京アニ事件。 京アニ放火事件の容疑者が受けた、世界初の「やけど治療」の全貌(週刊現代)

京アニ事件 消火器メーカーの「猛省」 ガソリン引火防止へ技術者どう挑む

京アニ事件

事件発生当日の経過表 36人が犠牲になり、33人が重軽傷を負った昨年7月18日の「京都アニメーション」第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件。 国内外で愛されるアニメを生み出してきた建物が炎と煙に覆われ、殺人事件では平成以降最悪の大惨事となった。 猛煙に包まれた建物内で社員たちは懸命に脱出を試みた。 近隣の人たちは救助に駆けつけ、遺体に接した人たちは失われた命の多さに言葉を失った。 京都新聞社のこれまでの取材や独自に入手した資料と、関係者の証言を基に、犯人が火を放ってから全ての犠牲者を運び出すまでの約11時間を再現する。 この日、京都市内の上空は梅雨前線の雲に覆われていた。 新興住宅地の一角にある3階建ての第1スタジオでは、いつも通りに出勤してきた20~60代の男女70人がそれぞれの作業に励んでいた。 男は1階中央付近にあるらせん階段の西側に回ると、「死ね」と叫んでバケツでガソリンをまき、着火用ライターで火を放った。 「キャー」という女性社員の叫び声とともに、ドッドッドッという爆発音が響いた。 午前10時31分40秒、スタジオの近くの防犯カメラがこの火災の最初の記録とみられる映像を撮影していた(経過表1)。 1階の窓ガラスが割れ、網戸が外れた。 7秒後に1階東側の窓から炎が噴出。 揮発性が高いガソリンが使われたことで1階にいた社員は放火直後に爆発的な燃焼に襲われた。 1階には12人の社員がいた。 らせん階段のすぐ横にいた2人は爆発に巻き込まれたとみられ、現場で命を落とした。 出火直後に階段で2階に上がり避難を呼び掛けた1人を含む残りの10人は屋外に脱出した。 しかし3人は重いやけどを負い、入院先で翌日以降に亡くなった。

次の

「京アニ事件」10カ月後の逮捕なぜ ろくに動けない容疑者、身柄拘束の必要は?

京アニ事件

カラーコーディネーターの資格を生かし、彩色一筋だった幸恵さん(写真/共同通信社) 36人が亡くなり、33人が負傷した京都アニメーションの放火殺人事件。 殺人などの容疑で逮捕状が出ている青葉真司容疑者(41才)は全身に重度のやけどを負い、大阪府内の病院から京都市内の病院に転院し、治療とリハビリに当たっている。 この事件においては、マスコミでの「実名報道」について課題を残した。 半数以上の遺族が匿名での報道を希望したが、事件で犠牲となった津田幸恵さん(享年41)の父・伸一さん(69才)はこう語る。 「今回、それぞれのご家族が名前の公表について用心したのも、マスコミに原因があると思います。 発表することによってマスコミが必ず来る。 それが怖いから拒否する人が出てきたんですよ。 私としては、(娘の)名前を公表してもらってもいいけど、取材は別。 それを間違えないでもらいたいです」 実名報道の意義や可否については、さまざまな意見がある。 「名前には訴求力がある」と言うのは、名付けに詳しい京都文教大学の小林康正教授だ。 「名前は固有名詞の最も典型的なものとされています。 その固有名詞の本来の意味は、そこにしかないもの、ほかに置き換えできないものです。 固有名詞があることによって、それが事実であることの証明になる。 京アニの事件では石田敦志さん(享年31)のお父さんが、相模原の津久井やまゆり園の事件では被害者である美帆さんのお母さんが匿名に対する意見を表しましたが、これは、事実を立ち上げる力が実名にある、と考えていらっしゃるからだと思います。 事実を伝えるのが根幹である報道において、実名は非常に大きな力を持つんだろうと思います」 一方で、ネットが発達した社会ではその力の大きさゆえ、名前の扱いには敏感にならざるを得ないともいう。 その背景には、メディアスクラムの影響もあるでしょう。 実名や顔写真が公になると、ネット上では、生い立ちから学歴、職歴まで、次々とプライバシーが暴かれていく。 その弊害から匿名を求める人が増えてきたのではないでしょうか」(前出・小林さん)•

次の

京アニ事件が問う被害者支援 条例ある自治体、半数未満:朝日新聞デジタル

京アニ事件

京都府警伏見署を出る青葉真司容疑者=5月27日、京都市伏見区 平成以降で最悪となる36人の犠牲者を出した京都アニメーション第1スタジオ(京都市伏見区)の放火殺人事件は、18日で発生から1年。 殺人容疑などで5月に京都府警に逮捕された青葉真司容疑者(42)は、事件当時の記憶が薄れつつあるといい、「京アニに恨みがあった」とする動機には不可解さも残っている。 青葉容疑者は、9月10日まで刑事責任能力を調べるための鑑定留置が続く。 弁護側は寝たきり状態にある容疑者の供述の任意性などについて捜査当局と対決姿勢を強めており、今後起訴されても、初公判までには時間がかかりそうだ。 事件は昨年7月18日午前10時半ごろ発生。 アニメーターら36人が死亡したほか、33人が重軽傷を負い、1人は今も入院生活を送る。 ガソリンをまいて放火したとされる青葉容疑者も全身にやけどを負い、約10カ月間入院した。 捜査関係者によると、青葉容疑者は逮捕時、捜査員から犠牲者全員の名前や死因などを読み上げられても取り乱した様子を見せなかった。 「ガソリンを使えば多くの人を殺害できると思い実行した」などと計画的な大量殺人だったことをうかがわせる供述をし、犠牲者らへの謝罪も口にしなかった。 取り調べには丁寧に応じたが、捜査員とのやりとりで思い出す場面もあるなど、事件の記憶が薄れている傾向があるという。 動機については「小説を盗まれたから火を付けた」との趣旨の供述を繰り返している。 同容疑者は過去に京アニの小説コンテストに複数の作品を応募したが、いずれも形式的な不備などを理由に落選。 京アニ側は「盗作」を全面否定しており、容疑者の供述とは食い違いを見せている。

次の