魔王様リトライ あにこれ。 2019年 5chベストアニメランキング投票スレ

「彼方のアストラ」(1

魔王様リトライ あにこれ

宇宙への往来が当たり前になった近未来で、9名の少年少女たちが惑星キャンプへと旅立つ。 宇宙旅行に胸を躍らせながら出発した彼らを待ち受ける、予想外の事態とは……!? 「このマンガがすごい!2019 オトコ編 第3位」にランクイン! 『SKET DANCE』の篠原健太が描く大人気SFサバイバルストーリーが待望のTVアニメ化決定! より 絵もきれい、ストーリーはテンポも良くて時間を忘れるほど引き込まれる良作です。 珍しいですよね、力が入ってるのがわかります。 オープニングが映画っぽくて、アカデミー賞をとった「ゼロ・グラビティ」を思い出しました。 楽しいキャンプに来たはずの8人の高校生と1人の10歳児が、変な球体に吸い込まれて宇宙の彼方に飛ばされるとか、すごい王道展開なんだけど、つまらないなんて微塵も感じないまま、気づいたらエンディングでした。 一人宇宙に取り残されたヒロイン、アリエスを助ける場面なんてめちゃくちゃ緊迫感あって、息止めて見ちゃいましたよ。 同じ遭難でもとは全くタイプが違います(あっちも面白ですけどね!)。 あんまり喋らない方がいいみたいなので、続きはぜひご自身でみてください! あにまは早速原作読みたいんですが、読んでから見るか、最終話まで見終わってから読むか悩み中です。 伏線だらけらしいので、後から見返すのは必須の模様。 録画面倒って方は配信サービスが楽でいいですよね。 原作も読むならポイントで1巻分は無料になるU-NEXTがいいですね。 濃い、とにかく濃い。 情報量多く、展開も早い。 これ伏線なの?といろいろ気になるので、気が抜けない。 緊張してみてるところにちょいちょいギャグ入れてくれるのが、ちょうど息抜きになるっていうのも助かります。 シリアス続きだとほんとに息止めて30分見なきゃいけなくなる。 1度目に見た時は何の害もなさそうに見えたものが、2度目には危機をもたらすものに豹変したり、ちょっと意味ありげな描き方されたものはやっぱりピンチの時の助けになったり、とでてくるもの全てがそのあとにつながりそうで、目を皿のようにしてみてました。 前半の、お前ら大丈夫かぐらいの緊張感のなさから、後半一気に動かしてくる緩急にそのまま持っていかれました。 キトリーの話はずるい。 あんな短い間にぎゅうぎゅうに過去からのエピソード詰め込んでくる。 泣いちゃいましたわ。 最後にはちゃんと次への伏線、裏切り者の気配を匂わせてくる。 まんまと乗っかって次も見ちゃいます。 宇宙で遭難という相当ヤバい状況なのに緊張感なさすぎ!な場面と、ピンチなシチュエーションの緩急のつけ方がうまいです。 先が気になってしょうがない。 マンガ読みたい〜、でもアニメで追う楽しみも捨てがたい。 先が気になる誘惑に勝てない方は、U-NEXTでお先にどうぞ。 雑談からたまたまわかった偶然の一致、アリエスが転校してきたのとフニが引き取られたのが同じ6月、というところから見えてきた恐ろしい殺人計画 ビーゴ(B5)入れて一斉殺処分 このキャンプのB5班のメンバーはランダムではなく、一斉に殺すために仕組んで集められた! そこにザックとカナタだけの秘密だった、アストラ号の通信機を意図的に壊した犯人がこの中にいる、という疑惑がプラスされてメンバー(特にキトリー)はパニックに! そこに爆発、船体に穴が開く、停電、惑星の引力に引かれて9分後には激突してしまうというピンチの四重奏。 サバイバルらしくなってきました。 って言うかめちゃくちゃスリルあります。 きっと大丈夫、なんとか切り抜けるってわかってても心臓バクバクする音が聞こえるほど。 こんなん夜中に見たら、寝られなくなりますよ。 間一髪で間に合って着陸できた時には、フゥ〜っと安堵のため息が出ちゃいました。 よかった・・ 船の中の未確認浮遊物の動きを止めるのにグルーガンを使うとか、細かいところが凝ってます。 ここでウルガーの銃の腕前を印象づけ、その流れから隠し持っている銃を見せて今週は終わり。 悔しいぐらいに構成が上手いです。 来週も見ないわけにいかないじゃないですか。 もう夜中はしんどいので、dアニメストアの先行配信で見て、睡眠時間確保です。 2番目の目的地、惑星シャムーアに着陸して食料探しをしている時は、食べて美味しい植物が見つかったり、チョコボみたいな安全で人懐こく、乗り物にもなる動物グルーピーと出会ったりで、楽しむはずだった宇宙キャンプを取り返すかのような時間が流れていたAパート。 そこからの、 水も食料が思ったほど取れず、一転節約モードになる船の中。 突如牙をむく惑星の支配者。 自分は価値のない人間、透明になりたいと言って船を降りてしまったユンファ。 この3つの絡め方がうますぎて、みごとに乗せられました。 のほほんとしてギャグも飛び出すゆるい場面はこっちものんびり見てましたが、緊迫してくると心臓バクバクさせながら、大丈夫だよね、助かるよね、と祈るような気持ちになり、最後のユンファ(CV. 早見沙織)の歌で涙腺やられました。 挿入歌すごいよかった。 終わってすぐ見直しちゃいました、dアニの先行配信で見れるのはホント助かります。 「彼方のアストラ」5話感想 親がみんな怪しく見える アニメになって嬉しい事は声や音楽などの音系もあるけど、やっぱり色が付くのは大きいです。 惑星アリスペードはとてもカラフルでリゾート感と異星感がよく現れてるし、アリエスの微妙なオッドアイとか、キトリーの肌は褐色の設定にして正解だったなとか、色が付いて思う事がたくさんあって楽しい。 終わってすぐ3回見ちゃった。 失踪宣告するしかないという多数派に対して、一人捜索続行を主張するアリエス母。 この話し合いの場にはいっぱい伏線がばらまかれてるに違いないと先入観を持ってしまっているので、ウルガー父やユンファ母、ていうかアリエス母以外みんな怪しく見えます。 一言一言聞き漏らすまい、表情とか仕草も見逃すまい、とめちゃくちゃ集中してみてしまいました。 もうマンガ読んでカンニングしたくなる! そこから場面が子供たちに変わるとビーチで遊んでて、なんなんこれは???!!! 平和すぎるやろ〜〜〜〜!!! その落差、ギャップにまたつい引き込まれて集中してみちゃいます。 そこからまた緊張の糸がピーンと張ったところで、来週に続く。 この作品、緊迫感のない平和なシーンでも何が出てくるかわからないので、本当に気が抜けないです。 しんどいです。 面白いんですけどね。 ジェットコースターの揺れがハンパない。 ながらみ厳禁です。 飛ばしちゃダメですよ。 気を抜く暇が1秒もないのです(たぶん毎週言ってる)。 ウルガーの悲しい過去、そこから明らかになったルカの大きな秘密と明るさの下に隠された悲しみ。 見てて思わず、うわー辛すぎって言葉にしてました。 このウルガーとルカの場面で流れている音楽が、重厚感あって、繊細で、めちゃくちゃドラマチック。 その直後、津波に襲われ逃げる時にルカの手を引き、タラップから手を伸ばすカナタにルカを先に押し出したウルガー。 小さい頃から辛い思いして育ってきたけど、根は優しくていい子なんだってことがこの短い場面に凝縮されててすごく好きです。 このウルガーとルカの1件からカナタが気づいたメンバーの共通点(養子、親とうまくいっていない)と5話とを合わせて考えると、とにかく親たちが怪しい。 6話を見てから、5話で親たちが捜索を打ち切るかどうかを話し合っていた場面を見ると、怪しいという先入観も手伝って、犯人探しするように表情とか仕草とか見てしまいますね。 カナタ父の妙にイラついた口調も、ザック父の無表情も、何もかも怪しい。 ルカ父の言葉にはそら恐ろしささえ感じます。 と思ってたら最後にシャルスの邪悪な表情のどアップ。 いつも親切で穏やかなシャルスが、今まで見せたことのない冷たい目。 シャルスが刺客だったか?と思いっきり思わせぶりに始まったくせに、悲しい過去の話で全員号泣、友達の絆が深まってしまったので、逆に深読みしてしまいます。 ぜったい伏線に違いないと、何度も再生して一時停止して表情とか見るのがくせになってしまいました。 誰か号泣シーンで泣いてないやつはいないか、とかね。 見ていてこんなに疑い深くなるアニメも珍しい。 そんなふうに疑っていたら、この旅最大のピンチ発生です。 今までで一番過酷な惑星で船が壊れるなんて最高に絶望的な場面で、男性陣がめちゃくちゃカッコよかったです。 カナタまでが絶望しかけた時に、その場の空気を緩めたのはまさかのウルガー。 「俺の役割は冷静でいることだ」と冷たく現実を告げつつも、「一緒に生きよう」とキトリーに寄り添うザック。 いやこいつらほんとかっこいい。 そして見つけたアストラ号そっくりの廃船の中で眠る「人」。 そんなところで終わられたら次回が待ち遠しくてたまりません(毎週同じこと言ってる)。 買ってしまったけど、アニメ終わるまではとガマンしているマンガ読みたくなります。 「彼方のアストラ」8話感想 はぁ?キトリーとフニがXXXXだって? ホントにもう、次から次へとよくこれだけ詰め込みましたね! それも破綻なく。 感心するしかないです。 見つかった廃船がアストラ号と全く同型、かつブロックに分かれていて分割可能だったことで船が修理できるとか、よく練られてますよね。 ザックが気づくなら驚かないですが、それに気づいたのがアリエスっていうところ、まだ他にも出てくるのかと勘ぐってしまいましたね。 もう疑う心なしに見れないです、このアニメ。 キトリーとザックの痴話ゲンカで箸休めして、さあ出発!となっても、いやいやこれで終わらないでしょ、なんかぶっ込んでくるんでしょ? って素直に見られないの悲しいなと思っていたら、やっぱり最後にきましたよ。 ザックのセリフ、聞き間違えたかと思っちゃいましたね。 え、もっかい言って?! そんなことってありうるの?な感じで。 12年の眠りから覚めたポリーナが今は2063年だと知って急に「何も起こってないの?!」と取り乱したのも気になります。 もうそろそろマンガ読んでもいいかな。 なんかイロイロ確認したいことだらけです。 鳥肌立った。 頭と最後に重たいやつドーン! 間にザック砲をはさむことで、最後の引きのインパクトがより大きくなるの、ほんと天才です。 何度か見直してたけど、9話見たらいますぐもっかい見直したい!って絶対思いますね。 特に5話とか6話とか。 5話を見た時に感じたやな感じはやっぱり当たってたし、こいつらマジで最悪な親たちだなと殺意湧きました。 ここまで来て改めて気になる謎がこれからどう回収されていくのか、とりあえずメモっておきます。 ウルガー兄を殺した犯人ってルカ父の手のものなのかな?他に犯人いるかも?• アリエス母は本当のこと知ってるのか?• アリエスは母の愛を信じているとは言っても、アリエスだけが船外と通信できてるの、なんかおかしくない?• シャルスの幼馴染のセーラって、アリエスのXXXXX?• 8話でポリーナが「何も起きてないの?」って言ってた「何か」ってXX滅亡?• ポリーナって実は12年じゃなくてもっと長く眠ってた?• 刺客のこと忘れてたけど、ここから裏切るわけ?• シャルスの秘密の回もなんか違和感あったけど、見直してみるとなんかあっさりしすぎてる。 まだ何か隠してない? 一人一人が、みんな強くなってて、団結もより強固になったようだけど、このまますんなりみんなで帰ろうにならないだろうということだけは確信できますね。 買ったまま、読んでない原作に手が伸びそうになるのを必死でガマンしてます。 このドキドキハラハラ、ツライけどかなり楽しいので最後まで味わいたい。 リアタイで毎週追いかける価値のあるアニメです。 OPの親たちの絵が、途中からメンツが変わってるのとか細かいところまでスタッフさんすごいし。 「彼方のアストラ」10話感想 やっぱり刺客は君だったのか 刺客が正体を現したんですけどね。 誰かは言えないんですけどね。 やっぱり君だったのか、でした。 そこはあんまり驚きはなかったですね、怪しい感残したままきたから何となくそうかなと思ってました。 でも理由、その使命とやらを語る寸前でまたおあずけです。 焦らしには慣れたけど、やっぱりうずうずしますよ。 ついマンガ読みたくなってしまいます。 代わりにアニメを一時停止と10秒戻しを駆使して復習してます。 とりあえず発見したのはOPアリエスの名前に仕込んであった謎のカギ。 逆さまになってるなとは思ってたんですが、途中まではそれが意味するものがわからなかった。 今ならああそうかってわかります。 そういった、2度見、3度見の楽しみが他にも見つかるので、話が進むたびに何度見直したことか。 見直すたびに、よくこれだけの内容を30分の中に詰め込んでるなと感心します。 2クールでやっても良かったんじゃないの? 9話時点でわからなかった謎のうち半分は10話でだいたいわかりましたが、また新しいのが発生したので、最後まで気が抜けません。 またでっかいのぶっ込んできそう。 dアニメストアは地上波先行なので、放送される地域でもこっちで見た方が良さそうです。 「彼方のアストラ」を見られる動画配信サービス 上記2つのサービスでは、地上波先行配信なので、いち早く見られます。 原作も読みたい組の方は がオススメ。 1話見ると、原作未読な自分が悔しくなるぐらい面白いので、これはぜひマンガと合わせて楽しみましょう。 「彼方のアストラ」まとめ 「彼方のアストラ」まとめです。

次の

2019年 5chベストアニメランキング投票スレ

魔王様リトライ あにこれ

2020-07-18• 2020-07-18• 2020-07-18• 2020-07-18• 2020-07-18• 2020-07-18• 2020-07-18• 2020-07-17• 2020-07-17• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-15• 2020-07-15• 2020-07-15• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-13• 2020-07-13• 2020-07-13• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11.

次の

約束のネバーランド

魔王様リトライ あにこれ

2020-07-18• 2020-07-18• 2020-07-18• 2020-07-18• 2020-07-18• 2020-07-18• 2020-07-18• 2020-07-17• 2020-07-17• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-16• 2020-07-15• 2020-07-15• 2020-07-15• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-14• 2020-07-13• 2020-07-13• 2020-07-13• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-12• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11• 2020-07-11.

次の