さつまいも 効能。 食物繊維だけじゃないさつまいもの栄養。美肌作りに嬉しい効果も! | 女性の美学

サツマイモ/甘藷/唐いもの栄養価と効能:旬の野菜百科

さつまいも 効能

いも類ではさつまいもにしか含まれていない ヤラピンという成分が含まれていたり、ポリフェノールの一種である クロロゲン酸という栄養もあるんですよ。 カルシウムは他のいも類には含まれていないのですが、さつまいもには含まれているのも注目です。 便秘・風邪予防・免疫力アップなどの健康効果があるさつまいもの魅力にせまりますね! それでは、それぞれの栄養について詳しくご紹介していきます。 ビタミンC さつまいものビタミンCの含有量は、さつまいも1本で りんごの約7倍の量を含んでいます。 さつまいものビタミンCの量は、いも類ではトップの含有量なんですよ! ビタミンCは加熱すると壊れやすい栄養素です。 しかし、さつまいもに含まれる でんぷんがビタミンCを守ってくれるため、さつまいものビタミンCは加熱しても壊れにくいのです。 ビタミンCには 抗酸化作用がありシミやそばかすを防いで肌のハリを保つ働きがあります。 皮膚や血管の老化を防いで アンチエイジング効果を期待できます。 他には 免疫力アップで風邪の予防や疲労回復にも効果的です。 食物繊維 さつまいもに食物繊維が豊富に含まれていることは聞かれたことがあるのではないでしょうか。 100gあたり3. 0g含まれていて、じゃがいもやヤーコンの3倍の量が含まれています。 蒸したさつまいもの食物繊維はごはんの10倍もあります。 すごい量ですよね! さつまいもの食物繊維は、不溶性食物繊維のセルロースというものです。 セルロースは腸を刺激するため 便秘解消に効果的です。 さらにセルロースは便通を促進して不要な物質を体外に出すことから、 コレステロールなどの余分な脂質の排出もしれくれます。 大腸がんの予防も期待できます。 ヤラピン さつまいもを切ると断面から出る白い液体がヤラピンです。 緩下剤の作用によって便を軟らかくするため、 快便効果があります。 腸のぜん動運動と食物繊維との症状効果で 便秘解消に効果的です。 このヤラピンはいも類ではさつまいもにしか含まれていない栄養です。 クロロゲン酸 ポリフェノールの一種であるクロロゲン酸は、脂肪燃焼をしてダイエットに効果的です。 カリウム 体内で余分な塩分(ナトリウム)を尿で排出して むくみ防止や高血圧予防に効果的です。 また、 筋肉の痙攣(けいれん)を防ぐ効果もあります。 ビタミンE ビタミンEには抗酸化作用があり活性酸素を減らす働きがあります。 カルシウム カルシウムは骨や歯などを作るのに役立ちます。 いも類の中では一番カルシウムが含まれているのがさつまいもなんです。 じゃがいも、長いもなどには殆どカルシウムは含まれていないんですよ。 アントシアニン 紫芋にはポリフェノールの一種のアントシアニンが含まれております。 アントシアニンは、 抗酸化作用があるためがん予防や動脈硬化にも効果が期待できます。 また、高血圧を防いだり生活習慣病の対策にもなります。 スポンサーリンク さつまいもの効果と効能は? ・便秘解消とダイエット効果 ・美肌効果、アンチエイジング効果 ・免疫力アップ ・ガン予防 ・眼精疲労の軽減 さつまいもには、様々な栄養が含まれているので美容と健康にはもってこいなのです。 こんなにも優れた健康食品とは知らなかった!という方も多いのではないでしょうか。 それでは、さつまいもにはどんな効果、効能があるのか詳しくご説明していきます。 便秘解消とダイエット効果 さつまいもの食物繊維は腸を刺激するため 便秘解消に効果的です。 また、ヤラピンは腸のぜん動運動をして便の排出を促す効能があります。 食物繊維とヤラピンの相乗効果で便秘解消になるのです。 さらに体内の不要な物質を便と一緒に排出するため ダイエット効果もあります。 美肌効果、アンチエイジング効果 さつまいもに含まれるビタミンCは シミやそばかすを防いで肌のハリを保つ効能があります。 さらに皮膚や血管の老化を防ぐためアンチエイジング効果まであります。 免疫力アップ ビタミンCは免疫力アップで風邪の予防や疲労回復にも効果的です。 また、ビタミンEには抗酸化作用があるため活性酸素を減らすためサビない身体を作って免疫力アップが期待できます。 ガン予防 ビタミンCやビタミンEは 抗酸化作用があり活性酸素を減らす働きがあるためガン予防になります。 紫芋に含まれるアントシアニンも抗酸化作用があるためがん予防が期待できます。 眼精疲労だけでなく、白内障や視力の維持に効果的です。

次の

さつまいも(薩摩芋/サツマイモ)の栄養と効能=食べて健康、免疫力up!

さつまいも 効能

ある程度暖かいところで取れるので、日本では西日本が中心です。 ヒルガオ科だけに、そっくりの花が咲きます。 とは言っても、本州ではめったに咲くことはなく、咲いてもほとんど受粉せず種が出来ません。 最初は1604年に琉球に伝わったとされています。 その後100年近く経ってから種子島に伝わり、1700年代初めに薩摩藩が栽培を始めるようになりました。 琉球や鹿児島など九州各地では中国から伝わってきた芋と言う事で「唐芋(からいも)」と呼ばれるようになりました。 そして1732年の「享保の大飢饉」が西日本を襲います。 そんな中サツマイモが一気に注目を集める事となり、江戸幕府の目にとまり徳川吉宗によって起用され、青木昆陽らによって江戸にも広まったとされています。 なので、関東では薩摩藩から伝わった芋なので「薩摩芋(さつまいも)」と呼ばれるようになったようです。 鹿児島と言えば「芋焼酎」と言うほど浸透し、各家庭でも作られていたそうです。 鹿児島で焼酎に使われるサツマイモは一般的に食用となっている品種とは少し違い、皮の色が白い小金千貫などが主に用いられてきました。 いつもと違うこういったサツマイモを使うだけでも変化があって話題になりそうです。 皮をむく手間がかかることもあり、大部分は家畜の飼料や肥料にされているようですが、昭和のはじめには家庭の食宅にもよく出されていたようです。 最も沢山生産しているのはやはり何と言っても鹿児島で、全国の約4割を生産しています。 その多くは焼酎の原料にもなっているのでしょう。 次いで茨城県、千葉県となっています。 サツマイモは全国全ての都道府県で作られてはいますが、北海道や青森など寒い東北地方ではその量がとても少ないです。 収穫は8月ごろから始まり11月くらいまでです。 ただ、採れたてがおいしいとは限らず、2~3ヶ月貯蔵して、余分な水分を逃がしてからのほうが甘みが増してホクホクとした美味しい物になるそうです。 なので、旬は10月~1月頃。 品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 紅隼人 紅赤 紫唐芋.

次の

さつまいもの美容効果がすごい!栄養と効能について

さつまいも 効能

水に溶けない性質の不溶性食物繊維には「便を固める」という作用もあります。 便が固くなって便秘になっている人など便秘の状態によっては思ったような効果が得られない場合もあるようです。 3.代謝を上げる効果 さつまいもにはエネルギー代謝を良くする ビタミンB群も含まれています。 ビタミンB1 炭水化物(糖質)の代謝を手助けするビタミンで「疲労回復のビタミン」とも呼ばれます。 ビタミンB2 三大栄養素(炭水化物、たんぱく質、脂質)、特に脂質の燃焼を助けエネルギー代謝、細胞の新陳代謝を促進します。 「美容のビタミン」「発育のビタミン」とも呼ばれます。 ナイアシン 糖質、脂質を燃やしてエネルギーを作り出すビタミンで人の体内にもっとも多く存在しています。 ビタミンB6 たんぱく質の分解・合成や脂質の代謝を助ける働きがあります。 葉酸 赤血球の生成や細胞の生まれ変わりに必要不可欠な栄養素。 不足すると貧血の原因になることもあります。 パントテン酸 パントテン酸の名前は「広くどこにでもある」という意味で、その名の通り、魚介類、肉類、卵などいろいろな食品に含まれています。 ビオチン 三大栄養素の代謝に関わる酵素の働きを助けるビタミン。 人の腸内で善玉菌によって作り出すこともできます。 太りにくくて痩せやすい体を作るには代謝の向上は必要不可欠!甘くて美味しいさつまいもでエネルギー代謝にアプローチできるなんて嬉しいですよね。 4.むくみを解消する効果 体重の増減に関わらずなんだか太ったように見えてしまうのが体のむくみ。 むくみの原因はいろいろありますが、そのうちのひとつに「塩分の取りすぎ」があります。 細胞内に余分なナトリウムが増えると塩分濃度を下げるために水分を集めます。 集まり過ぎた水分は行き場を失いその場に溜まっていきます。 その結果、細胞が水分を含んで膨らんで体がむくんでしまうのです。 たとえ体重が落ちても太っているように見えたら「ダイエット成功!」とはいかないもの…。 そこで意識して補いたいのが「 カリウム」。 カリウムには体内の余分なナトリウムを排出する働きがあります。 さつまいも• じゃがいも• さといも などのイモ類にはカリウムが多く含まれているので、外から補うことで むくみの解消に効果が期待できますよ。 なんとその量はりんごの約5倍!イモ類の中でもトップの含有量です。 ビタミンCには以下のような美肌効果があります。 シミ予防の効果 ビタミンCはメラニン生成の原因となる酵素「チロシナーゼ」の働きを阻害します。 メラニン色素の沈着を防ぐのでシミの予防効果が期待できます。 肌の老化を防ぐ効果 ビタミンCには非常に強い抗酸化力があります。 抗酸化力とは細胞を老化させる活性酸素を除去する力のこと。 ビタミンCの強い抗酸化作用でしわやたるみを防ぎます。 ビタミンCは熱に弱いという性質がありますが、さつまいもの場合は調理をしてもでんぷん質が膜を張ってビタミンCを保護します。 つまり、 さつまいものビタミンCは熱を加えても壊れにくいと言われているんです。 また、もうひとつ「若返りのビタミン」とも呼ばれる「 ビタミンE」もさつまいもに含まれています。 ビタミンEには 血流改善効果があります。 血のめぐりが良くなることで細胞の新陳代謝が活発になり 肌にハリやツヤが生まれます。 活性酸素の増えすぎは生活習慣病などの病気の原因になる場合があります。 体内の抗酸化成分は年齢を重ねるほど減っていってしまうので、抗酸化力が高いものを食べて外から補ってあげることが大切です。 さつまいもに含まれる ビタミンCとビタミンE、さらにビタミンAは「ビタミンACE(エース)」と呼ばれ、一緒に摂取することで抗酸化作用が高まると言われています。 さつまいもがダイエット向きの理由と知っておきたい注意点 さつまいもには女性に嬉しい栄養成分が豊富なことが分かりました。 ここからはさらにさつまいもがダイエット向きと言われる理由と合わせて、知っておくべき注意点について説明します。 さつまいもはGI値が低い 同じ炭水化物でも肥満につながりやすいものと太りにくいものがあるということはご存知でしょうか? ポイントになるのが近頃何かと耳にすることが多い「 GI値」というものです。 GI(グリセミック・インデックス)とは食後の血糖値の上昇度合いを示す指標です。 普段、お茶碗一杯分(約150g)のご飯を食べているなら、ご飯の代わりに150gの蒸したさつまいもを食べましょう。 調理方法や食べるタイミングは以下の通りです。 蒸して食べる もっともダイエット効果がある食べ方はさつまいもを蒸して食べるという方法です。 さつまいもは加熱するとより甘みが増すのでいろいろと味付けをしなくても十分美味しくいただけます。 また、油で揚げるとカロリーも高くなるのでやめましょう。 皮ごと食べる さつまいもの栄養分は実だけでなく、皮や皮と実の間の部分にも豊富にあります。 そのため、食べるときは皮をむいて捨ててしまわずに皮まで美味しく食べるのがおすすめです。 せっかくダイエットにも健康にも良い栄養分ですから、皮ごと食べられる調理方法を身につけて無駄なく摂取しましょう。 食べるタイミング エネルギーとして消費されやすい朝や昼に食べるのがおすすめです。 消費しきれなかった分の糖質は体に蓄積されやすいので、夕食や夜食に摂るのは避けましょう。 失敗しないためのポイントとは? さつまいもの食べ方によってはダイエット効果をもたらすどころか逆に太ってしまう可能性もあります。 失敗しないためのポイントを4つご紹介します。 1.砂糖を入れすぎない 既述の通り、さつまいもには糖質がたっぷり。 それなのにさらに砂糖を加えて甘くしてしまっては、いくらダイエット向きの食材であっても効果は減ってしまいます。 どうしても甘みが足りないならプラスする砂糖はほんの少しにおさえておきましょう。 2.食べる順番 糖質量の少ない食べ物から順に食べて血糖値の上昇をゆるやかにする…という「食べ順ダイエット」というダイエット法があります。 3.食べ過ぎない さつまいもをたくさん食べれば痩せるというものではありません。 どんなに優秀な食材でも食べ過ぎはNG!消費カロリーよりも摂取カロリーが多ければ太ってしまうのも当然です。 食べるときは量を守り、食べ過ぎないようにしてください。 4.バランスの良い食事を心がける いくらさつまいもの栄養素が豊富でもさつまいもだけでは栄養のバランスが偏ってしまいます。 あくまでもさつまいもは主食の置き換えとし、主菜や副菜も用意してバランスの良い食事を心がけましょう。 特にたんぱく質は筋肉を作る働きがあるのでダイエット中は意識して摂りたい栄養素です。 自然な甘みのあるさつまいもで無理なく美味しくダイエット さつまいもは食べ方にさえ注意すれば、嬉しいダイエット効果をもたらしてくれることが分かりましたね。

次の