い の 中 の 蛙 大海 を 知らず。 井の中の蛙大海を知らずについてガチ考察してみた。

「井の中の蛙 大海を知らず」には続きがあった。和泉かねよし「女王の花」から学ぼう|あいまいみーのきたろぐ

い の 中 の 蛙 大海 を 知らず

黄河 こうが の神が、初めて海へ行ったところその広さに驚き、北海の神に話したらこのように言われました。 「井戸の中の蛙が海のことを語れないのは、井戸のくぼみにこだわっているからだ。 夏の虫が凍りのことを語れないのは、夏の季節にとらわれているからだ。 いずれも狭い環境にとらわれ、ありきたりの視野・見方しか持ち合わせていないからだ。 あなたは大きな海を見て、自身のおろかさを知り、物事の真理を知ることができたのだ。 」 この様に、『秋水』では、視野が広がったことを賞賛する言葉として「井の中の蛙大海を知らず」を使用しました。 この話が転じて、「井の中の蛙大海を知らず」は世間知らずを指す意味を持つようになりました。 他の二つは、儒教と仏教。 「井の中の蛙大海を知らず」の例文 「井の中の蛙大海を知らず」を使用した例文を見てみましょう。 「井の中の蛙大海を知らず」と似た意味を持つ言葉 「井の中の蛙大海を知らず」と同様の意味を持つ言葉があります。 その一つが、「針の穴から天をのぞく」です。 「針の穴から天をのぞく」は、自分の狭い見識をもとに、大きな事柄について勝手に推測をする例えです。 目の前の景色しか見ることができていない時に使用します。 「井の中の蛙大海を知らず」と同じように見識が狭い状態を表しています。 まとめ 以上、この記事では「井の中の蛙大海を知らず」について解説しました。 読み方 いのなかのかわずたいかいをしらず 意味 狭い知識や見方にとらわれて、視野がせまくなっている状態 原点 荘子の書いた『秋水』で説明されている 由来 井戸の中の蛙に海の話が通用しないのは、蛙が井戸という小さな世界に生きているから 続き 狭い世界にいたとしても、空が雄大なことは知ることができる 類義語 針の穴から天をのぞく 「井の中の蛙大海を知らず」は、日常生活でもよく使用することが出来る言葉です。 ぜひ使ってみてください!.

次の

井の中の蛙大海を知らずの意味や由来とは?実は続きが存在します。

い の 中 の 蛙 大海 を 知らず

雑学クイズ問題 井の中の蛙とはどういう意味? A. 見識が狭いこと B. 考えが浅はかであること C. 特徴がなく凡庸であること D. 暗い性格の人 答えは記事内で解説していますので、ぜひ探しながら読んでみてくださいね! 井の中の蛙大海を知らずの意味や由来を解説、実は続きが存在します。 有名なことわざ 皆さんも学生時代、あるいは現在も学生という人は 学校で様々なことわざを習いますよね。 正直に言ってしまうと社会に出てからことわざを知っていて役立つことはそんなにありません。 しかし、いろいろなことわざを知っていたり、 ことわざに関する雑学を知っていると教養のある人に見えるのも事実です。 また、ことわざから学ぶことはとても多く、座右の銘をことわざにしているという人も多いのではないでしょうか。 今回は「井の中の蛙大海を知らず」ということわざについて解説しますが、 マイナスな意味で使われる一方で、実は続きがあってとてもポジティブな意味にもとれることわざなんです。 最後まで読むと「井の中の蛙大海を知らず」ということわざへの見方が変わっているかと思います。 「井の中の蛙大海を知らず」の意味・語源・由来とは? まずは「井の中の蛙大海を知らず」の意味や語源・由来について解説していきます。 実は「井の中の蛙大海を知らず」ということわざは日本で生まれたものではなく、 中国で生まれたものなんです。 中国の思想家である荘子の「秋水篇」には「井蛙不可以語於海者、拘於虚也」と書かれていて、これが由来語源となっているんですね。 簡単にいえば「 井戸の中にいる蛙はずっと狭い世界しか見たことがなく海を見たことがないため、視野が狭くありきたりの知識しかない」という意味になります。 「井の中の蛙だね。 」と言われたならば、それは 「視野が狭く見識のない人だね。 」と凄くネガティブな言葉となります。 しかし、冒頭で説明したとおり、このことわざには続きがあってその意味はとてもポジティブなものとなっています。 「井の中の蛙大海を知らず」の続きはポジティブ それでは「井の中の蛙大海を知らず」の続きについてです。 「井の中の蛙大海を知らず」には実は 「されど空の深さ(青さ)を知る」という続きがあります。 これは荘子の「秋水篇」には出てこないもののため、日本に伝わったのちに独自で付け加えられたものだと考えられています。 意味については「 狭い世界で自分の道を突き詰めたからこそ、その世界の深いところまで知ることができた」という意味になります。 確かに広い視野をもって世界を見渡すことで自分の小ささや愚かさに気づくことがあります。 しかし、たとえ狭い世界だったとしても、 地道にその道を究めていけばその世界の深いところまで達することができるということですね。 歴史上の人物においても何かの分野の天才だったとしても、その分野のことにはとても詳しいのに、他のことは全くできないなんて人もいますもんね。 たまに広い世界を見ることも大切ですが、 愚直にその世界を見続けて努力をしてもちゃんと成長が出来るというとてもポジティブなことわざでした。 以上が「井の中の蛙大海を知らず」の意味や由来、続きについてでした、いかがでしたか? 注目記事 それでは雑学クイズの正解発表です、答えはもうお分かりですよね? 雑学クイズ問題解答 雑学クイズ問題の答えは 「A. 見識が狭いこと」でした! この問題以外にも、思わず人前で披露したくなる楽しい雑学クイズ問題を用意しています。 全て解けたら雑学王かも!? 他にも、こんな雑学がお勧めです。 まとめ 「井の中の蛙大海を知らず」の意味は「見識が狭く自分の範囲内でしか物事を考えられない」ということである。 もともとは中国で誕生した言葉であり、中国の思想家である荘子の「秋水篇」には「井蛙不可以語於海者、拘於虚也」が語源由来となっている。 また「井の中の蛙大海を知らず」には続きがあり、日本に伝わったあとに「されど空の深さ(青さ)を知る」と付け加えられている。 続きの意味は「狭い世界で自分の道を突き詰めたからこそ、その世界の深いところまで知ることができる」という意味である。

次の

虚勢を張る人の心理【井の中の蛙大海を知らず】

い の 中 の 蛙 大海 を 知らず

Contents• 1.「井の中の蛙大海を知らず(荘子)」元々の意味は「世間知らず」 元々は、中国の古い書物に書かれた教え(故事)から来ています。 「荘子 秋水編」に 「井(くぼんで水が溜まっている所、特に井戸) の中の蛙(かわず=カエル)と海のことを語り合うことができないのは、 カエルは、虚のこと(くぼみ、何もないこと)しか知らないからである。 夏の虫と氷のことを語ることができないのは、夏の虫は夏しか知らないからである。 曲士(曲がった考え方をする人、あることに詳しいだけの人)と 「人の道」について語ることができないのは、自分の教えにとらわれているからである」 とあります。 元々の意味は、「狭い世界に囚われていると物事がよく見えない。 より大きな視点で物事を見渡すことが良い」とするものです。 これが日本に伝わり、「井の中の蛙、大海を知らず」という諺(ことわざ)になったわけです。 2.「井の中の蛙大海を知らず」に付け加えられた言葉、誰が付け加えたか?について この「井の中の蛙」という「世間知らず」を意味する諺(ことわざ)に、「いつの頃からか」付け足しがされたようです。 いくつかのバリエーションがあり、「井の中の蛙」に続けて、 「ただ、空の青さを知る」 「ただ、天の広さを知る」 「されど天の高きを知る」 「されど地の深さを知る」 などがあるそうです。 近代日本で付け足したのは近藤勇という説を見かけましたが、定かではありません。 付け足しをした人物としてはっきりしているのは、教育学者の吉田章宏先生(当時・岩手大学教授、再放送時・東京大学名誉教授)です。 次のように独自の付け足しをされていました。 井の中の蛙大海を知らず されど、井の中を知る 大海の鯨、大海を知る されど、井の中を知らず バリエーションは違いますが、これらの付け足しは、おおむね、同様の意味をもっています。 要するに、 「外の事は分からないけれど、中の事は知っている」 「外のことは知らなくても、自分の場所を突き詰めれば深みが出る」 といった事が示されています。 これだけのバリエーションがある事からも、どこかこの付け足しには心惹かれるものがあるのではないでしょうか? 3.「井の中の蛙大海を知らず」に付け加えられた言葉の深い意味 実は、この付け足しに心惹かれる方の直観はかなり鋭いものであるようです。 なぜなら、あらゆる哲学や心理学、宗教思想、さらには脳科学によって探究されてきた世界の真理の核心と言ってもよいほどの奥行きのある認識であるからです。 この奥行きを探るためにも、まずは吉田章宏先生の説明をご紹介します。 我以外総て師なり(作家・吉川英治) という言葉を紹介した上で、 「あえて繰り返しを避けずに言うならば」と、つまり同じような意味として、次のように付け足します。 「井の中の蛙大海を知らず」 これは有名な、というか、よく言われることですが、 これに対して、 「されど、井の中を知る」 という事が言えるでありましょうし、 これを、もじって、 「大海の鯨、大海を知る」 と、こう言ったとするならば、 「されど、井の中を知らず」 と、いう事もできるでありましょう。 (教育学者・吉田章宏) 「人それぞれに、それぞれ独自の世界を生きている」「それぞれの人がそれぞれに尊いという事が当然のこととして、自然に出てくるのではないでしょうか」とまとめられた上で、華厳経に描かれる善財童子の話題に移ります。 (善財童子は様々な人々を師として仰ぎ、教えを乞う物語です。 また、華厳経は、仏教の経典の中でも、一人ひとりの世界が全てを映しているという宇宙観を打ち出しているものです) 経験が少なくて、視野が狭いとしても、 必ず、その人にしか見えていない深みがあるものです。 この言葉を案出した吉田教授や、昔の日本人は、そのように 一般には「世間知らずで未熟」と片づけられてしまうような存在 にとっても、その視野からしか見ることのできない深みがある という事実を見ていたのでしょう。 さらに、この事実は、 社会におけるコミュニケーションがお互いの世界を大切にすることによって成り立つ、ということも教えてくれます。 いつでも心に留めておくと役立つ見方です。 それは特に、何かを知らない人に教えるという場面でも重要です。 吉田先生の講義では、「教育」が一方的に教え込むのではなく、相互に共に育つ事によって成立する「共育」である、と、あらゆる例をもって理解できるよう構成されており、後日談として、吉田先生は次のように語っています。 大変感激しましてね。 私は理屈を言うよりも、 そういうことがもし一つでも起これば、素晴らしいことだと思っているものですから、とても嬉しかったです」 このエピソードからも分かるように、 「井の中の蛙、井の中を知る。 大海の鯨、井の中を知らず」 の意味も、 相手には相手が見ている世界がある、 という事を認めることから、 コミュニケーションができ、また、「我以外すべて師」と仰ぐことによる「共に育つこと」ができる、という意味が含まれているのですね。 小学生の頃の私が「されど、空の青さを知る」に共感したのは、 「未熟者で視野が狭いと言われたって、 私が見ている世界を分かっていないじゃん」 という思いからでした。 が、それはそうですが、やはり世間知らずであったことは確かです。 「蛙の立場」に立って共感していたのです。 でも、「世間知らず」と頭ごなしに言われることには抵抗があった。 しかし、吉田先生が教えてくれたことは、 「鯨の立場」でもあります。 つまり、自分より物を知らないであろう相手にも、 必ず、相手の世界があって、 それぞれに深みがある、しかも学ぶべきものがあるということです。 自分が「井の中の蛙」「世間知らず」 つまり「無知である」と自覚するからこそ、 外の世界に教えを乞う、学ぼうとするということでもあります。 問「一番知恵のあるものは誰か?」 答「自分が無知であることを知っている者、その名はソクラテス」 この「無知の知」の重要性についても思い起こさせてくれます。 4.まとめ 「井の中の蛙大海を知らず。 ただ空の高さを知る」や 「井の中の蛙大海を知らず。 されど井の中を知る」 という言葉は「元々の意味にはない付け足し」です。 今回、素晴らしい講義をする学者さんである 吉田章宏さんによる付け足しでもある、 と知り、嬉しくなって記事にしてみました。 しかし、本当は、こうした権威に裏打ち される必要がない程、 それぞれの人が、どのような立場であれ、 自分自身の見ている空の高さ、 その固有の直観を大切にして育むことこそ が重要なのだと思います。 そのことをむしろ吉田章宏さんの 「付け足し」は教えてくれています。

次の