宛先各位。 ビジネスメールで宛先「各位」は目上の人にも送る場合失礼にならないか問題

今更聞けない? 御中・様・行・宛・各位・殿など、正しい宛名の敬称の使い分け | 転職実用事典「キャリペディア」

宛先各位

「各位」の意味 会社でメールのやり取りをしている時や、社外から届く郵便物などでよく見かける、各位。 「関係者各位」や「取引先各位」といった文言でよく見かけます。 しかし各位について、今更誰かに聞くのも少し恥ずかしく感じるものです。 各位は、 その意味を正しく理解し、使いこなすことができればビジネスで重宝します。 しかし使い方を間違えると、信頼喪失につながる場合も考えられます。 そこで今回は、各位の意味や使い方の注意点、その例文などをまとめました。 「各位」とは 「各位」は各ビジネスシーンで良く使用されますが、その意味について明確に知らずに使用している人も多いでしょう。 良く使用される一方で、間違った使い方ををしてしまっては恥ずかしいものです。 そこで先ずは「各位」についてその意味について紹介していきます。 「各位」の意味とは• 2人以上の複数人を対象に各個人に敬って言う語 「各位」とは、2人以上の複数人を対象に各個人に敬って言う語です。 敬称であるため、上司や目上の方に使っても失礼にはあたりません。 また、「関係者各位」や「従業員各位」といった、組織や関係のある言葉の後ろにつける場合や、「各位」とだけ記述する場合もあります。 「各位」の類義語について 「各位」以外にも、「 御中」や「 皆様」といった敬称も存在します。 ただし、上司や目上の方を含む場合と含まない場合で、使い分けが必要になってきます。 郵便物の宛名に使用する場合など、各目的よって使い分けることで、こちらの意思を明確に伝えることができます。 類義語については最後にまとめて紹介していきますので、まずは「各位」の使い方について紹介していきます。 「各位」の使い方【上司・目上の人へ】 「各位」とは敬称なので、上司や目上の方に宛てても失礼にはなりませんが、少しの配慮をすることで、さらに印象は変わってきます! 上司や目上の人のみに宛てる場合 上司や目上の人にのみ宛てる場合は、「 管理職各位」や、「 部課長各位」のように、 各役職名の後に「各位」を使用します。 他にもいくつか紹介していきます。 役員各位• 支店長各位• 部長各位• 課長各位• ただ、その組織や団体の全員に宛てる際、上司や目上の人の中には、「その他大勢と同列」と受け取られ、不快に感じさせてしまう場合があります。 「各位」の使い方【社内向け・社外向け】 次に、社内や社外に宛てて使用する場合の使い方について解説します。 社外向けに使用される場合は、特に注意が必要になりますのでしっかり見ていきましょう。 メールで使用する際は、宛先が明確ですが、書面などの掲示物の場合、関係のある不特定多数の人に向けて使用する場合もあります。 そこで、使用例を紹介していきます。 社外で使用する場合 社外で「各位」を使用する際、取引先との連絡や、顧客向けに通知を出す場合などが考えられます。 その各シーンについて、使用例をまとめて紹介していきます。 取引先などの場合 取引先などの場合 「ご担当各位」「取引先各位」「販売店各位」など 式典やイベントなどの招待者 「ご臨席者各位」「来賓各位」 顧客やその他の場合 「お客様各位」「株主各位」「参加者各位」「応募者各位」 「各位」の例文【ビジネス・メール】 ここからは、「各位」を使った例文を紹介していきます。 ビジネスメールでの例文• 社内や社外に送る通達書面などの例文 各位の例文【ビジネス編】 宛先 内容 社内 従業員各位 台風による臨時休業について 現在接近中の台風21号は、非常に強い勢力を維持したまま北上しています この台風の影響で、各交通機関も始発より運転を見合わせております。 ~ 社外 取引先各位 今年度の社内行事に関するお知らせ 時下ますますのご隆昌のこととお慶び申し上げます。 平素は一方ならぬ ご愛顧賜り、厚く御礼申し上げます。 表題の件について、日程が決まりましたので、ご参集のほどよろしくお願いいたします。 ~ 休日出勤に関する注意喚起のお願い 管理職各位 お疲れ様です。 本日は、今年度の定期メンテナンスについて お知らせいたします。 営業時間変更のお知らせ お客様各位 平素より格別のお引き立てを賜り、 厚く御礼申し上げます。 本日は弊社の営業時間の変更について~ 「各位」の誤った使い方 「各位」は敬称であるため、「様」や「殿」といった敬称と合わせて使うと二重敬語になり正しい使い方ではなくなってしまいます。 したがって「関係者様各位」や「担当各位殿」ではなく、 「関係者各位」や「担当各位」とするのが正しい使い方にになります。 ただし、「ご担当者各位」や「お得意先各位」といった「ご」や「お」はこの場合、謙譲語になるため正しい使い方になります。 また、「殿」は、上司や目上の人が、部下や目下のものに使う敬称ですので、逆の立場で使用すると失礼になります。 ただし例外も! 「お客様各位」は本来の使い方としては「お客各位」とするのが正しいです。 しかし、お客様を呼び捨てしているように見えることから、通例としてそのまま用いられることもあります。 二重敬語が気になる場合は「各位」のみで記載すると良いでしょう。 上司や目上の人を含む際の工夫 「〇〇部各位」のように上司や目上の人を含む全員に宛てて「各位」を使用した場合、受け取り方によっては上司や目上の方がその他大勢と同列に感じやすく、不快に思われることがあります。 そこで、 「〇〇部長、及び〇〇部各位」と、管理・監督者を併記することで誤解されずに内容の伝達がスムーズにできます。 「各位」と「御中」の違い・使い分け 「各位」と「御中」は同じような意味を持つ敬称です。 しかし、明確な使い分けがあり、きちんと使い分けなければいけません。 また、自分が「各位」の中で一番低い立場である場合は「皆様」を用いる場合もあります。 そこで、先ずはそれぞれの使い分けについて解説します。 使い方や違いについて 各位 主にビジネスメールや社内、社外に対しての書面で使用される敬称。 御中 会社、官庁、その他団体に対して送る はがき、封筒などの郵便物の宛名に使用される敬称。 ただし、封筒などに入れる書面には「各位」を使用するのが マナーです。 皆様 基本的には「各位」と同様、敬称です。 先に述べた、立場が低い場合や、会社によっては「各位」ではなく 「皆様」とすることが通例とされている場合などもあります。 事前に確認しておくと良いでしょう。 「皆様」と「各位」は、基本的な使い方は同じですが、 「各位」は社内、社外問わず主にビジネスで、「皆様」は社外、学校や町内会といったビジネス以外で主に使用されます。 また、よく知る相手しかいない場合は、より砕けた表現として「皆様」を使用する場合もありますので、参考にしてみてください。 「御中」を使った宛名の例文 「御中」は主に封筒などの宛名に使用する敬称ですので、宛名のみの紹介となります。 担当者が分かる場合は個人名で記載し、「御中」使用しないようにしましょう。 「皆様」を使った例文 「皆様」は、基本的には「各位」と同様の敬称ですが、ビジネス以外でよく目にします。 しかし、ビジネスで使用してはいけない事はありません。 ここではビジネスで使用する場合と、ビジネス以外でしようする場合の例文を紹介していきます。 今年は数多くの~ ビジネスで使用する場合の多くは、上司や目上の人が入っていない場合ですので、間違っていても、不快に感じる人は少ないでしょう。 しかし、社内でのルールで使用される場合はその限りではありませんので、事前に確認しておくことが大切です。 あらかじめ、聞きやすい人や上司に確認しておきましょう。 この度、新たにPTA新聞を発行する運びとなりました。 つきましては、~ 書面 アパートご利用の皆様 一般ごみ収集曜日変更のお知らせ 日ごろより、ごみの分別にご協力いただきありがとうございます。 来年度より一般ごみの収集日が変更になりますので、お知らせいたします~ 便利な敬称「各位」 大勢に向けて通知する際に、非常に便利な敬称である「各位」。 上司や目上の人に使用しても失礼にはなりません。 しかし、非常に汎用性がある為、時には不快に感じさせてしまう事もあります。 上司や目上の人に宛てる際の少しの工夫や、「御中」や「皆様」との違いなど、ここで紹介してきたことを参考に、各ビジネスシーンで活用していただければ幸いです。

次の

bccでの一斉送信の例文3選|マナーを押さえたメールを送ろう

宛先各位

社会人ともなればメールひとつとってもルールやマナーがあります。 また、企業などではひとりで仕事をすることは稀で、多くのケースではチームやグループとなってプロジェクトを進めます。 その際、メールを送るときにひとりひとりではなく、複数に同時送信することもあるでしょう。 そんなときに使えるのが「関係者各位」という言葉です。 「関係者各位」の使い方を憶えておくと、メールが簡単に送れる上、時間短縮にもなって便利になります。 ここではそんな「関係者各位」の使い方について、詳しく紹介していきます。 どんな場面で使うのか 「関係者各位」をメールや手紙、ビジネス文書で使用する際は、基本的には文面の冒頭に置くことになります。 普通「関係者各位」とメールの冒頭に置くときは、複数の宛先がある場合になります。 プロジェクトなどで情報共有をするときなど、何人かに同時にメールを送るときに「関係者各位」とします。 また、掲示板などに張り出す告知も複数の人に見てもらうものですので、この場面にも「関係者各位」が使えます。 絶対に使ってはいけないケースはどんなとき? 「関係者各位」はまず複数の相手に使うものですので、送り先がひとりの場合には使ってはいけません。 また、プロジェクトなどに関わる内容であっても、特定の人にしか関係のない場合は、その人個人にメールを送り、しっかりと宛名を書くようにするべきです。 ほかにも「関係者各位」を使うべきではない場面も多々あります。 そこに関してはこれから順を追って説明していきます。 特に目上の人に対する送り方など注意点がいくつかありますので、この機会にしっかりと憶えてください。 関係者各位に「様・殿」は必要なのか そもそも「様」の意味とは メールの宛名でもっとも使う「様」ですが、これは一般的に相手への敬称の意味合いがあるためです。 「様」は敬称として普遍的ですので、基本的には誰にでも使っていいと考えて問題ありません。 そのため、一般ビジネス用語の中で最も使われる言葉になります。 「殿」の意味も知っておく 「様」と同じように、「殿」もまた敬称になります。 ただ、「様」と決定的に違うのは、「殿」は目上の人が目下の人に対して使う敬称であるということです。 そのため、基本的には若いうちには「殿」は使わないようにした方がよいと見るべきです。 いずれにしても敬称として使うにはいささかフレンドリーすぎるため、ビジネスメールの中では使うべきではありません。 ただ、社内の部下や目下の者に送る場合には使っても問題はありません。 しかし、仕事関係では会話の中で使うには問題なくても、メールであっても文章上は「様」にすることが無難です。 「様」「殿」の使い分け方 「様」と「殿」の使い分けは、相手が目下であれば殿が使えますが、基本的には全般的に「様」を常に使うことが望ましいです。 誰に送る際も問題がないので、無難といえるからです。 また、本題の「関係者各位」に対して「様」や「殿」は使えるかどうかですが、元来「各位」が各地位を表しているため、使う必要はありません。 しかし、どうしても使いたい場合は使うことも可能です。 その場合「関係者各位様」ではなく、「関係者様各位」とします。 「関係者各位」とは、関係する各地位におられる皆さま、といった意味合いになります。 複数人を指していますし、「各位」が部長や課長などいろいろとある地位の各人をまとめて呼んでいることになります。 そのため、特に前項の「様」や「殿」は不要です。 では、実際に「関係者各位」はどう使うべきでしょうか。 ここでは「関係者各位」の使い方をシチュエーション別に見ていきます。 社外の人に対する使い方 社外の複数の人に対して同じメールを出す場合、「関係者各位」を使うことは問題がありません。 もし丁寧にしたければ「関係者様各位」としてもいいでしょう。 基本的にはあまり気にせずに使っても大丈夫です。 ただ、複数に送る際にはマナーとしてメールアドレスをBCCのボックスに打ち込むようにしましょう。 特に複数の企業などが関係する場合は個人情報特定を避けるためにBCCでほかの人にメールアドレスが漏れないよう配慮するべきです。 社内メールで使えるか 社内メールでも「関係者各位」は使えます。 この場合は特に「様」を間に入れる必要もありません。 稀に「関係者各位」とすることが嫌いな上司などもいますから、そういった情報は憶えておき、送り方に気をつけましょう。 「関係者各位」の目上の人への使い方 「関係者各位」をもっとうまく使いこなしたいひとなら、次に「関係者各位」の敬語を考えることでしょう。 実際に「関係者各位」に敬語は存在するのでしょうか。 ここでは「関係者各位」の敬語と、類語などがあるのかどうかを紹介していきます。 丁寧語にした場合 まず、「関係者各位」に敬語あるいは丁寧語はありません。 というのは、「各位」という言葉がすでに各地位におられる方々を表している、丁寧な言葉だからです。 関係者各位というだけで、ビジネス文書にも使えるものですから、特別に丁寧語が存在していません。 もし、より「関係者各位」を丁寧に表したければ、すでに紹介したように関係者各位に「様」をつけて「関係者様各位」などとするといいでしょう。 類義語はあるか 「関係者各位」の類語、類義語を紹介します。 この場合は「各位」が重要になりますので、この各位の類語を並べてみます。 各位の類語には「諸姉」、「諸兄」、「諸公」、「諸兄姉」、「諸君」、「ご一同」、ご一統」、「皆」、「皆様」などがあります。 どの語も複数の人を指す言葉であることに気がつきます。 しかし、どの言葉にしても「関係者各位」の方がビジネス文書にはしっくりくる言葉になります。 ビジネスにおいては会議の招集などに一斉メールをすることもあります。 その際に関係者各位に一気にメールを送ることになるでしょう。 対外的にはイベントなどの招待でも「関係者各位」を使うことも少なくありません。 ここでは株主総会を開催するにあたり、株主たちにメールや文書で告知する場合を例に挙げました。 まず、株主に文書を送る際、「関係者」ではベターとはいえません。 株主は関係者というよりは投資をしてくれている「株主」ですから、ここは「株主各位」とします。 そして、「株主各位」には敬意も表してより丁寧な出だしが望ましいです。 そこで本文の最初は「拝啓 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。 」などとすることがベターです。 例文2「お客様各位」 社内メールでも一斉メールを送る機会が少なくありません。 特に社内であれば会議のほかにも各種イベントがあり、幹事はたくさんの人に一斉にメールを送ることになります。 この場合メールの表題に、なにについてのことかを書き加えれば問題ありません。 例を挙げると飲み会などの時間変更では「参加者各位へ 開始時間変更のお知らせ」とします。 新年会なら「社員各位へ 新年会のお知らせ」、そのほか「管理職各位 研修会のお知らせ」、「関係者各位 パーティーのお知らせ」などがあります。 とにかく、「各位」は「皆さま」と同じ意味になっています。 集団名や組織名に「各位」と付け足すだけで問題なく使うことが可能です。 もっと「関係者各位」の使い方を学びたい人に たくさんの人に同じメールを送るときはできるだけ「関係者各位」を使うべきです。 なぜなら、ひとりひとりに送るとメールアドレスの間違いや、送り忘れが発生し、漏れが出てしまいます。 そのため、「関係者各位」で一斉に送ることでそういったトラブルを回避できますし、時間も短縮できます。 「関係者各位」を嫌う人もいますが、マナーとしては決して間違っていません。 まずは「関係者各位」の使い方をマスターし、積極的に活用するようにしましょう。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

メールのビジネスマナー。宛先が複数ある時の宛名の書き方4パターン

宛先各位

目 次• 基本宛名ルールは「会社名・部署名・肩書・名前・敬称」 複数名にメールを送信するときの宛名ルールも、基本的には相手が一人のケースと変わりありません。 もし相手が 社内の人であれば、冒頭の会社名は必要ありません。 「部署名・肩書・名前・敬称」で宛名を構成しましょう。 宛名ルールの基本、覚えておきたい基本事項 相手が一人のときでも複数人のときでも、宛名ルールには、覚えておくべき基本的ルールが存在します。 宛名の作成方法で悩んだときには、以下のチェックポイントを踏まえて内容を確認してみてください。 役職と敬称が二重になっていないかどうか くだけた雰囲気になり過ぎていないかどうか 社内のルールにのっとっているかどうか 役職にはすでに敬称が含まれています。 このため「総務部 部長 田中様」という表現は正しくても、「総務部 田中部長様」という表現はNGとなります。 「総務部 田中部長」とするのが正解です。 また、社外向けメールで相手の姓だけを使うのは、ある程度メールをやり取りしてからの方が良いでしょう。 特に初めてやり取りするときには、「田中太郎様」などのように フルネームを使うと丁寧な印象になります。 最後に、欠かせないのが社内ルールの確認です。 役職や敬称の使い方など、社内で独自ルールを設定しているところも少なくありません。 会社で定められているルールに則り、宛名を書きましょう。 総務部各位 「各位」という言葉には、すでに「含まれている個人への敬称」が含まれているため、特別な装飾などは必要ありません。 複数人の中に上司が含まれていたとしても、「各位」を使えば問題ありません。 ただし 「各位様」という使い方は間違った使い方なので注意してください。 CCメールで複数人に宛名を書くときのポイント CCでメールを送信するときには、TOで送信した内容を他の人とも共有することが目的となります。 よりわかりやすくするためにも、 CCの人の情報も宛名に組み込んでおくとより丁寧になります。 ただしCCが複数人の場合には、その情報を含めなくても通常は失礼にはあたりません。 状況によって、適切な方法を判断して利用しましょう。 宛名でミスをしないために確認は必須 どれだけ内容が的確なビジネスメールであっても、宛名でミスをすれば間違いなく印象は悪くなってしまいます。 メール全体を見れば非常に小さな部分に思えるかもしれませんが、 わかりやすい形で相手への配慮を示すことが重要です。 宛名でミスをしないためには、送信前にきちんと確認するのがベスト。 間違えやすいポイントを踏まえて、欠かさずチェックしてみてください。

次の