雅子 様 外国 語。 「トイレに行きたい」6か国語を操る雅子さまが初めて話した英語とは?

トランプ大統領と通訳なしの雅子様の語学力 何ヵ国語話せる?海外訪問で意外な行動も

雅子 様 外国 語

ホワイトハウスFacebookより:編集部 英語力については、雅子様の英語を褒めるならスロベニア生まれのメラニア夫人の英語力こそ褒めるべきだ。 26才で初めて渡米、国籍とったのは34歳。 雅子様より上手なはずない。 「メラニアさん英語お上手ですね」と雅子皇后こそ褒めてあげる立場だし、「メラニア夫人はアメリカで育ち学んだネイティブ同然である雅子皇后に劣らぬ英語力と社交性を発揮した」と称賛するべきなのである。 語学力に優れているのは、ほかの妃殿下も同様である。 高円宮妃殿下はプロの英語の通訳だったし、フランス語も素晴らしい。 スピーチ能力は英語・フランス語・日本語ともに雅子様より明らかに上だ。 イギリスのカレッジ出身である三笠宮信子妃の英語もネイティブ水準の品のいいクイーンズ・イングリッシュだ。 紀子様はアメリカ育ちでウィーンにも二年間おられた帰国子女である。 海外で高等教育を受けられていないので、その分、ハンディはあるが英語・ドイツ語はそれなりの水準のようだ。 別に雅子皇后がほかの女性皇族より語学力や社交能力において明らかに優れているわけでない。 外交官としての実務経験とかいっても、役所に入って数年だけであるし、海外に赴任して外交官として仕事した経験はないから外交官として陛下にとって最高のアドバイザーなどであるはずない。 あまり見当外れなよいしょは、皇后陛下にとって重荷となるだけであろうと思う。 皇后陛下にとっては、「まだ病気療養中で普通の仕事量は期待しないので、無理しないで慎重に、お得意分野中心でいいですよ」という控えめな暖かさが長い目で見て好ましいと思う。 両陛下は、この週末、植樹祭のために愛知県を訪れられた。 これも、皇后陛下の体調を考慮して、平成の両陛下のときは二泊三日だったのが、一泊二日に短縮され、帰路は中部国際空港から羽田に戻られた。 疲れの出る帰路に市民と接触の機会を最小限にしたいという配慮だという。 そのあたりについては、改めて論じたいが、私はそれでいいと思う。 ただ、平成の両陛下とは違うスタイルで行きたいということは、両陛下からか宮内庁からか国民にきちんと説明した方がいいと思う。 どっちにしても、美智子皇后と同じスタイルでの公務を国民が期待し押しつけないようにすることが大事なのである。 それは体調がゆえにということもあろうが、それと同時に、これまでも繰り返し書いてきたが、平成の両陛下が目指された象徴天皇像は普遍的なものでなく、多分に平成の両陛下の美学によるものだった。 それと違うからといって、昭和天皇のスタイルが否定されるべきものではなかったし、令和の両陛下がそのまま引き継ぐべきものでもないはずだ。

次の

皇后・雅子様は何ヶ国語が話せる?外国語や語学力!生い立ちや出身校

雅子 様 外国 語

そんなスーパーバイリンガルの雅子さまですが、もちろん最初から語学が堪能だったわけはありません。 ですが、ご両親の 『日本人として日本語がいちばん大切で、決して忘れてはならない』 というお考えで、小和田家では家のなかでは日本語のみだけを話し、外国語は一切使っていなかったようです。 ちょうど言葉を覚え始める年齢ですし、賢い雅子さまですから、 3ヶ月ほどでモスクワの子供たちと不自由なくコミュニケーションをとれるぐらいになっていたそうです。 雅子様がアメリカの幼稚園で初めて話した英語 1968年、雅子さま4歳半のときに、また父親の転勤で今度はアメリカのニューヨーク市へ引っ越しました。 雅子さまはニューヨークの幼稚園へ入園しましたが、最初から英語が話せるはずもなく、日本人の女の子二人といつも行動を共にしていました。 そんな雅子さまが初めて幼稚園で英語を話したときに、担任の先生から母親の優美子さんに電話がかかってきたそうです。 「マサコが初めて英語を話しました! 『May I go to the bathroom? 』と言ったのですよ!」 『May I go to the bathroom? 』 トイレに行って良いですか? やはり、生活に必要な言葉から習得していくものなのですね。 幼い頃から勉強熱心だった雅子さまは、幼稚園から帰ると、その日に幼稚園のお友達の話していた英語で意味のわからなかったものを母親の優美子さんに聞きました。 優美子さんは意味を教えるだけでなく、英和辞典の引き方を教えたそうです。 雅子さまは何度も小さな手で何度も英和辞書を引いていたとか。 そうして、雅子さまはアメリカの幼稚園に慣れていき、英語を習得していきました。 教育熱心な雅子さま親子の姿が目に浮かぶようですね。

次の

皇后雅子さまの英語スピーチを海外が絶賛!ネットの反響もヤバい!

雅子 様 外国 語

Sponsored Link 雅子様のキャリア 1963年: 昭和38年12月9日 東京都港区の虎の門病院にて第1子(長女)として誕生。 1964年:父が在ソ連日本大使館一等書記官に任命されたため、 ソビエト連邦・スイス連邦 で過ごす。 出典: モスクワ時代 1965年:2歳の終わりごろからロシアの保育園に通園し、 ロシア語がペラペラ になる。 出典: ジュネーブ時代 1968年:5月から父が国際連合日本政府代表部一等書記官に就任したためニューヨークに渡り、 ニューヨークの幼稚園に通う。 1971年:父が外務大臣秘書官事務取扱に就任したため、家族と共に 日本に帰国 する。 1972年:4月、 田園調布雙葉(ふたば)小学校の3年生に編入学し、その後同中学校へ進学する。 出典: 雙葉中学校時代・中央が雅子様 1979年 父が在米日本大使館公使に就任したため、6年間米国のボストン市へ移住、 アメリカマサチューセッツ州立ベルモント・ハイスクール へ(日本の高校2年生に相当)として2年通学する。 在学中、米国全体の 成績上位5%の生徒に贈る「ナショナル・オーナー・ソサイティー」National Honor Society(NHS)を受賞。 さらに ドイツ語科 において、ドイツ政府運営の ドイツ総領事賞及びゲーテ・インスティトゥート賞(Goethe-Institut)を受賞する。 1981年: ハーバード大学経済学部に入学。 1985年 ハーバード大学を卒業。 成績優秀な学生に贈られる「Magna Cum Laude(マグナ・クム・ラウデ、優等賞)」を受賞。 卒業生1681人のうちの 55人の中の1人 だった。 ハーバード大学卒業アルバムの雅子様 1986年 日本帰国後、 東京大学法学部第3類(政治コース) の3学年に外部学士入学する。 受験者 100人中の3人の合格 だった。 1986年10月 外交官試験に合格 する。 合格者は 28人でうち女性は3人 だった。 外務省試験合格 1987年: 東京大学を中退し外務省に入省。 経済局国際機関第二課に配属。 1988年:外務省の研修留学として、オックスフォード大学ベリオール・カレッジに留学。 1990年:6月に研修留学から帰国、7月1日付で北米局北米二課に配属。 米国国務長官ジェイムズ・ベイカーと 当時の外務大臣渡辺美智雄、竹下登、中曽根康弘 の 会談の通訳 をするなど、 語学力を生かして活躍 した。 会談時の通訳の様子 皇后雅子様は、生後まもなくからすでに輝かしいキャリアがはじまっています。

次の