グラン キューブ 大阪 座席 表。 グランキューブ大阪(大阪国際会議場)座席表 見え方ってどうなの?違う座席で見た感想とアクセスとランチ情報

グランキューブ大阪(大阪国際会議場)座席表 見え方ってどうなの?違う座席で見た感想とアクセスとランチ情報

グラン キューブ 大阪 座席 表

1階席は前からAブロック・Bブロック・Cブロック、 2階席は前からEブロック・Fブロック、 5つのブロックに分かれています。 Aブロック:506席、Bブロック:614席、Cブロック:586席、 Eブロック:538席、Fブロック:510席 合計2700名以上が入れるホールとなっています。 座席表を見てわかるように、グランキューブ大阪メインホールの形状は 縦長の長方形。 さほど大きくないので、その分、ライブの臨場感は味わえるホールです。 では、1階席から順に、座席からの見え方を解説します! スポンサーリンク グランキューブ大阪座席 1階席からの見え方 グランキューブ大阪1階席は、前から順に、Aブロック・Bブロック・Cブロックに分かれています。 縦長になっている上、さらに 1階席は座席の前後の間隔をゆったり取ってある(1階席はエグゼクティブシート:座席幅60㎝、前後間隔1m)ので、 後ろの方の座席になるとステージからの距離がかなり離れてしまい、 かなり遠く感じると思います(;;) — 2018年12月月21日午前6時41分PST もちろん、スタンディングになってしまうと、前に大柄な方がいたりすると、場合によっては見づらいことがあるかもしれませんが・・・。 以下に、各ブロックごとに座席からの見え方をまとめてみました。 グランューブ大阪座席 Aブロックからの見え方 Aブロックは1階席の一番前のエリア、AA列~AQ列、 前から1列~14列です。 グランキューブ大阪メインホールの中で、一番見やすいエリアです。 ただ、 前の方の端席は難点があり、 AA列35番になったことがある方は、 「 セットを組んだステージの右端ぎりぎりで、少し見えにくかった」 「 スピーカーが近く、耳に良くなさそうだったので、耳栓を使ってました」 と話していました。 前方の左右端は、 ライブよって違うと思いますが、音響機材等の配置の関係でステージがあまり見えない席( 見切れ席)として売られる可能性もあります。 前になればなるほど、端になればなるほど、死角は大きくなります。 Cブロックはあまりにも後ろの方で、アーティストの顔を見れるかどうかというくらいなので、それなら2階席から全体を見渡す感じで見た方がいいという考えの方が多いです。 それでは、次に2階席からの見え方について解説します! 250社の予約サイトから料金を一括比較 お得な宿泊プランをご案内 www. trivago. jp グランキューブ大阪座席 2階席からの見え方 グランキューブ大阪2階席は、前から順に、Eブロック・Fブロックに分かれています。 1階席と同じで、 後ろの方の座席になるとステージからの距離がかなり離れてしまい、 かなり遠く感じるという声が多いです(;;) 1階席と違う点は、 ・2階席は足元が1階席より狭い ・1階席より傾斜が強い というところです。 あと、注意点として、 — 2018年12月月31日午前4時36分PST しかしながら、このエリアでもあまりよく見えなかったという感想もあります。 EL列であっても、 「 私は肉眼でアーティストの表情が見えましたが、隣の席の人はオペラグラスをずっとのぞいていました」 という方や、 「 2階席最前列なのでそこそこ近いかと思いきや、かなり遠かったです。 ほとんど モニターで見てる事の方が多かった」 という方もいるので、この辺りは個人差がありそうですね。 グランキューブ大阪座席 Fブロックからの見え方 Fブロックは2階席の前方のエリア、FA列~FK列です。 1階席のCブロックの上部にかぶさっている位置だと思われます。 このエリアはステージからただ遠いだけでなく、高さも加わっているため、ステージからはかなり距離があるように感じます。 グランキューブ大阪のホールは、もともとは講演会を前提に設計されていて、かつては音響がどの席でもイマイチだと言われていました。 しかし、最近は音響が素晴らしく改善されている、と話す人が多いです! コンサートはどの席であろうと楽しいものだと思います。 全力でLIVEに参戦してきてくださいね! あ、でも、グランキューブ大阪は、床が揺れるのでジャンピングは禁止なので、その点はご注意を(苦笑)。

次の

グランキューブ大阪の座席表のキャパや見え方を画像で紹介!見やすい席はどこなの?

グラン キューブ 大阪 座席 表

グランキューブ大阪の座席表とキャパは? グランキューブ大阪の座席表の画像は以下の通りです。 会場の造りは• 1階席• 2階席 の2つに分けることができ、キャパは約3,000人となっています。 しかし、この座席表の画像を見ても、実際の見え方のイメージが湧かないと思うので、 実際の画像付きで次にご紹介していきます。 1階席の見え方の画像 2階席の見え方の画像 以上がグランキューブ大阪の見え方の紹介になります。 見やすい席はどこ? グランキューブ大阪のキャパは約3,000人と中規模な造りとなっているため、見やすい席がほとんどです。 ただ、その中でも• 1階席前方(A)• 1階席中央(B)• 2階席前方 辺りが出演者との距離が近かったり、全体的に見れるので見やすかったりします。 一方で、• 1階席後方(C中央〜後方)• 2階席後方 は他の席に比べると、見づらく感じてしまいます。 ただ、キャパがあまり大きくない分、全然見えないということはないので、その点はご安心ください! ちなみに自分の座席が前方かどうかはチケットに 「〇〇列」などと記載されているので、一番最初にご紹介した座席表の画像で判断することができます。 グランキューブ大阪のアクセス グランキューブ大阪のアクセスは以下の通りとなっています。 重さは 約200gなので、 缶コーヒー1本分とほぼ同じと非常に軽く、 首にぶら下げることもできるので、コンサートでの使用に非常に向いています。 また、 メガネをかけている私でもメガネをかけたまま使用できたので、とても見やすく機能性はかなり抜群です! なので、もし2階席など遠い席に当たった方は上記のような双眼鏡でカバーして、素敵な時間を過ごしてみるのはいかがでしょうか? また、もしAmazonで購入される場合は、 商品をおトクに購入するあまり知られていない裏技があります。 しかも、この方法は Amazon公式が推奨しているもので、 1,000円以上もおトクに買い物ができるので 気になる方は をチェックしてみてください!.

次の

グランキューブ大阪(大阪国際会議場)座席表 見え方ってどうなの?違う座席で見た感想とアクセスとランチ情報

グラン キューブ 大阪 座席 表

1階席は前からAブロック・Bブロック・Cブロック、 2階席は前からEブロック・Fブロック、 5つのブロックに分かれています。 Aブロック:506席、Bブロック:614席、Cブロック:586席、 Eブロック:538席、Fブロック:510席 合計2700名以上が入れるホールとなっています。 座席表を見てわかるように、グランキューブ大阪メインホールの形状は 縦長の長方形。 さほど大きくないので、その分、ライブの臨場感は味わえるホールです。 では、1階席から順に、座席からの見え方を解説します! スポンサーリンク グランキューブ大阪座席 1階席からの見え方 グランキューブ大阪1階席は、前から順に、Aブロック・Bブロック・Cブロックに分かれています。 縦長になっている上、さらに 1階席は座席の前後の間隔をゆったり取ってある(1階席はエグゼクティブシート:座席幅60㎝、前後間隔1m)ので、 後ろの方の座席になるとステージからの距離がかなり離れてしまい、 かなり遠く感じると思います(;;) — 2018年12月月21日午前6時41分PST もちろん、スタンディングになってしまうと、前に大柄な方がいたりすると、場合によっては見づらいことがあるかもしれませんが・・・。 以下に、各ブロックごとに座席からの見え方をまとめてみました。 グランューブ大阪座席 Aブロックからの見え方 Aブロックは1階席の一番前のエリア、AA列~AQ列、 前から1列~14列です。 グランキューブ大阪メインホールの中で、一番見やすいエリアです。 ただ、 前の方の端席は難点があり、 AA列35番になったことがある方は、 「 セットを組んだステージの右端ぎりぎりで、少し見えにくかった」 「 スピーカーが近く、耳に良くなさそうだったので、耳栓を使ってました」 と話していました。 前方の左右端は、 ライブよって違うと思いますが、音響機材等の配置の関係でステージがあまり見えない席( 見切れ席)として売られる可能性もあります。 前になればなるほど、端になればなるほど、死角は大きくなります。 Cブロックはあまりにも後ろの方で、アーティストの顔を見れるかどうかというくらいなので、それなら2階席から全体を見渡す感じで見た方がいいという考えの方が多いです。 それでは、次に2階席からの見え方について解説します! 250社の予約サイトから料金を一括比較 お得な宿泊プランをご案内 www. trivago. jp グランキューブ大阪座席 2階席からの見え方 グランキューブ大阪2階席は、前から順に、Eブロック・Fブロックに分かれています。 1階席と同じで、 後ろの方の座席になるとステージからの距離がかなり離れてしまい、 かなり遠く感じるという声が多いです(;;) 1階席と違う点は、 ・2階席は足元が1階席より狭い ・1階席より傾斜が強い というところです。 あと、注意点として、 — 2018年12月月31日午前4時36分PST しかしながら、このエリアでもあまりよく見えなかったという感想もあります。 EL列であっても、 「 私は肉眼でアーティストの表情が見えましたが、隣の席の人はオペラグラスをずっとのぞいていました」 という方や、 「 2階席最前列なのでそこそこ近いかと思いきや、かなり遠かったです。 ほとんど モニターで見てる事の方が多かった」 という方もいるので、この辺りは個人差がありそうですね。 グランキューブ大阪座席 Fブロックからの見え方 Fブロックは2階席の前方のエリア、FA列~FK列です。 1階席のCブロックの上部にかぶさっている位置だと思われます。 このエリアはステージからただ遠いだけでなく、高さも加わっているため、ステージからはかなり距離があるように感じます。 グランキューブ大阪のホールは、もともとは講演会を前提に設計されていて、かつては音響がどの席でもイマイチだと言われていました。 しかし、最近は音響が素晴らしく改善されている、と話す人が多いです! コンサートはどの席であろうと楽しいものだと思います。 全力でLIVEに参戦してきてくださいね! あ、でも、グランキューブ大阪は、床が揺れるのでジャンピングは禁止なので、その点はご注意を(苦笑)。

次の