カーブ サイド ピックアップ。 「ベスト・バイ」カーブサイド・ピックアップ営業で健闘

【カーブサイド・ピックアップ】約100店の食品スーパーも拡大!戦略なければ茨の道?

カーブ サイド ピックアップ

米労働省労働安全衛生庁(OSHA)は5月1日、カーブサイド・ピックアップ(注1)やテイクアウトサービスを提供する飲食業向けに、従業員の新型コロナウイルス感染予防のためのした。 OSHAはガイドラインで、雇用主に対し、店舗入り口付近の駐車エリアをカーブサイド・ピックアップ専用にすることを勧めている。 また、提供サービスや商品の受け渡し方法、営業時間に関する案内を入り口などに掲げるように勧めている。 客が商品を受け取る場所では、従業員と客同士の距離を保つために床に6フィート(約1. 8メートル)ごとに印をつけることや、作業場を一時的に移動させスペースを確保したり、アクリル樹脂でできた仕切りを設置することも有効としている。 客に対しては事前にオンラインなどで清算を済ませてもらい、また、可能であれば商品の直接の手渡しは避けるよう推奨している。 衛生対策については、環境保護庁(EPA)の認証を受けている消毒液など(注2)で定期的に設備を消毒するほか、手洗い場を設け、60%以上のアルコール分を含む消毒液を設置するように推奨している。 そのほか従業員に対して、衛生面で適切な習慣をつけるよう訓練した上で、口と鼻を覆うマスクの着用を許可し、職場で安全や健康への懸念がある場合には雇用主へ報告を促すべきとしている。 (注1)消費者がオンラインで注文した商品を、実店舗の駐車場で車から降りることなく受け取れるサービス。 (注2)EPAが新型コロナウイルス対応用として認証している化学品のリスト(List N)は、で確認できる。 (吉田奈津絵).

次の

カーブサイドピックアップの話【ポッドキャスト第11回】

カーブ サイド ピックアップ

【fjconsultants365日Blog:4,107投稿目】 ~経営には優先順位がある~経営コンサルタント藤原毅芳執筆 接触しないサービスへ 今まで買い物は【 時短】というキーワードでした。 これが【 接触しない】へと変わるのではないでしょうか。 買い物をするという行為が 【 面倒な作業】 となっている側面は指摘が前からあります。 amazon. それが面倒なのです。 または、欲しい商品が決まっている場合、店舗に行っても商品が なく 他の店舗で探すのも手間です。 店舗で注文を出しても届くのは数日後。 これも手間。 これでは通販が伸びるのも当然と言えます。 店舗で買い物する場面が残されるのは、買い物する楽しみである 「商 品を選ぶ楽しみ」が残されている場面だけではないかと 予測しています。 ショッピングモールは「買い物」という行為にはフォーカスしておらず ショッピングモール自体を レジャーランドのように考えています。 買い物自体は、「飽きられる」コンテンツだとわかっているのでは ないでしょうか。 カーブサイド・ピックアップ 日常の買い物はどうなるのでしょうか。 スーパーへの買い物といった毎日買い物する行為や 最低でも週に1回は買い物していた行為です。 この領域はまだ通販へは移行していません。 生鮮食料品をネット注文で家に届けるサービスは 採算が合いにくく続かないのです。 そこで注目されているのが、 【 カーブサイド・ピックアップ】(Curbside pickup) です。 ネットで注文して、クルマで店舗に行き、商品をすぐに 受け取るシステムです。 手間を省けます。 たとえば ・広い駐車場を歩かなくてもいい ・広い店舗で探し回る必要もない ・レジで並ぶ時間がなくなる といったメリットです。 ここが今、注目されるようになったのです。 まとめ このカーブサイド・ピックアップが今回の新型コロナウイルスの 影響で急激に増えるかもしれません。 接触が限定されるからです。 新型コロナウイルスにより外出が減り、通販は伸びています。 店舗は売上減少ばかり。 しかし、このカーブサイド・ピックアップのサービスをしている 店舗は影響が少ない。 封鎖されてもカーブサイド・ピックアップは許可されているエリアも あるようです。 カーブサイド・ピックアップはあらゆる業界店舗でも可能性が あります。 普及してもいいのではないでしょうか。 ネットで選び注文をする。 店舗に行ったら、すぐに商品を受け取る。 もしくは、サービスをすぐに受けられる(待ち時間ゼロ) これが当たり前になるでしょう。 そこに追随できない店舗は将来的になくなってしまう。 そう考えるのが妥当です。 人気記事一覧• ユニ・チャーム株式会社の三現主義とは 「現場・現物・現時点」 の3つ。 これが社内で徹底... 信越化学工業、旭化成、積水化学、積水ハウスの 4社は、チッソ株式会社から派生した会社群です。 歴史をたどる... ふと見上げるとクリアな画面。 地下鉄に乗ったときに見た広告動画。 鮮やかな液晶だな、と思って見ていると 「セン... youtube. 「あと一歩だよね」 「ほんとうにそう感じます」 「でもそこができないよな」 と他人の仕事達成力についてはよく見... 急激に売り上げが下がったりして、状況の変化に 驚きを持って日々を過ごしている方と、 「意外に何も変わらないんで... 昨日は過剰生産について取り上げました。 今日は過剰品質について考えてみたいと 思います。 マーケットの大きさを店舗数で把握 マーケットの大きさ把握のため リサーチしたデータを掲載します。

次の

米ノードストローム、24時間カーブサイド・ピックアップサービス開始

カーブ サイド ピックアップ

大手チェーンストアではウォルマートが生鮮品などのカーブサイド・ピックアップを「ウォルマート・グローサリー」で行っており、スーパーマーケットチェーン最大手のクローガーも「クリックリスト」というサービス名で拡大している。 食品以外でもターゲットが一部の店舗でテストを始めている。 ただカーブサイド・ピックアップは店の営業時間に合わせて行われているのだが、なんとデパートメントストアのノードストロームは、24時間でカーブサイド・ピックアップを行うのだ。 ノードストロームではネットで注文した商品を午前3時や午前4時でもお店の駐車場で受け取れるのだ。 テストは12月16日~24日の期間で、シアトル市内にあるノードストローム本店やロサンゼルス郊外のサウス・コースト・プラザSCのノードストロームなど10ヵ所の限定で行われる。 利用の仕方はネット注文時にカーブサイド・ピックアップを選択し、受け取る10分前に電話もしくはテキストメッセージで所定の連絡先に連絡する。 店舗の駐車場にあるカーブサイド・ピックアップ専用駐車スペースで待っていれば、スタッフが注文品を持ってきてくれるのだ。 アマゾンがファッションでも存在感を増す中、ノードストロームは実店舗を生かしたオムニチャネル化で反撃する。 ノードストロームが9日に発表した第3四半期(8月~10月期)で、クレジットカード売上を含む売上高は前年同期比2. 5%増となる36. 3億ドルだった。 純利益は前年同期の1,000万ドルの赤字から1. 14億ドルの黒字に転換した。 既存店・売上高前年同期比は0. 9%の減少だった。 内訳は、フルラインのノードストローム本体の売上高は前年同期比5. 1%の減少となる14. 9億ドルで既存店ベース(オンライン売上は除外)は同4. 9%の減少だった。 ECサイトのノードストローム・コムは7. 5%の増加だった。 これによりネット売上を含むフルライン事業部の既存店ベースは1. 9%の減少だった。 一方、オフプライス業態のノードストローム・ラックの売上は同0. 8%の増加となる9. 7億ドルで既存店ベース(オンライン売上は除外)も同0. 8%の増加だった。 オンラインストアのノードストローム・ラック・コムは33. 6%と大幅に増加し、オンライン売上を含むオフプライス事業部の既存店・売上高前年同期比0. 8%の増加だった。 ノードストロームはフルラインストアを国内に117店、カナダに6店舗を展開しており、オフプライスのラックは232店の展開となっている。 日本の流通はアメリカより5年~10年遅れています。 このように言うと、必ずと言っていいほど日本人は怒ります。 真面目で勤勉な人ほど怒りをあらわにします。 お客様のために自分たちがやっている努力を真っ向から否定されたかのような印象を受けるからです。 勘違いしないでもらいたいのですが、努力するベクトル・方向が違うのです。 英語の表現に「タイタニック号でデッキチェアを並べ替える(rearranging of the deck chairs on the Titanic)」があります。 沈没しかけているタイタニック号の甲板でデッキチェアを丁寧に並べ替える行為の愚かさを示した表現です。 先日、日本のテレビ番組「ガイアの夜明け」で「百貨店はどう生きるか」を見ました。 若いバイヤーらの奮闘に感心しながら「タイタニック号でデッキチェアを並べ替えている」と思いました。 視聴しながら「新語・流行語大賞」でノミネートされた「ちーがーうーだーろー!」が脳内再生されるのです。 経営者側にJアラートを作動させたいのです。 テレビ番組の都合上、映すところに偏りがあるのは仕方がありませんが、見ていると「お客様はお店にきて買い物をする」「集客するには良い商品、いい売り場」が未だに大前提となっているように思えるのですね。 ネットやアプリをそれほど使いこなしていない50代以上を客層にするのはいいですが、これからのお客様となる若い層に対しては不十分です。 番組では秘策として「古着」の販売をフューチャーしていました。 バイヤーがこだわった古着も売り切れ、成功とのナレーションでした。 が、一部にメルカリに出品する業者も買っていたのではと推測しています。 百貨店で良い物を探してきて数量限定で販売しても、それを業者が買ってネットで販売するなら、百貨店再生とは言えません。 そのうち、来店客の多くがネット業者になったりして...いい商品よりも今の消費者の買い方にフォーカスした戦略でないと百貨店は生き残れません。 客単価が若干上がりながらも集客数が減少し、既存店ベースが前年を下回っているということ。 そして店の売上が減少しながら、ネット売上が急伸しているということ。 結局のところ、ネットが実店舗の売上を奪っているということ。 今のお客はデパートに行って優雅に買い物はしません。 欲しいものは速攻、ネットで買ってしまうのです。 売り場を中心にした「脱・百貨店」を掲げて、こだわり商品を厳選しておいても一般のお客は来ません。 5年後~10年後には、目の肥えたネットバイヤーを集めるだけになります。 日本人相手のメルカリだけでなく、富裕層相手に中国のネットで売られているなんてことにもなるでしょう。 在庫リスクを納入業者に負わせる「消化仕入れ」に慣れている百貨店経営では、真の改革は無理かもしれません。 「ちーがーうーだーろー!」のJアラートが日本の百貨店には必要です。 「激しくウォルマートなアメリカ小売業ブログ」ブログより転載.

次の