コロナ ウイルス に 効く 薬。 新型コロナウイルスに対する現段階での治療薬一覧|既存薬によるレビュー

新型コロナウイルスの可能性があるときに飲んではいけない市販薬とは?飲んでも大丈夫な解熱剤や風邪薬は?

コロナ ウイルス に 効く 薬

富士フイルム富山化学が開発した日本発の抗インフルエンザ治療薬(写真:富士フイルム) 新型コロナウイルス感染症がパンデミック(世界的流行)となった。 世界中がパニックに陥っている。 3月17日に開催された自民党両院議員総会で、安倍晋三首相は「世界において恐怖が拡大している大きな原因は決定的なワクチンや治療薬がないこと」と語った。 正鵠を射た発言だ。 新型コロナウイルス感染症の克服は治療薬とワクチンの開発にかかっていると言っていい。 世界は激しい開発競争の真っ只中だ。 本稿では注目すべき2つの薬剤の開発動向を紹介したい。 まずは、抗HIV(ヒト免疫不全ウイルス)治療薬だ。 HIV治療薬のような既存薬を新型コロナウイルスの治療に応用することを「ドラッグリポジショニング」という。 他の疾患に対して臨床研究が終了し、既に承認されているため、安全性の評価が不要になる。 パンデミック対策のように迅速な対応が求められるときに有用な医薬品開発の方法だ。 抗HIV薬が新型コロナに効く可能性 日本政府もこの方法を用いて、新型コロナウイルス治療薬の開発に着手している。 2月13日に首相官邸の健康・医療戦略室などが提示した臨時研究開発予算の第1弾には「既存の抗HIV薬の治療効果及び安全性検討」として3億5000万円が国立国際医療研究センターに措置されている。 さらに3月10日には第2弾として「既存の抗HIV薬の治療効果及び安全性検討」という名目で3億5000万円が追加措置された。 合計7億円だ。 政府の力の入れようがご理解いただけるだろう。 なぜ、抗HIV薬が注目されるかと言えば、新型コロナウイルスが有する3CLproと呼ばれるタンパク分解酵素(プロテアーゼ)を阻害することがドッキング・シミュレーションというコンピューター・シミュレーションで示されているからだ。 新型コロナウイルスの治療薬の開発は、この酵素を効率よく阻害する薬剤の開発にかかっている。 抗HIV薬ロピナビルは、新型コロナウイルスに対して中程度の活性を有することがわかっている。 同じくリトナビルという抗HIV薬を併用することで、消化管からの吸収を促進することもわかっており、「カレトラ」という名前でアッヴィから販売されている。 1錠の薬価は322円だ。

次の

新型コロナウイルスに対する現段階での治療薬一覧|既存薬によるレビュー

コロナ ウイルス に 効く 薬

日本国内の各地に感染が拡大しつつある「新型コロナウイルス」。 この感染症に対して有効な治療薬はまだ報告されていないが、2月5日に公開された新型コロナウイルスのX線構造解析データを読み解くことで、このウイルスに対する薬の候補が見つけられるという。 科学者はどのようにして、新しい病気に対する薬を見つけ出そうとしているのか? その最前線を東海大学の平山令明特任教授に解説していただいた。 ウイルスの巧妙な増殖メカニズム 「新型コロナウイルス(2019-nCoV)」の増殖を止める薬として、「HIVプロテアーゼ阻害薬」が候補に挙げられている。 なぜ、HIVに対して開発された薬が、新しく発生した別のウイルスに有効な薬となり得るのか? その理由は前回の記事でも詳しく解説したが、「HIV」と「新型コロナウイルス」が共通して持っている増殖のメカニズムに関係がある。 私たちの体の中に入ったウイルス(HIV)は、体内のヘルパーT細胞に取り付き、その細胞をウイルスの生産工場に変えてしまう。 ヘルパーT細胞がDNAの情報からタンパク質を作り出す機構を巧妙に利用するのだ。 そのメカニズムを簡単に紹介しよう。 まず、ウイルスが細胞内に侵入する際には自分自身の「設計図(RNA)」に加えて、その設計図から自分自身を作り出すために必要な「職人」も細胞内に連れてくる。 最初に活躍する職人は、RNAという形で持ち込んだ設計図をDNAに翻訳する「逆転写酵素」、そして作られたDNAを細胞の核の中に送り込む「インテグラーゼ」だ。 HIVがヘルパーT細胞に取り付き増殖するメカニズム 核にウイルスが持ち込んだ設計図の情報を送り込まれた細胞は、その設計図に従って、せっせとウイルスを作るためのタンパク質を合成してしまう。 しかしつくられたタンパク質は、数珠つなぎとなって作られており、そのままではウイルスにはならない。 連結したタンパク質の部品を、きちんと決まったところで、正確に切り離し、組み立てることではじめてウイルスが出来上がる。 ウイルスはその切断作業を行う職人もやはり連れてきている。 これが「プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)」である。 しかし「逆転写酵素」「インテグラーゼ」「プロテアーゼ」の働きのどれか一つでも止めてしまえば、ウイルスは増殖できない。 今回の話題である「HIVプロテアーゼ阻害薬」は、このプロテアーゼがタンパク質を切るのを阻害する薬なのだ。 この薬の分子は、プロテアーゼの持つ「はさみ」のような部分に入り込み、糊のような働きをして、はさみが開かないようにしてしまう。

次の

アビガンは世界を救うコロナ治療薬となれるか

コロナ ウイルス に 効く 薬

ヒドロキシクロロキンは治療効果が認められず たとえば、抗マラリア薬であるヒドロキシクロロキン。 中国で新型コロナウイルス患者150人を対象とした治験が実施され、結果が発表されました。 治験は、対象患者の半数にヒドロキシクロロキンを投与し、投与せずに治療を進めた患者との比較という形で行なわれました。 その結果、4週が経過した時点での回復率にまったく違いは見られませんでした。 米退役軍人省(VA)が検証した360名以上の臨床結果によれば、ヒドロキシクロロキンを投与した重症患者のほうが、かえって死亡率が高かったことがわかりました。 さらに、ヒドロキシクロロキンと抗生物質を組み合わせた治療の調査も行なわれましたが、劇的な治療効果はありませんでした。 一部の治験で逆効果が出てしまったヒドロキシクロロキン。 同様のデータはブラジルやフランスなどからも報告されています。 現在では、ヒドロキシクロロキンの投与により患者が心臓に異常を訴える割合が高いため、臨床試験そのものが中止されているとのこと。 Fox Newsは、当初はヒドロキシクロロキンがゲームチェンジャーになり得ると報道していましたが、最近はそのような報道をしなくなりました。

次の