪魔のガンダムに凶変した」という大本の部分は変わらないため、結構なプレイヤーは見落としている部分であると思われるが、実は「地球に落ちた衝撃とキョウジの憎しみの感情で異変が生じた」という設定はSRWで採用される事は少ない。 原作の台詞を引用するシーンであってもその辺の件は削除されている。 SRWでは世界観的に、地球に落ちたデビルガンダムを長い期間放置という設定にはしづらいためかこの地球降下の流れが劇中かそれに近い期間に行われており 降下直後に活動している場合が多い。 [ ] 初登場作品。 (おそらく)の技術を利用しカッシュ博士が開発した。 その時国連内に居たがこれを悪用しようと目論み……以降、シロッコがのポジションを担って原作と同じ流れとなるが、ルート次第ではなんと シロッコ本人が乗ってくる。 確かにシロッコの精神力ならDG細胞も制御できそうではあるが。 本作では第一形態のみ登場。 イベントとして数度顔出しする程度。 第1形態は『』には登場しないので特に戦う事なくおさらばとなる。 原作通りに編、編、DGレイン編と用意されており、イベント撃破になることが多い。 黒幕は原作どおりウルベであるが、コロニーとの融合がなく等の他のラスボス達と並んで登場する。 最終形態の時に「石破ラブラブ天驚拳」か「究極石破天驚拳」で倒されるイベントがあるが、イベントを起こさず撃破することも可能である。 COMPACTシリーズ [ ] ほぼ原作どおりの流れで追い詰めていき、第1部では、第3部ではデビルガンダムコロニー内部による決着となる。 デビルガンダムの人類抹殺の意思はと同調する物らしく彼らに活用される。 本作ではウォンが登場しないので、その辺の役割はアインストが行なっている。 第1部では強敵であるが、第3部では自軍がインフレ気味の能力値なため、特に苦戦する局面はない。 なお、ドモンに追われるのがスパロボの中でもトップクラスに速く、 地球に落ちる前にドモンがデビルガンダムに追い付いて交戦している(逃げられたが)。 携帯機シリーズ [ ] 今回はギガノス帝国に奪われそうになり地球へ逃亡する。 今作ではとウォンが結託しているので恐らくはこの2人の陰謀であると思われる。 序盤、いきなり落っこちてきてにぶち当たり、を攻撃して航行不能にしてくれるという衝撃の登場をやってくれる。 第1形態・ランタオ・最終形態ときっちり三段活用する。 今回のクロスオーバー相手は『』ので、デビル機動要塞となる。 ちなみに、気付いていないプレイヤーも多いが、デビルガンダムは地上に落下したショックで暴走をしている為、今作の場合、実は「 ナデシコにぶつかったショックで、デビルガンダムが暴走してしまった」事になる(そのため、では真相を知ったドモンが「お前のせいか」とユリカにツッコミを入れるネタがある)。 尤も真面目に解釈するならば、追撃に来たドモンやギガノス軍はこの時点で既に「デビルガンダム」と呼んでいるので、今作では地球落下前に暴走している可能性も高い。 実際今作では(…というより、大半のスパロボシリーズでだが)「地球に落ちたショックで暴走」とは語られていない。 ゲーム中で3つしか手に入らないの内2つを序盤のデビルガンダムが持っている上に、該当ステージではHPが一定値以下になると撤退してしまう。 入手したいのならやなどによる工夫で撃破する必要がある。 概ね『A』と同様だがHPが大きく跳ね上がっている。 序盤に登場する第1形態は撤退させずに墜とすとアルティメット細胞を落とすので是非入手しておきたい。 原作終了後の設定。 により復活。 おまけに大量増殖し、オリジナル敵一派が主力として利用する。 基本はだが、1機だけの暗躍により復活させられたを生体コアとする。 その為か、東方不敗機の能力はかなり高い(ただし武器の基本が系なのでタイプのマスターと相性が悪い)。 なお、これにはゲッター線も非常に責任を感じたようでお詫びとして東方不敗の身体を治した上で蘇生するという行動に出ている。 つまり、 デビルガンダムはゲッター線すら脅威に感じる存在らしい。 デビルガンダムに限らず、Gガンダム系が全体的に不遇な扱いとなっており、ウルベ、ウォンも居らず、彼らのポジションに『』のが据えられそうな展開だったが、ストーリーが止まりの為、レインが乗る事も無く破壊されて終了。 スパロボでも珍しい最終形態が登場しない展開となった。 VXT三部作 [ ] 原作終了後の扱いだが、先のデビルガンダム事件において、保険としてレインの体内に潜ませていた核の複製から再生して復活、遂行のための戦力として運用される。 最終的に再び撃破されるも、困難ルートではレインの体内にいた事で影響を受け本来のアルティメットガンダムとして再生し、アクシズ落としを阻止する等の活躍を行った。 エンディングではその能力を機界昇華した星を救う事に役立てる為東方不敗と共に外宇宙に旅立った。 なお、その際アクシズはによってDG細胞に満たされた状態となっているなど、『64』ののオマージュと思わしきクロスオーバーが見られている。 今作では、デビルガンダム(アルティメットガンダム)もまた権力闘争の被害者であることにも触れられている。 エキスパンションシナリオでは次元の狭間で 迷子になってしまっている他、復活したデボネアが再生させた個体も登場する。 単独作品 [ ] の母星(ダグ星系共和国)の技術を使って開発されている。 この作品でのキョウジは悪人であり、ウルベも登場せず黒幕は存在しない。 隠しシナリオでは、レイズナーの敵役・を取り込んでオリジナル形態へと進化する。 バルマー帝国傘下のが数年前にダグ星系共和国の前線基地がある小惑星を攻めた際、地球のデビルガンダムに似たもっと巨大で凶悪な奴(おそらくデビルコロニーのような状態と思われる)が現れたという。 なお本作ではアルティメットガンダム形態、下半身が巨大なガンダムの顔になっている第二形態、最終形態の飛行形態、MS形態、MS形態で更にデビルフィンガーが展開している姿、オリジナル形態の合計6タイプが存在している。 フリーバトルに6形態とも登場。 『』のの6機目のガンダムとして奪われそうになり地球へ逃亡するが、「脱出時に受けた攻撃」で暴走する。 後のになるコロニーの過激派がデビルガンダムの力を利用しようと目論み…以降は原作通りという流れ。 『ガンダムW』の5人とほぼ同時に地球に降下し、5人にデビルガンダムの破壊か捕獲を指示される。 終盤では率いるに回収されてと融合し、となる。 最後のパイロットは再生させられたウォン。 レインが搭乗することはないが、を仲間にするのに失敗すると、バーサーカーアレンビーが搭乗する。 本作ではの手によって復活し、もう一つの Dとして彼の計画に利用される。 最終的には『』のと融合する。 パイロットはデビルガンダム同様にバーベム卿の手によって復活したウルベ。 また今回のバンプレストオリジナルキャラ達のバックストーリーにも大きく影響している。 原作終了後の話だがの世界にDG細胞が持ち込まれ、によって利用される。 さらに本作ではの空中要塞・と融合し、『64』以来のオリジナルユニット「」となる。 原作終了後の扱いで、2章冒頭からドモンがその行方を追っている。 6章での決着までたびたび現れ、「文明の負の産物」という共通項を持つを取り込んだりはするのだが、そのミューカスが方々と野合する怪物系勢力なので印象は変わらない。 誰がパイロット化するという事もなくDG細胞名義のまま、のようなもなく、ほぼ単純な怪物扱いに終始する。 2017年10月の進撃イベント「遙かなる戦い、開幕」に登場。 世界観は『IMPACT』終盤準拠だが、詳細な背景は不明。 に反乱したに操られと融合し、地球に落とされようとする。 関連作品 [ ] 中ボスとして登場。 未来人がバルマー帝国と戦うために利用した。 を生み出した根源。 実際に戦うのはの姿のみ。 がに供与したフレームを元に開発される。 フレームには密かにが内蔵されており、カッシュ博士はこれに気付いてDG細胞(アルティメット細胞)で機能に封印を施していたが、ドモンの怒りの力を利用して一時的に機能させて過去の新西暦155年に時間移動した。 新西暦155年ではその異形から 「イン石怪獣D」と呼ばれ、怪獣扱いされていた。 最終的に、ウルトラマンのカラータイマーの力が注入され、ユーゼスと融合することで超神ゼストになった。 ボスキャラとして登場。 ランタオ島までは原作と同じだが、その後の手に落ち、市に配置されと融合してしまう。 常にHPが回復していくのだがこの回復量がすさまじく、弱い通常攻撃では回復量が上回り実質無傷になってしまうほど。 背中のデビルファングはスタン確定なので食らうと起き上がるまでに相当回復されてしまう。 これでいて時間制限まであるので短期決戦を強いられ、その名に恥じぬ悪魔のような攻略難易度を誇る。 間違いなく本作最強の敵。 パイロットステータス [ ] [ ] 、、、、、 見た目からは想像もつかないほどのサポートに特化したラインナップ。 全体的に習得が非常に遅く、レベル78の時点ではなんと2つ目の鉄壁までしか習得していない。 [ ] 、L7、、L3、L3、L3 2回行動は最終決戦時のみ習得。 内部的にはレベル78で習得することになっている。 [ ] 周囲3マス以内の敵軍勢の技量・防御・回避・命中の能力値を-20する。 『』で採用。 主な関連機体 [ ] 一覧に無い機体はを参照。 強化型・バリエーション機 [ ] デビルコロニー デビルガンダムコロニーとも呼ばれ、終盤においてデビルガンダムがネオジャパンコロニーを取り込んだ姿。 大きさ相応の圧倒的な力を誇り、邪魔者を排除して地球への降下を企む。 しかし、ガンダム連合の猛攻と内部に侵入したシャッフル同盟の活躍により、元のコロニーに戻った。 デビルコロニーとしてのデビルガンダムの姿は、初期オープニングから登場しており、シャッフル同盟の進撃シーンも後に本編に使われた(ただし、オープニング映像では、シャイニングガンダムだったのに対し、本編では、ゴッドガンダムになっている) SRWでは、デビルアクシズ、デビルウルタリアや『』の復活したデビルガンダムのデザイン元となっている。 デビルガンダムの触手。 『新』でを取り込んだ姿。 最終形態をベースにした更なる強化形態。 『64』でを取り込んだ姿。 デビル機動要塞 『A』でを取り込んだ姿。 デビルマスドライバー 『MX』でを取り込んだ姿。 『NEO』でを取り込んだ姿。 関連機 [ ] 地球降下後に「自己増殖」で生み出した自身の手駒。 で数百機を生み出している。 の地下に潜伏している時は、逆にデスアーミーを吸収して力を蓄えていた。 、、 デスアーミーに陸戦・水中戦・空中戦用の各オプションパーツを装着した姿。 、天剣絶刀、獅王争覇、笑倣江湖 デビルガンダムが生み出した機体の中で特に強力な4体で、「デビルガンダム四天王」という異名で呼ばれる。 余談だが4機共前期OPから姿を見せておりシャイニングとも対決しているが、本編ではマスター以外の3機はゴッドガンダムに乗り換えてからの登場になった。 シャイニングガンダムとは一部の部品が共通であり、ライジングガンダムはシャイニングガンダムの部品を一部流用しているため、この2機とは頭部、胴体部の形状が酷似している。 機体・搭乗者が共に近しい関係にあることから、両機が酷似するのはある意味では当然なのだろう。 或いは、光=シャイニングと闇=デビルは表裏一体であるという象徴的意味もあるのかもしれない。 余談だが後年発売された本機の玩具では両機と同系統のデザインの下半身も付属しており、換装することで通常のMFに近いスタイルにすることも可能であった。 余談 [ ]• 『機動武闘伝Gガンダム』の最大の敵ではあるが、本来は平和利用を目的として造られた物であり、権力闘争に弄ばれた末に人類の脅威と化してしまった、ガンダムシリーズでも特に悲劇的なガンダムでもある。 生体ユニットは女性が適任とされるデビルガンダムだが、SRWではウルベや、他作品のキャラクターではやなど男性が乗るケースが多い。 これは女性に次ぐ適任の条件が、「=強靭な肉体」としての資質がある人物となっているためである。 原作では生体ユニットにされただけでなく、強靭なガンダムファイターの中でも最強クラスの戦闘力を秘めたドモンや、女性ガンダムファイターであるも生体ユニットとして狙われる。 は自ら生体ユニットになることを望むものの、自身の体が不治の病に蝕まれていた事により、断念せざるを得なくなった。 また、レインが生体ユニットにされた際は裸体になっており、全身が金属化していた。 海外では宗教的な理由から ダークガンダム(Dark Gundam)という名称に変更されている。 Gガンダム放送以前に描かれた「プラモ狂四郎」(SRW未参戦)に登場したガンプラ、ブラッディ・マリーはデビルガンダムの異名を持つ。 そのため、『Extreme. VS』シリーズでは、狂四郎とドモンの間にそれに関する会話が発生する。 ストレートに悪魔の名前が冠されているガンダムだが、後年に制作された『』では様々な悪魔の名前を冠したガンダムたちが登場する事となった。 『超級! 機動武闘伝Gガンダム』では、母の命を奪われたことへのキョウジの憎しみを取り込んだことも変貌要因の1つと説明された。 また同作ではと同時期に開発された兄弟機という設定が追加された。 資料リンク [ ]•

次の

ガンダム クロスオーバー【スロット新台】設定判別・解析攻略まとめ

ガンダム クロス オーバー 設定 判別

4 97. 8 98. 0 100. 6 103. 2 107. 7 108. AT「 クロスオーバーラッシュ」は純増最大約4. 出玉を減らさずに高純増で出玉を伸ばせる 革新型バトル「G-AT」は大きな特徴と言えるだろう。 AT終了後は継続セット数ごとに変化する引き戻しゾーン 覚醒周期と G周期の2種類を搭載。 AT6セット目の モビルアーマーバトルを勝利するとエンディング終了後に 覚醒周期に突入。 と次のATが確約される強力な引き戻しゾーンとなっている。 カードバトルで夢の共演を果たしたガンダムシリーズ伝説の3作品の世界観を体感しよう。 [Bisty(ビスティ)] 2020年7月6日(月)導入開始• [Spiky(スパイキー)]• [BELLCO(ベルコ)]• [WORLD(ワールド)] 2020年5月18日(月)導入開始• [PIONEER(パイオニア)]• [ACROSS(アクロス)]• [Carmina(カルミナ)] 2020年5月11日(月)導入開始• [D-light(ディ・ライト)]• [YAMASA(山佐)] 2020年5月7日(木)導入開始• [SanThree(サンスリー)] 2020年4月20日(月)導入開始• [ACROSS(アクロス)]• [Daito(大都技研)] 2020年4月6日(月)導入開始• [SANYO(三洋物産)]• [NET(ネット)] 2020年3月23日(月)導入開始• [Enterrise(エンターライズ)] 2020年3月16日(月)導入開始• [BALTEC(バルテック)]• [OKAZAKI(岡崎産業)]• [Sammy(サミー)] 2020年3月2日(月)導入開始• [BELLCO(ベルコ)]• [SANYO(三洋物産)]• [SANYO(三洋物産)] 2020年8月3日(月)導入開始• [newgin(ニューギン)]• [Sammy(サミー)] 2020年7月20日(月)導入開始• [Daiichi(大一商会)]• [TAKEYA(竹屋)]• [TAKEYA(竹屋)]• [SANKYO(三共)]• [SANKYO(三共)]• [newgin(ニューギン)]• [TAKAO(高尾)]• [MARUHON(マルホン工業)] 2020年6月15日(月)導入開始• [NISHIJIN(西陣)] 2020年5月18日(月)導入開始• [SANKYO(三共)] 2020年5月11日(月)導入開始• [newgin(ニューギン)]• [TAKAO(高尾)]• [Daiichi(大一商会)]• [JFJ(ジェイエフジェイ)] 2020年5月7日(木)導入開始• [SANYO(三洋物産)]• [NISHIJIN(西陣)].

次の

ガンダムクロスオーバー【設定示唆・開始終了画面・カード種類・ビタ押し】解析

ガンダム クロス オーバー 設定 判別

ゲーム数なら約600G~。 のため3周期~狙うことができます。 サポートカードの機体 Nカード HP300 Rカード HP500 設定示唆 ジム ガンキャノン 奇数設定示唆 ネモ リックディアス 偶数設定示唆 AT開始時作戦ナンバー AT開始時に画面右下に表示される、 作戦ナンバーの種類で設定示唆となるパターンあり。 カットインの種類で設定示唆。 3人集合画面は要注目。 という流れでAT当選を目指す、 カードバトルのようなゲーム性。 ガシャパート 通常時の周期開始時に使用するカードを決定するゾーン。 前後半に分かトータルで10G継続。 オペ子のアクションによって期待度が変化。 エフェクトが発生するとチャンス。 後半パートのリーダーガチャ振り分け カード エフェクトなし 中エフェクト 強エフェクト R以上 ガンダム 37. 強化パート ガチャパートにて決定したカードを、 バトルに向けて強化していくゾーン。 キャンペーンの種類に応じて強化期待度が変化。 5セットから7セット継続。 小役成立時のイベント内容に応じて攻撃。 ・リプレイでHP サブカード を強化 ・ベルで攻撃力 リーダーカード を強化 ・レア役で両方の強化 など成立役によって役割が異なる。 保留玉の種類はきゃんぺーに応じて変化するため 優れたキャンペーンの方が大幅な強化に期待できる。 11G以降はG玉が出現しやすい。 バトルパート中の保留抽選 保留 10Gまで 11G以降 攻撃玉 45. レア役は発動しやすい。 その際はリーダーカードの基礎攻撃力に加えて、 追加ダメージ当選分のダメージを与える。 玉の種類・成立役に応じて当選率は変わる。 反撃スキル発動時のダメージ振り分け ダメージ 振り分け 200 37. 白7揃い濃厚パターンもあり。 図柄狙い発生時にボタンPUSHすると カードパネルのステップアップが発生し ステップするほど白7揃いに期待。 周期ランクに応じて決定。 周期ランクとログインシナリオ ログイン シナリオ 周期ランク 周期A 周期B 周期C 確定 1 — 12. ログインシナリオに応じて振り分けが異なる。 ランクS・SSなら上位作戦に期待。 キャンペーンランク別作戦振り分け 作戦 キャンペーンランク B A 延長 S SS 赤マス時 一年戦争 52. 天井短縮示唆などもあるので要チェック。 75で出現 通常時のチャンス演出 通常時は液晶上部にあるカードランプや、 リール右のオペ子のアクションに注目。 点灯数が増えるほどチャンス。 カードランプ点灯 段階 リプレイ 弱レア役 強レア役 レア役期待度 なし 98. メイン液晶に移動すればチャンス。 ロックすればレア役濃厚。 敵のマスアクション パターン ベル リプレイ 弱レア役 強レア役 ハズレ なし 53. 白白BARと白7揃いの2種類あり。 強化パートとバトルパートの2パート構成。 バトルパートで勝利すればセット継続。 強化パート ATセット開始時に突入する、 攻撃力 ランク を強化するゾーン。 ATセット開始時に各リールの攻撃力 初期ランク を決定。 ランクは各リールごとに決まっていて全7段階。 初期ランク決定後は、 10G間押し順ベル・レア役でランク昇格抽選を行う。 レア役成立時は全リールランクアップのチャンス。 純増約4. レア役なら大ダメージ・特殊効果発動のチャンス。 レア役成立時はランク不問でダメージ決定。 レア役成立時は攻撃力倍増などの 特殊効果が発動することもあり。 【押し順ナビ】 バトルパート中は押し順ナビの種類でダメージ変化。 ナビ発生期待度 パターン 出現割合 ナビ発生期待度 あおりなし 60. ダメージに停止したパネルに応じた倍率がかかる。 レア役成立時は高確移行濃厚。 レア役以外から移行時は3G間継続。 滞在中は液晶右に帯が出現。 組み合わせに注目。 カットインは複数パターンあり。 第3停止後にコロニーレーザー発射で終了。 ラウンド開始画面 ラウンド開始画面は複数あり。 その種類で敵のHPを示唆。 ラウンド開始画面 MAバトル以外 パターン HP6000 HP8000 HP10000 1機 31. 12セット継続濃厚となるため大量出玉に期待できる。

次の