カナディアンクラブ。 カナディアンクラブはカナディアンウイスキーの代名詞!特徴と評価を調査

カナディアンクラブの味やおすすめの種類/おいしい飲み方/ブラックラベル12年・20年・30年

カナディアンクラブ

com 「カナディアンクラブ」に代表されるカナディアンウイスキーは、世界5大ウイスキーのなかでも、とくに軽快な味わいが特徴。 そのライトな味わいは、カクテルにも欠かせません。 カナディアンクラブもそうですが、カナディアンウイスキーのほとんどは、ベースウイスキーとフレーバリーウイスキーをミックスしたブレンデッドウイスキーです。 ベースとなるのは、トウモロコシを主原料とした、雑味のないマイルドなウイスキー。 そこに、ライ麦を主原料としたフレーバリーウイスキーを合わせます。 両者を混ぜ合わせる比率としては、ベースウイスキーが70~90%に、フレーバリーウイスキーが10~30%というのが一般的。 フレーバリーウイスキーだけだと、アメリカのバーボンウイスキーに似た重厚で力強い味わいですが、ベースウイスキーのマイルドさによって和らげられています。 この組み合わせによって、穀物由来のライトな風味が生み出されており、初心者にも飲みやすいウイスキーとなっているのです。 カナディアンウイスキーにも、他のウイスキーと同様に法的な定義があります。 それは、次のようなものです。 穀物を原料に、麦芽などの糖化、酵母などで発酵し、蒸留したもの 2. 700リットル以下の木樽で3年以上熟成させること 3. アルコール度数40%以上で瓶詰めすること 4. カラメルまたはフレーバリングの添加をしてもよい このうち、4. にある「フレーバリング」というのは、香味を付与するために添加することが許されているカナダ産以外のお酒のこと。 スピリッツやワインが主流ですが、酒精強化ワインやバーボン、フルーツブランデーなどが添加されることもあります。 カナディアンクラブの魅力を生む、独自のこだわりとは? Toronto-Images. com カナディアンクラブは、カナディアンウイスキーの代表格として、カナダやアメリカだけでなく、世界150カ国以上で愛され続けている逸品です。 日本でも、バーでカナディアンウイスキーを注文すると、たいていはカナディアンクラブが出てきます。 また、カナディアンクラブのライトな味わいがカクテルベースに適していることから、そうとは知らずに口にしていることも少なくないでしょう。 カナディアンクラブの味わいについては、よく「口当たりがよくてなめらか」とか「香りが穏やかでエレガント」とかいわれているようです。 その理由は、カナディアンウイスキーのなかでも独特な製造法にあります。 カナディアンクラブを造る際には、まず、トウモロコシを主原料として連続蒸留したベースウイスキーに加えて、複数の味わいのフレーバリーウイスキーを造り分けます。 これらを樽詰めの前にブレンドする「プレ・ブレンディング」こそ、カナディアンクラブの大きな特徴です。 一般的なブレンデッドウイスキーは、樽で熟成したもの同士をブレンドします。 プレ・ブレンディングでは、あらかじめブレンドしてから樽で熟成させるため、両者の味がなじんでまろやかになります。 カナディアンクラブのなめらかな口当たりは、こうした独自のこだわりから生まれたものなのです。 com カナディアンクラブの歴史は、お隣にあるアメリカの歴史と大きく関わっています。 カナディアンクラブが誕生したのは1858年のこと。 カナディアンウイスキーの起源は、アメリカ独立戦争がはじまった1776年頃とされていますから、なかなかの古株といえます。 カナディアンウイスキーが発展したのは、アメリカで禁酒法が施行され、アメリカ国内でのウイスキーの生産・輸入が禁じられたのがきっかけです。 もちろん、カナディアンウイスキーの輸入も禁じられていましたが、そこは隣国ですので、ひそかに国境を越えて流通していたのだとか。 カナディアンクラブも、こうした歴史のなかで成長してきたものと思われがちですが、そうではありません。 禁酒法が施行されたのは1920年のこと。 カナディアンクラブは、その半世紀以上も前に誕生し、すでにアメリカで不動の地位を築いていていたのです。 カナディアンクラブの生みの親は、アメリカ生まれのハイラム・ウォーカー。 彼は、自ら造り上げた自慢のウイスキーをアメリカ各地の紳士の社交場「ジェントルメンズ・クラブ」に売り込みました。 それまでのアメリカンウイスキーになかったライトな味わいが評判を呼び、次第に人気を集めたことから「クラブ・ウイスキー」と名づけられました。 地元アメリカのウイスキー業界は、いわば「よそ者」であるカナダ産ウイスキーの人気を脅威に感じたため、政府に働きかけることに。 外国産のお酒だと判別できるよう表記する法律を制定し、なかば強引に「カナディアンクラブ」へと改名させました。 しかし、それでカナディアンクラブの人気に陰りが出ることはありませんでした。 かえって「C. (シーシー)」との愛称で親しまれるようになり、現在に至るまで不動の人気を集めているのです。 カナディアンクラブならではの甘みを味わうなら、ロックかストレートがおすすめ.

次の

カナディアンクラブの味や種類。美味しい飲み方もご紹介

カナディアンクラブ

「カナディアンクラブオリジナル Canadian Club 」はカナダのオンタリオ州ウインザーにあるハイラム・ウォーカー蒸留所が発祥のカナディアンウイスキーです。 これまでに何度かオーナーが変わり、近年ではビーム社が経営を行ってきましたが、2014年にサントリーホールディングスによるビーム社買収により、現在はビームサントリー社が製造・販売を行っています。 カナディアンクラブはトウモロコシを原料にした「ベースウイスキー」とライ麦や大麦などを原料にした「フレーバリングウイスキーA」、麦類を原料にした「フレーバリングウイスキーB」の3種類をブレンドして造られています。 さらに、一般的なカナディアンウイスキーでは、フレーバリングウイスキーとベースウイスキーをボトリングの際にブレンドしますが、カナディアンクラブでは熟成前にブレンドさせています。 これは「プレ・ブレンディング Pre-blanding 」と呼ばれる手法で、それぞれの原酒をなじませるために行われている特徴なんですね。 貯蔵に使う樽はリチャーしたファーストフィルバーボンバレルが、最大4回まで使われます。 一般的な評価から、まずはマイナス評価を指摘する感想をあげてみます。 「ハイボール用に購入したが、好みの味ではない」 「ウイスキー特有のピート香がほとんど感じられない。 ウイスキー好きには物足りない」 「この価格では本当に文句は言えない 英国 」 支持するレビューは以下の通りです。 「クセが無く飲みやすいお酒で、和洋中どんな料理にもよく合う」 「この価格にしてこの味は他にはない」 「ロックでもいけるが、ハイボールの方が抜群に旨い」 「コクや濃厚さは感じないけどうまい」 「典型的なカナダのウイスキーはメープルの香りがする、または甘すぎるのではないかという印象だったが、独特の味と香りがすることに驚いた 英国 」 「マッカレンやほかの高価な飲み物と間違える人は誰もいないが、風味豊か 英国 」 カナディアンクラブは昔からよく知られている銘柄だけに、若いころに出会ってほかの銘柄をまわり、久しぶりに飲んだという人も多いですね。 リーズナブルな価格ですが、12年も熟成物としては安く購入できるのでぜひお試しください。 カナディアンクラブを創業したハイラム・ウォーカーはアメリカ・マサチューセッツ州出身です。 彼はマサチューセッツ州ボストンの食料品店で働きながらビジネスのノウハウを学び、ミシガン州デトロイトへ移って食料品店を開業。 穀物商として成功後、ウイスキー事業に乗り出すことになったんですね。 当時は禁酒法施行のはるか前でしたが、アメリカ各地で禁酒運動が盛り上がっていた時期だったため、彼はカナダのオンタリオ州のウインザーに蒸溜所を建設します。 この選択がのちに彼が大成功をおさめるきっかけとなります。 ウインザーはカナダの穀倉地帯に近く、豊かな水脈と自然に恵まれ、デトロイト川を隔てて対岸には大消費地のアメリカがあるという最適な条件の土地だったんですね。 1858年、ウォーカーはそれまでにない軽いタイプのウイスキーを販売すると、アメリカ紳士の社交場だった、各地の「ジェントルメンズ・クラブ」で好評となり、「クラブ・ウィスキー」と命名されます。 当時、カナダのウイスキーは樽の販売が一般的でしたが、瓶詰めで製造保証書を付けて販売するという新しい試みも注目を浴びて、人気となりました。 さらに、アメリカの禁酒法時代にアメリカからの大量の需要によって、大成功をおさめます。 事業の成長とともにウォーカーは社員住宅、警察署、消防署、教会、学校などを整えた企業城下町をウィンザーに築き上げ、それが今日、高級住宅地としても名を残す「ウォーカービル」となっています。 その後、「クラブ・ウイスキー」人気に脅威を感じたアメリカ蒸溜業界は、アメリカ産とカナダ産のウイスキーを明確に区別するよう政府に要求。 1890年に法律が制定されて、「カナディアンクラブ」 通称C. へ名称が変更されました。

次の

カナディアンクラブの味や種類。美味しい飲み方もご紹介

カナディアンクラブ

是非ご覧ください。 カナキャンの「外乗(がいじょう)」について カナディアンキャンプ乗馬クラブは、乗馬を楽しみたいお客様のために色々な外乗(馬に乗って野外に出かける)コースをご用意しております。 特に、カナディアンキャンプ九州(通称カナキャン)の外乗は玄界灘の壮大なビーチ外乗を中心に「川」「森」「田園地帯」等、自然の景観が多彩でコースバリエーションに恵まれていることが自慢です。 外乗のコースは、ご来場日の潮の状態(干潮・満潮の時間)や季節やお天気に合わせてご案内致しておりますが、お客様のご希望のコース(例えば海を思いっきり走りたい! 色んなコースも体験したい! 等)お客様のご予算や外乗時間に合わせてコーディネイトできますし、お一人様から団体様でもご予約は可能です。 是非カナキャンの安全・安心な馬達に乗って乗馬の楽しさを体験してみてください。 ご希望があれば、ご遠慮なくスタッフまでお申し付けください。 1時間~5時間まで設定できます。 片道ですから、延べ 40 キロ近くの外乗となり途中ランチ休憩をして、また馬に乗って外乗を続けます。 外乗の醍醐味はシーサイドロングトレイル・・と言っても過言ではございません。 外乗中ビデオ撮影をしておりますので、ご希望の方は編集したDVDが購入できます。 スタートやゴールがカナキャンではない場所からは、お客様は車で馬達は馬運車で移動致します。 海外乗馬ツアー カナディアンキャンプでは、毎年海外ツアーを開催しており、特に馬に乗る事を優先したツアーを企画しております。 日本では体験できない環境での乗馬・食事・観光等存分にお楽しみ頂けます。 モンゴルツアー 場所:風の旅行社直営キャンプの「ほしのいえ」 (ウランバートルより車で移動)• 2000年より毎年、6月末あるいは7月初めに4泊5日と7泊8日のツアーを行っております。 現地のスタッフのこころ配りのある対応や、良く調教された馬達のおかげで参加したお客様も大満足です。 また、モンゴルツアー開催時期はとても過ごしやすい季節であり大パノラマの草原で味わう乗馬は最高です。 放牧された馬達を眺めながら、ゆったりとした空気を感じたり、大草原を駈けぬける爽快感を味わえるのは、「ほしのいえ」ならではの醍醐味です。 宿泊するゲルは清潔感があり、日本人好みに合わせたお料理も美味しくゲル生活を満喫できます。 そんなモンゴルを一人でも多くの方に味わって頂きたい。 是非あなたも一緒に味わいましょう! ニュージーランドツアー 2013年より毎年1月にニュージーランドツアーを開催しております。 訪れるたびに感じるのが自然の豊かさそして人々のあたたかさに惹かれ自然豊かなニュージーランドで、海・山・林と変化にとんだコースを堪能しています。 また外乗の他、観光も充実しておりマオリ族によるハンギディナーショーも楽しみのひとつです。 尚、現地では日本人の通訳兼コーディネーターが同行し専用車で移動致しします。 *海外乗馬ツアーの募集の際は、でご案内・募集致します。

次の