木苺 時期。 キイチゴ属

ニガイチゴ/苦苺<木苺/野いちご:旬の果物百科

木苺 時期

Rubus idaeus () : : : : : : : : キイチゴ属 キイチゴ属(木苺属) 英名 Bramble 亜属• Anoplobatus• Chamaebatus• Chamaemorus• Comaropsis• Cyclactis• Diemenicus• Dalibardastrum• Idaeobatus• Lampobatus• Malachobatus• Micranthobatus• Orobatus• Rubus• キイチゴ属(きいちごぞく、: Rubus は、のの1つ。 キイチゴ(木苺、Bramble)と総称される。 Raspberry 、 Blackberry などの栽培種群に代表される、数十〜数百(研究者により大きく違う)が属する。 分布 [ ] 主にのからに多く見られる。 特徴 [ ] ほとんどは小柄ながら質化したを持つで、一部にのものやがある。 茎やにを持つものも多い。 は多数のからなり、それぞれが独立したを含んだ粒の形になる。 したがって、はそのような粒の塊に見える。 果実は食べられるものが多く、いわゆる野いちごは大部分がこの属のものである。 栽培 [ ] Raspberry 、 Blackberry の2つが主な栽培系統である。 ラズベリーの原生種はとに分布し、ヨーロッパの種が栽培化され、のちに北米の種も栽培化された。 寒冷地に適す。 ブラックベリーの原生種は、ヨーロッパ、、と広い範囲に自生し、北米の数種が栽培化された。 寒さに弱く、温暖な地に適す。 日本では古代から室町時代ごろまでは栽培されていたが、その系統は途絶えている。 現在の日本では欧米のラズベリーやブラックベリーが小規模に栽培されているのみである。 分類 [ ] キイチゴ属はが激しくも多いため、種の認定には諸説ある。 大きく数十種にわけそれぞれに多数の亜種や変種を認める説や、細かく数百種にわけそれらをいくつかの亜属や節に分類する説などがある。 たとえば、細かく分けるとヨーロッパ産の Rubus idaeus ()とアメリカ産の Rubus strigosus ()は別種だが、大きく分けるなら Rubus idaeus 1種となる。 次に示す分類は、細かく分けたものである。 属を13亜属に分け、そのうち最大の Rubus亜属(ブラックベリーとデューベリーの仲間)はさらに12節に分けている。 主な種 [ ] キイチゴ属の主な種を以下に示す。 Anoplobatus 亜属• - Garden Dewberry• - Boulder Raspberry, Delicious Raspberry• - Purple-flowering Raspberry, Flowering Raspberry, Virginia Raspberry• - Thimbleberry• Chamaebatus 亜属• - Snow Raspberry• Rubus pectinellus -• Chamaemorus 亜属• - Cloudberry, Bakeapple• Comaropsis 亜属• Cyclactis 亜属• Rubus ikenoensis -• Rubus pedatus -• Rubus pseudojaponicus -• - Stone Bramble• Diemenicus 亜属• Dalibardastrum 亜属• Idaeobatus 亜属 - Raspberry• Rubus boninensis - (オガサワラカジイチゴ)• Rubus chingii -• Rubus corchorifolius -• Rubus coreanus - (、)• - Korean Raspberry• Rubus croceacanthus -• Rubus ellipticus - 、オニイチゴ、ヒマラヤンラズベリー Yellow Himalayan Raspberry 選定種• Rubus grayanus -• Rubus hirsutus -• - 、フランボワーズ European Raspberry, Framboise• Rubus illecebrosus -• Rubus koehneanus -• - Blackcap Raspberry, Black Raspberry, Whitebark Raspberry• Rubus mesogaeus -• Rubus microphyllus -• Rubus minusculus -• - Mysore Raspberry, Ceylon Raspberry, Hill Raspberry• - 、クロミキイチゴ Black Raspberry• Rubus palmatus - (本種)、(変種) ナガバモミジイチゴは西日本に分布する本種。 モミジイチゴは東日本に分布する地理変異種。 Rubus parvifolius -• Rubus pseudoacer -• Rubus peltatus -• - (ウラジロイチゴ) Japanese Wineberry, Wineberry• Rubus pungens -• Rubus ribisoideus -• - West Indian Raspberry• - Salmonberry• - American Red Raspberry, American Raspberry• Rubus sumatranus -• Rubus yabei -• Rubus yoshinoi -• Rubus vernus -• Lampobatus 亜属• Malachobatus 亜属• Rubus amamianus -• Rubus buergeri -• Rubus hakonensisi -• Rubus hatsushimae -• Rubus lambertianus -• - Molucca Raspberry• Rubus swinhoei - 、クワノハイチゴ• Micranthobatus 亜属• Orobatus 亜属• Rubus 亜属 ( Eubatus 亜属) - 広義の Blackberry と Dewberry• Allegheniensis 節• Rubus allegheniensis - Allegheny Blackberry• Arguti 節• Caesii 節• - European Dewberry• Canadenses 節• Rubus canadensis - Canadian Blackberry• Corylifolii 節• Cuneifolii 節• Rubus cuneifolius - Sand Blackberry• Flagellares 節• Hispidi 節• - Swamp Dewberry, Bristly Dewberry, Bristly Groundberry, Groundberry, Hispid Swamp Blackberry, Running Swamp Blackberry• Rubus 節• - Armenian Blackberry, Himalayan Blackberry• - Arctic Raspberry, Arctic Bramble• - Cutleaf Evergreen Blackberry, Evergreen Blackberry• Setosi 節• Ursini 節• - California Blackberry, Pacific Blackberry• Verotriviales 節• - Loganberry• - Boysenberry 脚注 [ ] [].

次の

旬のページ:6月 ”木苺(かじいちご)”

木苺 時期

木苺 獲れる時期 獲れる場所 GWを過ぎたあたりから、長くて5月の末までみられます。 林や山道の脇の斜面に生えている事が多い木苺ですが、 日当たりが良ければ、藪の中でいっぱい見かける事もあります。 フィールドに到着すると、赤い点々が次々と目に入ってアドレナリンもドバッ! 木苺にはトゲがあって、藪に手を突っ込んで採ると手が傷だらけになります。 でもそんなの関係ねー!そんなの関係ねー! 楽しくて、蜘蛛の巣かき分けてどんどん茂みの奥まで進みます! 女子が採集好きなのは、きっと本能だと思います。 娘は旦那に預けて黙々と、ただひたすら木苺を取ります。 とりつかれたように。 ちなみに、2歳の娘は一切フルーツを食べないくせに、 なぜか、木苺だけはバクバク食べるっていう。。。 不思議…というか、謎。 ひたすら自分の為に木苺を探します。 採れたものを残しておくという概念はありません。 目に入った赤いものは全て彼女の口の中へ入っていくのです。 娘が歩いてとれる場所は譲り、私は藪の奥で虫や蛇には脇目も振らずひたすら採取します。 どうしても私には行けない深い藪は、旦那が担当です。 怖いもの知らずの旦那は、私と同じ時間で私の 8倍の量は収穫して戻ってきます… 首に蜘蛛が這いつくばってようが、蜂に刺されようが、足に蛇が巻き付いてようが、 基本的に気にしません。 ポテンシャルすごすぎ….

次の

ラズベリーの苗から収穫までの育て方!栽培時期や剪定方法・病気の対策について|育て方Labo(育て方ラボ)

木苺 時期

ラズベリーの育生条件 日当たり:日なた 用途:地植え・鉢植え 耐寒性:強 耐暑性:強 受粉樹:不要 植えつけ:地植えの場合1~2m間隔 スポンサーリンク ラズベリーの植え方 ラズベリーは地植えでも鉢植えでも育成が楽しめる果樹です。 品種にもよりますが、植え付け 時期は9月から3月、 晩秋から春にかけてが適期とされています。 【ラズベリー 苗】 地植えの場合 地植えをする前に購入してきた苗を、水を張ったバケツなどに入れてつけておきましょう。 地面に苗よりも一回り大きな穴(幅約40㎝、深さ約50㎝)を掘ります。 穴を堀りあげた土に 約2~3割の堆肥や腐葉土をしっかり混ぜて植え戻します。 土が痩せている場合は、4割位混ぜるようにしましょう。 苗を土に入れる時は、根が土の中で広がるようにして植え付けることがポイントです。 植え終えたら、支柱を立てて紐で軽く結びつけておきます。 最後に地面から約40㎝の高さ(苗の3分の1程度)で切り戻しを行います。 株間は1~2m取り、最後に充分な水やりをします。 ここで一つ、地植えをする時に注意しておくことがあります。 ラズベリーは、根が土の中で広範囲にわたって広がる繁殖力の強い果樹です。 そのため、周りにある他の植物の成長に影響を及ぼす可能性があります。 地植えをする場合は、 植えようとする近くにある植物のことを配慮するようにしてください。 鉢植えの場合 苗よりも一回り大きな鉢に植えます。 6号鉢に1株が丁度良いでしょう。 園芸店などで購入してきた苗を抜き出す時は、根にダメージを与えないように軽くほぐしてあげてください。 ほぐすことにより、新しい土に馴染みやすくなります。 用土は腐葉土、赤玉土小粒、川砂を6:3:1で混ぜたものを使用します。 充分に水を与えて終了です。 ラズベリーの土作り 【サンアンドホープ すべてのベリーの土】 ラズベリーの育成に適しているのは、水もちと水はけが良い土です。 鉢植えの場合:腐葉土、赤玉土小粒、川砂を6:3:1• 地植えの場合:庭の土、腐葉土、堆肥を5:3:2 鉢植えの場合、市販されているベリー用の用土を使用すると植え付けが楽になります。 ラズベリーの水やり 地植えの場合 植え付けの時にたっぷり水を与えていれば 特に水やりをする必要はありません。 日照りが続いた場合は、水分を与えるようにしましょう。 鉢植えの場合 植え付けから7月までは1日1回、夏の熱い時期8月から9月は1日2回、それ以降は土の表面が乾燥してきたら水を与えるようにしましょう。 水やりの際は、 鉢の底から水が流れ出てくるくらい、しっかり水を与えるようにしてください。 ラズベリーの肥料 【野菜と花のまくだけ有機肥料】 地植えの場合 萌芽が出てくる3月から4月に元肥として速効性のある化学肥料か有機肥料を1回与えます。 追肥として、 5月から6月、9月に同様の肥料を1回ずつ与えましょう。 株が大きくなるにつれて肥料の量を調節しながら増やしていきます。 肥料は株の元に撒くのではなく、枝の広がっている範囲よりも外に撒くのがポイントです。 鉢植えの場合 地植えと同じ時期に、 同じ肥料を葉の色や株の様子を見ながら与えます。 スポンサーリンク ラズベリーの剪定 ラズベリーには、 年に1回収穫ができる「 一季なり性」と 年に2回収穫することができる「 二季なり性」の2種類が存在します。 それぞれ剪定方法が違うので、覚えておきましょう。 一季なり性の剪定は、 実を収穫し終えた6月から7月の時期に行います。 収穫が終わったらなるべく早く、着果した枝を基部から切り落としましょう。 12月から2月下旬にかけてもう一度剪定が必要になります。 今年新しく伸びた枝はそのままにしておき(勢いのある枝を4本から5本残しておくようにする)、前年に延びた枝は地面すれすれのところで切断します。 二季なり性の場合は、 12月から2月下旬にかけてが剪定の適期です。 枝を全て地面すれすれで剪定します。 ラズベリーに発生しやすい害虫と害虫病 【無農薬栽培にベニカマイルドスプレー1000ml】 ラズベリーはあまり 虫や病にかかることが少ない果樹ですが、普段から葉や茎の状態を観察することが大切です。 発生しやすい害虫は、ハマキムシやハダニ、アブラムシなどです。 また、うどんこ病を発症することがあります。 これらの害虫を予防する方法としては、株の間に有機物(籾殻やバークチップ)のマルチを敷くと良いでしょう。 また、市販されている薬剤を使用する方法もあります。 ラズベリーの収穫時期と収穫方法 ラズベリーの収穫は6月から7月です。 二季なり性であれば10月から11月にもう一度収穫を楽しむことができます。 二季なり性の2回目の収穫でとれたラズベリーは、1回目の実よりも酸味が強く、少し大きいことが特徴とされています。 ラズベリーが完熟の状態になると実が柔らかくなると同時に傷みやすくなります。 収穫の時に傷まないようにするためには、雨が降っていない日の朝か夕方に収穫を行いましょう。 収穫したラズベリーをジュースやジャムなどにする場合は完熟したものを、アイスやケーキなどに添える場合には、完熟手前の状態のものを収穫すると、美味しく食べることができます。 ラズベリーの植え替えと増やし方 鉢植えの場合は、株の中でラズベリーが窮屈そうに見えるようになったら、一回り大きな鉢に移してあげましょう。 3年に1回、 収穫が終わった後の12月から2月が適期です。 ラズベリーを増やすには、挿し木をしましょう。 緑枝さしなら6月から7月、根ざしなら2月から3月に行うことができます。 緑枝さし その年に新しく伸びた枝をそのまま土に挿して増やす方法です。 次第に根が増えて、苗が成長していきます。 根ざし 太い根を部分的に切断し、植えて増やす方法です。 ラズベリーの特性・注意点 ラズベリーは自家結実する果樹なので、オスとメスや別種を用意する必要がなく、無農薬で育てることができます。 水はけの良い土と日当たりを好みますが、 長い時間の直射日光はダメージ及ぼすので、関東より西の平野部のような日差しが強い場所で育成する場合は、 半日程度日蔭に移動させてあげましょう。 トゲがある品種があるので、植える前に確認するようにしましょう。 突然大きな花や実をつけるようになったら、根詰まりを起こしている可能性があります。 これは、植物の自己防衛の本能が働くことによるものです。 葉や枝に元気が無くとも、 大きな花や実が沢山でてきた場合は、根詰まりを起こしていないか確認しましょう。 おわりに ラズベリーの植え付けから収穫に至るまでをご紹介しました。 ラズベリーの育て方のポイントは下記のようになります。

次の