マイクラ レバー。 【マイクラ】絶対バレない隠しドアの作り方!|ピストンドア

【マイクラ】レバーパスワード式のドアを作ろう

マイクラ レバー

Win10、スマホ、スイッチなど統合版についての記事は以下のページに記載してあります。 レッドストーン基礎解説、第11回は自動扉のような隠し扉のような、そういうモノを作ってみようの回。 既存のドアブロックを使った扉じゃなくて、石ブロックとかがスイッチひとつでガシャコン!と開いて道ができるヤツですね。 これが、 レバーONでこんな風に開きます。 これが作れるとレッドストーンを全く理解してない人からすれば「何これスゲェ!!」と言われること請け合いなので、今回でひとまず レッドストーン基礎解説の最終回とします。 では早速作り方を! 目次• 基本的な仕組み 基本的な仕組みは粘着ピストンの力でブロックを動かし、扉を開閉します。 粘着ピストンは信号を受け取ったON状態でビョインと伸び、OFF状態で縮む特性を持っているので、 扉が閉じた状態は粘着ピストンがONの状態になります。 それを踏まえた上で実際に作る工程を考えていきましょう。 まず最初は回路の作り方を理解するために、レッドストーン回路を隠さず地面に配置していきます。 前述の粘着ピストンに対して、このようにブロックとレッドストーントーチを配置します。 こうすることで赤羊毛ブロックとレッドストーントーチから常に信号を受け取り続ける粘着ピストンがON状態を維持し、扉が閉じっぱなしの状態を実現できます。 青羊毛ブロックに回路を繋げる 続いて、青羊毛ブロックにレッドストーン回路を繋げます。 この状態でレバーがONになると青羊毛ブロックが信号を受け取り、レッドストーントーチの「接続したブロックが信号を受け取るとOFFに(信号を発さなく)なる」という特性によって粘着ピストンが信号を受け取れずOFFとなります。 扉のオレンジ羊毛を置いてみまして、この状態でレバーをONにすると・・・ トーチが信号を発さなくなり、粘着ピストンがOFF状態となって扉が開きます。 回路を地面に埋め込む 回路を地面に埋め込む場合、レバーは真下に信号を伝えるので真下からズズーッと回路を敷いていきましょう。 で解説したNOT回路を用います。 地面の下から上に向かって信号を送る際に必然的にNOT回路になるため、それを打ち消すためのNOT回路を間に設置。 ONの時にOFFにするNOT回路の更にNOT回路なので、ONの時にONになる普通の回路に戻るのです! 逆サイドも同様にすれば地面に埋め込むのは完了。 中からも外からも開閉できるようにする しかし、中からも外からも開閉できるようにする場合、 話が全く変わってきます。 中も外も同じ回路敷けばええやろwみたいな考えでこうやっちゃうと完全にアウト。 これでは中も外もレバーをONにしてはじめてドアが開くという、事実上開かずの扉が出来上がります。 論理回路で言うところのAND回路ですね。 そうではなく、2つのレバーをレバーA・レバーBと見立てた場合、レバーAとレバーBの片方がONの時だけ信号が流れるようにすれば中からも外からも開閉可能な扉が出来上がります。 せっかくなのでここでもで紹介した回路を使いましょう。 ズバリ、 XOR回路を使います。 コレがXOR回路。 こんな回路を地面に埋め込むわけですが、入力レバーや出力先の位置関係からコレと全く同じ回路を作るのは難しく、以下の様に作ってみました。 論理的に同じ仕組みを作れば良いので、• レバーA・レバーBは羊毛Aと繋がる• レバーAは羊毛B、レバーBは羊毛Cと繋がる• 羊毛Aのトーチは羊毛B・羊毛Cと繋がる• 羊毛B・羊毛Cのトーチは羊毛Dと繋がる をそれぞれレッドストーンが隣り合って競合しないように配置すれば良いだけです。 また、見やすいように粘着ピストンが視界に入らないところに配置しましたが、粘着ピストンの真下辺りに配置すれば更にコンパクトにできるでしょう。 ちなみにコレは片側の粘着ピストンだけに繋げた機構で、同じ回路を逆サイドに配置しても構いませんが、 最終的に出力された信号を両サイドのピストンに持ってくるようにすれば手間がかかりません。 こう配置すれば問題なく動作します。 後は地表をブロックで覆い、この汚らしい回路を隠すだけ! ひとつだけ、粘着ピストンがビョインとなった位置の真下にブロックを置くと回路が途切れてしまうので、何も置かないか、置くとしてもハーフブロックなどの透過ブロックを置きましょう。 どうせこの位置は壁で隠されて見えなくなるので、何も置かなくても見た目には平気なはずです。 そんな訳で粘着ピストンも隠すようにブロックで覆ってみました。 冒頭の画像ですね。 ただレバーがあるだけのように見えますが、ONにすればしっかりドアが開きます。

次の

【マインクラフト】超便利な鉄のドア開閉システムを作ってみた!

マイクラ レバー

『 Minecraft: Pocket Edition(マイクラPE)』に待望のレッドストーン回路が登場しました。 ある程度の自動化も可能です。 今回はレッドストーン回路の基本をご紹介します。 レッドストーン回路とは レッドストーン回路は、信号を発する 動力、信号を伝える 回路、信号を受けて動く 目標物から成ります。 信号が送られているあいだは回路が赤く光り、信号が送られていないときは光りません。 動力とは? 動力となるのは「ボタン」・「レバー」・感圧板などです。 感圧板は、上にプレイヤーやモブが乗ると信号を送ります。 ボタンの材料は「石」、レバーの材料は「棒」と「丸石」、「石の感圧板」の材料は石2個です。 回路とは? 「レッドストーン鉱石」を木や石以外の「ツルハシ」で崩すと出てくる、「レッドストーン」が回路の材料です。 レッドストーンを装備して地面をタップすると、回路をひくことができます。 回路を長押しすると取り除けます。 目標物とは? 目標物に当たるのは「レッドストーンランプ」・「音符ブロック」・「TNT」・「パワードレール」などです。 たとえば、レッドストーンランプは信号を受けて光ります。 音符ブロックであれば音を鳴らし、TNTであれば爆発します。 レッドストーン回路でドアを開閉する レバーから回路を伸ばしてドアにつなぎましょう。 レバーをタップすれば信号をオン・オフできるので、ドアを開閉できるはずです。 動力と目標物(この場合はドア)が隣り合っていれば、回路は必要ありません。 レバーとボタンの違い レバーをタップするとオン・オフを切り替えられます。 オンになると信号を送り続けます。 ボタンをタップしたり、感圧板の上に乗ったりすると信号を1秒間だけ送ります。 ボタンや感圧板を使えば、1秒間だけ開く自動ドアをつくれます。 回路を延長する方法 レッドストーン回路は、動力源から16ブロック以上離れた場所に信号を送れません。 遠くにあるものを動かしたいときは、回路を延長するための工夫が必要です。 そこで登場するのが「レッドストーントーチ」。 材料は棒とレッドストーンです。 15ブロック目にブロックを置き、その側面にレッドストーントーチを設置します。 このセットを下図のようにもう1つ設置したら、延長する回路を2個目のレッドストーントーチに隣接するようにひきます。 これで、動力から16ブロック以上離れた場所にも信号を伝えられます。 今後、レッドストーン回路を使った応用編をご紹介する予定です。 お楽しみに!.

次の

【マイクラ】レッドストーン回路を真上・真下に伝える方法

マイクラ レバー

『 Minecraft: Pocket Edition(マイクラPE)』で長距離の移動に欠かせないトロッコを、レッドストーン回路でパワーアップさせましょう。 さっそくその方法をご紹介いたします。 レッドストーン回路から信号を受け取ると、上にある・上を通るトロッコを加速させます。 材料は「金インゴット」6個・「レッドストーン」1個・「棒」1個です。 バージョン0. 0よりも前は、設置するだけで使えました。 バージョン0. 0以降ではレッドストーン回路からの信号がないと機能しません。 トロッコの発車に使うときは、始発点となる場所にパワードレールを3〜4個敷きます。 そのすぐ横にレールから高さ2ブロックの柱を建て、レール側に「ボタン」を設置しましょう。 トロッコに乗り込み、このボタンを押せば発車できます。 レールを切り替える レッドストーン回路を使えば、レールの行き先も変えられます。 レールの分岐ポイントにレバーを置いてみましょう。 レバーをタップすると、レールの向きが変わるのでトロッコの行き先が変わります。 駅まで回路を伸ばせば、トロッコで発車する前に行き先を指定できます。 複数のレールをまとめて切り替える場合 複数のレールを1つの回路・レバーで切り替えるときに、思っている方向とは逆にレールが切り替わってしまうことがあります。 レッドストーン回路がオフの状態。 こちらはレッドストーン回路がオンの状態です。 どちらの状態も駅から画面左の方向には行けません。 そんなときはブロックの側面にレッドストーントーチを置いた装置を、思い通りに動かないレールにつながる回路に挟みましょう。 信号が伝わるよう、レッドストーントーチと回路は隣接させてください。 これで信号のオンとオフを逆にできるので、1つの回路で画面下と画面左の方向に行けるレール切り替えの回路ができました。 トロッコからの下車を自動化 「アクティベーターレール」を使えば、トロッコからの下車がラクになります。 レッドストーン回路から信号を送ると、このレールの上にトロッコがやってきたときに乗っているプレイヤーやモブを強制的に下車させます。 材料は「鉄インゴット」6個・棒2個・「レッドストーントーチ」1個です。 レッドストーントーチは棒とレッドストーンでつくれます。 音符ブロックで演奏 「ディテクターレール」と「音符ブロック」を組み合わせれば、自動演奏装置をつくることができます。 ディテクターレールは、トロッコがその上を走るとレッドストーン回路に信号を送ります。 これを音符ブロックが受け取り、音を鳴らします。 ディテクターレールの材料は鉄インゴット6個・「石の感圧板」1個・レッドストーン1個です。 石の感圧板は「石」2個でつくれます。 音符ブロックは「木材」8個・レッドストーン1個です。 音符ブロックをタップすると音程を変えられます。 さらに音符ブロックは、下にあるブロックの種類によって音を鳴らす楽器が変わります。

次の