天皇 賞 秋 オッズ。 【天皇賞(春)2020】予想オッズと穴馬情報

天皇賞(秋)(G1) 5走表示

天皇 賞 秋 オッズ

天皇賞秋2019の枠順!出走予定馬や騎手、予想オッズを中心に天皇賞秋2019に出走予定馬の注目馬考察や天皇賞秋2019出走馬【特注穴馬厳選1頭】なども紹介していきます。 アーモンドアイやサートゥルナーリア。 ダノンプレミアムにワグネリアンとそうそうたるメンバーです。 また、今年は特に競走実績のある母から生まれた良血馬が多いのも注目のレース。 さらに天皇賞秋はマイル色が強いレースで、マイル重賞連対以上の実績が無いと馬券になりづらい傾向があるのもポイントのひとつです。 すでに予想オッズ上位5頭の中に2頭もマイル重賞連対以上の実績が無い馬が上がっていますので、このあたりも予想の際には要チェックですね。 そして今週はCBC賞の無料予想を公開します! 夏の難しい重賞予想には、本当に心強く頼りに出来る無料予想です。 天皇賞秋2019枠順• そんな競馬学会が満を持して無料公開に踏み切るレースが 宝塚記念です。 厳選された5頭ボックスの買い目は、これまでの結果を見て頂ければ、 安心とワクワク感が止まらないと思います! 厳選5頭の推奨馬。 前走安田記念の追い込みは、上がり3F32. 4と1頭だけ次元の違う走りで、負けて強しの内容。 というか、負けたらあかんレースだったかなと。 このあたりは、海外遠征の疲れが3ヶ月では取れなかったということに加え、外枠にスタートでの不利が堪えた結果。 アーモンドアイ自身は、レースの反動を受けるタイプですから5ヶ月ぶりのレースはむしろ歓迎の口。 脚質にも幅があり、展開やコースバイアスなどに関係なく絶対的軸馬は間違いなくこの馬かなと考えています。 前走神戸新聞杯は3コーナーすぎから先頭に立つとそのまま上がり最速で押しきって1着。 圧巻の内容もタイムが2:26:8と平均。 最後は逃げる形での競馬に加え、少頭数でのレースでしたからこのくらいのタイムなのかなとは思いますが、もう少し時計が欲しかったかなと。 天皇賞秋は、マイル色の強いレースでマイル重賞実績が無いと買いづらいのも確か。 それでも父ロードカナロアということ、斤量56キロという部分で古馬を蹴散らす可能性も十分にありますね。 マイル重賞は、朝日杯FS1着、マイラーズC1着と実績は十分で、血統背景も欧州系ロベルト系ですから天皇賞秋の血統傾向でも上位。 メンバー的に見ても実績+血統背景は申し分なく、上位なのは確か。 ただし、上がり勝負になりやすい天皇賞秋ですから、東京コースでの適正、切れる脚を持っていないなど不安要素もあるため、最終的には最終追い切りと枠順がダノンプレミアムの取り捨てになるかなと考えています。 個人的には古馬になればなるほどダート色の強い血筋が姿を現してくると思っていますので、2走前の大阪杯3着は本当に驚いた内容。 同世代であれば能力の差でカバー出来る場合が多いですが、古馬との対決になれば、カバーしきれない部分が出てくるはずですが3着ですからね。 今回はさらにレベルがある1級戦相手にどこまで走れるのか? 個人的にはマイルは合うと思っています。 そのあたりを踏まえればアエロリットの実績は光るものがあるかなと。 前走毎日王冠はさすがの走りで逃げてスローペースに落として2着は『上手な競馬』だったかなと。 近5走はすべて逃げ。 マイルCS以外は3着以内にまとめており、こと東京コースになるとその安定感はさらに増す形。 これまで2000mは秋華賞のみですが、マイル色が強い天皇賞秋なら例えクロフネ産駒でも「あっ」と言わせる走りを見れる可能性は大きいですね。 個人的には密かに期待しているスワーブリチャード。 昨年大阪杯を優勝してから最高着順が3着と勝ち切れていないレースが続きますが、東京コースは、[2-2-2-1]とすべて重賞での成績。 ゆいつ3着外となったのが昨年の同レース。 正直、大阪杯であのようなレースをすれば、どんな凄い馬でもリズムを狂わすのではないかと。 15番手から一気にマクって先頭へ。 そこから押し切ったわけですから疲労が抜け切るには相当時間がかかるはず。 今年は、海外1戦のあと、安田記念3着、宝塚記念3着と安定した走り。 普段、この騎手が乗り替わりになった場合は敬遠するのですが、今回ばかりは、横山典騎手のような変化を起こせそうな騎手は、今のスワーブリチャードにとってはプラスい出るかなと。 今回、そこまで人気をしないと思います。 完全にオッズの盲点になりそうです。 強い馬が優勝出来るのはもちろんでしたが近年では、そこに「実績の裏付け」が必要になってきています。 出走予定馬の中で重賞4勝以上は、アーモンドアイ、スワーブリチャード、ダノンプレミアム、そしてウインブライト。 個人的にはこの4頭から1着馬が出ると思っていますし、この4頭で3着以内を独占しそうかなと。 その中でのウインブライトが非常に面白い存在。 前走オールカマーは押しも押されぬ単勝1番人気。 誰もがステイゴールド産駒の成長力と近走の内容から見てその1着には疑いの余地がないくらいでしたが、結果は9着。 海外遠征帰りから疲労やリズムがいつものウインブライトに戻るにはまだ早かったという結果だったと思います。 そういう面で言えば、今回は叩いた上積みも見込めそうですし、重賞4勝馬が人気薄になっている時点で、買うならば今回かなと考えています。 ちなみに東京コースは、[1-0-0-4]。 本当に強い競馬でした。 個人的なイメージとして残っていたのが「ステイヤー血統」という部分でしたから、新潟2000mは短いと判断しての軽視でしたも結果は優勝。 これまでの戦績を改めて見直すと、2000m[1-2-0-0]。 菊花賞を10番人気で3着に好走したことをきっかけに勝手にステイヤーだと決め込んでいたわけです。 前走新潟記念の走りを見て「もしかすると中距離が一番合うな」と。 ユーキャンスマイルもマイル実績が無く、今回は厳しい条件下でのレースにはなりますが、上位人気を想定している非マイル実績馬のことを考えると、ユーキャンスマイルも上位に食い込める余地はあるなと考えています。 そして今週はCBC賞の無料予想を公開します! 夏の難しい重賞予想には、本当に心強く頼りに出来る無料予想です。 【単複競馬】MOSTYCORRECTでは、無料メールマガジンを配信しております。 予想内容は、中央競馬の 厳選単複予想です。 JRAの予想は、レース当日のお昼12時までの配信です。 また、その他、有益な情報を不定期で配信しています。

次の

【天皇賞(春)2020】予想オッズと穴馬情報

天皇 賞 秋 オッズ

天皇賞秋2019の枠順!出走予定馬や騎手、予想オッズを中心に天皇賞秋2019に出走予定馬の注目馬考察や天皇賞秋2019出走馬【特注穴馬厳選1頭】なども紹介していきます。 アーモンドアイやサートゥルナーリア。 ダノンプレミアムにワグネリアンとそうそうたるメンバーです。 また、今年は特に競走実績のある母から生まれた良血馬が多いのも注目のレース。 さらに天皇賞秋はマイル色が強いレースで、マイル重賞連対以上の実績が無いと馬券になりづらい傾向があるのもポイントのひとつです。 すでに予想オッズ上位5頭の中に2頭もマイル重賞連対以上の実績が無い馬が上がっていますので、このあたりも予想の際には要チェックですね。 そして今週はCBC賞の無料予想を公開します! 夏の難しい重賞予想には、本当に心強く頼りに出来る無料予想です。 天皇賞秋2019枠順• そんな競馬学会が満を持して無料公開に踏み切るレースが 宝塚記念です。 厳選された5頭ボックスの買い目は、これまでの結果を見て頂ければ、 安心とワクワク感が止まらないと思います! 厳選5頭の推奨馬。 前走安田記念の追い込みは、上がり3F32. 4と1頭だけ次元の違う走りで、負けて強しの内容。 というか、負けたらあかんレースだったかなと。 このあたりは、海外遠征の疲れが3ヶ月では取れなかったということに加え、外枠にスタートでの不利が堪えた結果。 アーモンドアイ自身は、レースの反動を受けるタイプですから5ヶ月ぶりのレースはむしろ歓迎の口。 脚質にも幅があり、展開やコースバイアスなどに関係なく絶対的軸馬は間違いなくこの馬かなと考えています。 前走神戸新聞杯は3コーナーすぎから先頭に立つとそのまま上がり最速で押しきって1着。 圧巻の内容もタイムが2:26:8と平均。 最後は逃げる形での競馬に加え、少頭数でのレースでしたからこのくらいのタイムなのかなとは思いますが、もう少し時計が欲しかったかなと。 天皇賞秋は、マイル色の強いレースでマイル重賞実績が無いと買いづらいのも確か。 それでも父ロードカナロアということ、斤量56キロという部分で古馬を蹴散らす可能性も十分にありますね。 マイル重賞は、朝日杯FS1着、マイラーズC1着と実績は十分で、血統背景も欧州系ロベルト系ですから天皇賞秋の血統傾向でも上位。 メンバー的に見ても実績+血統背景は申し分なく、上位なのは確か。 ただし、上がり勝負になりやすい天皇賞秋ですから、東京コースでの適正、切れる脚を持っていないなど不安要素もあるため、最終的には最終追い切りと枠順がダノンプレミアムの取り捨てになるかなと考えています。 個人的には古馬になればなるほどダート色の強い血筋が姿を現してくると思っていますので、2走前の大阪杯3着は本当に驚いた内容。 同世代であれば能力の差でカバー出来る場合が多いですが、古馬との対決になれば、カバーしきれない部分が出てくるはずですが3着ですからね。 今回はさらにレベルがある1級戦相手にどこまで走れるのか? 個人的にはマイルは合うと思っています。 そのあたりを踏まえればアエロリットの実績は光るものがあるかなと。 前走毎日王冠はさすがの走りで逃げてスローペースに落として2着は『上手な競馬』だったかなと。 近5走はすべて逃げ。 マイルCS以外は3着以内にまとめており、こと東京コースになるとその安定感はさらに増す形。 これまで2000mは秋華賞のみですが、マイル色が強い天皇賞秋なら例えクロフネ産駒でも「あっ」と言わせる走りを見れる可能性は大きいですね。 個人的には密かに期待しているスワーブリチャード。 昨年大阪杯を優勝してから最高着順が3着と勝ち切れていないレースが続きますが、東京コースは、[2-2-2-1]とすべて重賞での成績。 ゆいつ3着外となったのが昨年の同レース。 正直、大阪杯であのようなレースをすれば、どんな凄い馬でもリズムを狂わすのではないかと。 15番手から一気にマクって先頭へ。 そこから押し切ったわけですから疲労が抜け切るには相当時間がかかるはず。 今年は、海外1戦のあと、安田記念3着、宝塚記念3着と安定した走り。 普段、この騎手が乗り替わりになった場合は敬遠するのですが、今回ばかりは、横山典騎手のような変化を起こせそうな騎手は、今のスワーブリチャードにとってはプラスい出るかなと。 今回、そこまで人気をしないと思います。 完全にオッズの盲点になりそうです。 強い馬が優勝出来るのはもちろんでしたが近年では、そこに「実績の裏付け」が必要になってきています。 出走予定馬の中で重賞4勝以上は、アーモンドアイ、スワーブリチャード、ダノンプレミアム、そしてウインブライト。 個人的にはこの4頭から1着馬が出ると思っていますし、この4頭で3着以内を独占しそうかなと。 その中でのウインブライトが非常に面白い存在。 前走オールカマーは押しも押されぬ単勝1番人気。 誰もがステイゴールド産駒の成長力と近走の内容から見てその1着には疑いの余地がないくらいでしたが、結果は9着。 海外遠征帰りから疲労やリズムがいつものウインブライトに戻るにはまだ早かったという結果だったと思います。 そういう面で言えば、今回は叩いた上積みも見込めそうですし、重賞4勝馬が人気薄になっている時点で、買うならば今回かなと考えています。 ちなみに東京コースは、[1-0-0-4]。 本当に強い競馬でした。 個人的なイメージとして残っていたのが「ステイヤー血統」という部分でしたから、新潟2000mは短いと判断しての軽視でしたも結果は優勝。 これまでの戦績を改めて見直すと、2000m[1-2-0-0]。 菊花賞を10番人気で3着に好走したことをきっかけに勝手にステイヤーだと決め込んでいたわけです。 前走新潟記念の走りを見て「もしかすると中距離が一番合うな」と。 ユーキャンスマイルもマイル実績が無く、今回は厳しい条件下でのレースにはなりますが、上位人気を想定している非マイル実績馬のことを考えると、ユーキャンスマイルも上位に食い込める余地はあるなと考えています。 そして今週はCBC賞の無料予想を公開します! 夏の難しい重賞予想には、本当に心強く頼りに出来る無料予想です。 【単複競馬】MOSTYCORRECTでは、無料メールマガジンを配信しております。 予想内容は、中央競馬の 厳選単複予想です。 JRAの予想は、レース当日のお昼12時までの配信です。 また、その他、有益な情報を不定期で配信しています。

次の

【天皇賞秋2019】出走予定馬・想定オッズ・想定騎手・全頭評価・レース傾向

天皇 賞 秋 オッズ

天皇賞(秋)(2019年)朝一オッズ表 馬連順位 馬番 馬名 馬連オッズ 単勝オッズ 複勝オッズ 連単差 連複差 1位 2 アーモンドアイ -- 1. 7 1位 1. 1 1位 0 0 2位 10 サートゥルナーリア 3. 7 4. 0 2位 1. 4 2位 0 0 3位 9 ダノンプレミアム 8. 6 8. 5 3位 2. 4 5位 0 -2 4位 14 ワグネリアン 9. 1 14. 3 4位 2. 3 4位 0 0 5位 4 スワーヴリチャード 9. 1 15. 5 5位 2. 7 21. 6 6位 2. 5 6位 0 0 7位 6 ユーキャンスマイル 14. 0 26. 2 7位 3. 2 7位 0 0 8位 16 アルアイン 33. 0 48. 0 9位 5. 2 9位 -1 -1 9位 8 マカヒキ 38. 6 39. 4 8位 5. 0 81. 4 10位 3. 6 87. 2 12位 8. 8 11位 -1 0 12位 15 ウインブライト 72. 2 81. 5 11位 10. 3 107. 3 13位 10. 2 152. 3 14位 12. 7 14位 0 0 15位 12 ドレッドノータス 161. 2 156. 7 15位 13. 6 15位 0 0 16位 11 ゴーフォザサミット 216. 9 240. 5 16位 24. 0 16位 0 0 天皇賞(秋)(2019年)朝一断層表 馬連順位 馬番 馬名 順位 馬連 単勝 複勝 1位 2 アーモンドアイ 1位 2 - 2 1. 7 2 1. 1 2位 10 サートゥルナーリア 2位 10 3. 7 10 4. 0 10 1. 4 3位 9 ダノンプレミアム 3位 9 8. 6 9 8. 5 4 2. 2 4位 14 ワグネリアン 4位 14 9. 1 14 14. 3 14 2. 3 5位 4 スワーヴリチャード 5位 4 9. 1 4 15. 5 9 2. 4 6位 5 アエロリット 6位 5 11. 7 5 21. 6 5 2. 5 7位 6 ユーキャンスマイル 7位 6 14. 0 6 26. 2 6 3. 2 8位 16 アルアイン 8位 16 33. 0 8 39. 4 1 3. 8 9位 8 マカヒキ 9位 8 38. 6 16 48. 0 16 5. 2 10位 1 カデナ 10位 1 50. 0 1 81. 4 8 5. 6 11位 13 ランフォザローゼス 11位 13 69. 6 15 81. 5 13 8. 8 12位 15 ウインブライト 12位 15 72. 2 13 87. 2 7 10. 0 13位 7 スティッフェリオ 13位 7 72. 3 7 107. 3 15 10. 7 14位 3 ケイアイノーテック 14位 3 99. 2 3 152. 3 3 12. 7 15位 12 ドレッドノータス 15位 12 161. 2 12 156. 7 12 13. 6 16位 11 ゴーフォザサミット 16位 11 216. 9 11 240. 5 11 24. 0 天皇賞(秋)(2019年)予想対談 事務局「早速ですが、本日の天皇賞(秋)はどんなジャッジでしょうか?」 蘆口「単勝30倍以下の馬が7頭極めて少ないため上位人気を購入した方が良いレースだと言えるでしょう。 」 事務局「ということは人気上位の馬を中心に買い目を構築した方が良さそうですね。 」 蘆口「そうですね!人気馬で決着するような馬券を狙うべきレースです。 」 事務局「であれば、始めに注意する必要がある人気上位の馬を指南して頂けますでしょうか?」 蘆口「時系列オッズをチェックしていくと、4番スワーヴリチャードが良いと思います。 」 事務局「現時点で馬連5位ですね。 他に購入しておいた方が良い馬はいますでしょうか?」 蘆口「後は、5番アエロリット・6番ユーキャンスマイルが良いと考えています。 」 事務局「了解です。 4番スワーヴリチャード・5番アエロリット・6番ユーキャンスマイルの3頭に期待します。 ところで馬連1位の2番アーモンドアイはいかがですか?」 蘆口「信頼できると考えています。 馬券の中心にしても良い馬です。 」 事務局「わかりました。 天皇賞(秋)を当てられるように頑張りましょう。 ありがとうございました。 」 蘆口「ありがとうございました。 天皇賞(秋)の最終結論を含めた勝負レース予想はで公開しています。

次の