声帯 ポリープ 症状。 ポリープ様声帯

声帯結節の症状は?声枯れが続く場合は注意!ポリープとはどう違う?

声帯 ポリープ 症状

概要 声帯結節とは、発声に重要なはたらきをする声帯に生じる炎症性の硬いこぶを指します。 声帯にできる一種のタコのようなものです。 声帯の前方3分の1に発生することが多く、通常、左右対称に発生します。 日常的に声を出すことの多い方に発症する頻度が高く、小児も含めた幅広い年齢層にみられ、女性に多い傾向があります。 また、歌手にみられることも多いため、別名: 謡人結節 ようじんけっせつ ともいわれます。 など声帯に発生するほかの病気と同様、声帯結節を発症するとしゃがれ声や空気が漏れたような声になります。 声の酷使を理由に発症する病気であるため、発声を控え、声帯の安静を図ることで症状の改善が期待できます。 しかし、保存的な治療をおこなっても症状が改善しない場合、職業柄より早期の完治が求められる場合などには、手術による介入を検討します。 原因 声帯は空気の通り道である気管の入り口に、左右にひだ状に位置しています。 空気の行き来で声帯を動かし、声を形成します。 左右の声帯がこすれあうことで摩擦が生じます。 この摩擦刺激を繰り返すと粘膜が厚く硬くなり、 浮腫 ふしゅ 状に腫れたり線維化が起こったりすることで声帯結節が発症します。 声帯結節は日常的に声を酷使している職業の歌手、教師、保育士、アナウンサーなどがよく罹患する病気です。 子どもの場合はやや男子に多く、活発な子ほど発症しやすいといわれます。 また、があると、炎症が増悪することになり、結果として声帯結節の悪化につながるとも考えられています。 なお、先天的・遺伝的な要素はなく、大人と子どもの症状の違いもありません。 治療 声帯結節は声の酷使がそもそもの原因なので、治療の基本は、声帯を安静にすることです。 発声を控えて喉の安静を図りつつ、消炎薬の投与やステロイドホルモンの吸入などの薬物治療を併用します。 声帯結節では、声の出し方が原因となっていることもあるため、正しい方法を身につけるための音声治療を行うこともあります。 これらの保存的治療法を実施することで、多くの声帯結節は治癒が期待できます。 保存的治療方法が奏功しない場合や病変が高度の場合、職業柄早く完治させたいという要望がある場合には、手術により結節を切除することになります。 手術は全身麻酔をかけたうえで、喉頭顕微鏡下手術(ラリンゴマイクロサージェリー)が行われます。 手術後は、傷口を保護するために1週間程度沈黙期間を設けます。 また、2週間程度は大声を出したり、カラオケに行ったりするのを控える必要があります。 また、過度のは完治後の再発を誘引するため、が求められる場合もあります。

次の

声帯ポリープ・声帯結節の症状と治療について|岩野耳鼻咽喉科

声帯 ポリープ 症状

声帯ポリープの症状 声帯ポリープの症状は、 声がかすれたような状態になることが特徴です。 空気がもれるような話し方になったり、やや低い声になります。 声が途中で止まってしまうことや、声が出なくなってしまうこともあります。 ポリープが大きくなると、同時に気道も狭くなってくるため、 息苦しさや高い声が出ないという症状も見られ、稀に 呼吸困難に陥ることもあります。 ポリープを放置しておくと、正常な発声方法ができずに誤った発声方法が習慣となってしまったり、炎症が進むことでポリープが増えてしまうこともあります。 また、手術でポリープ除去をしても発声のリハビリに時間がかかってしまう事にもなるため、早めの治療が大切になってきます。 声帯ポリープの原因 声帯ポリープの原因は、 一過性の声帯の使いすぎによるものです。 カラオケやスポーツの応援、怒鳴り声が誘発する因子となっています。 タバコも原因となっていて、この2つが声帯ポリープのほとんどの原因です。 他では、 風邪がきっかけになり声帯に急性炎症を引き起こす場合もあります。 声帯粘膜の毛細血管が少しだけ傷つき、少し出血することでポリープができてしまうという仕組みです。 そして、このポリープのせいで声門がうまく閉じなくなり、振動体である声門に異物(ポリープ)がくっついているため、粘膜波動がおかしくなって声が出しにくくなってしまうのです。 声帯ポリープの治療 声帯ポリープの治療は、 声の安静が第一です。 炎症が強い場合は、消炎薬やステロイドホルモンの吸入療法などの 薬物治療も行われます。 風邪が引き金になってできた声帯ポリープや初期のポリープは、声帯に負担をかけないように生活することで、自然に放置していても炎症は良くなることがあります。 そのため治療をしながら様子をみていくことになります。 薬によっても改善されず、日常生活に影響がある時は手術をすることになります。 基本は 顕微鏡下での手術(ラリンゴマイクロサージェリー)ですが、全身麻酔を必要とします。

次の

喉頭(こうとう)ポリープ

声帯 ポリープ 症状

こんにちは、ファストドクターです。 声帯ポリープについてお伝えします。 声帯ポリープの特徴・症状 声帯ポリープの特徴 声帯ポリープというのは、喉頭というのど仏の裏側のところの声帯の粘膜が、突き出たり、膨張したりする病気です。 声帯ポリープの原因 声帯ポリープの原因は、声帯に声を出すことで刺激が加わるためです。 声を無理に出し過ぎれば、血が声帯から出て、血腫が血管が破れることでできます。 これが声帯ポリープの原因です。 声帯ポリープがよくできる人 ・よく声を使用する人 一般的に、声帯ポリープはよく声を使用する人にできやすくなります。 例えば、声優や歌手などが仕事を声帯ポリープのために休んでいるような報道を、見たり、聞いたりした場合もあるでしょう。 ・よく怒鳴る、大きな声をよく出す 声を使用する仕事の人でない場合でも、十分に発症することはあります。 声帯ポリープが発症しやすいのは、すぐに怒鳴ったり、大きな声をよく出したりする人などです。 ・喫煙や飲酒 声帯ポリープの発症が、喫煙や飲酒によって促進される場合もあります。 そのため、普段は声をよく使用していると意識していないような人でも、十分に発症することはあります。 声帯ポリープの症状 ・初期の症状の場合 声帯ポリープが初期の症状の場合は、声の出方が普段と違っているのを感じます。 例えば、症状としては、声がかすれる、声が出しにくい、ハスキーボイスが風邪をひいていないにも関わらず継続する、などが現れるでしょう。 これ以外にも、喉の違和感が発声する際にあったり、たんがからんだりするというような症状が現れる場合もあります。 ・悪化した症状の場合 声帯ポリープが初期の症状の場合は、一定の音域の低音や高音などの声が初めは出にくくなります。 しかし、裏声・地声に関係なく、どの音域でもかすれてくるようになれば、声帯ポリープの高い可能性があると言えます。 腫瘍とは違って転移する場合はありませんが、声帯をポリープができている状況で使用し続ければ、大人になった場合に悪くなってしまいます。 声帯ポリープの診断と検査 声帯ポリープの診断は、喉頭鏡を使用して、声帯の動きをチェックして、ポリープがあるかどうかを調べます。 喉頭をハイスピードカメラやストロボスコピーを使用して観察します。 異常が血管にあるかどうかを観察することもできます。 区別が声帯ポリープと必要な病気としては、喉頭がんがあります。 喉頭がんは、声帯ポリープと同じような病気ですが、表面がポリープに比較して不整な場合が多くあります。 ポリープであると考えて、細胞を手術によって切除して顕微鏡で調査した結果、がんが結果的に見つかる場合もあります。 これ以外にも、声帯結節、ポリープ様声帯、喉頭肉芽腫というような病気の場合も、同じような症状が現れます。 声帯ポリープの治療法 自分でケアする 声帯ポリープの場合は、喉をあまり使用しないようにしましょう。 声を仕事のために使用することがどうしても必要な場合は、仕事を少なくしたり、仕事を休んだりするなども場合によっては必要です。 負担が喉にかからない発声法をマスターする 負担が喉にかからない次のような発声法で、声が休まる日を設けましょう。 ・大きな声を出さない ・低すぎたり高すぎたりする声を出さない ・話を長時間しない ・喉が休まる時間を設ける ・腹式呼吸で力をお腹に入れて発声する 病院で治療する 病院で治療する場合は、手術をするケースと飲み薬を服用するケースがあります。 いずれの方法を選ぶかは、医師がポリープの状況によって判断します。 飲み薬の場合は、3割~4割くらいの完治率であるため、手術になる場合が多くあります。 再発するリスクを少なくする 再発することも、声帯ポリープの場合はあります。 完治させるために、医師の指示にまず従いましょう。 完治した後は、喉を使用する方法をマスターして、発声する方法を変更するなどを考えましょう。 声帯ポリープの予防 予防して声帯ポリープにならないようにすることも非常に大切です。 声帯ポリープを予防する方法としては、声や喉をできる限り使用し過ぎないようにすることです。 しかし、このようなことはなかなか大変であるため、おすすめの方法は次のようなものがあります。 ・アルコールをできる限り控える ・カフェインやコーヒーを控える ・歌う際は声を腹から出す ・十分に水分を補給する ・マスクを着用する このようなことが、おすすめの声帯ポリープを予防する方法ですが、コーヒーやアルコールなどを飲み過ぎると、刺激物がその分多くなるため注意しましょう。 喉から大きな声を出すと、非常に喉に負担がかかるため、できる限り声を腹から出すようにしましょう。 十分に水分を補給することについては、大きな声を出したり、カラオケをしたりしている場合のみでなく、会話を普通にしているような場合などもこまめに水分を補給するようにしましょう。 水分を補給するのみでも、声帯や喉には相当いいでしょう。 お近くの救急医療機関をお探しの方 下記の方はすぐに救急車か救急医療機関を受診してください。 意識がない• 頭を強く打った• ろれつが回らない• 手足の動きが悪い、または動かない• 吐血している• 頭をひどく痛がっている• 我慢できないひどい痛み• けいれんをおこした、けいれんしている 夜間往診をご希望の方 下記の方は救急医療機関か夜間往診をご検討ください。 感染症の疑い• 喉の痛み、激しい咳• 今まで経験のある頭痛• 今まで経験のある痛み• めまい、嘔吐、下痢• アレルギー.

次の