豊胸手術 値段 相場。 【施術別】豊胸の値段を解説|費用の相場や値段を見る際の注意点など

豊胸手術の値段相場をチェック

豊胸手術 値段 相場

主に外観上の美容目的の手術にこの名称が使われる。 乳癌などの切除後に行われる手術は と呼ばれる。 日本の は、その他いずれの乳房インプラントも薬事承認しておらず、安全性に関して保障していない。 費用は、適用範囲などの違いから様々な形で記述される。 WIKI 引用。 とございます。 今回のテーマは豊胸 (バストアップ) の費用についてです。 本格的な豊胸 (バストアップ) であったりプチ整形での豊胸 (バストアップ) であってもこの費用 (値段・価格) という部分は外せない所です。 有限の資産の中で、本当に思い切って行うものだと思います。 その部分をテーマにしながら、豊胸 (バストアップ) の知識も加えていきたいと思います。 まず豊胸 (バストアップ) の種類ですが、簡単に3つございます。 ・シリコンインプラントによる豊胸術 施術法 ワキの下のシワに沿って 2〜 4cm切開し、バッグを挿入します (キズ跡はワキの下のシワとほぼ一致し、白いすじ状に隠れます) 手術時間:約 1時間 手術後の通院 3日後、 7日後に経過観察のため来院 腫れ 1週間程度筋肉痛のような痛みと腫れ 注意事項 シャワー: 2日後(下半身のみ、キズ口を濡らさないように) 入浴: 7日後 激しいスポーツ: 1カ月後 *個人差がございます、あくまでも目安とお考えください。 特徴 <安全性の高い人工乳腺バッグ> 当院では、特に安全性や触り心地、見た目や形の自然さで人気の高い人工乳腺バッグを取り揃えています。 カウンセリングでは実際にそれらを触って選ぶことができます。 <痛みを抑える安全な麻酔を使用> 吸入ガス麻酔、局所麻酔、硬膜外麻酔、静脈麻酔等を効果的に組み合わせ行うことで、より安全に、そして的確に痛みを抑えた手術が可能になりました。 手術後の痛みを和らげる薬も用意しております。 こんな方におススメします 手早く豊かな胸を作りたい方 思い通りの胸の形を作りたい方 脂肪吸引するほどの脂肪がついていない方 ・脂肪注入による豊胸術 施術法 超音波脂肪注入豊胸法(遠心分離脂肪注入) お腹や太ももなどご自身の気になる部分から吸引した細胞に含まれる幹細胞を脂肪と一緒にバストに注入するバストアップ法です。 注入後の定着率が高く持続期間が長いのが特徴です。 ご自身の脂肪細胞を使用するため感触も柔らかく、自然な仕上がりです。 また採取した脂肪細胞は遠心分離処理により不要な細胞を取り除き、柔らかい優秀な細胞のみを選り分けます。 脂肪吸引によって気になる部分が痩せられて、さらにバストアップもできるので、バランスのよい美しいボディラインになれます。 片側 200〜 400㏄ほど注入でき、 1〜 3カップ程度(*個人差がございます)のバストアップが可能です。 基本、ワキから細い針を用いて注入します。 跡が目立ちません。 手術時間約 1時間(脂肪を採取する場所にもよる) 麻酔吸入ガス麻酔、硬膜外麻酔、局所麻酔の併用 手術後の通院 2〜 3日後と 1週間後 2回 腫れ採取部(お腹・お尻):約 1〜 2週間 採取部(太もも):約 2〜 3週間 注意事項 シャワー: 2日後(キズ口を濡らさないように) 入浴: 7日後 激しいスポーツ: 2週間〜 1カ月後 *個人差がございます、あくまでも目安とお考えください 特徴 <定着率向上のための分層注入> 定着率を上げるため、そしてしこり形成を最小限に少なくするために、特に血流の良い皮下脂肪層、乳腺下、大胸筋内、乳腺内などに注入層を分けて(いわゆる分層注入法)、細かく脂肪細胞を分散させるように時間をかけ、丁寧に注入していきます。 <遠心分離脂肪細胞注入法> 当院では、独自の方法により脂肪の定着を向上させる方法を採用しています。 血液循環を良くして脂肪定着環境を良くします。 遠心分離により不要なしこりの原因となる脂肪細胞や不純物は取り除くことが出来ます。 注入した脂肪の 6〜 8割が定着します。 注入した脂肪の定着率が高いので、それだけ胸の大きい状態も長くなります。 脂肪注入による豊胸術 1年間の安心保障制度 脂肪幹細胞注入法による豊胸術において、客観的に見て効果が全く認められなかった場合、手術後 1年間以内であれば、医師と診察・相談の上、無料で再手術します。 ただし、再手術で現状より形が損なわれると考えられる場合はお受けできない場合もございます。 ・ヒアルロン酸注入による豊胸術 施術法 注入は吸入ガス麻酔、静脈麻酔下に施術しますので完全無痛で行えます。 注入口はバストの状態や希望サイズにより相談しながら決めますが、主にはワキのシワ部分から細い管を通し注入を行います。 手術時間:約 20〜 30分 手術後の通院なし *必要に応じて相談 数日程度の痛みと腫れ *個人差がございます、あくまでも目安とお考えください 注意事項 シャワー入浴:翌日から OK 特徴 メスを使わず注射するだけのバストアップ法です。 片側 50㏄〜 70㏄で 1カップ程度(体格によって差があります)のバストアップが可能です。 感触や見た目が自然です。 持続期間は約 2年間 *個人差があります 将来の出産・授乳に影響はありません。 ご希望に応じて追加注入ができます *時期は医師とご相談ください こんな方におススメします 手軽にバストアップしたい方 続けて休みがとれない方 1から 2カップほど大きくしたい方 バストの左右差を整えたい方 大きく分けて豊胸術はこの3つとなりますが、その他の小さくする等は別の機会にテーマとして取り上げたいと思います。 豊胸(バストアップ)の費用(値段・価格)で一番高いのが、脂肪吸引で、費用(値段・価格)相場が大体 70 万~ 150 万ほどで術式によってその金額が大幅に変わってきます。 次に豊胸バックの挿入です。 費用(値段・価格)相場は、 25 万~ 85 万ほど。 こちらもバックの種類や術式によって上下はございます。 そして、プチ整形と言われるヒアルロン酸注入による豊胸(バストアップ)です。 こちらは 10CC あたり 4 万~ 7 万ほどです。 1 カップ大きくするのに大体片側で 100CC 前後ですので、ご予算や大きさによって金額が変わってきます。 こちらはダウンタイムもなく、傷跡も目立たす、実感も早いのが特徴です。 それぞれお悩みによって豊胸(バストアップ)の術式が変わってき、それに応じて費用(値段・価格)も変わってきます。 まずは、カウンセリングで費用(値段・価格)の見積もりをもらってみてください。 ヒアルロン酸注入による豊胸(バストアップ)の費用は大体1 CC で 4 万~ 7 万と入れるヒアルロン酸の種類によっても異なってきますし、入れる量によっても変わってきます。 2 カップ以上大きくされたい方は、豊胸バックか脂肪吸引とヒアルロン酸注入による豊胸のハイブリッドなどが考えられます。 今より少し大きくしたいや下に垂れた乳房の張りを出したいなどお手軽な豊胸(バストアップ)がプチ豊胸です。 持続期間が短いといデメリットがございますので、豊胸(バストアップ)でプチ豊胸を考える場合はご費用(値段・価格)もそうですが、そのあたりもご理解されて施術をお受け下さい。 豊胸(バストアップ)のメンテナンス費用(値段・価格)が後々大きくなってくる場合もありますので、豊胸(バストアップ)の種類によって次回の施術期間の想定や費用(値段・価格)算出をしておく必要があります。 また、万一ですが、豊胸が思ってるのと違う結果となった場合、やり直しの費用(値段・価格)が発生する場合もございます。 その当たりは、カウンセリングの際に、詳しく必ず聞くようにしてください。 そこで当院では豊胸(バストアップ)のモニターを随時募集させて頂いております。 お問い合わせは下記問い合わせページからお電話でお願い致します。 当院では、お客様のこれからの人生がより明るく、前向きに、自信を持って幸せに過ごせて頂ける事が何よりの喜びです。 どんな些細なお悩みでも、親身になってくれる先生、スタッフが居ますので、何なりとお問合せ下さい。

次の

豊胸手術の値段相場をチェック

豊胸手術 値段 相場

「豊胸シリコンバッグの抜去(摘出)をしたい」と思ったとき、気になるのが費用です。 クリニックによって料金に幅があるので迷われる方も多いと思いますが、安易に選んでは失敗して結局高くつくことも……。 低費用にありがちな落とし穴がないか、まずカウンセリングで確認することが大切です。 豊胸シリコンバッグ抜去&コンデンスリッチ豊胸の相場 豊胸シリコンバッグを抜去してコンデンスリッチ豊胸で脂肪に置き換える施術は、他にもいくつかのクリニックで行なわれています。 THE CLINICの場合、1,520,000円(ベイザー併用の場合)で承っております。 他院でもおおむね1,400,000~1,600,000円(ベイザー併用なし)といった値段設定のようです。 ただ、なかには1,000,000円前後で豊胸シリコンバッグ抜去&ベイザー併用のコンデンスリッチ豊胸ができるとWeb上に掲載しているクリニックもあります。 豊胸手術が低費用の理由をカウンセリングで探ることが大切 何の商品でも安いものにはそれなりの理由があります。 それは、美容外科も然り。 気になるクリニックがあれば、ぜひ カウンセリングに行って比較することをおすすめしますが、その際に下記のポイントに注意してみてください。 カウンセラーが高額な豊胸手術をすすめる場合は要注意 カウンセリングに行ってみると、ドクターによる診察ではなく、 カウンセラーによるサービス紹介がメインというクリニックが非常にたくさんあります。 様々なオプションをすすめられた結果、ホームページに記載されている料金よりもかなり高額になってしまうケースも少なくありません。 カウンセリング当日に、強引に医療ローンを契約させるクリニックもあるので、注意が必要です。 さらに、消費者庁では、 カウンセリング当日にいきなり施術をすすめるクリニックや、「この注射が必要」「この施術を追加しないと効果が出ない」など、 施術当日あるいは施術中に高額なオプションを契約させるクリニックに注意するよう呼び掛けています。 脇からの抜去でバスト周りに傷は残っていない。 施術費用が安くても、目立つ傷や凹凸が残ってしまっては治療が成功したとは言えません。 ドクターに相談する際は、まず事前に 「どこから豊胸シリコンバッグを抜去(摘出)するか」を確認しましょう。 THE CLINICでは豊胸シリコンバッグの抜去(摘出)について、大切にしているポリシーがあります。 それが、「可能な限り傷をつけない、増やさない」というもの。 高度に石灰化している場合などを除き、豊胸シリコンバッグを挿入した 脇の傷から抜去することを基本としています。 他のクリニックでは、目立つ傷が残りやすいアンダーバストや乳輪周りを切開することも多いのですが、その理由は脇からでは豊胸シリコンバッグまでの距離が長く、豊胸シリコンバッグの抜去(摘出)が難しいからです。 しかし熟練した技術があれば、脇の下からでも、バストや周辺組織を傷つけることなく抜去(摘出)できます。 ただ、安価な費用の場合、その労力は見込まれない可能性も考えられます。 豊胸手術の症例数と経験値を見極めよう やはり、 仕上がりの良し悪しは経験に基づくドクターの技術で左右されます。 いくら安価であっても、経験の少ないドクターの場合、費用以上の効果を期待するのは難しいかもしれません。 経験値を判断する際にまずチェックすべきは、 美容外科医歴、 得意施術など。 手掛けた症例のエピソードを聞くなどもいいかもしれません。 また、ブログを公開しているドクターの場合、 豊胸シリコンバッグのトラブル治療についての記事頻度が、経験や技術の判断材料のひとつになるでしょう。 他院では豊胸シリコンバッグ抜去と同日の脂肪注入豊胸ができないことも 他のクリニックでは、豊胸シリコンバッグの抜去(摘出)から数カ月後に脂肪注入を行うことも多いようです。 これは、豊胸シリコンバッグがなくなってできた空洞に脂肪を注入してしまうと脂肪が壊死してしまうため、その空洞が閉じるのを待つという理由からです。 ただし、 数か月たったからといって完全に閉じているとは限りません。 また、時間をあけると組織や 皮膚の癒着が起きるため、コンデンスリッチ豊胸でもバストを キレイに膨らませないことが多いのです。 そのため、THE CLINICでは基本的には同日施術を行います。 何回も通うとなると、お仕事や家事を休まなければならない方も多いでしょう。 そういった 時間と費用のロスも抑えることができます。 重視すべきは費用対効果 こういった点を押さえることで、少なくとも費用トラブルにありがちな「聞いてなかった」を防ぐことにはつながるはずです。 大事なのは、 費用対効果。 これを複数のクリニックのカウンセリングで比較して、納得できるクリニックやドクターを選びましょう。 後編では、THE CLINICの費用対効果の判断材料として、料金に含まれる内容を詳しくご紹介します。

次の

豊胸手術の値段はここに注目!後悔しない4つのポイント|医師監修コラム

豊胸手術 値段 相場

豊胸バッグの種類によって値段が大幅に異なるシリコンバッグ挿入法は、平均で70万円ほどかかるとされています。 またいずれはバッグの抜去施術も受けないといけないため、保証がついていない場合や、術後から何十年も経った場合には、追加料金が発生することもあります。 そのため「シリコンバッグ豊胸は高すぎる!」という印象だけを持っている方もいるかもしれません。 しかしシリコンバッグ挿入法だと、3カップ分ほどの大幅なサイズアップができるんです! サイズアップできるカップ数を考えると、一概に料金が高すぎるとも言えないですよね。 「バストアップをしたいけれど、体にメスを入れるのはちょっと怖い…」という方や、「週末の結婚パーティでドレスアップしたい」といった急なご要望にもお応えできる豊胸術が、ヒアルロン酸注入です。 注射器を使ってバストにヒアルロン酸を注入するため、皮膚に傷跡が残らないというのが本施術の最大のメリットで、部分注入も可能なため、「左右の乳房のバランスを整えたい」「谷間がほしい」といったお悩みにも対応できます。 表参道スキンクリニックで使用するヒアルロン酸は、豊胸用に新たに開発されたものです。 従来のヒアルロン酸よりも粒子が大きく濃度も3倍になったことで、ハリ感や持続時間が大幅に向上しました。 感触も非常に軟らかく、普通のバストと比べても違和感がありません。 一度の注入で、約2年間効果が続きます。

次の