鹿児島県知事選挙 情勢。 鹿児島県知事選挙2020の立候補者の情勢予想と公約・経歴|日程、投開票7月12日|選挙ネット

鹿児島県知事選挙

鹿児島県知事選挙 情勢

7月27日の任期満了に伴う鹿児島県知事選に、元知事の伊藤祐一郎氏(72)が9日、無所属で立候補する意向を表明した。 今月下旬から2月上旬に正式表明する。 知事選には既に現職のほか、新人2人も立候補を表明しており、伊藤氏で4人目。 他にも候補擁立の動きがある。 伊藤氏は9日に東京都内で自民党県連会長の森山裕衆院議員と会い、再登板を目指す意向を伝えた。 伊藤氏は西日本新聞の取材に「ばらばらになっている県全体をワンチームにまとめたい」などと出馬の動機を語った。 伊藤氏は同県出水市出身。 総務省総括審議官を経て2004年の知事選で初当選し3期務めた。 16年7月の前回知事選に立候補したが、落選した。 他に立候補を表明しているのは、現職の三反園訓(みたぞの・さとし)氏(61)、鹿児島大特任助教の有川博幸氏(61)、元九州経済産業局長の塩田康一氏(54)。 (上野和重、湯之前八州).

次の

2020年鹿児島県知事選挙(7/12)の候補者webリストまとめ

鹿児島県知事選挙 情勢

77%=確定 鹿児島県知事選は、新人の塩田康一氏が現職の三反園訓氏ら6氏を破り、初当選を果たした。 5 =合計6. 5 =合計8. 5 =合計9. 7月2日現在の選挙人名簿登録者数は135万7486人(男63万1814人、女72万5672人)。 日本国籍を有している人• 2002年7月13日以前に生まれた人• 政治部で首相官邸や自民党担当を務めた。 解説委員やスポーツ担当で大相撲などの取材もしていた。 2016年の鹿児島県知事選では反原発(その後に方針転換)を掲げて、現職を下して初当選を果たした。 自治相秘書官や総務省大臣官房審議官などを歴任した。 保守分裂となった2004年の鹿児島県知事選では、元県議会議長や元兵庫県副知事を破って初当選。 08年に再選、12年に3選し、16年に三反園氏に敗れた。 外務省に出向し、在イタリア日本大使館1等書記官も務めた。 内閣官房参事官(地域活性化総合事務局)、大臣官房審議官(産業保安担当)などを経て、2018年6月に九州経済産業局に就任した。 鹿児島県の環境や資産の有効活用で、県内の活性化を図りたい」 【 政策・公約】• 新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた医療体制の見直し• 基幹産業の農畜水産業の確立へ向けた技術研究、産品のブランド化の促進• 原発依存の即時停止、運転延長期間の短縮化へ向けて取り組む 鹿児島県知事選挙2020の争点や情勢、予想を解説 鹿児島県知事選は、選挙戦後半で県内が大きく揺れている。 新型コロナウイルス感染症のクラスター(感染者集団)が発生し、行政や医療機関が対応に追われている。 さらに、追い打ちをかけるように、大雨災害にも見舞われ、各陣営も選挙運動を手控えての戦いが続いた。 鹿児島県知事選の争点は、新型コロナウイルス感染拡大の防止策や大打撃を受けた県内経済の回復策。 感染防止策を講じながら、社会経済活動に向けてどのようなかじ取りをしていくのか、新たな県政のリーダーに求められる。 九州電力川内原子力発電所(薩摩川内市)の是非についても「脱原発」か「容認」で争われている。 川内原発電所をめぐり、2016年の鹿児島県知事選で反原発を掲げて初当選した現職の三反園訓氏は、当選後に容認する態度を表明し、県内で混乱も乗じている。 三反園氏は2016年に県議会の議案審議中にSNSに投稿し、議会から批判を浴びている。 同年の県知事選収支報告書で虚偽の記載を指摘され、18年のブラジル・サンパウロでの鹿児島県人会の夕食では、旅行団の世話役を務めた旅行代理店の女性社員を名指しで怒鳴る行為が、地元紙などで報じられた。 鹿児島県知事選の情勢を予想すると、地元メディアや通信社では、塩田康一氏が優勢との報道が出ている。 これを追うのが三反園訓、伊藤祐一郎両氏の現職と元職。 3割近くの有権者が態度を決めておらす、無党派層による浮動票の行方も当落に大きな影響を与えそうだ。 鹿児島県知事選以外の2020年7月12日執行の注目選挙一覧 当サイトでは鹿児島県知事選挙以外にも、7月12日執行のそのほかの注目選挙も掲載している。 注目記事• 185. 6k件のビュー 2020年6月6日 に投稿された カテゴリ:• 107. 6k件のビュー 2020年5月11日 に投稿された カテゴリ:• 104. 2k件のビュー 2020年4月1日 に投稿された カテゴリ:• 101. 8k件のビュー 2020年7月6日 に投稿された カテゴリ:• 1k件のビュー 2020年7月5日 に投稿された カテゴリ:• 7k件のビュー 2020年3月24日 に投稿された カテゴリ:• 2k件のビュー 2020年4月28日 に投稿された カテゴリ:• 9k件のビュー 2020年7月12日 に投稿された カテゴリ:• 4k件のビュー 2020年7月10日 に投稿された カテゴリ:• 3k件のビュー 2020年6月20日 に投稿された カテゴリ:.

次の

鹿児島県知事選挙

鹿児島県知事選挙 情勢

選挙データ [ ] 告示日 [ ]• 2016年(平成28年) 執行日 [ ]• (28年)(と同日選挙)• 当日の投票時間帯:午前7時〜午後8時(一部除く) 立候補者 [ ] 2名、届け出順。 候補者名(読み) 年齢 党派 肩書き (みたぞの さとし) 58 無所属 (、 支援) 元報道記者 (いとう ゆういちろう) 68 (、 支援) 鹿児島県知事(現職)• :〜 選挙のタイムライン [ ]• 2015年12月2日 - 現職知事の伊藤祐一郎が、本会議の代表質問での答弁の形で四選出馬を表明。 2015年12月31日 - 元テレビ朝日報道記者の三反園訓が鹿児島県知事選挙への出馬意思を表明。 2016年2月26日 - 三反園が記者会見にて正式に出馬表明。 2016年6月23日 - 告示。 上記の2候補が立候補を届け出。 2016年7月10日 - 投開票。 選挙結果 [ ] 44. 開票に際して鹿児島県の開票は、本来は7月7日にを締め切り、同村村営船「」の下り便が同日中に回収、折返し8日の鹿児島着上り便で輸送後、開票する予定であったが、7月3日に発生したの影響で十島村北部の、、3島の投票は7日に回収できたが、南部の、、、4島は海上高波のため7日に回収できず、10日に上り便で回収し、鹿児島へ向かったが村営船の到着が11日早朝になり、開票作業が遅れた。 脚注 [ ].

次の