アクセンチュア 健康 保険 組合。 お問い合わせ|アクセンチュア

アクセンチュア・クリニカル&ヘルス・マネジメント・サービス|アクセンチュア

アクセンチュア 健康 保険 組合

なお、「区分ア」「区分イ」に該当する場合は、市町村民税が非課税等であっても「区分ア」「区分イ」の該当となります。 窓口で支払う医療費の自己負担額が高額になったときは負担を軽くするために一定額(自己負担限度額)を超えた額があとで当組合から支給されます。 これを「高額療養費」(被扶養者の場合は「家族高額療養費」)といいます。 高額療養費の算定は月の1日から末日までの1ヵ月にかかった医療費が対象となります。 そのほか、1人ごと、各病院ごと(外来・入院別、医科・歯科別など)に行われます。 病院窓口での支払いを自己負担限度額までにしたいとき 医療費が高額になると見込まれる場合は、事前に「限度額適用認定証」を用意すると便利です。 保険証とともに「限度額適用認定証」を医療機関に提出すると、病院からの医療費請求額を自己負担限度額までの金額(月単位)にとどめることができ、医療費の窓口負担を抑えることができます。 (入院のほか、外来診療についても利用可能) 事前の申請が必要です 「限度額適用認定証」は所得の区分を確認するためのものです。 事前に当組合に申請をして交付を受けておくことが必要です。 参考リンク• こんなことにご注意ください 70歳以上での区分に該当する方についても、支払いを自己負担限度額までとしたい場合、限度額適用認定証の提出が必要となりますので、ご注意ください。 高額療養費の計算方法 自己負担がさらに軽減される場合 世帯単位で自己負担額を合算できます(合算高額療養費) 1ヵ月1件ごとの自己負担額が限度額に満たない場合でも、同一月・同一世帯内で21,000円以上の自己負担が複数ある場合はその額を合計することができます。 合計額が自己負担限度額を超えた場合、超えた額が「合算高額療養費」として当組合から支給されます。 当組合は、独自の給付(付加給付)で、さらに自己負担を軽減します(合算高額療養費付加金) 当組合の場合、合算高額療養費が支給される場合に、対象となった自己負担の合計額から20,000円を差し引いた額を、後日、当組合から支給いたします。 これを「合算高額療養費付加金」といいます。 支払いは、病院から健康保険組合に送られてくる「レセプト(診療報酬明細書)」をもとに計算し、自動的に行いますが、支払いの時期はおおよそ診療月の3ヵ月後になります。 500円未満の端数は切り捨て。 参考リンク• 多数該当の場合、自己負担限度額が引き下げされます。 1年(直近12ヵ月)の間、同一世帯で3ヵ月以上高額療養費に該当した場合には、4ヵ月目からは自己負担限度額が下表の金額に引き下げされます。 区分 自己負担限度額 標準報酬月額 ア 83万円以上 140,100円 イ 53万~79万円 93,000円 ウ 28万~50万円 44,400円 エ 26万円以下 44,400円• 特定疾病の治療を受けている場合 「血友病」、「抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群」、「人工透析を必要とする慢性腎臓疾患」の長期患者は、特定疾病の認定を受けると、医療機関への支払いが1ヵ月10,000円で済みます。 ただし、人工透析を必要とする患者が70歳未満で標準報酬月額53万円以上に該当する場合は、自己負担が1ヵ月20,000円になります。 該当する方は当組合に「特定疾病療養受療証」の交付申請を行ってください。 医療と介護の自己負担が高額になったとき 同一世帯内で医療と介護ともに自己負担がある場合で、1年間(前年8月1日~7月31日)の世帯内の自己負担額の合計が下記の限度額を超える場合、超えた額が、健康保険からは「高額介護合算療養費」として、介護保険からは「高額医療合算介護サービス費」としてそれぞれ支給されます。 自己負担限度額.

次の

標準報酬月額と保険料一覧|健保のしくみ|SCSK健康保険組合

アクセンチュア 健康 保険 組合

最もクライアントに密着した環境で近いところで、インフラ運用を通してクライアントのお客様の経営課題の解決&トランスフォーメーションの実現をサポートするポジションです。 依頼対応、障害対応、問合せ対応、等日々の定常運用を通して、コスト競争力、かつ品質の高い「定常」運用サービス提供を行い日々のビジネスを支えるだけでなくするといった、日々のビジネスを支える「定常運用」だけでなく、クライアントコミュニケーションや運用実績・テクノロジートレンドから、プロセス・IT・組織に対する更なる安定化、高度化を実現する「BPRの提言・実行」まで支援実行していきます。 <入社後の流れ> 入社後2週間程度は中途入社者向けのトレーニングで、当社の社員として求められる基礎的な知識を学んで頂き、その後配属となります。 【仕事の特色】 【グローバルの知見を集約したデータベースを活用 世界の各拠点で、各業界有数の企業をクライアントとしおり、そこで培ったあらゆる課題に対するコンサルティング手法を確立しています。 その手法「Accenture Delivery Method」は、社内ポータル上でいつでも閲覧が可能です。 例えば他のコンサルファームや顧客が「これまでにない事例だから…」と不安になっても、「似たようなプロジェクトを経験した事ある」という事が多いです。 リスクが高い「初めて」の事例も、同社であれば既に経験済みの事例も多く、安心して先進事例の経験を積むことができます。 【多様なキャリアパスの形成が可能】 「キャリアチェンジ制度(Careers Market Place 」があます。 これは、グローバルオープンポジション(約1万5000人分)が常時掲載されている社内サイトを通して、全世界の社員が上長を経由せずに直接応募ができる仕組みです。 (社内選考通過後8週間以内には、異動が可能) 「自分のキャリアは自分が作る」という、まさに同社らしい制度であり職種を変えて「戦略コンサルタント」、勤務地を変えて「海外でグローバルに活躍する」こともできます。 また「キャリアカウンセラー制度 」もあり、経験豊富なカウンセラーがついてキャリア構築をサポートしてくれる制度です。 プランに加入した場合、拠出金は給与から差し引かれる形で積み立て可(給与の最大10%まで)。 ・Above and Beyondプログラム 毎四半期、各シニアマネジャーが期待を上回る貢献をした個人またはチームを選出して、 感謝/称賛の気持ちを伝え、ギフトを贈ることができるプログラム。 ・長期収入所得補償(LTD) 病気ケガで長期間働けなくなった際の所得を補償。 社員は5年間、年収の約60%を補償される(免責期間有り)。 ・確定拠出年金制度(401k) 会社は社員の給与の5%を毎年拠出。 希望により前払い退職金として受け取ることも可能。 ・Accenture Discount Directory ホテル使用における同社特別レートの適用など社員が利用できる様々な割引特典有り。 ・クラブ活動 野球部、ゴルフ部、フットサル部、スキー部、軽音部、写真部等の他、 お手軽スポーツ部や探検部、波乗り部等 ・退職金制度 ・出張制度 ・クリスマスパーティ ・各種法人会員及び契約施設利用可 ・在宅勤務制度(職種により) ・定期健康診断(年1回) ・健康相談 社内に常駐する産業医、保健師に対し、健康についていつでも相談可能。 ・カウンセリング支援(EAP) 社外の専門教育を受けたカウンセラーによる従業員支援サービスを提供。 自身のキャリアやストレス解消のためのリラックス方法、対人関係や家族に関する悩みなどを相談可能。 ・カフェテリアプラン アクセンチュア健康保険組合のカフェテリアサービスを通じて、ポイントが与えられ、 その範囲内で多くのメニューの中から好きな時/必要な時に選んで利用可。 ・育児休業 満1歳半まで取得可能な休業制度で、男女とも取得可能。 ・ベビーシッター補助金 小学校6年生までの子のベビーシッター料金を補助。 登録初期費用(入会金・初年度の年会費)を100%会社負担。 ベビーシッター利用ごとに費用の50%、上限2万円までを会社負担。 ・育児時短勤務制度 お子様満12歳まで。 1日5~7時間まで調整可能。 男女ともに適用可能。 ・その他(育児時間、子の看護休暇の取得が可能) <介護に関するプログラム> ・介護休職 要介護状態にある家族の介護時、一定の条件を満たした場合、 最大1年までの取得が可能。 ・その他(介護休暇の取得が可能) <教育制度> 国内外を通じて各人のキャリアパスに応じて、OJTによる教育プログラムを実施しています。 世界的に高水準のサービスを提供するため、全世界に複数のトレーニングセンターを有し、 新入社員から経営者クラスに至るまで、全メンバーが、幅広い専門教育を受けています。 2009年度にはトレーニングおよびプロフェッショナル育成に8億ドル近くを費やし、 1人当たり平均67時間のトレーニングを提供するなど、社員の育成に絶え間なく資金を惜しまず投入しています。 アクセンチュア株式会社の事業内容 「ストラテジー」 ビジネスとテクノロジーを融合させることでビジネス価値を創造する戦略パートナー。 各業界特有の環境をふまえた戦略の立案と実行を通してクライアント企業の変革を支援。 「コンサルティング」 19の産業分野、40以上の業界にフォーカスし、各業界に特化した経験と理解とで専門性を高めたコンサルタント集団。 企業変革の方法論や、斬新で画期的なアイデアを提示するとともに、顧客とともに実行し変革を成し遂げる。 「デジタル」 あらゆる「人」「モノ」をつなぎ、すべての事象を可視化し得るデジタルのパワーを巧みに用いて、豊かな顧客体験や革新的なプロセスを創造。 クライアント企業が新たな価値を生み出すための最良のパートナーとして機能する。 「オペレーションズ」 様々な業界・業務に特化したBPO(ビジネス・プロセス・アウトソーシング)やクラウド・テクノロジーの実装、 さらにインテリジェントなITインフラ構築によって、デジタル時代に求められるスピード経営を支援する。 <Think straight, Talk straight(シンプルに考え、ストレートに伝える)> を合言葉にオープンかつ風通しの良い企業文化を醸成してきた同社。 立場に関わらず自分の考えを素直に発言することが歓迎されます。 どんなバックグラウンドを持った人材でもいきいきと活躍出来る環境は、高い成長意欲とチャレンジ精神を持った人材の期待を裏切ることはないはずです。 キャリアアドバイザーからのおすすめポイント 【ITに強い世界有数のコンサルファームで働くことができる】 世界52ヶ国200都市以上に拠点で40万人以上の社員が働いています。 また、顧客の経営課題をワンストップで解決できる環境。 企画だけではなく上流から下流まで、同社で一貫して対応できるので、幅広くさまざまな経験を積むことができます。 【多様性を重視したワークライフバランスが整った環境】 働き方改革により残業時間の大幅削減を実現しています。 原則となる残業45時間を超える場合は申請が必要で、18時以降は基本的に会議などは禁止。 徹底管理をされています。 ワーキングマザーも仕事と子育てを両立しやすい環境作りにも注力。 各方面でその取り組みを評価されていることもあり、子育て世代やこれから子育てする世代にとってもキャリアを築きやすい企業です。 レバテックキャリアの強み レバテックキャリアに所属しているコーディネーターは、Web、IT業界を熟知したメンバーが揃っています。 エンジニアやデザイナーに転職希望の方へ、不安や疑問点など、多くの問題を解決し、お客様を採用へと導く力を持っています。 また、インターネットに掲載されている求人募集は限られています。 弊社では、極秘プロジェクトや専門職についての情報などをご紹介することで、よりお客様の要望とマッチしたお仕事をご提案することが可能です。 職種の説明 インフラエンジニアとは、情報ネットワークの基盤となる重要な部分を取り扱う技術者です。 ITの技術や知識を求められるため、スキルを身につけるとネットワークエンジニアやサーバエンジニアといった職種への選択肢も広がります。 インフラエンジニア求人は豊富な情報量を誇るレバテックキャリアにお任せください。 中途での転職を考えている方へ 中途採用で求められる人材は、今までの正社員や契約社員時に培ってきたスキルをどれくらい保有しているか、活かせるかがポイントになります。 即戦力として採用されるためにも、自身のスキルを磨いておくと良いでしょう。 また、案件探しの際は、福利厚生や給与面にも注目です。 今までの経験や持っている資格等によって、高い給与額からのスタートが期待できます。 その他機能について レバテックキャリアを使用する際に、困ったことが出てきたらヘルプ機能をお使いください。 「レバテックキャリアについて」「登録・変更・削除」「求人情報の検索」「求人情報の掲載内容」「個人情報の取り扱い」「推奨環境」「その他」に分かれていますので、ご希望のサイトへと案内してくれます。 それでもわからない、困ったというときには、お問い合わせフォームより具体的な内容を入力し送信してください。 レバテックキャリアではお客様の理想の転職を最大限サポートしていきます。 アクセンチュア株式会社の【インフラエンジニア】インフラ運用を通してクライアントの経営課題を解決する業務の求人・転職にご興味をお持ちのお客様は是非お気軽にご相談ください。 他の求人・案件情報を探す.

次の

インフラエンジニア|アクセンチュア株式会社の求人/転職/採用情報

アクセンチュア 健康 保険 組合

なお、「区分ア」「区分イ」に該当する場合は、市町村民税が非課税等であっても「区分ア」「区分イ」の該当となります。 窓口で支払う医療費の自己負担額が高額になったときは負担を軽くするために一定額(自己負担限度額)を超えた額があとで当組合から支給されます。 これを「高額療養費」(被扶養者の場合は「家族高額療養費」)といいます。 高額療養費の算定は月の1日から末日までの1ヵ月にかかった医療費が対象となります。 そのほか、1人ごと、各病院ごと(外来・入院別、医科・歯科別など)に行われます。 病院窓口での支払いを自己負担限度額までにしたいとき 医療費が高額になると見込まれる場合は、事前に「限度額適用認定証」を用意すると便利です。 保険証とともに「限度額適用認定証」を医療機関に提出すると、病院からの医療費請求額を自己負担限度額までの金額(月単位)にとどめることができ、医療費の窓口負担を抑えることができます。 (入院のほか、外来診療についても利用可能) 事前の申請が必要です 「限度額適用認定証」は所得の区分を確認するためのものです。 事前に当組合に申請をして交付を受けておくことが必要です。 参考リンク• こんなことにご注意ください 70歳以上での区分に該当する方についても、支払いを自己負担限度額までとしたい場合、限度額適用認定証の提出が必要となりますので、ご注意ください。 高額療養費の計算方法 自己負担がさらに軽減される場合 世帯単位で自己負担額を合算できます(合算高額療養費) 1ヵ月1件ごとの自己負担額が限度額に満たない場合でも、同一月・同一世帯内で21,000円以上の自己負担が複数ある場合はその額を合計することができます。 合計額が自己負担限度額を超えた場合、超えた額が「合算高額療養費」として当組合から支給されます。 当組合は、独自の給付(付加給付)で、さらに自己負担を軽減します(合算高額療養費付加金) 当組合の場合、合算高額療養費が支給される場合に、対象となった自己負担の合計額から20,000円を差し引いた額を、後日、当組合から支給いたします。 これを「合算高額療養費付加金」といいます。 支払いは、病院から健康保険組合に送られてくる「レセプト(診療報酬明細書)」をもとに計算し、自動的に行いますが、支払いの時期はおおよそ診療月の3ヵ月後になります。 500円未満の端数は切り捨て。 参考リンク• 多数該当の場合、自己負担限度額が引き下げされます。 1年(直近12ヵ月)の間、同一世帯で3ヵ月以上高額療養費に該当した場合には、4ヵ月目からは自己負担限度額が下表の金額に引き下げされます。 区分 自己負担限度額 標準報酬月額 ア 83万円以上 140,100円 イ 53万~79万円 93,000円 ウ 28万~50万円 44,400円 エ 26万円以下 44,400円• 特定疾病の治療を受けている場合 「血友病」、「抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群」、「人工透析を必要とする慢性腎臓疾患」の長期患者は、特定疾病の認定を受けると、医療機関への支払いが1ヵ月10,000円で済みます。 ただし、人工透析を必要とする患者が70歳未満で標準報酬月額53万円以上に該当する場合は、自己負担が1ヵ月20,000円になります。 該当する方は当組合に「特定疾病療養受療証」の交付申請を行ってください。 医療と介護の自己負担が高額になったとき 同一世帯内で医療と介護ともに自己負担がある場合で、1年間(前年8月1日~7月31日)の世帯内の自己負担額の合計が下記の限度額を超える場合、超えた額が、健康保険からは「高額介護合算療養費」として、介護保険からは「高額医療合算介護サービス費」としてそれぞれ支給されます。 自己負担限度額.

次の