特捜 9 佐久間 くん。 週刊トラビスジャパンVol.16(20.04.13~)

#特捜9 X 佐久間くん

特捜 9 佐久間 くん

贈収賄事件を調べていた里美(雛形あきこ)。 犯人は寺川秀介(金井勇太)。 贈収賄容疑の場合、贈る側は3年で時効が成立し、受け取る側は5年の時効がある。 金井勇太は社長の命令で金を運ぶ役回りだった。 それに目をつけた雛形あきこは、金井勇太から情報を引き出す。 公表をするのは1年半後時効が過ぎたあとだと。 いよいよその時がきたが、金井勇太は借金まみれになっており、記事の差し止めを願う。 恐喝して金をとりたいのだ。 雛形あきこは拒否。 原稿チェックをして貰う為に金井勇太を呼び出したが、元夫・八田義和(永井大)が来るからと金井勇太を追い出そうとする。 金井勇太は雛形あきこに惚れていたため、永井大を暴力男と非難した。 「八田はね、誠実な人よ。 少なくともあなたの何十倍もね・」 新班長・国木田誠二(中村梅雀)、全然捜査に加わらへんやん!って思っていたら、 「一切捜査しないので!」 と宣言しちゃったよ。 だけどヒントを出すってことかしら? 前の班長・寺尾聰さんも捜査していたようなしていなかったような。 ま、そんな感じだったので、9係の班長とはそんなものなのかもしれない。 事件のほうは・・・・金井勇太くんがかなり怪しかった。 お芝居もそれふうな感じでさ。 渋さとかチンピラ風味が足りないんだけど、傾倒としては同じかも?とうっすら思いました。 で、 雛形あきこも悪いよね。 だいたい贈賄の金運びをした金井勇太がたまたま顔見知りの後輩だったからって、情報をよこせといいつつ、お金も払ってやんない。 相手が自分に気があるから礼金もなしなの?? 社会のためにこの記事を書こうっていう正義感からではなく、自分が真のジャーナリストになるため、元夫とよりを戻すためのスクープ。 って 自分勝手すぎやしませんか? 永井大な! ホントの嫁・中越典子はお休みでしたから代わりにやってきたのか。 どっからどうみても DV男だし、単細胞だし。 どこか良かったのかよくわからん。 バスケのコーチって言われても・・・あの指導が良いとは思わねぇ。 雛形あきこも永井大も全く良い人ではなかったねぇ。 永井大って、いつからあんなに人相が悪くなったんでしょうか。 ペニオク騒動からかなぁ、胡散臭そうに見えるの。 戦隊ヒーローの面影なしだな~。 あ、そうそう。 国会議員、ちょっとイケメンって思っていたら、 徳山秀典くんでした。 彼・・・ブレイクしないなぁ。

次の

A.B.C-Z橋本良亮が『特捜9』でV6井ノ原快彦&Travis Japan宮近海斗と共演

特捜 9 佐久間 くん

C-Z・橋本良亮が、V6・井ノ原快彦主演の『特捜9 season3』(テレビ朝日系(水)後9・00)の第6話(6月24日放送)にゲスト出演する。 前身の『警視庁捜査一課9係』シリーズから15年目を迎えた人気ミステリー。 井ノ原演じる主人公・浅輪直樹をリーダーとする警視庁捜査一課特捜班の個性豊かな刑事たちが、ぶつかり合いながらも事件解決に挑む。 第6話は、老人介護施設を舞台にした事件が展開。 橋本が演じる天野祐介は、冒頭から遺体となって登場。 顧客の資産を運用するライフスタイルアドバイザーの天野だが、仕事抜きで施設を訪ね、親身に老人たちの世話を焼いていた。 橋本は刑事ドラマ初出演で、先輩の井ノ原や、鑑識官・佐久間朗を演じている後輩のジャニーズJr. /Travis Japanの宮近海斗とも共演。 クランクイン初日に撮影した階段を転げ落ちるシーンでは、見事1回でスタントを決めていたという。 井ノ原さんが主演というのもありますし、何回もA. C-Zの舞台を観に来てくださったことがあり、お褒めの言葉だけでなくダメ出しも的確にしてくださって、そんな井ノ原さんのアドバイスのおかげで自分なりに芝居が良くなった時もあったんです。 今日が撮影初日でしたが遺体役なので(笑)、「井ノ原さんとちゃんと芝居がしたかった! 掛け合いがしたかった!」という気持ちはあります(笑)。 次はぜひ、セリフのやりとりがしっかりある形で共演したいです。 井ノ原さんはカメラが回ってないところで、犬が好きだとか、動物の話をしてくれました。 きっと僕が緊張しているのを気づかれたのでしょうね。 井ノ原さんと話しているだけで、ずいぶんと気持ちが楽になり助かりました。 まだまだドラマの経験も少ないですし、刑事ドラマだから考えれば当たり前ですけど、パトカーを見たとき「あれ、なんかあったのかな?え、事故!? 」と普通に思ってしまって。 そのあとで「そうだ、今日は俺が殺されるんだ」と思いました(笑)。 先輩と後輩の間に挟まれているじゃないですか。 ドラマ中での役割を果たしたかったし、後輩にしっかりしたところを見せたかったし。 「宮近くんはどんな感じだろ?」とチラッと見たら堂々と演じていたので、それでまたプレッシャーを感じて(笑)。 遺体役はまあまあ慣れているつもりなので、ちょっとは自信ありました(笑)。 ちゃんと息止めて、心臓を膨らませないようにと意識して。 ただ実際、ドラマで演じてみると、考えが甘かったと実感しました。 横たわっているだけなのに、こんなに難しいんだと。 それと階段から転げ落ちるところは、アクションが難しかったですね。 C-Zはアクロバットが得意と思われているんでけど、僕はあまり得意じゃないんですよ(笑)。 だから監督さんから「すぐにできるでしょ」と言われ、焦っちゃいました。 最終的に僕の中で「こっちの方向性でいきたい」というプランを見つけられました。 天野の良いところだけでなく、悪いところもひっくるめて、天野の人間性を表現できる芝居をするつもりなので、期待してほしいです。 僕自身、地上波のドラマに出るのが久しぶりなので、舞台などで経験を積んだ橋本良亮の芝居がどんな風に変化したのかも見てほしいですね。

次の

テレ朝POST » ジャニーズJr.宮近海斗、刑事ドラマ初挑戦中!「井ノ原くんの言葉でリラックス」

特捜 9 佐久間 くん

特捜9 ジャンル 脚本 S. 1-SP S. 2- S. 2- ほか 監督 S. 1 S. 1 S. 1 S. 2- S. 2- S. 3 S. 3 ほか 出演者 音楽 国・地域 言語 製作 製作総指揮 大川武宏(ゼネラルプロデューサー) プロデューサー 神田エミイ亜希子 金丸哲也 小髙史織 森田大児 制作 放送 放送チャンネル 系 音声形式 放送国・地域 season1 出演者 -S. 2 エンディング 「」 放送期間 - 放送時間 水曜 21:00 - 21:54 放送枠 放送分 54分 回数 10 スペシャル エンディング V6「」 放送期間 放送時間 日曜 21:00 - 23:05 放送枠 放送分 125分 回数 1 season2 エンディング V6「ある日願いが叶ったんだ」 放送期間 2019年 - 放送時間 水曜 21:00 - 21:54 放送枠 放送分 54分 回数 11 season3 出演者 S. 3- エンディング V6「It's my life」 放送期間 - 放送時間 水曜 21:00 - 21:54 放送枠 放送分 54分 番組年表 前作 特記事項: 【season1】初回と最終回は15分拡大(21:00 - 22:09)。 【スペシャル】制作局に限り、20:58 - 21:00に『今夜の日曜プライム』も別途放送。 【season2】初回と最終回は15分拡大 (21:00 - 22:09)。 5月22日は『』第1夜放送(21:00 - 22:24)のため休止。 【season3】初回は15分拡大 (21:00 - 22:09)。 『 特捜9』(とくそうナイン)は、から系「」枠(水曜 21:00 - 21:54)で放送されているのシリーズ。 からに同枠で放送された『 』シリーズの続編で、主演は。 題名は「9係」の世界観を受け継ぐとともに、所属部署が9人チームの「特別捜査班」であることにちなむ。 本項での「 S. 」はseason、「 SP」はスペシャルを表す。 概要 [ ] S. 1では、9係メンバー5名が「ある事件」により離散した1年後、新部署「特別捜査班」に再結集し、新メンバーの宗方朔太郎()と新藤亮()を加え 活躍する姿とともに、「ある事件」の真相を描いた。 視聴者層の変化に対応するため、S. 1最終話をもって9係時代から続く演出スタッフ(吉田啓一郎、長谷川康、杉村六郎)らが降板し 、S. 2よりアクション演出に定評のある、田村直己らが加入。 新たな脚本家も迎え、アクション描写や捜査コンビの混合等で新風を吹き込んだ。 また、S. 2は「水曜21時」枠として最後であり最初の作品となった。 2最終話の事件解決をもって寺尾は卒業。 スタッフやキャストの刷新過程等を巡っては、寺尾やらとスタッフ間での摩擦が報じられた。 2020年4月、新たにや特撮・ミステリー畑からの演出家を迎えたS. 3 をもって津田が降板し、準レギュラーのが次シーズンより昇格する公算と報じられたが、テレビ朝日側は否定している。 あらすじ [ ] 9係は、係長・加納倫太郎(演:)のもとに集まった個性的な刑事・浅輪直樹(演:)、小宮山志保(演:)、村瀬健吾(演:)、青柳靖(演:)、矢沢英明(演:)の5人が盤石のチームプレーで数々の事件を解決してきた。 その後、倫太郎がテロ対策室のアドバイザーをするために9係を離れた が、それでも残ったメンバー5人は数々の事件を解決していた。 メンバー5人は各々が別々の所轄署へ左遷され散り散りとなってしまった。 それから1年後、警視総監神田川宗次朗(演:里見浩太朗)は事件の早期解決を目指す、自身直轄の「」の結成を指示。 班長に任命された宗方朔太郎(演:)のもとに、かつての9係のメンバーが再集結することとなり、浅輪は主任になることになり、新しいメンバーとして新藤亮(演:)も加わり、7人体制の「特捜9」として生まれ変わった。 その後、特捜班は9係を解散へ追いやった黒幕を逮捕。 お咎めもなく、特捜班は解散されなかった。 捜査一課に警戒されながらも、様々な難事件を解決していたが、ある事件を解決した代償に宗方は特捜班を去る。 それから9か月、特捜班は地味な仕事ばかり回されていたが、ある日警備のために行った場所で殺人事件が起きる。 その頃二代目の班長も選ばれようとしていた。 1第1話 - ) 階級:(S. 2 - ) 本作の主人公。 血液型はA型。 宗方から最初に特捜班に召集され、9係のメンバーに声をかけた。 最初の事件を解決した後、宗方から主任を任されている。 1第1話 - ) 階級:警部補 血液型はO型。 9係解散後は仕事の傍ら婚活をしており、浅輪から特捜班に誘われた際には9係解散の一件から躊躇ったものの、捜査協力を通して居心地の良さを思い出し、事件解決後加入する。 1第1話 - ) 階級:警部補 血液型はA型。 浅輪から特別捜査班の誘いを受けた後、特別捜査班に自分が担当していた事件の捜査協力を頼んだ。 「班には主任として自分がいなければ」という理由で加入したが、浅輪が主任に選ばれたときには不満を顕にしていた。 1第1話 - ) 階級:警部補 血液型はB型。 資材課に配属後、妙子との恋仲を警察上層部から問題視され、特捜班設立の2か月前に退職する。 相棒だった矢沢にだけその事実を明かしこっそり再就職先を探していたが、浅輪からの招集や宗方に退職願を突き返されたこともあり、調査会社の採用内定を辞退し特捜班の一員として警察に復帰する。 1第1話 - ) 階級:巡査部長 血液型はA型。 浅輪から特別捜査班の誘いを受け、安全な仕事を望む妻への配慮から一時は断るも 、彼を気遣い招集要請に応じる。 また、一緒に青柳を誘ったがその時は青柳に断られてしまっている。 新藤亮(しんどう りょう) 演 - 経歴:警視庁新宿中央警察署刑事課(S. 1第2話 - ) 階級: 血液型はB型。 柴崎の根回しで特捜班に加わった新人。 浅輪とは異動前に遭遇した宝石強盗事件で面識があった。 その為か、捜査時には浅輪とコンビを組んでいる。 父の新藤将吾も世田谷南警察署にいた元警察官。 行動力はあるが、手柄を焦るあまり先走りやすい傾向がある。 当初は浅輪をはじめとする他のメンバーの地道な捜査方針を軽んじていたが、後に警察官が関わった事件を通して浅輪たちの能力と地道な捜査方針の大切さを理解したことで見直すようになる。 好きな季節は冬。 国木田誠二(くにきだ せいじ) 演 - (S. 3第2話 - ) 広報課主査。 神田川から後に警視庁捜査一課特別捜査班長に任命された。 浅輪たちに着任の挨拶をしたあと、自分は一切捜査をする気がないことを伝える。 元特捜班のメンバー [ ] 宗方朔太郎(むなかた さくたろう) 演 - (S. 1 - S. 2)(30年前:〈S. 1 - S. 2最終話) 階級: 特捜班班長。 5年前まで当時首席監察官であった高森の下で働いていたが、その謀略に巻き込まれる形で妻と心中した警察官・桜庭忠司の死 に責任を感じ辞職。 遺族である琴美を引き取り、妻と共に育てていた。 その妻が他界した後、親交のあった神田川の要請を受け「子育て優先」という条件で警察に復帰する。 特捜班の捜査は基本的に浅輪に任せているが、時折事件解決の糸口になる助言を与えている。 浅輪を警部補にするという目的を果たしたことと、浅輪を守るために辞表を出し、特捜班を去る。 特捜班の関係者 [ ] (あさわ みちこ) 演 -。 旧9係解散後、直樹とした。 加納倫太郎の娘。 旧姓は石川で、これは離婚した後に他界した母(加納の元妻)が旧姓に戻したため。 (かきうち たえこ) 演 - (S. 2第9話) クラブ歌手。 青柳とは恋人の仲で、現在も青柳と同棲している。 (やざわ さなえ) 演 - (S. 9係解散により夫が危険な事件捜査を行わない総務課に異動したことを喜んでいた。 聞き込み先で偶然遭遇し事実を知った際には苦言を呈しながらも受け入れている。 桜庭琴美(さくらば ことみ) 演 - (S. 2最終話)(2歳: ) 宗方とともに暮らしている少女。 5年前に死を悟った父親である桜庭忠司と母の手により押し入れに隠されたことで難を逃れ、両親が暴力団「龍丸会」の構成員に殺害された後は心配で駆け付けた宗方によって発見される。 その後宗方に引き取られ、以降宗方の手で育てられていた。 宗方のことを「朔たん」、倫子のことを「ミチタン」と呼んでいる。 宗方の職業上、恨みを買いやすい職業であるうえに、一人で留守番させる時間が多かったため、season2からは、宗方の亡き妻の親戚に預けられていた が、S. 2最終話にて宗方が警察官でなくなったことから再び一緒になった。 桜庭忠司(さくらば ただし) 演 - (S. 1第1話・第6話・最終話) 琴美の父。 警視庁練馬東警察署刑事課の元刑事。 5年前の事件で証拠の捏造を疑われ、自宅謹慎中に暴力団「龍丸会」の構成員により妻共々首吊り自殺に見せ掛けられて殺害される。 桜庭良美(さくらば よしみ) 演 - (S. 1第1話・第6話・最終話) 琴美の母。 5年前、忠司の口封じを狙った暴力団「龍丸会」の構成員に襲われ、夫と共に首吊り自殺に見せ掛けられて殺害される。 (みやはら れいじ) 演 - (S. 2第6話) 倫子が勤めていたケーキ店「パンとケーキの店ミヤハラ」の息子。 パティシエで現在はお菓子教室のボランティアをしている。 児童養護施設「希望つくし園」で浅輪と再会。 浅輪と倫子が結婚したことは知らなかった。 警視庁 [ ] (しばさき なおみち) 演 - (S. 1) 階級: 刑事部長。 1年前に高森の指示に従って浅輪たち9係を解散させ、1年後の高森の妻殺害事件において特捜班として再結成された9係と再び対立する。 峰島真也(みねじま しんや) 演 - (S. 2) 警察庁捜査一課14係 主任。 佐久間朗(さくま あきら) 演 - () 鑑識員。 (いかり てつじ) 演 - (30年前: 〈S. 2第4話〉) 鑑識員。 旧9係の頃から浅輪たちと面識があった事もあり、今でも現場に立ち、浅輪たちの捜査に協力している。 また、特捜班の班長として復帰した宗方のことを「机の上の人」と呼び、「『悪い奴』ではないが、『気を許していい奴』でもない」等と話しており、彼の過去について何らかの事情を知っている模様。 (かんだがわ そうじろう) 演 - (30年前:〈S. 2第4話〉) 階級: 旧9係を高く評価しており、宗方を特別捜査班班長に任命し、9係メンバーの再結集を託す。 警察の捜査が、官僚からの圧力などによって強制的に中止させられることを「くだらないシガラミ」として不服に感じており、特捜班の設立を考案したのも「『シガラミに囚われない捜査』を行うための班が必要」という意向によるものである。 前番組で加納役を演じたが逝去したため、神田川や浅輪らの会話の中で名前のみの登場。 スペシャルから登場し、特捜班に依頼を持ち込む。 三原達朗(みはら たつお) 演 - (S. 3第1話) 階級:警視監 刑事部長。 卒業後、警察庁に入庁する。 神田川の大学の後輩。 浅輪たち特捜班のことを快く思っておらず、邪魔者扱いしたり、事件の捜査から外したり、会議の度に浅輪に嫌味を言うなど高圧的な態度を取ることもあるが、時には事件の解決を依頼することもあった。 後にとある事件の責任により、追って辞令が出されることとなった。 異動になり今は警察庁に戻っている。 関東監察医務院 [ ] (はやせがわ ますみ) 演 -。 旧9係の頃から浅輪たちの捜査に協力してきたため、今でも再結成された9係とは協力関係が続いている。 演 - 助手。 その他 [ ] 高森徹也 演 - (S. しかし実際には、妻は若い男と不倫をしている「仮面夫婦」で、さらには暴力団組織「龍丸会」と癒着しており、自身が関わった不正を暴こうとする者を「龍丸会」を使って自殺に見せかけ殺害するなど、自らの保身のためなら手段を選ばない。 宗方と神田川は彼の裏の顔に気づきつつあったものの、彼が関与している証拠がないため表立った捜査ができずにいた。 宗方が警察を辞めた5年前と、1年前、9係が解散させられる原因になった計2件の殺人事件の真相を隠蔽し、さらには自身の妻をも殺させ、それを迷宮入りさせることにより「妻を失った哀れな夫」を演じることで世論の支持の獲得を目論見、法務大臣からさらに上の地位を手にしようとしたが、特捜班に全てを暴かれたことで逮捕された。 足代新市 演 - (S. 2第1話・最終話〈回想〉) S. 2第1話に登場。 高層ビル爆発事件にて、当初は爆発に巻き込まれた被害者を装っていたが、実はSNSにて自殺志願者を集め、彼らを操り爆発事故が起こるように計画した犯人。 13年前に自宅で妻が殺害されているのを通報するも、妻を殺害したという容疑で逮捕され、弁護士のが自分の供述を信じず、裁判で有罪判決が確定し長年刑務所に入っていた。 自分を有罪に陥れた森田を事故に見せかけ殺害。 それに気付いて追跡した浅輪を山小屋に拉致監禁したが、足代の話を浅輪が聞き「事件をもう一度調べ直す」と約束をした。 そのやりとりをライブ配信して仲間に知らせていることに気付き逃走。 狙撃手に狙撃されて死亡した。 後に13年前の足代の事件が冤罪かどうかを浅輪が単独で少しずつ調べ、その後宗方がそれを引き継ぎ、真犯人は現在受刑中の空き巣の常習犯だったという事を自供させ、13年前の事件は足代が無罪であり冤罪だったことが判明した。 井出博光(文部科学大臣・帝徳大学 教授) -• 野村美穂(帝徳大学 講師・関東埋蔵文化センター 職員) -• 木場伸一(井出の部下) -• 富岡貴子(井出の部下) -• 宗方(の妻・故人) -• 長縄俊哉(の恋人) - 第2話「花嫁消失」• 武村茂明(リバーパレスホテルのフロント係・斎藤の婚約者) -• 斎藤真希(リバーパレスホテルのコンシェルジュ) -• 中垣稔(リバーパレスホテルの社長) -• 島沢敏之(観光文化庁局長) -• 向笠博子(歌手) -• 島沢薫(島沢の娘) -• 金井雅美(斎藤の友人) -• 谷山健介(向笠のマネージャー) -• 桜田光男(リバーパレスホテルの社員) - 第3話「殺人都市計画」• 大屋千鶴(大屋の後妻) -• 森田亜紀子(建築家) -• 北原里香(森田のアシスタント) -• 中岡孝(クリエイトレジデンス都市計画部 課長) -• 大屋源治(建築家) - 第4話「床下の白骨死体」• 三好泰三(元警視庁交通機動隊 副隊長・グループホーム「優の樹」入所者) -• 三好加奈子(泰三と節子の娘・フリーライター) -• 村田肇(リフォーム工事業者) -• 対馬遙香(グループホーム「優の樹」介護福祉士・泰三の担当) -• 三好節子(泰三の妻・去年死亡) -• 中原通(シロアリ詐欺師・前科5犯・偽名「西村佑」) -• 野村堅太(中原の元詐欺仲間) -• 山川高志(大工) -• 小島均(秋葉原の商店主・通称ヒヨコ) -• 明石利久(害虫害獣駆除専門店「ミツダホームクリーン」社員) - 第5話「殺人ハーモニカ」• 三橋涼子(人形師) -• 酒井菜々子(学童クラブ「白ゆり児童館」従業員・通称ハーモニカのお姉さん) - (幼少期: )• 西川大吾(曙町小学校 教師・五月人形のモデル) - (幼少期: )• 西川麻由(大吾の母親) -• 三橋貴志(人形師・涼子の夫・4年前事故死) -• 柴田啓太(野球少年) -• 高岡佳代(旭丘美術館 職員) -• 浅井洋介(菜々子の恋人・画家の卵) -• 酒井(菜々子の母親・故人) - 第6話「赤い花の殺意」• 近藤瑠未(映画プロデューサー) -• 宇田川順一(靴デザイナー・映画「南太平洋の誓い」の撮影中の事故で降板し俳優業引退) -• 宇田川徹(順一の弟・映画「南太平洋の誓い」の主演俳優を務めるはずだった順一の代わりに主演を務める) -• 佐竹恭子(靴職人) -• 金子あゆみ(映画「南太平洋の誓い」の続編のヒロインを演じるはずだった女優) -• 国井康夫(映画「南太平洋の誓い」の監督) -• 日村太一(映画制作会社「スペースフィルム」社長) - 第7話「殺しの紙幣」• 太田恵子(スナック「ダブル・ハート」ママ) -• 福島ゆり(スナック「ダブル・ハート」チーママ) -• 西田正義(不動産会社「豪正寺エステート」社長) -• 中島温子(中島の母親) -• 中島達也(不動産会社「豪正寺エステート」社員) - (5歳: )• 太田仁志(恵子の息子) - (少年期: )• 春風亭昇太(スナック「ダブル・ハート」常連客) -• 山川(青空ファイナンス 社員) -• 吉村奈美子(西田の秘書) -• 田中(青空ファイナンス 社員) -• 太田智志(恵子の夫・21年前事故死) -• 福島一浩(ゆりの息子・溺死) - 第8話「無限大の殺人」• 水上洋次郎(おもちゃ会社「ノーニ」社長) -• 水上康子(洋次郎の妻) -• 片山浩之(洋次郎の秘書) -• 水上翔(康子の連れ子・おもちゃ会社「ノーニ」営業課 課長) -• 広田伸夫(ゲノムアナリシス 社員) -• 三沢義孝(おもちゃ会社「ノーニ」専務) -• 川畑彰(宅配業者) -• 和田君代(和田の母・2年前死亡) - 第9話「連続殺人者X」• 佐野真一郎(板橋南警察署 署長) -• 見村岳(板橋南警察署刑事課 係長) -• 丸川徹(暴力団「大達組」組長) -• 小田晃一(暴力団「大達組」構成員) -• 大橋剛(暴力団「塚源組」構成員) -• 加藤仁美(慶徳大学3年生) -• 上野哲也(ビル清掃員・元警察学校学生) -• 八木智子(文化住宅に住む高齢者) -• 藤井正巳(プロッサムエージェンシー 社長) -• 長江伸二(文化住宅を管理していた不動産会社の社員) -• 山中ひろみ(プロッサムエージェンシー 社員) -• 加藤由紀江(仁美の母) -• 江川大輝(小学生) -• 山原真司(暴力団「塚源組」構成員) - 最終話「3つの時の殺人」• 川勝雄太郎(共新党 幹事長) -• 安達芳男(組織犯罪対策部 第三課課長) -• 高森静江(の妻) -• 川勝雄志(雄太郎の息子で秘書) -• 並河康弘(組織犯罪対策部 第三課刑事・1年前に謹慎後に殉職) -• 小出智之(5年前の事件の容疑者・1年前に死亡) -• 須山一平(暴力団「龍丸会」構成員) -• 山根秋乃(キャバ嬢・5年前に死亡) - スペシャル(2019年) [ ] 2時間スペシャル「特捜班最後の事件」• 小柳法子(東京高等検察庁 検事長・桃子の大学時代の後輩) - (高校生: )• 杉浦守(元東京高等検察庁 検事長・暴力団「帝都龍丸会」顧問弁護士) -• 田野崎真輔(暴力団「龍丸会」会長) - 伊東孝明(若き日: )• 三戸涼香(銀座のクラブのママ・杉浦の不倫相手) -• 石田美里(東京高等検察庁 検察事務官) -• 菅山孝弘(暴力団「帝都龍丸会」城西支部 組長) -• 榎本千夏(週刊潮流 ジャーナリスト) -• 本宮貴(暴力団「龍丸会」幹部) -• 板垣修作(彫刻師・武上義男の教え子) -• 武上義男(美里の実父・高校の美術教師・28年前首吊り自殺) -• 黒山僚一(検事・5年前転落死) -• 石田秀幸(美里の養父・警察官・故人) -• 下村尚政(夕凪銀行 元行員) - season2(2019年) [ ] 第1話「特捜班新たな事件」• 森田哲也(弁護士・誕生日パーティーの幹事) -• 深田尚道(自殺志願者・偽名「井上信夫」) -• 小田容子(自殺志願者) -• 町岡康太(自殺志願者) -• 赤木高志(自殺志願者・電気工事者) -• 楯山博士(自殺志願者・電気工事者) -• 中尾史織(清掃員) -• 武川明宏(誕生日パーティーの主役) -• 田中(ホテルのフロント) -• 古川彰(自殺志願者・偽名「平岡裕樹」) -• 足代恵子(の妻・13年前刺殺) - 第2話「正しい殺人」• 村上光代(出版社「稜文社」校閲部 社員) -• 牧田結(出版社「稜文社」営業企画部 社員) -• 村上サチ(光代の母) -• 蓮見洋司(ノンフィクション作家・「正しい殺人」著書) -• 笹谷祐子(シングルマザー・現在収監中) -• 斎藤隆史(出版社「稜文社」校閲部 社員) - 鈴木一功• 梶浦裕哉(出版社「稜文社」文芸編集部 社員) -• 根本司(無職) - 村上剛基• 高田堅太(読書会事務局) -• 福田守(警備員) -• 山岸(大原駅 駅員) -• 磯崎(大多喜駅 駅長) -• 寺田俊則(エリート官僚・故人) -• 笹谷愛理(祐子の娘) - 第3話「平成最後の対局」• 高津敏郎(将棋棋士 龍将位・知里の師匠) -• 永井知里(女流棋士) - (小学5年生:)• 細江雅信(プロ棋士を目指している知里の恋人) -• 宅間昇(城西板橋建設 作業員) -• 宮本マリア(クラブ「池袋Club East A」キャバクラ嬢) -• 璃子(クラブ「池袋Club East A」ママ) - 第4話「令和最初の事件」• 古関晶子(真由子の母・旅館「かわ村」女将・昭和63年 純喫茶「つりがね草」ウェイトレスで川村典子と偽名し勤務・旧姓 城戸晶子) -• 沢田真介(純喫茶「つりがね草」店主) -• 古関真由子(広告会社「博雷堂」社員) - (幼少期: )• 沢田葉子(純喫茶「つりがね草」ウェイトレス・真介の妻) -• 二戸部剛(不動産会社「INOBET」社長・昭和63年に起きた事件の被疑者・元暴力団「龍丸会」構成員) -• 山川晃(金魚すくい 店主・昭和63年に起きた事件の被疑者・元暴力団「龍丸会」構成員) -• 小方若菜(不動産会社「INOBET」社長秘書) -• 宮崎(30年前の刑事) -• 靖恵(30年前の風俗嬢) - 第5話「不自然発火殺人」• 赤羽柚月(間野家 家政婦) -• 間野妃里子(敦郎の妻・元東都テレビアナウンサー) -• 間野敦郎(貿易会社 社長) -• 亀谷勇三(妃里子のスタイリスト) -• 坂井モナミ(アロマテラピスト) -• 赤羽天馬(柚月の息子・横浜明澄学園高等学校退学処分) - (小学4年生:)• 三河晋(所轄刑事) -• 西崎浩平(火災調査官) -• 山本洋(敦郎の秘書) -• 内藤星矢(横浜明澄学園高等学校 生徒) -• 林田陸(横浜明澄学園高等学校 生徒) - 第6話「星型の殺意」• 野口功子(アップルパイの店「のぐち」主人) -• 村岡芳美(野口の元弟子・専業主婦) -• 藤本理沙(パティシエ・ケーキ店「パンとケーキの店ミヤハラ」で働き、アップルパイの店「のぐち」で働いていた) -• 島崎透(鶴峰百貨店の営業マン) -• 村岡正樹(芳美の夫) -• 坂出鈴(野口の元弟子・12年前転落事故死) -• 唐木虎吉(窃盗の前科3犯) - 第7話「タワーマンション殺人」• 皆川悦子(卓也の妻) -• 皆川卓也(タワーマンション「スカイタワー南品川」2010号室の住民 ・シナリオライター) -• 落合美奈(第16回シナリオコンテスト 受賞者) -• 日暮洋介(タワーマンション「スカイタワー南品川」2009号室の住民・デイトレーダー) -• 大塚真耶(タワーマンション「スカイタワー南品川」2011号室の住民・主婦) -• 梨沙(喫茶店店員) -• 詩織(喫茶店店員) -• 昭恵(ラブホテル従業員) -• 浅田(民泊業者「ネルトマル」社員) -• 久保(警備員) -• 鈴木(警備員) -• 金田誓人(不動産会社社長) - 山北建夫 第8話「食べさせる女の殺意」• 早乙女凛(AI企業「フューチャーオブAI」商品開発部 製作所長) -• 和田ひとみ(康太の秘書) -• 田嶋康太(AI企業「フューチャーオブAI」代表取締役社長・の大学時代の友人) -• 梶田亜美(AI企業「フューチャーオブAI」専務取締役) -• 江守美佐(江守クッキングスクール 代表・康太の元妻) -• 北村萌香(AI企業「フューチャーオブAI」広報部 社員) -• 曽我景子(尾広総合病院 看護師) -• 曽我八重子(景子の祖母・先月心臓発作で死亡) -• 磯崎健一(尾広総合病院 医師) -• 小池美保(尾広総合病院 看護師) - 第9話「浅草大捜査線」• 中沢幸平(アパート「メゾン花川戸」経営者) -• 春楽亭柳三(落語家・本名「田村洋介」) - 笠兼三• 杉田健次郎(たい焼き店「たい焼き すぎた」店主) -• 杉田咲子(健次郎の妻) -• 田島和行(警視庁捜査二課 刑事) -• 塩田徹(暴力団「龍丸会」構成員) -• 佐々木実(警視庁捜査二課 刑事) -• 末永良一(IT企業「CIVILIA」代表) -• 片山芳次(フリーター) -• マユミ(スナック「豊」ホステス) - 第10話「時間差心中」• 佐々木麻里(佐々木弁護士事務所 弁護士) -• 三島綾香(通販会社「橘マーケティング」副社長) -• 橘英輔(通販会社「橘マーケティング」社長) -• 田端尚(通販会社「橘マーケティング」顧問弁護士) -• 森山健司(隆一の孫) -• 川村省吾(通販会社「橘マーケティング」総務課長・元龍丸会系組員) -• 浜谷恵(6年前の悪徳商法の被害者) -• 森山隆一(の友人・6年前首吊り自殺) -• 近藤正明(警視庁品川南警察署 刑事) - 最終話「正義の罠」• 櫻井潤(東京地方裁判所 刑事部総括判事) -• 村野真法(圭右の息子) -• 小林則夫(小林則夫綜合法律事務所 弁護士) -• 松井浩史(弁護士・元検事) -• 村野圭右(町工場経営者・12年前の無差別殺人事件の容疑者 死刑囚) -• 深野智章(東京地方裁判所長) -• 浅間(傍聴マニア) -• 有元卓(舞連不動産 店員) - season3(2020年) [ ] 第1話「越境捜査」• 北村龍一(元警視庁調布中央警察署 刑事課長) -• 林豊晴(中華料理店「マザー餃子」アルバイト店員) -• 毛利建二(建市の息子) -• 片山英雄(元警視庁調布中央警察署刑事課 巡査) -• 有田志津香(ダンサー) -• 湯川豪(イベント企画運営会社「VIVID企画」社長) -• 毛利建市(中華料理店「マザー餃子」社長) -• 上田雅也(モデル派遣会社経営者) -• 葵(モデル) -• 相馬(イベント企画運営会社「VIVID企画」社員) -• 与謝野(中華料理店「マザー餃子」専務) -• 小川(「BOURN」社長) -• 大島(刑事) -• 小島(捜査員) -• 中山多紀子(中華料理店「マザー餃子」店員) - 第2話「妻の死体を運んだ男」• 八田義和(バスケットボールチームコーチ・里美の元夫) -• 柴山里美(週刊ブーム 記者) -• 牧村祐二(誠一郎の秘書) -• 寺川秀介(大路山建設 社員) -• 門倉哲夫(週刊ブーム 編集長) -• 海藤誠一郎(衆議院議員・前国交省副大臣・総理大臣の甥) -• 加賀美涼平(俳優) -• 朝井智之(関東経政新報社社会部 記者) - 第3話「殺しのオムライス」• 江藤ゆり子(ヘッドスパリスト) - (少女期:)• 篠田絵美子(浩一の妻) -• 青山香織(フレンチレストラン「le delicieux repas」従業員) -• 河野三郎(元警視庁上原警察署 刑事) -• 篠田浩一(小木曽物産 役員) -• 栗原俊也(フレンチレストラン「le delicieux repas」オーナーシェフ) -• 中森(刑事) -• 佐々木潤(「洋食屋 フットレスト」元従業員) -• 佐野涼子(篠田家の近所) -• 江藤一郎(ゆり子の父・故人) - 第4話「殺人の城」• 江上秀平(マルヤ警備 警備員・元マジシャン) -• 磯山真司(テレビ番組「マジシャンズ・ライ」プロデューサー) -• ミステリオ遠野(マジシャン) -• 志倉登(フリーター) - (幼少期: )• 藤田晴彦(奇術組合 組員) -• 志倉奈津美(登の母) -• 坂本美沙(AD) - 第5話「10年目の殺人」• 門脇健治(テレビ番組のコメンテーター・元警視庁捜査一課刑事) -• 和田孝雄(日本橋印刷 社員) -• 竹内沙織(住松会計事務所 社員・元警視庁東赤羽警察署署員) - 第6話「四色の殺人」• 坂本満智子(老人介護施設「福禄ホーム」入居者) -• 天野祐介(ライフスタイルアドバイザー) -• 大谷真二郎(老人介護施設「福禄ホーム」入居者・元文部科学省の筆頭課長) -• 三島亜希子(鶴亀プランニング 部長) -• 坂本由利(満智子の娘) -• 大谷真也(財務省官僚・真二郎の息子) -• 天野春香(祐介の妻) -• 神崎一樹(老人介護施設「福禄ホーム」施設長) -• 安藤美鈴(老人介護施設「福禄ホーム」介護士) -• 上田孝史(信州果樹園) -• 鈴木恵子(老人介護施設「福禄ホーム」入居者) -• 加藤久子(老人介護施設「福禄ホーム」入居者) -• 山田悦子(老人介護施設「福禄ホーム」入居者) - スタッフ [ ]• 脚本 - 、、、、、、、、 、、下亜友美、、、森山あけみ、、、• 音楽 -• 監督 - 杉村六郎、新村良二、、、田村孝蔵、細川光信、鈴木浩介、、田村直己、、• ゼネラルプロデューサー - 大川武宏(テレビ朝日)• 制作 - テレビ朝日・東映 主題歌 [ ] 歌:()• 1 - 「」• SP・S. 2 - 「」• 警視庁捜査一課特別捜査班 神田川が「事件の早期解決」を目的として新たに設立した捜査班。 通称「特捜9」。 部屋には時代から使われていたコーヒーメーカーが置かれている(持ち込んだのは青柳)。 設立の1年前に発生した殺人事件で防犯カメラ映像をもとに組織犯罪対策課の捜査員と協力して容疑者を逮捕したものの、映像が捏造であることが後に発覚し、更に捜査員は自殺してしまい(最終回にて殺人と判明する)、9係自体も捏造に加担したという濡れ衣を着せられて解散に追い込まれた。 小宮山たちはこのような経緯から「1年前と同じことの繰り返しになるかも知れない」と二の足を踏んでいたが、最終的に加納を除く9係全員が集結、新米の新藤を加え結成し、後に9係解散の黒幕である高森を逮捕し雪辱を果たした。 放送日程 [ ] season1 [ ]• 2018年4月11日 - 6月13日、全10話。 番組キャッチコピーは「 9係から特捜9へ。 初回・第9話・最終話は15分拡大(21時 - 22時09分)。 各話 放送日 サブタイトル ラテ欄 脚本 監督 視聴率 第1話 2018年4月11日 一万年の殺人 9係再集結 特捜班始動!1万年前縄文土器殺人事件!! 深沢正樹 杉村六郎 16. 高級ホテルの冷たい罠 花嫁消失殺人事件! 吉田啓一郎 15. 殺人都市計画 真部千晶 14. 妻の遺言 31の約束 岡崎由紀子 田村孝蔵 13. 殺人ハーモニカ!? 怒る女の秘密 瀧川晃代 新村良二 14. グズマニアを追え!? 吉原れい 13. 街歩き複眼捜査 青山勝 山本南伊 長谷川康 13. 拡大スペシャル 徳永富彦 細川光信 14. 深沢正樹 杉村六郎 14. 『』(21時 - 23時5分)で放送。 放送日 サブタイトル ラテ欄 脚本 監督 視聴率 2019年4月 07日 特捜班最後の事件 新たな旅立ち…新章 警視総監からの指令!! 検察VS警察!司法の闇に挑む!! 鎌倉〜江の島殺人連鎖…狙われた命 死まで2ミリ!班長動く 特捜班最後の事件 深沢正樹 鈴木浩介 13. 2019年4月10日 - 6月26日、全11話。 番組キャッチコピーは「 これが最強捜査チーム。 5月22日は『』第一夜放送のため休止。 初回・最終話は15分拡大(21時 - 22時09分)。 各話 放送日 サブタイトル ラテ欄 脚本 監督 視聴率 第1話 2019年4月10日 特捜班新たなる事件 新章始動!! 都内テロ発生…消えた容疑者!最大の危機 徳永富彦 鈴木浩介 15. 房総最終列車…上書きされた真相 岡崎由紀子 新村良二 12. 鉄壁のアリバイを持つ男VS特捜班!! 平成最後の大一番 林誠人 11. 令和・最初の事件 岡崎由紀子 田村孝蔵 13. 働く母の願い 真部千晶 豊島圭介 12. 女たちが秘めた12年間の確執!行列パイ店主殺害捜査 瀧川晃代 鈴木浩介 第7話 5月29日 タワーマンション殺人 見知らぬ遺体 マンション民泊殺人!! 妻VS愛人30分の空白 林誠人 田村直己 11. 容疑者は6人の女 下亜友美 12. 500万拾った夜…下町落語殺人!? 鯛焼きと恩人の願い 稲葉一広 細川光信 14. 悪徳詐欺!! 被害額2億 最終章 丸茂周 鈴木浩介 12. 最終回スペシャル 徳永富彦 13. 2020年4月8日 -• 番組キャッチコピーは「 事件を解く、最強ナイン。 初回は15分拡大(21時 - 22時09分)。 5月6日から6月10日の間は、感染拡大による撮影延期の影響で『警視庁捜査一課9係』及び『特捜9』の「傑作選」を放送。 各話 放送日 サブタイトル ラテ欄 脚本 監督 視聴率 第1話 2020年4月8日 越境捜査 越境捜査連続殺人!! 3つの都市3つの謎 徳永富彦 田村直己 14. 洋食屋の殺人 瀧川晃代 兼﨑涼介 第4話 4月29日 殺人の城 犯行生配信マジシャンvs6人の刑事!! 山岡潤平 第5話 6月17日 10年目の殺人 再開新作! 班長の秘密に新展開!! 過去から来た男…10年目の殺人 丸山真哉 上堀内佳寿也 15. 鑑識の神VS逃げる女 岡崎由紀子 田村孝蔵 13. 前シリーズで倫太郎を演じた渡瀬が逝去したためこの設定がなされた。 なお、などの臨時編成部署でない限りは、組織改革以外では解散させられたりはしない。 5級職特別昇進である• 最終回にて実は暴力団「龍丸会」の構成員により心中に見せ掛けられて殺害されたことが判明する。 12から内閣テロ対策室のアドバイザーを兼務していた。 定期的な改選のある参議院議員が国務大臣になる例はまずない。 マスコミには、警察に追跡されて発砲したため射殺したと発表されたが、S. 2最終話にて、実際は硝煙反応がなかったため足代は発砲していなかったこと。 足を狙うよう指示していたが、狙いが外れたという事が明かされた。 住宅は別にあり仕事場として利用。 出典 [ ]• 2018年2月19日. 2018年5月1日閲覧。 2019年4月12日閲覧。。 2018年6月6日. インタビュー. 2018年6月12日閲覧。 2018年6月5日. インタビュー. 2018年6月12日閲覧。 2018年6月3日. インタビュー. 2018年6月12日閲覧。 2018年6月4日. インタビュー. 2018年6月12日閲覧。 2018年5月23日. インタビュー. 2018年5月30日閲覧。 2018年6月2日. インタビュー. 2018年6月12日閲覧。 - ジョビィキッズ• - テアトルアカデミー(アーカイブ)• 2018年4月25日. インタビュー. 2018年5月1日閲覧。 - 内藤聖羽ブログ 2019年5月1日• 2019年4月6日. 2019年4月7日閲覧。 2018年6月1日. インタビュー. 2018年6月12日閲覧。 - Instagram• - キューブ• - 三枝プランニング• - 片岡明日香 オフィシャルブログ 2018年4月19日• - アミューズ• - 高岡事務所 Official Website• - 中野笑店• - Twitter 2018年4月25日• 2018年5月16日. 2018年5月30日閲覧。 - クラージュキッズ• - アミューズ• - クラージュキッズ• - SRプロダクション• - Twitter 2018年5月9日• - ボックスコーポレーション• - アンセム• 2018年5月23日. 2018年5月30日閲覧。 - Twitter 2018年5月16日• - ジョビィキッズ• - 東映• - Twitter 2018年5月19日• - Twitter 2018年5月23日• - Twitter 2018年5月18日• - Twitter 2018年5月23日• 2018年5月30日. 2018年6月12日閲覧。 - SRプロダクション• - カートプロモーション• - Twitter 2018年5月25日• - マイターン・エンターテイメント• 2018年6月6日. 2018年6月12日閲覧。 - アンセム• - ケイエムシネマ企画• - ギュラ・キッズ 2018年5月31日• - クィーンズアベミュー INFORMATION• - Twitter 2019年4月7日• - Twitter 2019年4月9日• - Twitter 2019年4月7日• - Twitter 2019年4月5日• - Twitter 2019年4月9日• 2019年4月15日. 2019年5月1日閲覧。 - Twitter 2019年4月17日• - Twitter 2019年4月17日• - 岬万泰 オフィシャルブログ 2019年4月25日• 2019年5月1日. 2019年5月14日閲覧。 - スマイルモンキー• - Twitter 2019年4月28日• - Twitter 2019年5月1日• - Twitter 2019年4月30日• 2019年5月8日. 2019年5月14日閲覧。 - アイトゥーオフィス• - 川並淳一ブログ 2019年5月9日• - Twitter 2019年5月1日• - 三倉茉奈 オフィシャルブログ 2019年5月9日• - ストレイドッグプロモーション• - おりもりお オフィシャルブログ 2019年5月16日• 2019年5月29日. 2019年6月12日閲覧。 - ボックスコーポレーション• - ジールアソシエイツ• - Twitter 2019年5月29日• - Twitter 2019年5月31日• - ディサイファ• - Twitter 2019年6月5日• - 嶋田久作ブログ 2019年6月16日• - ストレイドッグ• 2020年4月9日. 2020年5月6日閲覧。 - 恒吉梨絵 オフィシャルブログ 2020年4月9日• - 西沢仁太 オフィシャルブログ 2020年4月8日• - Twitter 2020年4月1日• - 太田プロダクション• - 松田賢二 オフィシャルブログ 2020年4月8日• - Twitter 2020年4月8日• - Twitter 2020年4月20日• 2020年4月28日. 2020年5月6日閲覧。 - ジョビィキッズ• - Twitter 2020年4月22日• 2020年6月10日. 2020年6月24日閲覧。 2020年6月17日. 2020年6月26日閲覧。 2020年6月17日. 2020年6月26日閲覧。 - Twitter 2020年6月23日• - 山本南伊 オフィシャルブログ 2018年4月21日• 2018年6月14日. 2018年6月15日閲覧。 2019年6月27日. 2019年6月27日閲覧。 season1 第9話• season3 第4話• season3 第2話• season2 第4話• season1 第6話• 東映公式 [ ]• 動画 [ ]• - テレ朝動画• - テレ朝動画• - テレ朝動画• - テレ朝動画• - TELASA• - TELASA• - TELASA• - TELASA SNS [ ]• 5drama9tokusou - 系 前番組 番組名 次番組.

次の