サトリラ小説。 【サトセレ】俺もあの日から【ポケモンss】

バトルトーナメント5 (149ページ)

サトリラ小説

概要 名前の由来はポケモンの生みの親から。 この名前自体は、赤における主人公、及び緑におけるライバルの名前候補の一つとして、最初期からゲームに登場している。 英語圏などでの名前は Ashだが、これはローマ字表記の S ato shiからつくられた名前である。 XY編の回想シーンに登場した幼少期のサトシの声は松本梨香が担当していたが、新無印編では武田華が担当。 人物 ポケモンマスターを目指して、ら仲間と共に色んな地方を冒険している。 正義感が強く熱い心の持ち主だが、やや調子に乗りやすい性格。 気合を入れるときは、帽子を後ろ向きにする。 超人のような運動神経と怪力を持つ。 そのためネット上ではと並んで「スーパーマサラ人」というスラングがある。 テレ東系列放送「おはスタ」2016年2月4日放送分でも、アニポケ20周年特集の一環としてサトシの超人ぶりがピックアップされた。 ただし、踊りに関しては苦手な模様。 SM編以降は、これまでのシリーズよりも身体能力を発揮するシーンが減り、たまにあってもこれまでのシリーズ程ではないような描写が多いが、あくまでもこれまでのシリーズよりは控えめに描かれてるだけで、今も運動神経は悪いということではない模様。 無印初期の頃はなどの目上の人物に対してタメ口で話したり挑発をするなど失礼な言動をとっていたが、オレンジ諸島編でに負け、トレーナーとして大切な事を教わってからは敬語を使い、厳しい指摘も素直に受け入れるなど礼儀を心得るようになる。 上記の性格なのでよく異性 ポケモンも含む に好意を抱かれる。 例を挙げると・・・・・など。 だが、大概の場合は何も気付かずに終わる。 この傾向は各シリーズのヒロインに対しても同様で、たまに喧嘩こそあれど、恋愛感情は持たない仲の良い友人的なポジションに落ち着くケースが多い ただしヒロイン達も、恋愛的な目でサトシを見ていないケースが殆どではある。 唯一の例外はで、明確にサトシを意識しており、サトシ側も最終話でその気持ちを知った。 初期の頃はシリーズ途中に見られたような完全な無知ではなく、多少は理解していると見られるシーンも存在し、BW編の終盤頃からは色恋沙汰で本来の実力を失っているの状況を理解した上での行動を取りもするため、概念に対する理解度は、シリーズによってまちまちと思われる。 SM編ではそのような絡みが全くなかったため、どの位理解しているのかは不明。 このような事から、一時期以外は他人事であれば多少は理解があると言えるが、自身のそれには例外なく疎く、XY編におけるセレナとのやりとりの中には、鈍感さでセレナを知らずのうちに振り回すことも多かった。 とはいえ、他のヒロインと比較すると、気を使って接しているシーンもそれなりに多く、無意識のうちに喜ばせていた場面もある。 」と言う。 と何かと縁があり、何度も遭遇している。 それ以外でも、各地で何かと伝説のポケモンと出くわす機会は多い。 また、何故かがと同じで、ほんの僅かながら波導を操る才能があった。 を旅立ち、その後、、、、、 カントー地方 、、、、白の遺跡、、の順に旅をして、のに通った後、現在はサクラギ研究所のリサーチフェローをしている。 一人称は「オレ」。 という母親がいる。 また、小説やのハナコの台詞によると父親と祖父もいるらしいが詳細は不明。 XY編ではのに対し、「 科学の力ってすげー! 」と感心することも。 これはゲームの主人公の出発地のNPCでもお馴染みの台詞である。 物語開始当初は、同時期に旅に出た4人の中で最劣等生的な扱いであり、作中のモブキャラが、先に会ったマサラタウン出身の3人 同時期に旅に出た面々 はもっと強かった旨を述べていたり、カスミからは、バッジをお情けで貰ったと揶揄されるなど、そもそもトレーナーとして弱小の部類にいるような描写だった。 しかし旅を通し、相手の戦略次第で戦況が大きく振り回されたりする描写が減り、人の使っていた戦術を取り入れて戦略の幅を広げる等成長している。 AG編以降は第三者からの評価も高く、時には四天王やチャンピオン等からも優秀なトレーナーとして認められるケースが増えた。 そればかりか、SM編ではリーグ優勝を果たすなど、物語開始当初と比較して、相当の成長をしていることが伺える。 ただしXY編のポケモンリーグでは準優勝しており、周囲からの評価もそれに恥じぬものではあったが、手持ちポケモンのタイプは、過去最も偏ってバランスが悪い ドラゴンとひこうに集中気味だった など、完璧なわけではない。 バトルスタイル 基本的に勢いで攻めるタイプ。 全編通して相手のポケモンの特徴や技、フィールドを最大限に利用して戦う。 また、誰も思い付かないようなことを瞬時に考え実行する柔軟な戦法を使う事も多い。 だが、タイプ相性を考えずにポケモンを出したり くさタイプのにみずタイプのを出すなど 、何度も痛い目にあっている技や特性を忘れたり やなど ポケモンの知識はあまり安定してない。 また、相手がやなどの防御系の技を使うポケモンとの対戦では相性が悪い(近年、そういった傾向は薄れつつある)。 自身が扱う場合は、スピードのあるポケモンの扱いを得意とする反面、遅いパワータイプのポケモンの扱いが苦手なのか、そのようなポケモンでの戦績があまり良くない傾向がある ただし例外もある。 DP編でのバトルを観戦してからは、ポケモンを頻繁に交代するなど、相手のバトルスタイルを吸収し自分の戦略の幅を広げており、XY編においてもが使ったリズム戦法を取り入れようと努力するなどの一面が見られる。 ただしリズム戦法は、先述の通り踊りが苦手な為、教わった通りに体得することは出来なかった。 ユニフォーム サトシが着ているユニフォームは、シリーズが変わるごとによって変更されている。 ポケモン サトシはをポケモンに任せており、無理にさせようとはせず、たびたびライバルからもそのことを指摘される。 各シリーズで必ず、の各タイプのポケモンをゲットしている。 はBW編まではその地方のくさタイプの御三家をゲットしていた。 のように初期に言うことを聞かなかったものもいるが、どのポケモンも基本的にサトシによく懐いており、愛情表現で彼に攻撃することもよくある。 ゲットされたほのおタイプのポケモンの内リザードンとゴウカザルとチャオブーは、全て他のトレーナーに弱いからと見捨てられたポケモンであるという共通点がある。 のポケモンとは対照的に、オスの割合が圧倒的にが多く、メスは少ない(ただし性別はゲットしてから分かることがほとんどで、サトシ自身が性別を考えてゲットすることはほぼ皆無である)。 無印では出会ったポケモンを見つけるとすぐにゲットしようとする描写も見られた。 シリーズが新しくなるごとに、ピカチュウ以外の全ての手持ちポケモンをオーキド研究所 SM編では に預けて旅立っている。 アドバンスジェネレーション時代は、初心に帰りカメックス(最初のパートナー)1匹で新たにやり直すに影響されての事ではあるが、それ以降のシリーズにおけるこの理由は明らかにされていない。 BW編では7匹以上ゲットしているが、カントー編とは異なり捕まえてすぐにオーキド研究所へ送られる形ではなくモンスターボールが反応しなくなる(ボタンが赤く点灯する)形になっている。 そのため7匹目以上はに預けており、話によって手持ちと交代している。 サトシがカントーに戻るに当たってアララギ研究所にいるポケモンは全てオーキド研究所へ送られ、そこからまた手持ちの交換をしていた。 バリヤードは『ポケモンだいすきクラブ』の「サトシのポケモン チェックだぜ!! 」では、サトシのポケモンとして扱われており、実際に新無印編ではバトルで使用している。 新無印編でゴーストタイプのゲンガーをゲットしたことにより全18タイプのゲットを完了した。 ゲットしたポケモンはゴウのポケモンと同様に普段はサクラギパークで飼われている。 現時点でガラル地方の御三家はゲットしていない。 手持ちポケモン 時点。 ()-• () オーキド研究所のポケモン カントー・オレンジ・ジョウト編• - -• - AG編• - -• - DP編• - -• - -• - -• BW編• - -• - -• ()- - XY編• - -• - ククイ博士宅にいるポケモン• - (たそがれのすがた)• - -• - サクラギ研究所のポケモン• 離脱したポケモン• - -• () -• - -• - - 交換した、一時的に預かっていた等• - ポケモン検定試験• ポケモンサマースクール• のポケモン 手持ち: - - - - オーキド研究所: - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - ククイ博士宅: - - - サクラギ研究所: 離脱: - - - - - 一時的: - - - - - - - 戦績• :ベスト16(に敗れる)• :名誉トレーナー認定• :ベスト8(に敗れる)• :ベスト8(に敗れる)• :完全制覇(フロンティアブレーン候補)• :ベスト4(に敗れる)• :ベスト8(に敗れる)• :準優勝(に敗れる)• :優勝 そのほかの経歴• の「波導の勇者」に選ばれる• ポケランティス王にとりつかれる。 ・トネリコ大会:優勝 と同時優勝• ・コトブキ大会:二次審査初戦敗退 に敗れる• ヨスガシティ・ポケモンタッグバトル大会:優勝• ミクリカップ(ポケモンコンテスト):ベスト8 に敗れる• :準優勝 に敗れる• :準決勝敗退 に敗れる• :準優勝 に敗れる• ・ビードロカップ:優勝• で行われた、「夏のフェスタ」において水上レースに参加、コース脱落により失格。 カップリング 全て非公式のものである点に注意。 ポケモンカードにおけるサトシ• 「サトシの~」については、参照。 の「名前の登録」で「おまかせ」を選ぶと、「サトシ」となることがある。 小説版のではいじめられっ子であり、ポケモントレーナーになる少し前までは1人でポケモンと遊んでいたとなっている。 ただしではは幼少期にサトシに会っている為、アニメでも同じかは不明。 とはいえセレナは、サマーキャンプのために一時的にカントーに居たに過ぎず、サトシの帰還を出迎えてくれるのも母親とオーキド博士程度で、他の誰からも迎え入れられている描写はないので、同様の設定である可能性は有り得る。 ではシゲルに対抗意識を燃やしていたことはアニメと変わらないが、家でいたずらをしていたピカチュウを捕まえて旅を始めている。 また、シゲルの姉に憧れており、タケシ程ではないが綺麗なお姉さんが好きである。 アニメとは異なりオレンジ諸島では1人で旅をしており、途中からカスミと行動を共にする。 ではおたすけ消しゴムとして登場。 このときはゲームの男主人公に彼の名前が付けられていた。 映03, ミュウツー! 我ハココニ在リ フィリピン語 Klariz Magboo フィンランド語 Sari Moilanen 無印001-無印142, 映01-映04, 短編01-短編07, ミュウツー! - XY編以外の各シリーズで1回ずつ女装させられており、それぞれの概要をまとめてある。 - 無印編で魔法によりピカチュウになってしまった姿。 - AG編でポケランティス王に乗っ取られたときの姿。 - XY編に登場。 本物のサトシに反して気が弱い。 の登場人物 【レギュラー】 - - - - - - - - - - - - - - - - - - 【レギュラーポケモン】 - - - - - - - - - - - - - - - - 【ライバル】 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 【博士】 - - - - - - - - - - - 【ロケット団】 - - - - - - - - - - - 【その他秘密結社】 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 【主要人物】 - - - - - - - - - - - 【ゲスト】 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 【ゲストポケモン】 - - - - - - - - 【家族】 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 【ジムリーダー】 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 【しまキング・しまクイーン】 - - - 【四天王・チャンピオン】 - - - - - - - - - - - - - - - - - 【フロンティアブレーン】 - - - - - - -.

次の

リラ(ポケモン)とは (リラとは) [単語記事]

サトリラ小説

タイトル 小説ID 200056 原作 作者 あらすじ これはPixivで【アッシュwithサザンドラ好き】と言う作者が書かれた【ポケットモンスター ダークサイド】と言う小説の三次小説です。 作者の方には話 使用許可 をつけています。 それと悪女の名前を考えられたダシマさんからも許可を貰いました。 こちらは作者が知らなかったので、色々と遅くなりましたので、すみません。 元ネタを知りたい人はここからどうぞ ポケモンマスターを目指していたサトシは、アローラで仲間達と一緒にポケモンマスターになる為に今日も頑張っていた。 だがしかし、そこに【ジョクア】と名乗る一人の女子生徒が来た事でサトシの運命は堕ちてしまう。 ジョクアの自作自演が原因で、サトシは元仲間・ライバル・家族、そして今まで一緒にいたポケモン達から迫害されてしまう。 自殺しようとしたサトシを救ったのは、二人の少女と、一匹のポケモンであった。 そしてこの事件から数年がたち、サトシの復讐の旅が始まる。 今作品では、元ネタのと違い、サトシにはセレナとオリキャラの二人が味方で、元サトポケは全員ジョクアメンバーになり、元ネタの嫁であるリラはヒロシに殺され、仲間になったシンジとニャースは敵、今作品のオリジナルキャラのアッシュはいない設定です。 追記で、この作品で使っている設定を【使いたい】と思う人は、使って結構です。 一応断りさえいただけたら、誰が使ってもいいです。

次の

ネタをください!:項目サト×リラに対するコメント

サトリラ小説

「ワタシはユンドラ・エルドラド。 指揮系統の頂点にたつアダムと違って、ただの『近侍(きんじ)その1』でしかなく、特に、あなたたちと関わる事はないから、無視してくれて構わないわ。 ただ、一応、同じ神を主とする枝葉だから、無為に敵対するのはやめてもらいたいわね」 プイっと明後日の方を向いたまま、サラっとそういうユンドラと、 「サイと言います。 サイも、ユンとほぼ同じで、単なる『近侍その2』ですので、皆さんと関わる事はありませんが、やはりサイも、皆さんと同じで、『正当なる唯一神』を崇める同志ですので、敵対などはしていただきたくありません。 今後とも、よろしくお願い致します」 ペコっと愛らしく頭を下げるサイ。 サイとユンに対しても、この場にいる『天上』の者達は、それぞれ、感嘆に属する感情を抱いた。 サイはよく分からないが、ユンドラは強者だとハッキリ分かる。 ただ、 ジャミ(アレには勝てるな。 おそらく戦闘経験は少ない) パメラノ(確かに凄まじいオーラじゃが、不自然なほど研鑽が足りんのう。 スキだらけというか、スキしかない) サトロワス(ふーむ。 おかしいねぇ。 壁は超えているようだが、みょ~にアンバランス。 あの強さに相応しい『過程』をまるで感じない。 不可思議、不可思議) アルキントゥ(なんなのでしょうか……あれほどの領域に至っていながら、随分とお粗末ですわね……意味がわかりませんわ) バロール(?? あの女のハリボテ感はどういうことだ? ……まるで、強大な戦闘兵器を与えられた幼子のようじゃないか) テリーヌ(おそらく、主から『力を与えられただけ』の存在。 『強い』というより、『過保護な盾に守られている』よう……つまりは、主に『守られるに相応しい何か』を持つという事……) そこで、アダムが、 「ふんっ、貴様らシモベ共の『程度の低さ』については、後々、考えるとして……いい加減、顔合わせは終わらせて、とっとと本題に入るとしよう。 構わないな?」 ゾメガが、ニッコリと微笑んで、 「ご自由に、アダム殿」 「呼び捨てで構わない。 貴様ら三名は、主上様の系譜に連なる者。 ならば、私たちは、家族も同然。 もちろん序列はあるが、あるていどならば、気楽に接してくれていい」 「わかりました、アダムさん。 これからよろしくお願いします」 平の言葉を受けて、アダムが少し顔をしかめ、 「呼び捨てで構わないと言ったはずだが?」 「親しき仲にも礼儀ありというのがボクのスタンダードスタンスですので、お気になさらず。 ボクは、誰に対してもこうだというだけなのですよ」 「……まあ、好きにしてくれればいいのだが」 言ってから、アダムは、コホンと息をついて、 「それでは、これより、主上様を迎えたく思う」 その瞬間、円卓がスゥっと消えた。 同時に、平・ゾメガ・ミシャが立ちあがる。 三名は、ゆっくりと一歩前に進み、横並びの一列となった。 今日の真ん中は平(これは、曜日で厳格に決まっており、三名の間に差はない)。 ここでグダる愚か者は、この場に一人もいない。 よどみなく、徹底的に訓練された軍隊を思わせる完璧な足運びで、それぞれ、ポジションについた。 三至天帝の両端に、サイとユンが並ぶ。 そして、その後ろに、九華の六名が一列に並んだ。 「皆、神前の礼を尽くせ。 主が御出でになる」 誰よりも前に立つアダムがそう言った直後、その場にいる全員が、同じタイミングで両膝を地につけた。 完璧な正座。 ピンと背筋を伸ばして、顎をひく。 乱れがないか、最終確認してから、アダムは、主から与えられた宝石型の魔道具を掲げ、 「雲なき空に横とうエクレール、ああ、洋々たる銀河のマジュラ、仰ぎて眺むる地平線はフロイデ。 あなた様が残したシャクルを愛し、永久(とわ)に永久に永久に共に」 特に意味のない詠唱を経て、 小さな太陽を用意する。 呼応するようにまたたく、混沌を飲む込む耀き。 柔らかな光を放つ、黄金の太陽。 アダムは、その輝く小さな太陽の横で、正座をし、 「この上なく尊い主よ。 全ての頂点に立つ神の王よ。 心を尽して御身に敬意と感謝を捧げ、とこしえに御名を尊びましょう。 この命失って冥府に落ちようと、至高なる主を永久に崇め奉り続ける事を誓わん。 ……リラ・リラ、ゼノリカ……」 その祈りが終わると同時に、全員が、 「「「「「「……リラ・リラ・ゼノリカ……」」」」」」 静かに、穏やかに、心を統一するように、一定のリズムで声を揃えてそう発してから、地に両手をつけて、一斉に頭を深く下げた。

次の