住み 続け られる まちづくり を。 SDGsの目標から考えるスラム街の現状と住み続けられるまちづくり|アピステコラム|冷却・防塵・放熱など熱対策ならアピステ

SDGsの目標「住み続けられるまちづくり」の課題や取り組みとは?|ホテル、旅館の転職・パート・アルバイトの求人なら【おもてなしHR】

住み 続け られる まちづくり を

どうもコージコーダイ()です。 この記事はSDGsの各目標について 個人が理解を深め、 行動につなげることができるように書いているシリーズです。 SDGsって何?って人はコチラの記事を参照ください。 >>> さて、ここでは 目標11「住み続けられるまちづくりを」について取り上げます。 ターゲット(下位目標)を全て挙げ• さらに目標について簡単に説明をし• 身近な取り組みを紹介しつつ• 具体的に個人が何をできるのか(実際に私がしていること) を知ってもらうことで SDGsは誰かのための目標ではなく あなたのための目標だと気づいてもらうことが目的です。 また、 実際にSDGs達成に向けた活動や発信をしている人たちを紹介します。 スポンサーリンク 目標11「住み続けられるまちづくりを」 目標11「住み続けられるまちづくりを」には次のようなターゲットが設定されています。 ここでは、丁寧に読み深めるというより 何を目指しているのかを把握するために目を通す程度で大丈夫です。 目標11「住み続けられるまちづくりを」のターゲット 11. 1 2030年までに、すべての人々の、適切、安全かつ安価な住宅及び基本的サービスへのアクセスを確保し、スラムを改善する。 2 2030年までに、脆弱な立場にある人々、女性、子ども、障害者及び高齢者のニーズに特に配慮し、公共交通機関の拡大などを通じた交通の安全性改善により、すべての人々に、安全かつ安価で容易に利用できる、持続可能な輸送システムへのアクセスを提供する。 3 2030年までに、包摂的かつ持続可能な都市化を促進し、すべての国々の参加型、包摂的かつ持続可能な人間居住計画・管理の能力を強化する。 4 世界の文化遺産及び自然遺産の保護・保全の努力を強化する。 5 2030年までに、貧困層及び脆弱な立場にある人々の保護に焦点をあてながら、水関連災害などの災害による死者や被災者数を大幅に削減し、世界の国内総生産比で直接的経済損失を大幅に減らす。 6 2030年までに、大気の質及び一般並びにその他の廃棄物の管理に特別な注意を払うことによるものを含め、都市の一人当たりの環境上の悪影響を軽減する。 7 2030年までに、女性、子ども、高齢者及び障害者を含め、人々に安全で包摂的かつ利用が容易な緑地や公共スペースへの普遍的アクセスを提供する。 a 各国・地域規模の開発計画の強化を通じて、経済、社会、環境面における都市部、都市周辺部及び農村部間の良好なつながりを支援する。 b 2020年までに、包含、資源効率、気候変動の緩和と適応、災害に対する強靱さ(レジリエンス)を目指す総合的政策及び計画を導入・実施した都市及び人間居住地の件数を大幅に増加させ、仙台防災枠組2015-2030に沿って、あらゆるレベルでの総合的な災害リスク管理の策定と実施を行う。 c 財政的及び技術的な支援などを通じて、後発開発途上国における現地の資材を用いた、持続可能かつ強靱(レジリエント)な建造物の整備を支援する。 目標11「住み続けられるまちづくりを」とは何か?(コージ解説) さて、この目標は何を目指しているのでしょう? ここでは、コージの目線で解説します。 一般的によく知られている各目標は簡略化されたものなんです。 例えば、 今回の 目標11「住み続けられるまちづくりを」の全文は以下の通りです。 Goal 11 Make cities and human settlements inclusive, safe, resilient and sustainable 目標 11 都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする あなたが住んでいる地域は持続可能でしょうか? 地方に住んでいる人はその存続が危ぶまれますし、都市に住んでいる人は今の消費に偏った生活スタイルが続けられると思っていないのではないでしょうか? つまり、どこに生活をしていたとしても、あなたが社会活動を営み続ける限りこの目標11を達成しなければ生活そのものが持続不可能になってしまいます。 ところで、まちづくりは誰がするのでしょうか? 行政?企業?NPO? 実は持続可能なまちづくりのためには住民の参加が欠かせません。 自分たちの居住空間が持続不可能になった時、直接被害を被るのは自分たち自身です。 人任せにするのをやめにしませんか? あなたは、その土地に住む責任ある一人です。 きっと誰よりも自分が何に困っているかを知っているはずです。 その気づきを生かして、まちづくりに積極的に参画してみましょう! グッと身近に感じられませんか? 人ごとじゃないですよね? 自分の生活を見つめ直し、行動を変えることが世界の課題を解決することにつながります。 目標11「住み続けられるまちづくりを」のために、今すぐできる行動があります 目標を達成できるかできないか、それはあなたが行動するかしないかにかかっています。 あなたができそうな取り組みを考えるために、まずは目標11「住み続けられるまちづくりを」につながる具体的な取り組みを知りイメージを掴みましょう。 身近な取り組み例と、私自身が実践していることを紹介します。 身近にある取り組み/目標に関わる活動をしている人や組織 地域おこし協力隊制度はご存知ですよね? 各地の自治体に取り入れられています。 それぞれ託されたミッションは違いますが、間違いなくこの目標11につながる仕事をするために地域に入り込んでいます。 彼らの中にはうまく地域に溶け込み、素晴らしい活動できている人もいますが、その多くは地域ごとに違うルールや、「よそ者」であることによる壁に阻まれて思うように活動ができていない状態です。 もし、あなたの地域で活動している様子を見かけたら声かけをしてあげてください。 あるいはイベントなどがある際には足を運んでみてください。 そこには様々な思いを胸に秘めて地域と向き合う青年の姿があるはずです。 私(コージ)が実際に取り組んでいること ここでは、実際にコージがやっていることや、個人レベルでできるであろう行動のヒントを書いています。 ぜひ、参考にしながらあなた自身の行動につなげてください。 地域おこし協力隊の活動について関心を持つ• 目標11「住み続けられるまちづくりを」につながりそうな情報をキャッチしたら積極的に拡散する• まちづくりの現場に関わる人にアドバイスをする• 自治体との繋がりがいろいろあるので情報収集• 地域のイベントなどではなるべくお金を使うようにしている• 無駄な消費を加速する政策には懐疑的な目を向ける• おかしいなと思ったらTwitterやブログで発信 今後も、新しい自分の取り組みを増やすたびにこちらに追記していくつもりです。 目標11「住み続けられるまちづくりを」の達成にコミットするTwitter民たちの宣言 Twitterで企画した• 自分がコミットするSDGs目標を選ぶ• 達成のために自分が実際に変えてみる習慣を宣言 に参加してくれたアカウントと宣言を紹介します。 なんと、目標11についての発言を期間中にした人がいなかったので、もしよかったら代わりに次の記事でも読んでみてください。 ちょっとしたヒントになると思います。 最後に SDGsを絵に描いた餅にするかどうか、それはこれを読んでいるあなたの行動にかかっています。 これまでにSDGsを意識して生活を変化させていく中で私が気づいたこと。 それは、• フツーに生きている。 考えずに与えられた生活をしている。 このことが、世界をダメな方向に動かしている、課題を量産しているという不都合な真実です。 無理に、「特別にいいこと」をしようとしないでください。 続きません。 そして、そんなに効果がありません。 それよりも、フツーにしてるけど「よくないこと」を減らしていきませんか? 特別な努力が必要じゃない、 当たり前に暮らしていることが世の中を良くしていく。 そんな社会を作るのは、国や組織の力ではなく 実は私たち一人一人の力だと信じています。 全ての目標について書いていますので、 ぜひ読んでみてくださいね 目標11「住み続けられるまちづくりを」 その他、SDGs関係の記事のまとめはコチラ >>>.

次の

SDGs|目標11 住み続けられるまちづくりを

住み 続け られる まちづくり を

SDGs 持続可能な開発目標 とは、Sustainable Development Goals の略で、2015年の国連サミットで採択されたものです。 2030年までに解決する必要がある問題について、17つのゴール(目標)をさだめています。 SDGs 持続可能な開発目標 では、MDGs ミレニアム開発目標 にはなかった、 都市や人々の居住空間に関する目標がとりこまれました。 「都市を人間の居住地を、包括的、安全、強靭かつ持続可能にする」 Goal 11: Make cities and human settlements inclusive, safe, resilient and sustainable. 出典: これだけではよくわからないと思うので、ひとつひとつ丁寧にみていきましょう。 全人口のなかで、都市に住むひとの割合のグラフ 出典:World Bank 1960年ごろには、30%すぎに満たなかったが、2017年には54%のひとが都市部にすんでいます。 2都市部にひとが増えたら、どんな問題がおこるの? では、こんなふうに急激に都市にひとがあつまると、さまざまな問題がおこります。 たとえば、ぱっと思いつくだけでも、以下のような問題があげられます。 住宅の供給がまにあわなくなるのを防ぐ• 交通公共機関や電気などのインフラを整える必要性、• 環境に配慮する必要• スラムなどの衛生面・安全面の対策 これらを、解決したり、未然にふせいだりして、 住み続けられるまちづくりをしていく必要があるのです。 実際に、2014年の調査によれば、 都市部にすむ30パーセントのひとが、スラムと呼ばれる場所にすんでいることがわかっています。 サブサハラン・アフリカ地域では、55パーセントにものぼります。 しかし、開発目標などを決める際の言葉の決め方は、1つ1つの単語がとっても重要なので、本来は、適当にまとめたりしないほうがいいと思うのですが。 さらには、訳よりも、英語そのままでどんな単語を使って表現しているか、が重要だったりします。 興味があれば、ぜひあとであげた参考文献をみていただきたいです! ターゲットを一言でいうと、 ターゲット 11. 1 すべてのひとが、基本的設備のととのった家にすむ 2030 年までに、すべての人々の、適切、安全かつ安価な住宅及び基本的サービスへのアク セスを確保し、スラムを改善する。 2 公共交通機関の整備 2030 年までに、脆弱な立場にある人々、女性、子ども、障害者及び高齢者のニーズに特に 配慮し、公共交通機関の拡大などを通じた交通の安全性改善により、すべての人々に、安全 かつ安価で容易に利用できる、持続可能な輸送システムへのアクセスを提供する。 3 住民参加型の都市化 2030 年までに、包摂的かつ持続可能な都市化を促進し、すべての国々の参加型、包摂的 かつ持続可能な人間居住計画・管理の能力を強化する。 4 文化を大切に 世界の文化遺産及び自然遺産の保護・保全の努力を強化する。 5 都市災害をなくす 2030 年までに、貧困層及び脆弱な立場にある人々の保護に焦点をあてながら、水関連災 害などの災害による死者や被災者数を大幅に削減し、世界の国内総生産比で直接的経済 損失を大幅に減らす。 6 環境に優しく 2030 年までに、大気の質及び一般並びにその他の廃棄物の管理に特別な注意を払うこと によるものを含め、都市の一人当たりの環境上の悪影響を軽減する。 7 社会的弱者に優しく、環境に配慮した公共空間づくり 2030 年までに、女性、子ども、高齢者及び障害者を含め、人々に安全で包摂的かつ利用が 容易な緑地や公共スペースへの普遍的アクセスを提供する。 a 都市と農村の連携 各国・地域規模の開発計画の強化を通じて、経済、社会、環境面における都市部、都市周 辺部及び農村部間の良好なつながりを支援する。 b 災害対策を徹底 2020 年までに、包含、資源効率、気候変動の緩和と適応、災害に対する強靱さ(レジリエン ス)を目指す総合的政策及び計画を導入・実施した都市及び人間居住地の件数を大幅に増 加させ、仙台防災枠組 2015-2030 に沿って、あらゆるレベルでの総合的な災害リスク管理の 策定と実施を行う。 c 途上国におけるインフラ整備 財政的及び技術的な支援などを通じて、後発開発途上国における現地の資材を用いた、持 続可能かつ強靱(レジリエント)な建造物の整備を支援する。 よりよい都市といういうことで、 ハードなインフラ的な側面だけではなく、住民のコミュニティだったり、文化だったりと、広い範囲でのよりよい都市が考えられています。 4SDGsと都市問題と勉強するのに適している本やサイト• Goal 11 に関する、丁寧な説明がPDF形式でまとまっています。 都市に特化した国連機関が、掲載するいろんな情報がのっています。 データとか、出版物とか、YouTubeでレクチャーもやっています。 たくさん有名なひとがでていて、おもしろいです。 スラムに関する書籍で、いちばん有名になったとゆうか、先駆け的な本。 最初の話なので、難しすぎるわけではなく、どんなふうにしてスラムがみられはじめたのか、がよくわかるおすすめの本です。 24,931件のビュー August 7, 2017 に投稿された• 18,301件のビュー August 25, 2017 に投稿された• 8,817件のビュー February 5, 2018 に投稿された• 5,472件のビュー February 15, 2018 に投稿された• 5,235件のビュー July 18, 2018 に投稿された• 5,199件のビュー July 3, 2017 に投稿された• 5,142件のビュー November 22, 2017 に投稿された• 4,874件のビュー June 5, 2018 に投稿された• 4,806件のビュー February 15, 2018 に投稿された• 4,432件のビュー July 28, 2018 に投稿された.

次の

SDGsの目標「住み続けられるまちづくり」の課題や取り組みとは?|ホテル、旅館の転職・パート・アルバイトの求人なら【おもてなしHR】

住み 続け られる まちづくり を

SDGsの目標11「住み続けられるまちづくりを」が目指す世界 SDGsの目標11では「住み続けられるまちづくりを」を目指しています。 これは現在直面している 都市部の居住についての問題に焦点を当てたものであり、 人口の半数が都市部に居住していることで、人口比率が高まっていることが要因となっています。 2030年には6割の人が都市部に居住すると推定されており、都市部での生活の適切な管理をしていくことが求められています。 都市部での生活は財、サービス、インフラなど効率的に提供を受けることが可能であり、技術革新や経済成長のチャンスが広がります。 一方で適切な管理がなされていなければ貧困層の生活を厳しいものにしてしまうという課題もあります。 そういった課題を是正し、都市のすべての人々が快適で便利な生活を送り、持続可能な都市部での居住を実現することを目指しています。 (出典:公式サイト) 世界の都市やまちづくりの現状・課題 都市やまちづくりが抱える課題として、主に「都市膨張」と「スラム街とその住民」の2つが挙げられます。 以下でそれぞれについて紹介します。 都市膨張 先ほども触れましたが、現在 世界の半数に当たる35億人が都市部で生活しており、これが 2030年には約6割の50億人に達すると予測されています。 特にこれは開発途上国で起こると見られており、今後数十年における都市膨張の95%がそれに当たると考えられています。 目標11のターゲットにはすべての人々が適切、安全かつ安価な住宅及び基本的なサービスへのアクセスを確保することを目指しています。 しかし都市膨張による急速な都市化は、水道設備、生活環境、公衆衛生といったあらゆるサービスなどが追いつかず、インフラの整備が間に合わない状況を生み出してしまう可能性があるのです。 またエネルギーの消費量を拡大し、炭素排出量の割合を増やし、 さらなる環境汚染を引き起こしてしまう恐れがあります。 これにより安全ではない空気が都市部を中心として広がり、大気汚染による死者を拡大してしまう可能性さえあります。 実際2016年時点で 大気汚染による死者は屋外汚染では420万人、屋内汚染では380万人にものぼり、都市部の人口の過半数がこの危険にさらされているのです。 これでは都市部での快適な生活を提供するという目標に反しており、住みにくい環境が次々とつくられていくことになってしまいます。 さらに公共交通サービスについても人口の急速な増加についていけず、不便な環境が作られてしまっています。 女性や子ども、障がい者、高齢者に配慮したサービスの提供が求められる中で、一般的な客層のニーズにも応えられなければ目標に掲げる「持続可能な便利な生活」を達成することができないのです。 (出典: 公式サイト) (出典:発表資料,2018) スラム街・住民 都市膨張の影にはスラム街の存在があり、そこに暮らす住民の問題が根強く残ります。 目標11ではまずこのようなスラムの改善を謳っています。 現状のスラム住民は 途上国の都市部に住む人々の30%とも言われており、サハラ以南のアフリカではその比率が55%にも達してしまいます。 これは稼ぎを得るため農村部から都市部へ流入してきたものの、満足な暮らしができる就業機会が得られず、スラムに流れてしまうことによって起こります。 こうした流入が続くことでスラムの住民は増え続けてしまうため、結果としてスラムが拡大するばかりとなってしまうのです。 スラムの拡大は都市部へも影響を与えます。 治安の悪化や環境汚染を招いてしまい、都市部の人たちも安心して暮らせる環境が崩されてしまうのです。 スラムに住む人々は満足な居住や 十分な教育、医療サービスを受けられない状況にあり、持続可能な都市の開発を妨げる要因となってしまうため、速やかな対策が不可欠なのです。 (出典: 公式サイト) (出典:公式サイト) 持続可能なまちづくりが必要 このような課題から都市部では持続可能なまちづくりとそれを行う対策が必要となってきます。 では持続可能なまちづくりとはどのようなものなのでしょうか。 持続可能である以上、まちに住む人々が安全で暮らしやすい居住環境と基本的なサービスにアクセスできる環境が必要です。 また先ほども挙げたような女性や子ども、障がい者、高齢者に配慮した公共スペースの確保など、 誰もが快適に利用できる場所の提供ができるまちづくりが不可欠となるのです。 その上で、地域に残る文化遺産や自然遺産は保護・保全を行い、環境にも配慮していくことで人も住みやすく、今後も持続していくことが可能なまちづくりとなります。 そのためには インフラの整備や強化なども重要であり、人々が様々なサービスにアクセスしやすい環境を作ることが大切です。 しかし、その一方で 大気汚染などを広げないような都市の構造も必要となります。 照明や換気、冷暖房及び空調についてエネルギー効率を高める製品を開発することや、スマートホーム、スマートビルなどエネルギー効率を重視し、節水や省エネといったシステムを積極的に取り入れた建造物を開発して取り入れていくことが求められます。 またスラムなどに住む 低所得者に向けた住宅建築や増築の支援なども問題解決に重要な対策となることでしょう。 (出典: 公式サイト) 「環境未来都市」構想とは 日本でも都市部では人口増加や大気汚染などの問題も見られることから、「環境未来都市」という構想を立ち上げ、課題への対応を行っています。 今後進展する都市化、そして 環境や高齢化へ対応できる都市や地域づくりを目指すのがこの構想です。 「社会的価値」、「環境価値」「経済価値」の3つの創造を主軸として、これらが一定以上の水準で満足されるような都市づくりを目指しています。 またこれにより持続可能な誰もが暮らしたいまち、誰もが活力のあるまちを実現することが、この構想の基本コンセプトとなっています。 この構想実現のために 2013年までに計23都市が環境モデル都市として選定され、環境に配慮するための低炭素化と持続的発展ができる地域モデルの実現を目指し、先駆的な取り組みチャレンジをする都市が生まれています。 (出典: 公式サイト) (出典: 環境モデル都市公式サイト) 自分の住んでいる街に注目してみよう 都市はもちろんのこと、地域でも一度そのまちづくりに目を向けてみる必要があります。 都市部に人々が流入してしまうのは、経済的なチャンスが大きいだけでなく、インフラや各種サービスのアクセスなど様々な点で便利であることも挙げられます。 これらがもし地方でも享受できるのであれば、都市部への人口流入は抑えられる可能性もあるのです。 都市部の発展は必要ですが、様々な課題を一気に解決することは難しく、時間がかかることもあります。 その一方で解決しきる前にさらなる人口流入が進めば、課題解決どころか限界が来てしまう可能性も少なくありません。 住んでいる私たちにできることは、まず自分の街に注目し、できることから始めていくことが大切になってきます。

次の